ワード プレス ブログ。 ワードプレスを使って2つ目のブログを作成する方法

ワードプレスブログの作り方をサルでもわかるように詳しく教えてみた!

ワード プレス ブログ

ドメインとサーバーの連携 次は、準備したレンタルサーバーと独自ドメインを連携させていきましょう。 ここでは、 側と 側の両方で設定が必要となります。 お名前. com ネームサーバー設定 のネームサーバーにエックスサーバーの情報を関連づけます。 管理画面であるに ログインします。 お名前IDについては、登録完了メールに記載されているので確認してみてください。 ログイン後、よく利用されるお手続きから「 ネームサーバーを設定する」をクリックします。 ネームサーバーの選択で「 その他のタブ」を開き、「 その他のネームサーバーを使う」を選びます。 ネームサーバー入力欄が表示されるので、下記の通り設定してください。 ネームサーバーの設定が反映されるまでの数時間はブログが表示されません。 エックスサーバー ドメイン設定 に取得した独自ドメインの情報を関連づけます。 先ほどと同様に、管理画面であるに ログインします。 続いて、インフォパネルの操作メニューから サーバー管理にログインしてください。 サーバーパネルへログイン後、「 ドメイン設定」をクリックします。 「 ドメイン設定の追加」をクリックし、取得した独自ドメインを入力します。 「 無料独自SSLを利用する」「 Xアクセラレータを有効にする」も推奨機能なので、チェックを入れておきましょう。 確認画面が表示されるので、「 追加する」をクリックすればドメイン設定は完了です。 インストールURL そのままwwwなしのURLのままでOKです。 ブログ名 ブログタイトルを入力します。 後から変更も可能です。 ユーザ名 ログインIDとなる任意のユーザ名を入力します。 パスワード ログイン時に使うパスワードを入力してください。 メールアドレス ブログ管理用のメールアドレスを設定します。 キャッシュ自動削除 ONにするのままでOKです。 データベース 自動でデータベースを生成するのままでOKです。 全て入力が完了したら、「 右下の確認画面へ進む」をクリックします。 確認画面で「 インストールする」をクリックすることで、ワードプレスの作成作業は全て完了です。 SSL対応することでブログ通信のセキュリティが向上します。 WordPressアドレスとサイトアドレスの「 httpの後ろにsを追加する」だけでSSL対応は完了します。 また、キャッチフレーズについては、空欄に設定しておくことをおすすめします。 設定後は、下にある「 変更を保存」から変更を反映しておきましょう。 リンクの設定 各記事のURLを個別の形式で設定できるように変更します。 パーマリンクの設定を途中で変更すると、記事のURLが全て変わってしまうので、確実に初期設定しておくことが大切です。 「 投稿名」を選択して、下にある「 変更を保存」をクリックすれば、設定は完了です。 テーマの設定 WordPressは、テーマと呼ばれるブログテンプレートを自由に選べることが特徴です。 テーマを使うことで、綺麗なデザインや高度な機能を簡単にカスタマイズできるので、 導入はほぼ必須です。 これら必須プラグインの詳細な説明は、以下の記事にまとめています。 関連記事 プラグインのインストール方法 プラグインを新しくインストールする方法は、次の通りです。 検索ボックスにプラグイン名を入力し、「 今すぐインストール」をクリックします。 続いて表示される「 有効化」をクリックすると、プラグインの導入は完了です。 アクセス解析ツールの設定 最後に、ブログのアクセスを解析するためのツールも導入することをおすすめします。 これからブログを運営していく上で、アクセス数やどのようなキーワードで検索されているかといったデータが重要になります。 データを解析するには、Googleが提供する2つのツールを使えばOKです。

次の

ワードプレスでブログ開設いくらかかる? 初期費用と維持費を解説

ワード プレス ブログ

ワードプレスとは 世界で最も利用者が多いブログのシステムです。 正直、他製品に比べ抜群に性能が良いので、比較できるレベルの対象が無く説明に迷いますが、一応ワードプレスのメリットとデメリット等、紹介します。 ワードプレスのメリット5選 設計の自由度の高さ 自分の想像の通りにブログをデザインすることが可能です。 難しいものを作るには相応の勉強が必要ですが、 性能的にはすべてを実行する能力を兼ね備えています。 設計できるクオリティに対して難易度が低い 相応の勉強が必要と言いましたが、とはいえ1から自分でhtmlを打ち込んで作るような、 完全フリー設計のブログに比べて、はるかに難易度は低いです。 テンプレートもある そもそも、いくつものテンプレートがあり、そこから自由に選ぶことが可能です。 しかもそれは個人にも作成することが可能であり、常に新しいテーマが生まれています。 テーマは無料のものから有料のものまで様々です。 プラグインという便利アイテム 今後詳しく解説をしていきますが、 ワードプレスにはプラグインという便利アイテムがあります。 例えるなら、iPhoneに入れる アプリのようなもので、どんどん自分のワードプレスを 自分仕様に進化させていくことが可能です。 例えば、たまに見かけるキャラクター同士の会話のような吹き出しを入れるプラグインだとか、セキュリティーのレベルを上げるプラグインだとか、それこそ何万と種類があります。 ネット上に情報が多い ブログを運営していると、時々、よくわからないエラーや不具合が発生します。 そういった 困った時に、世界で一番シェアされているワードプレスは、ネットに情報が溢れています。 もしマイナーなサービスでブログを運営し、不具合が発生した場合、助けになる情報が無いと絶望します(笑) スポンサードサーチ ワードプレスのデメリット2選 費用がかかる ワードプレスを正常に運用するには、ある程度の サーバーを持つ必要があるので、その費用がかかります。 まあ、 それをデメリットと呼んでしまうのも、どうかと思うのですが・・・。 でも、僕のような地を這いつくばるサラリーマンにとって、月々の出費というのは充分なデメリットです。 オンリーワンじゃない まあ、これも 強引に探したデメリットみたいな感じですが・・・「自分は皆が使ってるようなのは嫌でオンリーワンが良いんだ!」みたいな方にとっては、苦痛でしょうか?、 ワードプレスを使用している有名企業 有名企業が使っているから、良いものだ!と決めつけるのも安易とは思いますが、 成功者の真似をするというのは基本的には得策です。 どんな企業が利用しているのか見ていきましょう。 クックパット株式会社 男性の方でも、料理ができる方は最近多いので、クックパッドはご存知かと思います。 あのページはワードプレスで作成しています。 楽天株式会社 楽天をしらない日本人はおそらくいませんね、こちらの大企業もワードプレスでホームページを作成しています。 株式会社スタートトゥデイ 社長と剛力彩芽との交際報道が記憶に新しい、ZOZO TOWNの会社ですね!トレンドをつかみまくっているあの会社もワードプレスです。 オリエンタルランドグループ ひらたく言うと、ディズニーランドです!あの夢の国はワードプレスで作成しています(ちょっと表現が違うか笑) ニューヨークタイムズ ワードプレスというのは、日本で1位という話ではありません。 世界で1位のシェアです。 なのでこんなビックネームも出てきてしまうんですね。 ワードプレスの説明おわり 以上でワードプレスの説明を終わりますが、他との比較が無いと言った意味がわかっていただけたでしょうか?ブログをするなら、ワードプレス一択ですね。 次回は、そんなを、全て実際の画像を使い、初心者に対し親切に説明していきます。 それでは、また明日!•

次の

ホームページはワードプレス、ブログはアメブロのままでもいいですか?

ワード プレス ブログ

無料のテーマを使わない理由• プラグインなしで使える機能が多い(つまり高機能) ワードプレスではたくさんの不具合が起こります。 不具合の原因の 大半がプラグインのせいです。 プラグインとワードプレスのソフトがお互いに作用しあって、不具合を起こすことでトラブルが起こることが非常に多いです。 下のようにプラグインの不具合のせいで、ワードプレスで新規投稿ができなくなる不具合が起こったこともありました。 このような不具合を避けるために、なので、 機能が追加できるからと言っていろんなプラグインを使うのは危険です。 だからこそ、プラグインを使わなくても高機能なワードプレステーマを使うことをオススメしています。 有料テーマの方が高機能なものが多いです。 有料テーマは更新が多い 無料のテーマは何度も何度も更新する義理がないですよね。 無料テーマをいくらアップデートしたところで、収益に繋がらないのでテーマ開発者もそれほど頻繁にアップデートしません。 そのせいで時代に付いていけなくなることが非常に多いです。 導入すべきプラグインリスト• Akismet Anti-Spam• All in One SEO Pack• Addquicktag• Broken Link Checker• Classic Editor• Google XML Sitemaps• Heatmap UserHeat• Jetpack by WordPress. com• PubSubHubbub• Table of Contents Plus• TinyMCEAdvanced• WP User Avatar では、1つずつ解説していきます。

次の