レゴ クラシック 10696 レシピ。 レゴクラッシック10696 説明書、作り方まとめ (非公式)

レゴクラシックの作り方。オリジナル&公式レシピまとめ

レゴ クラシック 10696 レシピ

レゴクラシック 10696 黄色のアイデアボックス プラス で作れるモノ 新発売のレゴクラシックシリーズで2番目におすすめなのが、『 10696 黄色のアイデアボックス(プラス)」です。 この商品に入っている作れる作品事例をご紹介します。 商品情報 商品番号 10969 シリーズ レゴ クラシック 発売日 2015年1月16日 総ピース数 484ピース 対象年齢 4歳〜 説明書(PDF パーツ一覧 アイデアボックスとアイデアパーツの大きな違いは? 2015年1月に発売された『レゴクラシック』シリーズは、 これまでの レゴ基本セットに替わる商品です。 全部で 6種類の商品が発売され、その違いにどれを買ったら良いのか迷いますよね! 『ボックス』と『パーツ』の 最大の違いは、「収納ケース」です。 『ボックス』はその名の通りレゴブロックのような形のケースです。 プラスチック製なので、 遊び終わったら収納ケースとして便利に使えます。 『アイデアパーツ』は紙製のパッケージなので、 ちょっと耐久性が心配です。 子供たちはかなり乱暴に扱いますからね 汗。 アイデアブロック(プラス)で作れるモノは? このレゴクラシックシリーズにはいくつか組み立て例が描かれた、組立説明書が入っています。 最初は見本通りに組み立てれば簡単に完成させることができますよ。 その後は知育頑として期待できる、「 自分で考えたモノを組み立てる」ですね! この遊び方が子供の想像力を伸ばしてくれそうで期待しちゃいます。 子供にとって一番楽しい時間は、「 お母さんやお父さんと一緒に遊んだ時間」になってくれるとうれしいですよね! そんな記憶に残るような思い出にのために、たまには一緒に遊んであげましょうね! 『レゴクラシック 10696 アイデアボックス(プラス)』が買えるお店•

次の

レゴクラシックの作り方10715篇!レシピ全種のダウンロードを実践!

レゴ クラシック 10696 レシピ

LEGO Classic 10698もしくは 10696だけを使った当サイトオリジナルの非公式説明書(飛行機やトラック、家、船やレーシングカーなど)をまとめました。 公式の作り方では物足りなくなった方は是非ご覧ください! だれでも簡単にシンプルに制作出来る説明書となっていますので是非作ってみてください。 子供向けレシピも多数。 LEGO クラッシック10698とは このセットにはタイヤや窓、ドア、回転台、アームやベースなど必要十分なパーツがパッケージされていますので工夫次第で何でも自由に色々な物を作る事が出来ます。 レゴ入門にもオススメでサンタさんにクリスマスプレゼントとしてお願いするのも良し、誕生日プレゼントにも最適です!知育には是非レゴを ! 10698で何が作れるの?(まとめ) 以下、全て当方のオリジナルになります。 10698では回転出来るパーツが有りますので単なるトラックでは無く、牽引タイプのトレーラーを作ってみました。 本職の大型トラック運転手さんも 当サイトを見て作ってくれた自信作です。 そこで始めはタンカーを制作し始めたのですが出来上がりがかなり地味になってしまい。。 そこで思いついたのが軍艦でした。 幸い、砲台を作るパーツが有るのでリアルに仕上げる事が出来ました。 カッコ良く仕上げたい方は目の回転台を取り外してもらえればクールな潜水艦になります。 ダンプカーの作り方です。 当サイトで既に公開しているトレーラートラックのホイルベースをマイナーチェンジしてダンプカーにしてみました。 荷台は可動出来ます。 中型旅客機の作り方です。 恐らく10698だけを使って作れる世界最大の飛行機だと自負しています。 この飛行機は後ほどご紹介する小型ジェットからの飛行機2作目でして、こちらも海外のLEGOビルダーさん達に人気の説明書となっています。 10698のセットには良いサイズのランディングギア(タイヤ)が無いので本作では省いていますが、当サイトYouTubeチャンネル視聴者さまがご自身でランディングギアも付けて投稿して下さいました。 このランディングギアを付けて頂いた投稿はyoutubeのコメント欄でご覧頂けます。 先ほどの中型機でふれさせて頂いた小型機の作り方になります。 何気にブログを始めて間もない頃は こちらが当ブログの中でアクセスを一番頂いている記事だったりしました。 とても簡単シンプルに作れる飛行機になっています。 10698ではタイヤの種類が少なく前輪、後輪とサイズが極端に違いすぎるので、現行のF1を作るのには無理が有るなと感じたので こちらあえて6輪車両、ティレル・P34という伝説のマシンを制作しました。 どうしても4輪が良い方は前輪を2輪に減らすアレンジでご対応下さい。 こちらも少ないパーツだけでどこまで攻めれるか考え抜いた作品で御座います。 元々こちらの作り方はYouTube限定で公開していたのですが、読者様からこちらのサイトでも制作してほしいとご依頼を頂き静止画での説明書も公開しました。 お子さんは静止画の方が作りやすいですもんね。 公開後、こちらの家を作って頂いている方が多くて嬉しいです。 ちょっと制作難易度が高い作品ですが、楽しんで作ってもらえれば幸いです。 当サイトYOUTUBEチャンネル、海外の視聴者様からとても多かった制作依頼がリムジンタイプの車でした。 10698のパーツ的に厳しいかと思ったのですが意外といけるもので。 こちらは豪華なプール(露天風呂)を車内に設えたタイプの10696で作るリムジンも公開しています。 こちらは回転台を活用したヘリコプターになります。 クラッシック10696でもヘリコプターを作りましたが10698の方がシンプル簡単に完成出来ました。 こちら回転台を2個とも活用したツインロータータイプのヘリコプターで双発のプロペラが特徴です。 シングルロータータイプよりも重たい物を運ぶのに向いている様で、陸上自衛隊などの輸送ヘリコプターでは多く採用されているタイプになります。 前後のプロペラは回してもお互い干渉しない様に配置しています。 レゴクラシック10698では白と黒のパーツが極端に少ないのが惜しいなと思います。 このパトカーはその少ない白黒を使って無理やり作りました。 そういった経緯でジープ的なオフロードタイプのパトカーになりました。 現在当方のブログで一番パーツ数が少ない作品です。 タイのタクシー、トゥクトゥクを作りました。 タイ旅行について調べていたら急に制作意欲が沸き作っちゃいました。 酉年でインスタグラム上の友人が鳥を作っていたのに触発され作りました。 翼はパタパタと開閉する事が出来ます。 レゴ公式サイトでもウサギの作り方は載っていますが、当ブログオリジナルは横向き仕様となっています🐇 公式の説明書では立っているタイプが有ります。 特にこのシリーズはタイヤが多く色々な車両を作れますね。 色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。 コンクリートミキサー車です。 ローラーはちゃんと回転出来ます。 タンクが回転出来るように組み立てるのがとても大変だったのですが完成すると一番気に入った作品になったりしています。 中型ジェット旅客機です。 10696に入っている薄っぺらの板をほぼ骨組みに使います。 それら基礎板を機体の強度を増すために上下からがっちり抑え込み簡単に壊れない様に工夫しました。 現在10696で作る自分の作品では一番パーツを多く使っています。 写真では分かり辛いですがエンジン裏にちゃんとランディングギアを作っています。 10698で作った中型飛行機では(10698に良いタイヤセットが無いため)ランディングギア無しで完成させています。 こちらがSNSなどで作って下さった投稿を一番良く見かけます。 世界で100機以上は作られて居るとか考えただけで気分上がります。 戦車 EODボッド? です。 こちら現在YOUTUBEで一番再生数が多い作品です。 10696に入っているタイヤを眺めてたら、1番小さいホイル2個に1番大きいタイヤを巻き付けられる事に気付きました。 そうです、キャタピラーを表現出来るから戦車作ろうとなった次第です。 もちろん、戦車を作る専用のLEGOは売っていますが子供へのプレゼント価格では有りません。 トラック ウィングボディータイプ です。 10696には連結可動用のパーツが入っているのですがそれを使って何か作りたいと思っていたら浮かんだのがこちらです。 もっとパーツが多かったら、ちゃんとした両開きのトレーラーを作りたかったです。 まぁ可愛いトラックの方が遊んでいて壊れにくいので良いですね。 ロープウェイです。 英語ではロープウェイとは言わないようですね。 こちらは作り方というより、アイデアのご紹介という意味合いが大きい記事となります。 (もちろん、作れるようにしています) 10696だけじゃなくて多くのパーツを使えばもっとすごいロープウェイが出来そう。 消防車 はしご車タイプ です。 先ほどのトラックと同じ発想です。 可動パーツをはしごに利用した作品となっています。 前から見るととても薄っぺらい仕上がりになったのですがこれもパーツ限界に攻めた結果です。 最新作です。 10698では公式のショベルカーが有りますが タイヤをキャタピラーにし、台座も回転するこちらがよりリアルになれた気がします。 戦闘機 F-16とF-5を混ぜたようなの です。 実はこの作品が一番細かいところに工夫した裏技的な作品となっています。 無理やり安定感の無い細いパーツを使い、それでも強度を高めました。 特に水平尾翼を作る工程が大変でした。 本当の所は双発エンジンにしたかったのですが、単発式です。 ヘリコプターです。 10698でもヘリを作っていますが、こちらはちゃんとテイルローターとギアも付いています。 メインローターを回しながら是非遊んでください。 10698リムジンの兄弟分にあたるタイプです。 豪華な室内プールを設えたリムジンです。 遊び心は有りません。 今回はカッコ良く作ることに徹しました。 昔は砲台の火力をメインに戦っていた海上戦力ですが、現在はレーダーとミサイルが主な戦術になった様で砲台はシンプルになりましたね。 イージス艦を作りました。 1LDKタイプで2階にリビング寝室があります。 もちろん写真の黄色い車も付いています。 最後に 子供に飛行機作ってと言われたは良いけど公式に説明書が無かった為、仕方無く自分で考え作ったのが始まりでした。 せっかく良いのが出来たので説明書を探している方に共有しようと。 今では10698だけでは無く、10696の説明書も公開しています。 色々作れるレゴクラッシック10698をお友達などに贈りたいとお考えなら、その作り方は是非当ブログをご紹介下さい。 これからもレパートリーをどんどん増やしていく予定です。

次の

2歳娘のレゴ遊び。レゴ クラシック 10698 の組みかえレシピでスイカやメロン、おにぎり、お寿司、お弁当、アイスクリームを作ってみたよ。

レゴ クラシック 10696 レシピ

レゴクラシック 10696 黄色のアイデアボックス プラス で作れるモノ 新発売のレゴクラシックシリーズで2番目におすすめなのが、『 10696 黄色のアイデアボックス(プラス)」です。 この商品に入っている作れる作品事例をご紹介します。 商品情報 商品番号 10969 シリーズ レゴ クラシック 発売日 2015年1月16日 総ピース数 484ピース 対象年齢 4歳〜 説明書(PDF パーツ一覧 アイデアボックスとアイデアパーツの大きな違いは? 2015年1月に発売された『レゴクラシック』シリーズは、 これまでの レゴ基本セットに替わる商品です。 全部で 6種類の商品が発売され、その違いにどれを買ったら良いのか迷いますよね! 『ボックス』と『パーツ』の 最大の違いは、「収納ケース」です。 『ボックス』はその名の通りレゴブロックのような形のケースです。 プラスチック製なので、 遊び終わったら収納ケースとして便利に使えます。 『アイデアパーツ』は紙製のパッケージなので、 ちょっと耐久性が心配です。 子供たちはかなり乱暴に扱いますからね 汗。 アイデアブロック(プラス)で作れるモノは? このレゴクラシックシリーズにはいくつか組み立て例が描かれた、組立説明書が入っています。 最初は見本通りに組み立てれば簡単に完成させることができますよ。 その後は知育頑として期待できる、「 自分で考えたモノを組み立てる」ですね! この遊び方が子供の想像力を伸ばしてくれそうで期待しちゃいます。 子供にとって一番楽しい時間は、「 お母さんやお父さんと一緒に遊んだ時間」になってくれるとうれしいですよね! そんな記憶に残るような思い出にのために、たまには一緒に遊んであげましょうね! 『レゴクラシック 10696 アイデアボックス(プラス)』が買えるお店•

次の