公開 処刑 キングギドラ。 公開処刑 : 終わりの始まり

ZEEBRA(キングギドラ)に公開処刑で当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったDragon Ash降谷建志を潰させた黒幕はCIA。

公開 処刑 キングギドラ

let yourself go let myself goやグレイトフルデイズ、ビバラレボリューションなどでもわかるように既存のレールに乗るよりも自分のしたい生き方をしよう!権力に従うな!ということを訴えていました。 降谷建志自身も青山学院の初等部から高等部まで在籍したあと中退して通信制高校の代々木高校に転入して音楽の道を目指すなどレールから下りた生き方を実践していました。 ディープインパクトでは「日本を変える」「いよいよ壁はなくなる」「腐った情報の混雑」「日本全土巻き込む暴動」「次なる革命目指す」など既存秩序、既得権益の打破を歌っていました。 ビバラレボリューションではそれが革命にまで繋がる予兆もありました。 このころはZEEBRAとも反権力、戦後レジューム否定の共闘関係にあり親密でした。 2002年のレボレーターでは自分たちが革命を起こそう!と歌っています。 このときのドラゴンアッシュの路線はまさに反権力、戦後レジューム否定であり尾崎豊、窪塚洋介、ジョンレノンと同じでした。 降谷建志が常に言っていたのは今まで虐げられてきたアンダーグラウンドをオーバーグラウンドに持ち上げるというものでした。 しかしそれはアメリカ側、体制側からは非常に危険視されるものでした。 今まで虐げられてきたアンダーグラウンドをオーバーグラウンドに持ち上げるということは若者の共産主義の伸長に繋がる可能性があるからですね。 そこでCIAは傘下の関東連合などエージェントを通じてZEEBRAにドラゴンアッシュがZEEBRAをパクっているということを吹き込んでドラゴンアッシュの反権力のHIPHOP路線潰しをたきつけます。 CIA傘下のエージェントにたきつけられたZEEBRAは自らのグループキングギドラの2002年の「公開処刑」でドラゴンアッシュのHIPHOPは偽物だ!とドラゴンアッシュを潰すことになるのです。 これによりドラゴンアッシュの降谷建志(KJ)はめちゃくちゃショックを受けてしまい反権力、戦後レジューム否定のメッセージ性の強いHIPHOP路線を辞めることになるのです。 その後のドラゴンアッシュはラテン、ロック、ミクスチャーとして活動していきますが、かつてのようなカリスマ的な熱狂は影をひそめることとなりました。 ZEEBRAはおじいちゃんの横井英樹が同じくCIAのエージェントの小佐野賢治や五島慶太、児玉誉士夫らに酷い目にあわされてしまいましたが、孫のZEEBRAもCIAに利用されてしまったのです。 赤報隊事件朝日新聞社襲撃事件のNHKスペシャルを見ました。 赤報隊事件は1 米国防総省がホルムズ海峡付近のオマーン湾でのタンカー攻撃にイランが関わっている「可能性が非常に高い」 朝鮮戦争はCIA・軍産複合体、イルミナティによるやらせだったと思います。 ハリウッド映画として高い人気を博してシリーズ化もされた「メンインブラック」ですが、あれはそもそも映画 政府専用機ボヤ事件、白川郷放火、菅原一秀経済産業大臣、河井克行法務大臣など閣僚の不祥事続出、メディア 千葉県松戸駅で女児誘拐未遂の動画がアップされていました。 王将社長射殺事件の犯人は工藤会ではなかったのです。 asahi 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

ZEEBRA(キングギドラ)に公開処刑で当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったDragon Ash降谷建志を潰させた黒幕はCIA。

公開 処刑 キングギドラ

2002年のMTVアワードで、ZEEBRAと会ったのを最後に、それから疎遠になるぐらいの出来事ですからね。 でも、ZEEBRAは、公開処刑より以前にdisしているわけだから、ZEEBRAとしては、もっと早く気づいて欲しかったという事でしょう。 「まあ、でもあれはHIPHOPじゃないですか。 KGだし。 日本のHIPHOPの根っこになっている人達だから。 HIPHOPでは許されるんだと思いますよ。 人を中傷したりとか。 競い合うという流れが凄く強いカルチャーだと思うし。 それこそ、彼らは半端な生き方はしてない訳だから。 しっかりあのアルバムは評価受けてるし。 言われた本人はそれは嫌ですけど、耐え難いですけど。 買う人がいるという事は評価を受けてるって事なんですよね。 ただ、俺はなんの為に音楽をやっているかというと、人と競い合う為に音楽やってる訳じゃないし、人を傷付ける為に音楽をやってる訳じゃない。 自分の音楽を聴いてくれる人には汗をかいて楽しんで欲しいし、時に考えて欲しいし。 」 SWITCHより このインタビューから、KjのHIP HOPについての見解が分かります。 ZEEBRAと大きく違います。 ZEEBRAはdisを肯定しているが、Kjはdisを否定しています。 このことから、Kjがアンサーソングとかを出さないのが伺えます。 Dragon Ashの公開処刑後の曲からは、ZEEBRAの模倣はなくなっているので、ZEEBRAも今のDragon Ashを認めています。 Kjは、模倣ではなく、REAL HIP HOP、Original HIP HOPを追求していく必要があったのでしょう。 上辺だけのI LOVE HIP HOPでは、本気でHIP HOPをやってるZEEBRAが怒ってしまいます。 関連サイト• スポンサードリンク.

次の

公開処刑 : 終わりの始まり

公開 処刑 キングギドラ

KJ 超今更だけど 書くこともないから書こうと思う。 だいぶ前に って曲で がKJをdisったとき ほんとにカスだなと思った。 いや、ダサすぎる。 いろんな意味で。 そもそも、とかゆう小者が陽の目を浴びたのも のGRATEFUL DAYS にfeat. されたからだろうが。 KJから声がかからなければ、 おまえみたいなやつ、 一部の好事家以外、誰も知らねーから。 KJ様々だろうがよ。 つうか以外にも 日本のシーンのやつら全員。 KJ様々だろうがよ なにKJをdisってんの? もともとのシーンはあったとしても、 ほんとにマイナーで、ヒットチャートに上がるなんてなかったシーンだから。 当時以前。 DAYONEみたいなイロモノはあったかもだけど。 実際、俺はずっとロックとかバンドものばかり聴いてて、 日本のなんて、ほんとにダセーと思ってた。 そんななにか 程度の認識しかなかったから。 まあブランドはかっこいいなと思ってたけど。 が出てきてからだよね。 あっ ってなんか面白いかも。 みたいに思ったの。 陽はまた登り繰り返す とか。 なんつうか。 何やってもかっこいいわ KJは。 見せ方とか。 うまいし コテコテじゃないんだよな。 少なくとも 日本ののイメージをスタイリッシュに、かっこいいものにしたのは間違いなくKJの功労だろう KJ、は日本のシーンの最高の功労者だろうよ。 そこんとこ大事だろうよ なんなんだよ、 KJのおかげで売れたくせに その恩を忘れてdisるとか。 だいたい、KJはのこと本気でリスペクトしてるっていろんなメディアで公言してたのに、 よくdisるよな。 恥ずかしくねーのかな、先輩として。 人としてダセー。 かなり。 あとムカついたのが まあは一応当事者だからいいとして、 に便乗してKJ叩いてたクソ共。 ほんとにダセーわ。 BOYKEN?だっけ? 以上にダセー。 ほんと、恥ずかしくねーの? あのとかゆー雑音。 日本の恥だろ。 永久的に封印したほうがいいだろ。 まあ言うまでもないけど、 って。。。 曲自体が、びっくるするくらいダサすぎるよな。  この曲がなければ、ヒップホップが今以上に盛大になっていたかと思うと、残念で仕方ない💦💦 なんてがいなかったら、誰も知らねーよなw ヒット曲なによw? 後悔処刑 当時は「ジブさん、お宅もの声マネだし、戦う相手も違うじゃんw」て思ってたな。 ヒップホップをやってるコアな人たち同士でやるなら納得だけど、メジャーな若手に石投げちゃって、売名も含むみたいな。 はそもそもミクスチャーバンドとして活動していて、ロックもパンクもヒップホップも好きだったわけ。 確かに、kjがジブを尊敬してて、好きすぎるあまりに似てきていたところがあった。 実際、summer tribe のPVと音を聴いたときはジブかと思った それでも本来、本物は抜かれないわけよ。 ところがバカ売れしちゃったんだよね。 ある意味「」は「は若手に嫉妬している」というデッカイ看板でもあったと思う。

次の