ポケモン カイリュー 育成論。 【ポケモンGO】カイリューのおすすめ技と最大CP&弱点

【ポケモンUSUM】カイリューの育成論・対策まとめ【ウルトラサンムーン】

ポケモン カイリュー 育成論

また、特性「そうしょく」の効果で、 相手の草技が効きません。 交代読みがうまく決まれば、相手の攻撃を1回分透かすことができるので、読み要素も楽しめる型となります。 命中がかなり不安。 相手の特防を2段階下げる。 後続サポートが可能。 草タイプ相手に有効な選択技。 草タイプ相手に有効な選択技の技。 威力は高いが、命中が不安。 特性「ぬめぬめ」の効果で相手の素早さを下げつつ確実に倒し切れるのが強みです。 使用後の特攻2段階ダウンも面倒。 命中がかなり不安。 相手の特防を2段階下げる。 後続サポートが可能。 草タイプ相手に有効な選択技。 草タイプ相手に有効な選択技。 威力は高いが、命中が不安。 ヌメルゴンの役割と立ち回り 敵の攻撃を受けつつ特殊技で反撃する 「ヌメルゴン」の特徴は、突出した高い特防種族値と言えます。 特殊アタッカーの攻撃を受けつつ、相手の効果抜群を突く立ち回りが強力です。 技範囲も広く選出次第では全てのポケモンの弱点を狙えるので、刺されば非常に強力なポケモンと言えます。 ヌメルゴンの対策 物理アタッカーで対策する 一見物理耐久の高そうな「ヌメルゴン」ですが、実数値にして 特防種族値の半分以下しかありません。 つまり、高い火力を発揮できる物理アタッカーのポケモンたちなら比較的容易に突破できます。 例えば、「カビゴン」や「トリトドン」は高い耐久性能を持っており、ヌメルゴンの攻撃を受け切ることができます。

次の

カイリュー

ポケモン カイリュー 育成論

高い攻撃力と多彩な攻撃技、特性「マルチスケイル」による高耐久力。 さらに「りゅうのまい」「しんそく」により高い抜き性能を誇る。 フェアリータイプの登場で逆鱗は使いづらくなったものの、 竜ジュエル・氷ジュエルがなくなったり、めざパが弱体化したりと、嬉しい追い風も多い。 新アイテム「じゃくてんほけん」「ぼうじんゴーグル」によりマルチスケイルがさらに強化された。 カイリューを弱点技で早急に処理しようとする相手をこちらも早急に処理。 バンギラスやユキノオーとの同時選出がデメリットなしに。 相手の攻撃を1発耐えやすくなる「マルチスケイル」は強力です。 カイリューを適当に組み入れるくらいなら、バトル終盤の全抜きにも期待できる素早いドラゴンを入れた方がよいです。 ドラゴンの中では素早さが遅く、「マルチスケイル」が発動できなくなると他のドラゴンとのタイマンに不利です。 カイリューは素早いドラゴンの死に出しに弱いです。 メジャーで強力なアタッカーである竜相手にタイマンで勝ちにくいドラゴンは評価が低くなりがちです。 また、カイリューの採用理由はラティオス・ラティアスやボーマンダのそれよりもあいまいです。 ラティオス・ラティアスやボーマンダには、繰り出せる範囲や受けにくさといった明確な採用理由があります。

次の

【ポケモン剣盾】ジャラランガの育成論と対策【無効化の王!超上級者向け600族】

ポケモン カイリュー 育成論

オノノクス育成論です。 (2013. 4月追記) オノノクスは600族の竜と比べると、素早さ的にも、耐久的にも、一歩劣る感はあります。 なので、オノノクスを使う以上、 他の竜にはできないことをやらせていきたいです。 他の竜にはできないこと、それは超火力でのごり押し(笑) ラティとかガブ・カイリューなどのポケモンは耐久調整の目安にされることが多く、耐えられることが多々あります。 そこでオノノクスの超火力を活かし、 その調整を打ち崩す!をやります。 オノノクスの鉢巻逆鱗は一般的な耐久ポケモンでは誰も受けられません。 防御特化の 輝石ポリゴン2やクレセリア、スイクンが確定2発。 ロトムを鉢巻逆鱗(または地震)で一発で倒すことができ、 ハッサムを鉢巻逆鱗で確定2にできることも大きな利点です。 またBW2で馬鹿力を取得したことにより、これまで苦手としていた ナットレイも一撃で落とせるようになりました。 そして、忘れてはならないのが 特性:かたやぶり これのお陰で カイリューに対しタイマンでは圧倒的に有利です。 これは他の竜にはない利点です。 (鉢巻なら型破りがなくてもマルスケ貫通で落とせますけどね) また「浮遊」によって地震の一貫性を消しているパーティに対して、地震が一貫して刺さるようにもなりますね。 (特性「闘争心」は安定性に欠けるので基本は「型破り」で。 ) 自分より遅いポケモンに対して凄まじい性能を誇り、後続で受けるのを困難にさせます。 ガブリアスやカイリューを一歩抜きん出る火力を活かすためにいじっぱりA全振りで、 陽気最速カイリューとのタイマンで確実に勝つためにSも全振り。 H157B140のウォッシュロトムを逆鱗で確定1。 壁を貼る隙すら与えません。 ボルトロスをダブルチョップで確定1。 少し耐久調整されていてもほぼ確定1です。 めざ氷は耐えるので、ウォッシュロトムやボルトロスとの対峙に関してはガブよりも優れていると言えます。 (まあ電磁波受けますけど) 逆鱗でHBスイクンが確定2になる火力。 (最近のスイクンはHSも多いですがガブの逆鱗耐えなどでBに少し割くためS147程度で止め最速まで振っていないケースが多いです=準速オノノクスで抜けます) ノイクンに対しては、ダブルチョップで みがわりを確定で破壊しつつ本体にダメージを与えます。 サンダーはよほどB特化していない限り、逆鱗で確定1。 H197B111(陽気鉢巻ガブの逆鱗耐え調整) サンダーを確定1。 最初にも言いましたが、 HB輝石ポリゴン2とクレセリアが確定2。 冷凍ビームを耐えるHPが残っていればタイマンから勝てますし後出しを許しません。 ポイヒ キノガッサ(テンプレのH155B101)はダブルチョップで76. 不安なら逆鱗で処理。 タスキテクニガッサはもちろんダブルチョップ確定で倒せます。 ちなみに ダブルチョップで無振りのタスキユキノオーが78. ユキノオーとタイマンからやりあうのは安定はしませんが、いざってときに落とせる可能性があるのは大きいですね。 格闘技はナットレイ・バンギラス・ヒードランあたり意識で入れました。 かわらわりでH181B162ナットレイが食べ残し+宿木込みで確定2。 かわらわりでH252バンギラスが確定1。 (地震だと中乱数) かわらわりでH191ふうせんヒードラン確定2。 BW2環境ではばかぢからを選択してください。 壁対策以外でかわらわりは不要になりました。 鉢巻ばかぢからで、ナットレイのテンプレであるH181B162(テラキオンのインファ耐え) ナットレイがちょうど確定1発になります。 馬鹿力習得によりナットレイを簡単に突破できるようになったのは大きいです。 確定1発なので電磁波などを食らう心配もありません。 ヒードランももちろん確定1発なので、 クレセドランの組み合わせに対しても強気で出していけます。 ガブではバンギラスに冷ビで返り討ちに遭うことも多々ありますが、オノノクスなら冷凍ビームを耐えられるのも利点ですね。 まあ何にせよ、鉢巻オノノクスを使う最大の利点はロトムを確1にできる点と、鋼枠がハッサムのパーティに対して、思考停止で逆鱗を打ち込めることですね。 (大げさに言えばの話ですけど) クレセやポリ2にも基本的には有利です。 ただ鉢巻だとバレた段階で逆鱗で混乱するまで再生回復で粘られたりすると負ける可能性は出てきますが、少なくとも後出しは許しません。 HBポリ2に馬鹿力が65. 舞う隙を作る必要がないので比較的パーティに組み込みやすいのですが、天敵である ガブリアス・ラティオスには要警戒です。 カイリューに対してもタイマンでは有利としつこく言っていますが、竜舞を許した瞬間に立場が逆転してしまうため、立ち回りに気を付けなければいけません。 「おいかぜ」などのサポートがあると更に動きやすくなります。 相性補完としては、苦手な高速竜や氷タイプに強いポケモンが欲しいです。 例えば ふうせんorシュカ持ちメタグロスやドータクンがなかなか良いです。 ガブ・ラティ・ユキノオー・マンムーあたりに後出しできます。

次の