大正 時代 下着。 【鬼滅の刃】“大正”という時代設定で魅せる作品の世界観

大正時代ならではの着物の特徴

大正 時代 下着

よく表に出てくる大正ロマンや大正デモクラシーのような現象とは別に、やはり下層大衆の意識潮流を解説している本はなかなかありません。 紹介する本の書評ですが、大部分の一般大衆の生活や意識を良く伝えていると思います。 要約すると、以下のような内容が読み取れます ・農家の1回の食事は質素で、魚や肉は週1回。 子供たちの楽しみはお葬式も含めた祭事だった。 ・核家族51. 5%>拡大家族42. 0%と、意外に核家族化が進んでいる可能性がある。 ・多産の時代。 都市では堕胎,農村では間引き。 ・農家では子供を「職業人として訓練」 ・小学校は子供が家事から逃避する場所へ ・婚期が早い。 男性は20歳から25歳の頃までに、女は16歳から22歳に一度は結婚。 女は稼ぐ男の元に嫁ぎ、男は性欲を満たし跡継ぎを得るため。 ・自由恋愛、自由結婚を『ご法度』。 仲介婚が多い。 男女の婚姻に対する私有意識が浸透してきたからなのか、核家族化もそれなりの率で進行していたと思われます。 ただし、都市部中心であったかもしれません。 第1章「ある茶作り農村の大正15年間」では、旧静岡縣志太郡朝比奈村を舞台に、「大正期における茶生産農家の生活を明らかに」しています。 そして、お嫁さんは、「午前4時前に起床して朝ごはんの支度を」始めねばならず、4月下旬から8月のお茶の収穫期には、3時前には起床しなければならなかったこと、食事は一日に4回あり、「よじき」と呼ばれ、 ・朝ご飯:朝5時前(4時前) ・昼じゃ:9時頃、お弁当 ・ようじゃ、ちゃづけ、ゆうじゃ:午後1時から2時頃、お弁当(ご飯、梅干、漬物など) ・夕ご飯;午後6時から7時、ご飯、味噌汁、菜っ葉、漬物、週に1度くらいの魚や肉など の4回であったことを解説しています。 また、子どもたちの楽しみは、「お正月やお祭り、そしてお葬式だった」と述べています。 第2章「家庭の中の家族の顔ぶれ」では、大正時代について、「漠然と、『祖父母と息子夫婦とその子が同居する直系の3世代家族が普通の形で、数の上でも大多数』との思い込みが多い」ようだが、「どこの家も大家族だという思い込みは、結論として正しくない」として、「平均世帯人員はのちの昭和15年になっても4. 99人にとどまっていた」と述べています。 そして、「子は平均5人も生まれていた」ので、「このうち長男とその妻になる女性もしくは女子と婿の夫婦は同居して直系家族を作ったが、他の子どもは結婚すると親がいない家庭になった」として、「単独世帯を除けば、核家族の形をとる世帯は51. これまでの常識を覆したことになる」と述べています。 第3章「出産と堕胎・避妊」では、「総じて大正の15年間は、子どもがたくさん生まれた時代だった」とした上で、「この頃の結婚は、何よりもあととりとなり老後の面倒を見てくれる子どもをもうけることが第一の目標」であり、「結婚後2年たっても妊娠の兆しがなく、3年たっても生まれないとなると、離婚の危機に直面した」と述べています。 また、「出産する夫婦は多産になりやすく、それはたちまち生活難につながった」として、「妻たちの多くは、古い時代から堕胎や間引きを行うことを余儀なくされてきた」と述べ、「とくに堕胎は都会に多く、間引きは農村に多いという説」を紹介しています。 第4章「家庭と地域のしつけ」では、農家では、親が子どもに、 「仕事上手の話しべた」 「働く水車に氷は張らぬ」 「朝寝は病、昼寝は貧乏」 「上を見てもきりがない、下を見てもきりがない」 「儲けることより、使わぬこと」 「米一粒にも、手が百遍」 「竹のくずも、3年に一度は役に立つ」 などの格言を繰り返し、繰り返し言って身につけていき、「職業人として訓練」したと述べています。 第5章「小学校教育の明暗」では、「学校へ行けば家事・家業の手伝いから解放され、同じ年頃の友達と遊べるから、普通の子には通学は楽しみだった」が、「一見のどかな大正時代の小学校にも問題はいろいろあった」として、実際に学校へ通えない児童がかなりいたことなどを挙げています。 第6章「青年時代と結婚まで」では、「大多数の一般人は、小学校の尋常科を卒業した12歳か、高等科を出た14歳で仕事に就くのが当たり前だった」と述べ、また、「よほど重い病気か精神障害者でもない限り、男は20歳から25歳の頃までに、女は16歳から22歳くらいまでに一度は結婚した。 女は、何よりも暮らしの糧を得るために夫が必要であり、男は家事万般をゆだね、性欲を満たして跡継ぎを得るために、何人も結婚することに疑いをもつ者はいなかった」と述べています。 第7章「身の上相談にみる家族関係」では、「身の上相談の担当記者名(歌人:国文学者 窪田空穂)が特定され、かつ『創作』の疑いはきわめて薄いことがその日記などから立証できる事例を中心に、大正4年から9年の身の上相談の一部を紹介」しています。 そして、「大正期の日本社会の大勢は、自由恋愛、自由結婚を『ご法度』として捉えていた」ので、相談のあった「これらの結婚は皆仲介婚であった」と述べています。 第8章「衣服生活の変わりぶり」では、東京銀座などでは、「男の洋服はかなり日常化していた」が、「家ではもっぱら和服を着ることに」なっていたと述べた上で、「家庭生活が主な女の服装は、変わる必然性がなく和服が中心であった」と述べています。 そして、「関東大震災がもたらした画期的な変化」として、大正12年末から発売された、「アッパッパ」を挙げ、「とにかく安価な木綿地で、下着も要らず簡単に着られ、素足に下駄履きでも出かけられる服装は、これまでの窮屈で高価な洋服とはまったく違った庶民的なものとして広く受け入れられた。 和服から洋服へ、まさに橋渡し役を果たしたものといえる」と述べています。 rui. 下記のタイトルを押して下さい。 『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:).

次の

猿股

大正 時代 下着

:猿股のをお願いします。 ( 2011年11月) 猿股(さるまた)は腰から股のあたりを覆う、日本独特の男性用の一種。 申又とも書く。 、さるももひき、西洋(ふんどし)などとも呼ばれる。 名前の由来に定説はない。 概要 [ ] 19世紀頃の欧米の主な下着であったから派生し、日本に導入された。 時代以降、褌と並ぶ男性用下着であった。 生地は薄茶色の地で、構造は現在のと形、構造、伸縮性などの機能に本質的な違いはない。 長さが膝のあたりまであるものは、と呼び、こちらは下着とズボンの間に中間着として(いわゆる「ズボン下」として)穿くこともある。 猿股が当時の欧米の主な下着であったと同様の生地のメリヤス地であることは、洋装化が進む当時の日本で、ユニオンスーツが以前から存在したと親和性が高く、折中化したものと推測される。 一体型の下着であったユニオンスーツが代に上下に分離化され、前頃()より化されたことで、日本に出現したのは大正期以降ではないかと推測される。 下着の歴史は、耐久性から快適性を求める方向に進み、派生して白色の地の下着も出現し、現在のの原型となった。 厳密に言えば、「猿股」は茶色のメリヤス地の下着を指し、現在のボクサーブリーフの原型と言える。 を舞台としたにおいて、劇中人物がを穿いている場面はあるが、当時の庶民の下着は半タコよりもが一般的で、正しいがなされているとは言えない。 関連項目 [ ]•

次の

大正時代ならではの着物の特徴

大正 時代 下着

なぜパンツをはくのか? 意外となかなか答えられないのではないだろうか。 俺はよく「なんでパンツをはかないの」の方を聞かれるが、気になる人はこちらの記事でメリットを確認していただきたい。 パンツをはく理由を「常識だから」で思考停止しまうのはもったいない。 かのアインシュタインも言ったではないか。 Common sense is the collection of prejudices acquired by age 18. 常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションだ。 パンツをはくことは当たり前という意見は、ただの偏見にすぎないのだ。 ということで、まじめにパンツをはく意味を考えてみた。 ・ズボンが汚れるから ・風通しが良すぎて逆に気持ち悪いから ・股間をぶつけたときの緩衝材として ・勝負用の見せパンに ・多少漏らしたときにズボンが染みないように ・いきなりズボンを脱がされたときにコンニチワしないため ・スカートをはくときの保険 ・息子がブラブラして集中できないから 考えられる理由はこのぐらいだろうか。 この記事では、日本人がなぜパンツをはくに至ったかの歴史を見てみよう。 スポンサードリンク• パンツ以前 古代の日本のパンツはふんどしだった。 「褌」の漢字は「衣」偏に「軍」と書くように、に由来する。 昔はが高価であったことから、ではのは褌の有無で見分けを行っていた。 当時はが主流であったが、に入りに代り、の他に一般庶民にも普及するようになった。 一部の上流階層はなどを用いていた。 意外や意外、女性も古くからふんどしを身につけている。 平凡社『世界大百科事典』によると、日本書紀に女性がふんどしを着用した記述が確認できる。 一般的にふんどしは成人の下着として認識された。 陰部を隠すことが生殖機能を持った人間の象徴であると考えられ、幼児や子供がふんどしを締めることは許されなかったのだ。 だが、みんながみんなふんどしを締めていたわけではない。 江戸時代以前はふんどしなしのノーパン、いや、"のーふん"の方が主流。 特に、着物を着るときは下着のラインが出てしまうため、下着を消えること自体がマナー知らずと認識されていた。 そう、 日本人はノーパン民族として長い歴史を持っているのだ! パンツとの出会い 前の引用にあるように、江戸時代までは基本的に下着として和風のふんどしが主流だった。 だが、日本人は江戸時代以前に欧米のパンツという存在を知っていた。 日本人で初めてパンツを手にした人物は、なんと豊臣秀吉だ。 ワコール宣伝部編『下着おもしろ雑学事典』によると、ポルトガル人の献上品に入っていたのが最初だそうだが、当初は着用された記録がなく、腰巻時代が続いたそうだ。 日本人の上流階級にパンツが定着し始めたのは明治維新後である。 文明開化の一部として、日本人が洋風パンツを見てどう思ったのか気になる… しかし、この時期はまだ女性のみだ。 鹿鳴館ではヨーロッパの流行服である洋風のバッスルドレスを着用した女性たちが和風の腰巻きが似合わなかったから下着としてズロースを身に着け、毎夜、華やかなパーティーに出席した。 そのズロースというのがこれ。 [下着の中でも]比較的ルーズフィットで横サイドが長めであり、穿き込みが非常に深いものを指し、フイット性が高く横サイドが短め 男性はまだふんどしの時代。 この「女はズロース・着物のときはノーパン」スタイルを変えた事件が1923年の関東大震災と1932年の白木屋火災事件だ。 関東大震災 1923年に起きた関東大震災は、日本人女性の下着をつける文化を促進する運動の担い手となった。 関東大地震のときに、池や川にうちあげられたおびただしい女性の死体の姿などから、女性の下ばきの必要性が叫ばれましたが、実現しませんでした 逃げる時の和服の不便さが問われ、政府の半官半民の団体である生活改善同盟会が「外出には、ズロースを」ということを呼びかけた。 白木屋火災事件 この事件が日本人女性にパンツをはかせる決定打となった。 昭和7年のこの事件は、日本橋にあった白木屋 現在の東急百貨店 がクリスマスツリーの装飾修理のときに火花が飛び散り着火してしまった火災である。 当時、昭和初期とはいえまだ多くの女性が着物を着ていた。 消防隊が救助に駆けつけたが、14名の女性が自分の体重を支えきれなかった、あるいは救助されることを躊躇したため焼死・墜落死したのだ。 綱で降りても救命ネットに飛び降りても着物がめくれ上がり、ズロースをはいていないため下半身が見えてしまうからだ。 野次馬の目を気にしたこの行動は海外では大和撫子の美徳として報道された。 しかし、国内では「パンツをはこう! 」という運動が起き、白木屋は女性定員にズロースを身につけることを義務付けた。 白木屋の火災を教訓として、東京朝日新聞が昭和8 1933 年5月7日の社説で「日本婦人はズロースなく門戸開放にすぎる」と論断したことなどもあって、洋装化がすすんできたのです。 この2つの大きな事件によって女性はパンツをはくようになってきたが、男性はまだ「ふんどし・着物のときはノーパン」スタイルだった。 パンツの多様化 終戦後、女性は和服を捨て洋服に切り替えるとともにズロースなどの下着を着用し始めた。 第二次世界大戦後、麺のメリヤス製のズロースが最高級品として日本国中を席巻し、スタンダードな下着として国民に普及した。 その後、徐々に現在のパンツに近づいていくにつれて穿き込みが浅くなるなどのデザイン的進化があった。 また、欧米化の波は男性にも影響を与えた。 男性も従来の「ふんどし・着物のときはノーパン」スタイルから洋風パンツが一般的になった。 とはいえ、1960年代まではブラブラ防止などの機能重視にとどまり、ファッションのアイテムとしては程遠く、いわゆる白ブリーフなどがメインだった。 パンツでファッションアピールするようになったのは1970年代終わり以降の話。 そこからバブルを迎え、崩壊し、見せパンとしてのパンツの需要が高まった。 俺の友達もそういえば勝負用にプーさんのパンツを持っていた。 日本人がパンツをはくわけ ここまで日本人とパンツの歴史を見てきた。 ここからわかることは、戦後に洋装の欧米の人がパンツをはいていたからはいてみた、というそれ以上でもそれ以下でもない理由でなんとなく流されてパンツを履いているだけでということではないだろうか? 欧米、特にイギリス・フランス・アメリカの人々がはいていたから自分もはく。 これはその文化の背後にある環境を無視した、無意味な同調だったと俺は考える。 先に挙げた3国は冷涼な気候帯に位置している部分が多く、ズボンの下になにかはいていないと寒すぎたのだろう。 だが、日本はどうだろうか。 高温多湿な夏を毎年のように迎えるにもかかわらず、ズボンの下にもう1枚布をまく必要があるのだろうか? もちろん、ない。 鎌倉時代に吉田兼好が夏か冬かなら、夏に合わせて住居を作るが良いと言っている。 家の作りやうは、夏をむねとすべし。 冬は、いかなる所にも住まる。 暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。 これは住居だけでなく、服装にも応用がきくだろう。 すなわち、基本は夏に合わせてノーパンで、冬だけ寒くなればズボンの下に布を巻く。 これで済む話だ。 それにもかかわらず、多くの日本人は未だに1年中パンツをはき続けている。 これは18世紀後半に始まったイギリスの産業革命で綿工業の発展による、綿製品をとりあえず売るための市場として日本が戦後に位置づけられ固定された、と考えるほか説明のつきようがない。 というより、戦勝国の文化に合わせたとすると、もし日本がインドネシアやマレーシアに戦争で負けていたらパンツをはかないことが普通になっていたのかもしれない。 女子がスカートをはくときや、生理の日にズボンが汚れないようにパンツをはくのは理解できる。 俺はそんなときまでノーパンでいろ、というノーパン至上主義者ではない。 だが、 本当にパンツをはく必要があるのか、と一度でも自問した上ではくかはかないかを決定してほしい。 そういったこともろくに考えずに 惰性でパンツをはき続ける愚者とは俺は一生わかりあえないだろう。 daiki12olympians.

次の