ドコモ デジタル機器補償サービス。 ドコモ、「ケータイ補償サービス」でスマホを即日交換可能に

ドコモ、「ケータイ補償サービス」でスマホを即日交換可能に

ドコモ デジタル機器補償サービス

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 端末を購入する際にドコモ「あんしんパック」を勧められたことはありませんか?入ったほうが安心だからと考えて必要ないサービスまで加入すると、結局は利用せずに大きな損をするかもしれません。 ドコモ「あんしん」パックの内容と必要性を詳しく検証し、問題なく解約する方法をお伝えします。 ドコモ「あんしんパック」って何? ドコモ「あんしんパック」は• あんしん遠隔サポート• あんしんネットセキュリティ の3つのサービスに全て加入した際に適用される割引サービスです。 端末の種類によってケータイ補償サービスの料金が変わりますが、それぞれ 個別に加入するより合計金額が380円安くなるように設定されています。 ケータイ補償サービス ケータイ補償サービスは端末のトラブルを総合的に補償するサービスです。 交換電話機のお届けに加え、修理代金のサポートもしてくれます。 交換電話のお届け 水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブル時に1年間に2回まで7,500円で自宅に交換電話機(リフレッシュ品)を届けてくれます。 修理代金のサポート 購入後4年間端末が故障しドコモで修理する場合に、補償対象の故障の場合は無料、補償対象外の故障の場合は上限5,000円で修理代金をサポートしてもらえます。 (月額料金380円の契約者は3年間上限5,000円まで無料) ケータイデータ復旧代金の割引 水濡れた破損などでデータが取り出せなくなってしまった端末から、電話帳などのデータを復旧するケータイデータ復旧サービスの復旧代金を割引してもらえます。 交換対応のみで修理対応はありません。 操作や設定のサポートだけでなく、LINEなどのアプリの使い方やパソコンなどの周辺機器との接続などもサポート。 オペレーターが遠隔操作で端末の画面を見ながら操作案内することもできるので、スマホの使い方がよくわからない人やお年寄りにもわかりやすくて便利なサービスです。 月額料金 400円 あんしんネットセキュリティ メール・電話・アプリ・WEBサイトを利用する際に安心なドコモがおすすめするスマートフォンのセキュリティサービスをまとめて申込むことができます。 利用できるセキュリティサービス• セキュリティスキャン・・・ウイルスや不審なプログラムを検知• データ保管BOX(ウイルススキャン)・・・データ保管BOX内にあるファイルのウイルスを検出• セーフブラウジング・・・危険サイトへのアクセスを防ぐ• プライバシーチェック・・・アプリによる個人情報の外部送信を検知• 迷惑メールおまかせブロック・・・ウイルスや不審なプログラムを検知• セーフWi-Fi・・・危険なWi-Fi接続時に、警告画面を表示してお知らせ• あんしんナンバーチェック・・・迷惑電話や詐欺などの危険電話からの着信をブロック 月額料金 200円• オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 あんしん遠隔サポートはスマホの取扱いに慣れていない人にとってはとても心強いサービスでしょう。 あんしんネットセキュリティも手軽にセキュリティ対策ができるのでまとめて対策したい人にとっては便利なサービスです。 そして3つとも利用する場合はどの端末を利用する場合も月額料金合計から380円引きになるのでお得といえるでしょう。 しかし、もし 3つのうち必要ないものがある場合は個別に加入するほうが月額料金を抑えられる場合があります。 あんしん遠隔サポートは初めてスマホを利用する方や年配の方には便利なサービスですが、スマホの利用に慣れた方や使い方などを必要な時はネットで自分で調べることができる方には必要のないサービスといえます。 また、最初はスマホの利用に慣れていない人でも数か月も使えば利用方法等は一通りマスターしてしまうかもしれません。 聞きたいことや困ったことが無くなった状態で延々とあんしんパックを契約し続けるのは勿体ないことではないでしょうか。 iPhoneまたはiPadの場合は非対応のサービスがあるので注意 iPhoneまたはiPadの場合も、まずあんしん遠隔サポートが必要かどうかを考えてみましょう。 以前はあんしん遠隔サポートのサービスの中でもiPhoneまたはiPadの場合は遠隔操作でのサポートは非対応となっていましたが、2018年5月10日よりiPhoneまたはiPadでも遠隔サポートアプリが利用可能になりました。 0以上の機種のみで利用可能ですが、遠隔サポートアプリが利用可能となったことで、以前よりはiPhoneの場合でもあんしん遠隔サポートを利用するメリットが高くなったと言えます。 ケータイ補償サービスの必要性と加入期間 あんしんパックの3つのサービスのうち、 ケータイ保障サービスは端末の購入日を含め14日以内に申し込みをしないと加入することができません。 あんしん遠隔サポート・あんしんネットセキュリティについてはケータイ補償サービスに加入している場合は後日追加で加入することができますが、ケータイ保障サービスは端末購入時期を逃してしまうと後で加入したいと思っても加入することができないのです。 一般的に端末が故障した場合、修理するか機種変更するかを迫られることになります。 故障の状態によっては安く修理することもできるかもしれませんが、もし修理代金が高くなる場合は修理するよりも機種変更したほうが安い場合もあります。 もし端末購入後2年経過している場合なら機種変更も考えますが、端末代金を分割で購入し月々サポートや端末購入サポートが適用されている状態での機種変更は選択しにくいと感じるのではないでしょうか。 そんな場合にケータイ補償サービスが必要になってくるのです。 月々サポートを利用していて2年以内に機種変更した場合は、月々サポートを受けられなくなり残った端末代金を割引無しで支払わなければなりません。 (新しい端末の月々サポートは受けることができます) 端末購入サポートを利用していた場合は、規定利用期間の12ヶ月以内に機種変更を行うと高額な解除料が発生してしまいます。 ですので端末購入時にドコモ「あんしんパック」は必要ないかも?と思っても、 最低でも端末購入後1年間は急な故障に備えてケータイ補償サービスだけには加入するほうが安心なのです。 ケータイ補償サービスだけ残して解約する方法 端末購入時にあんしんパックに加入したけれど、ケータイ補償サービスだけ残してあんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティを解約したい場合は解約方法に注意が必要です。 あんしんパックの解約は下記の3つの方法があります。 オンラインから解約申込みをする方法• 電話で解約申込みをする方法• 店頭で解約申込みをする方法 オンラインでの解約は「My docomo」から手続きを行います。 ドコモ回線から確認する場合はネットワーク暗証番号、パソコンやWi-Fiから確認する場合はdアカウントを利用してログインし、現在の契約内容を表示させると、それぞれの契約内容の横に解約ボタンが表示されています。 まず、あんしんパックの表示と解約ボタンが表示され、その後にあんしんパックの内容として、ケータイ補償サービス・あんしん遠隔サポート・あんしんネットセキュリティの契約の有無と契約中の場合は解約ボタンが表示されています。 この解約ボタンを押すと契約を解除することができるのですが、その際にあんしんパックの解約ボタンを押して解約するとケータイ補償サービスまで解約してしまいますので、 個別のサービスごとの解約ボタンを押してサービスを解約するように気を付けましょう。 解約内容 あんしんパックの解約ボタン ・ケータイ補償サービス ・あんしん遠隔サポート ・あんしんネットセキュリティ の 3つ全てを解約する ケータイ補償サービスの解約ボタン ケータイ補償サービスのみ解約する あんしん遠隔サポートの解約ボタン あんしん遠隔サポートのみ解約する あんしんネットセキュリティの解約ボタン あんしんネットセキュリティのみ解約する あんしんパックを解約しなくていいの?と思うかもしれませんが、個別の3サービスのうちのいづれかの契約を解除した場合、あんしんパックの契約条件である「3つのサービスに加入する」という条件から外れますので自動的にあんしんパックを解約することができるのです。 ケータイ補償サービスも「ずっと」契約がベストではない もし現在ケータイ補償サービスを2年以上契約しており端末料金の支払いが終わった状態であったならば、今後ケータイ補償サービスを利用する可能性は少ないかもしれません。 そういう場合は圧倒的に修理するよりも新機種に買い替える方のほうが多いからです。 ケータイ補償サービスは保険でいえば掛け捨ての保険です。 支払い続けても料金が戻ってくることはありませんし、毎月の支払いが割り引かれることもありません。 更に補償対象外の場合は修理代金5,000円を支払って合計23,000円、紛失した場合は交換費用7,500円で合計25,500円を支払ったということになります。 故障時に支払う修理代金や交換費用だけを考えると安いかもしれませんが、トータルで考えるとかなりの出費になっているのです。 ケータイ補償サービスは最低でも1年は契約するほうが安心ですが、長期になればなるほど負担も高くなるということは覚えておきましょう。 あんしん遠隔サポートが必要なら割引を受けられるので「あんしんパック」に加入するメリットがあるでしょう。 もしあんしん遠隔サポートは必要ないと感じたら、ケータイ補償サービスだけかあんしんネットセキュリティを組み合わせて個別契約したほうが月額料金を抑えることができます。 しかし、3サービスの中でも特に重要度が高いと思われるケータイ補償サービスについても加入期間が長期になればなるほど負担が増えていき、結局故障した際に修理せず新しい端末へ機種変更した場合はサービス自体を利用せずに終わるような仕組みになっています。 それぞれのサービス内容をよく吟味し、必要ないと感じた契約は時期をみながら解約することで月額料金を抑えることが可能です。 「そういえばあんしん遠隔サポートって使ったことないな」という方はこの機会にあんしんパックの見直しを、「故障しても補償サービスを使ったこと無いな」という方は契約期間によってはケータイ補償サービスの見直しを考えてみてはいかがでしょうか。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 2017年11月3日に発売が開始された「iPhone X」ですが、丸一年経つのを前に次世代機種の登場に関する噂が出始めています。 2018年に登場を予想されているiPhoneシリーズの新たなモデルは「iPhone X」の後継機である「iPhone […]• ドコモショップと比較して時間の短縮・手数料節約など様々なメリットがある事から、ドコモオンラインショップを利用した機種変更は人気を集めています。 一方でSIMカードの差し替えや挿入・開通手続きなどドコモショップの店員が行ってくれる作業を自身の手で行うため、困ってしまう方も多 […]• ドコモオンラインショップと店舗でスマホ購入の価格に違いがあります。 ドコモオンラインショップのメリットと店頭のメリットをそれぞれ紹介し、どちらが安いのか解説していきます。 ドコモのスマホ・ケータイを機種変更したいなと思った時、ほとんどの方はお住まいの地域にあるドコモショップ […]• 「契約者ではないけれどドコモの機種変更がしたい…」と考える人もいるかと思います。 しかし、近年のスマホ手続きは本人確認がかなり厳しくなっています。 場合によっては、必要書類が不十分とみなされ、契約者以外の代理人手続きが認められないこともあります。 ここでは、ド […]• 機種変更に伴い行わなければならないデータ移行は移行するデータが多ければ多いほど手間が掛かります。 電話帳や写真、最近ではアプリの設定なども新しい端末に移行させなければいけませんから、ガラケー時代に比べると更にデータ移行は面倒になってしまいました。 しかし、面倒なデータ移行は […].

次の

ドコモ、「ケータイ補償サービス」でスマホを即日交換可能に

ドコモ デジタル機器補償サービス

ドコモの「あんしんパック」がリニューアルされます。 今までのあんしんパックは「あんしんパックモバイル」となり、それに加えて「あんしんパックホーム」が追加されます。 その二つを合わせて「あんしんパック」という構成になります。 リニューアル時期は、2019年7月24日と発表されました。 今までのあんしんパックを利用している人は特に影響を受けずそのまま利用し続けることができますし、リニューアル以降にあんしんパックモバイルを申込しても、料金的な変更はありませんが、6月1日以降にケータイ補償サービスに「月額1,000円」枠ができたり、docomo with枠の月額330円がなくなり月額500円になるなど、一部既に値上げになっています。 他にもケータイ補償サービスの内容が変更され、6月以降、順次内容が拡充されるなど、細かい変更点もありますので、合わせてリニューアルされるあんしんパック全体を解説していきます。 あんしんパックリニューアルの概要 あんしんパックリニューアル後は、「 あんしんパックモバイル」と「 あんしんパックホーム」、合わせて「 あんしんパック」という構成になります。 あんしんパックモバイルは、現在のあんしんパックで提供されているモバイル機器向けのサービスパックで、「ケータイ補償サービス」、「あんしん遠隔サポート」、「あんしんセキュリティ」のサービスがまとめて利用できるサービスです。 他に変更される点としては、ケータイ補償サービスの内容が拡充されます。 拡充内容としては、交換電話機をより早く手元に届けてくれる「 エクスプレス配送」と、「 店頭交換」が可能になります。 また、WEBにて補償手続きを実施したユーザー向けに、 WEB割という割引サービスが開始されます。 あんしんパックの利用料金 あんしんパックモバイルは、現在のあんしんパックのことですが、2019年6月1日からの料金を見ると、今までになかった料金水準が見つかります。 それは、ケータイ補償サービス・ 月額1,000円という枠です。 自動的に その場合のあんしんパックの料金は1,220円となっています。 補償に月額1,220円・・・。 引くくらい高いですね。 一体どの機種に適用されているのかというと、iPhone XS、iPhone XS Maxです。 Androidのスマホは月額500円を維持しています。 ちなみに、それ以外の料金は現状の料金が継続です。 ケータイ補償サービスの月額コース あんしんパックモバイルの月額料金 1,000円 1,220円 750円 970円 500円 770円 330円 550円 ケータイ補償サービスの月額330円コースは、docomo with対象機種に対して適用されたものなのですが、doomo withが終了した 6月1日以降は、330円から500円に値上げになっています。 もちろん、元々利用されている方には影響はありません。 現在、 公式サイトに存在しているケータイ補償の330円枠は、フィーチャーフォン向けの330円コースのみです。 あんしんパックモバイルとあんしんパックホームを両方とも含む、新「あんしんパック」は、上記のケータイ補償料金に+1,000円することで、利用することができます。 つまり、以下のようになります。 ケータイ補償サービスの月額コース 新あんしんパックの月額料金 1,000円 2,000円 750円 1,750円 500円 1,500円 330円 1,330円 補償で2,000円・・・。 ちょっとありえない金額になってきています。 年間24,000円です。 3年利用すれば、実に72,000円です。 スマホ1台買えそうです。 あんしんパックホームに関しては、単独で利用した場合は 月額880円です。 ただし、あんしんパックホームを単独で利用するというケースは、あまり多くないのではないかと思います。 新しくサービス開始される、「デジタル機器補償サービス」と「ネットワークセキュリティ」をどうとらえるかによって、判断が変わってきそうです。 ケータイ補償サービスの拡充内容詳細 6月1日より、ケータイ補償サービスの内容拡充が実施されます。 拡充される内容は、「エクスプレス配送」、 「店頭交換」、「WEB割」です。 エクスプレス配送 ケータイ補償サービスの「エクスプレス配送」は、地域限定で4時間以内で交換機種を届けてくれるサービスです。 通常のケータイ補償は、申し込みの翌日または翌々日に届けてくれるサービスなので、それよりもさらに早く手元に届けてくれる、非常に便利なサービスと言えます。 ただし、ケータイ補償のサービス利用料金とは別に、エクスプレス配送の利用料金がかかるという点には注意が必要です。 無料ではありません。 配送エリア 東京都23区内/大阪府大阪市内の指定住所。 受付時間および配送時間 受付時間:9時~16時 配送時間:申し込みから4時間以内 対象機種 ケータイ補償サービス対象の全機種 利用料金 3,000円/件 提供開始時期 2019年6月より順次開始 店頭交換 利用中の携帯電話機が故障・水濡れなどのトラブルに遭った際にドコモショップに来店をすると、ケータイ補償サービスの「店頭交換」を利用することで、当日その場で交換電話機をお持ち帰りできるようになります。 ドコモを長く利用されている方なら覚えているかもしれませんが、昔、ドコモショップでは店頭での「預託機種との交換」を実施されていたことがありましたよね。 それと同じような形になるのかもしれません。 実施されれば便利になりそうですが、「利用料金」がある感じなので、金額次第ですね。 そもそも、当日ドコモショップですぐにもらえるとは言っても、待ち時間が何時間もあるのなら、一日待って自宅に配送でいいや、ということもあるでしょうから、ケースバイケースと言えるかもしれません。 対象店舗 ドコモショップの一部店舗(対象店舗は順次拡大) 対象機種 Androidスマートフォンの指定機種 利用可能回数 交換電話機のお届けでの利用と合わせて1年間に2回まで。 利用料金 提供開始に合わせて、ドコモのホームページにて案内。 提供開始時期 2019年9月予定 WEB割 My docomoの「ドコモオンライン手続き」で「ケータイ補償サービス」の補償手続きを実施することで、サービス利用時の負担金を10%割引する、というサービスです。 7,500円の負担金なら、750円の割引きですね。 エクスプレス配送と店頭交換は、追加料金がかかってしまいますが、WEB割は逆に安くなるサービスなので、少しでも安くなるなら是非活用したいサービスと言えそうです。 とりあえずケータイ補償だけどうしようか、というところですね。 しかもそのケータイ補償の料金も、月額1,000円が登場していたり、docomo with含むミッドレンジ機種向けのケータイ補償が、6月1日以降契約の場合には500円になっていたりと、色々辛い感じになっています。 新プランでは料金を下げなければならない、しかし収益はできる限り落としたくない、という中での苦肉の策のように思えて仕方がないところです。 幸い月額1,000円はiPhone XS/iPhone XS Maxだけで、新機種夏モデルのXperia 1やGalaxy S10などハイエンドモデルは月額500円を維持していますので一安心、と言ったところです。 いずれにしても、現在ケータイ補償サービスには、修理代金サポートまで含まれてしまっているので、加入なしというのもリスクが大きく、なかなかつらいところです。 こうなってくると、 dカード GOLDケータイ補償の重要性がますます高まってくる感じですね。 まだ未加入の方は、以下参考記事をご覧いただき、今のうちに準備をしておきましょう。 関連記事:「」.

次の

ドコモ光ユーザー限定、デジタル機器補償サービス

ドコモ デジタル機器補償サービス

画面共有を利用したご案内は、通信料が発生します。 (ドコモの携帯契約がなく、ドコモ光の新規お申込みと同時申込みの場合のみ、ドコモ光の工事完了日から無料期間が適用となります。 それ以外の場合は申込日から適用となります)。 31日間を過ぎて契約を継続している場合、解約手続きを行わない限り、自動的に有料契約となります。 OS(対応OSは すべて日本語のみ)• ・Windows 10(32ビット/64ビット)• ・Windows 8. 1(32ビット/64ビット)• ・Windows 8(32ビット/64ビット) ブラウザー• ・Internet Explorer 11• ・Firefox• 1/Windows 10のModern UI、 Microsoft Edgeは対応していません。 迷惑メール対策 対応メールソフト• ・POP3 - Windows Mail、Outlook、Netscape、IncrediMail、Thunderbird、Becky、Shurik• ・MAPI - Outlook• ・POP3アクセスが可能なウェブメール (msn、yahoo、outlook. comなど)• 迷惑メール対策 ツールバー プラグイン 対応ソフト• ・Windows Mail• ・Outlook 2003以降• ・Thunderbird (現行バージョンとその2つ前までのバージョン) その他• ・インターネット接続(高速回線推奨) Mail• ・Windows 8(32ビット/64ビット)• (無料期間終了日の15日前より、本ソフトがインストールされたパソコン上に更新のご案内がポップアップで表示されます.

次の