ルーシィ。 ルーシィ・ハートフィリア (るーしぃはーとふぃりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ルーシィ・ハートフィリア (るーしぃはーとふぃりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ルーシィ

ルーシィの最新評価 ルーシィの強い点 12ターンで使えるSS ルーシィのSSターンはタウロスと共に駆け回るというもの。 12ターンで使えるため、道中の雑魚処理などに役立つSS。 攻撃倍率はルーシィが1. 1倍、タウロスが1. 25倍とタウロスのほうが高い。 ルーシィの弱い点 出番が少ない ルーシィはDW、魔法陣、ウィンドのギミックに対応ができる。 似たアビリティにがいるため、貫通制限などが出ない限りは出番があまりなさそうだ。 ルーシィの総合評価と使い道 広範囲友情と小回りの利くSSが特徴なキャラ。 しかしアンチテーゼを持っていない場合は充分な運枠となるため、育てておいて損はない。 80 タス後限界値 21459 21904 350. 73 ゲージショット 成功時 - 26284 - スキル ストライクショット 効果 ターン数 星霊衣 タウロスフォーム タウロスと共に駆け回る 12 友情コンボ 説明 最大威力 スターレーザーL【光属性】 大サイズの星型属性レーザー攻撃 10210 進化に必要な素材 進化前から進化 必要な素材 必要な個数 大獣石 30 光獣石 10 光獣玉 5 獣神玉 1.

次の

【フェアリーテイル】ルーシィの強さは黄道十二門の星霊のアレが原因?!

ルーシィ

ルーシィの最新評価 ルーシィの強い点 12ターンで使えるSS ルーシィのSSターンはタウロスと共に駆け回るというもの。 12ターンで使えるため、道中の雑魚処理などに役立つSS。 攻撃倍率はルーシィが1. 1倍、タウロスが1. 25倍とタウロスのほうが高い。 ルーシィの弱い点 出番が少ない ルーシィはDW、魔法陣、ウィンドのギミックに対応ができる。 似たアビリティにがいるため、貫通制限などが出ない限りは出番があまりなさそうだ。 ルーシィの総合評価と使い道 広範囲友情と小回りの利くSSが特徴なキャラ。 しかしアンチテーゼを持っていない場合は充分な運枠となるため、育てておいて損はない。 80 タス後限界値 21459 21904 350. 73 ゲージショット 成功時 - 26284 - スキル ストライクショット 効果 ターン数 星霊衣 タウロスフォーム タウロスと共に駆け回る 12 友情コンボ 説明 最大威力 スターレーザーL【光属性】 大サイズの星型属性レーザー攻撃 10210 進化に必要な素材 進化前から進化 必要な素材 必要な個数 大獣石 30 光獣石 10 光獣玉 5 獣神玉 1.

次の

【フェアリーテイル】ルーシィの強さは黄道十二門の星霊のアレが原因?!

ルーシィ

ルーシィの魅力1:スタイル抜群の美少女ヒロイン 『FAIRY TAIL』のヒロインであり、もう一人の主人公でもあるルーシィ・ハートフィリアは、金髪セミロングで露出が高めな服装が特徴の美少女。 「妖精の尻尾」最強チームの一人として、ナツたちと様々な依頼をこなしている様子が描かれており、各エピソードにおける彼女の活躍からは目が離せません。 お色気作戦はことごとく失敗に終わる 色気には自信があると豪語するルーシィですが、買い物における値切り交渉や戦闘での誘惑などでは、ことごとく失敗に終わっています。 読者・視聴者目線からすればメロメロになることは間違いありませんが、こと『FAIRY TAIL』の世界では彼女の魅力が通用していないことが分かります。 ただ唯一、ルーシィのスタイルに惚れこんでいるのは星霊のタウロスくらいのもので、それ以外には全く響いていないのが不憫なところと言えるでしょう。 ルーシィの魅力2:国を代表する資産家の令嬢 「幽鬼の支配者」との戦いでルーシィの家族に関する情報が初めて明らかになりますが、彼女の父親は国を代表する資産家・ハートフィリア財団のトップ。 それ故にルーシィは資産家の令嬢ということになりますが、母親の死をきっかけに関係が悪くなり、立派な星霊魔導士を目指して家を出るのでした。 恵まれた家庭環境にありましたが、ルーシィは自身の出自を隠し、自分の力だけで生きていくことを決意しています。 家出をしてフェアリーテイルに加入 立派な星霊魔導士になること、そして将来は小説家になることを夢見て家出をしたルーシィは、その矢先にナツとハッピーに出会うのでした。 とりあえずどこかのギルドに所属することを考えていたルーシィでしたが、その候補の一つが彼らの所属する「妖精の尻尾」であり、まさに運命の出会いを果たしたと言えるでしょう。 しかし以降からナツたちの傍若無人に振り回されることとなり、さらには大きな戦いに身を投じていくことになるのでした。 ルーシィの魅力3:「妖精の尻尾」における常識人 憧れの「妖精の尻尾」に入ることができたルーシィでしたが、ギルド内は無秩序そのものであり、それでいて和気あいあいとしていました。 その中でルーシィは数少ない常識人であり、ナツたちの行動に逐一ツッコミを入れている様子が描かれています。 風紀委員のように振る舞うエルザもまとめようとしていますが、時として彼女も暴走する様子があり、ルーシィが唯一といっていいほど、まともなキャラクターに見えることは間違いありません。 ツッコミを入れるも振り回されることが多い ギルド内では様々な魔法を駆使して活躍する魔導士たちが集まっており、ルーシィの実力はその中で下から数えた方が早いかもしれません。 それを抜きにしても、「妖精の尻尾」には個性が強すぎるメンバーが揃っていて、ルーシィは彼らにツッコミを入れるも、どうしても御しきれない様子があります。 その結果、ナツをはじめとした問題児たちの行動に巻き込まれ、ルーシィは毎回不憫な想いや激しい戦いに巻き込まれていくことになります。 ルーシィの魅力4:マグノリアで一人暮らしをしている 前述したように、ルーシィは何一つ不自由がない実家を離れ、「妖精の尻尾」がある街・マグノリアで一人暮らしをすることに。 家賃は7万Jのアパートとなっており、彼女が理想とする部屋の構成となっていて、たいへん気に入っている様子があります。 ただルーシィは家賃を稼ぐために依頼をこなしますが、ナツと一緒の行動することが多く、彼が先々で器物損壊事故を起こすため、満足な報酬を得られなくなっているのが大きな悩みとなっています。 自宅は「妖精の尻尾」最強チームのたまり場に 家賃を稼ぐために依頼をこなすも、ナツによって報酬額が減ってしまうことが大きな悩みのルーシィですが、それと同じくらいの問題を抱えていました。 彼女の自宅はナツやハッピー、グレイたちが頻繁に出入りするようになってしまい、彼女のプライベートスペースが簡単に浸食されてしまいます。 時としてエルザたち女性メンバーも一緒に入り浸っていますが、ルーシィは勝手に上がり込まれることを嫌っている様子が描かれています。 ルーシィの魅力5:些細なひと言で意識してしまう純情さを持つ ルーシィは物語開始時点で17歳という年齢であり、趣味の読書も相まってか、恋愛を意識してしまう様子があります。 「妖精の尻尾」のミラジェーンによる天然発言により、「ナツはルーシィのことが好き」と聞かされると、それからはナツを激しく意識してしまうように。 ミラジェーンの意図は「仲間として好き」ということでしたが、ルーシィは単純に好きというワードに反応してしまい、それから恥じらう様子が多くなるのでした。 恋愛経験がなく恋をしたい様子も ハートフィリア家の箱入り娘として育てられたルーシィは、一応年相応の女の子らしく、恋愛をしたいという意識がある様子。 しかし恋愛にはうぶであるため、カナをはじめとした経験のある女性陣からよくからかわれている姿があります。 一時は運命の出会いを果たすかとも域や、彼女は恋愛よりも仲間たちと過ごす時間を優先したため、ルーシィが恋に夢中になる日はまだまだ先になることが分かるでしょう。 ルーシィの魅力6:小説家になることも夢の一つ 物語冒頭において、ルーシィは立派な星霊魔導士になることを目指していましたが、同時に小説家を夢見ていることが明らかになります。 その夢を隠していたところナツにバラされてしまいますが、それがきっかっけで本好きのレビィと親しくなるように。 将来はギルドでの依頼や冒険の日々を本にして出版したいという想いを抱きながら、ルーシィは様々なできごとに身を投じていくことになります。 処女作で新人賞を受賞することに 『FAIRY TAIL』のクライマックスにおいて、アクロノギアを倒した一行はそれぞれの道を歩むことになりますが、ルーシィは小説家として大きな一歩目を歩むことに。 処女作「イリスの冒険」がケム・ザレオン文学賞新人賞を受賞して、作家として華々しいデビューを飾ることになります。 それ以降の様子は描かれていませんが、夢を実現したルーシィはさらに活躍していることは間違いないでしょう。 ルーシィの魅力7:仲間を守るために戦う姿がカッコいい! ここからはルーシィの戦闘シーンを見ていきます。 「妖精の尻尾」最強チームの中では一番戦闘力が低いルーシィですが、それでも仲間を守るために懸命に戦っている様子が描かれています。 特に一人でどうにかしなければならないという状況が多く、その中で必死にあがいている様子があり、最終的に勝利を掴み取る戦いぶりは見逃せません。 新たな力に目覚め、星霊を信頼して戦う姿があって、日常にはない頼もしい姿がカッコいいばかりです。 エルザからヒントを得た「星霊衣」 ルーシィは星霊を呼んで戦わせるだけでなく、自身も直接相手に攻撃するようにもなります。 その典型例が星霊の力を自身に宿して戦う「星霊衣(スタードレス)」で、鎧を換装して戦うエルザからこの技を修得するのでした。 身につけた星霊衣はそれぞれの星霊の特性を持っており、より星霊と一つになって戦うルーシィの姿から目が離せないばかりです。 強力な一撃を放つ超魔法「ウラノ・メトリア」 六魔将軍(オラシオンセイス)との叩きでは、「青い天馬」のヒビキから「古文書」を与えられたことにより、超魔法「ウラノ・メトリア」を使う様子が描かれています。 膨大な魔力を使用する一方で、相手に圧倒的なダメージを与えることができ、まさに一撃必殺と呼ぶに相応しい技に。 ただあまり頻繁に使えるものではなく、第二魔法解放後であっても使用を試みている様子があって、制御しきれない様子が窺えます。 ルーシィの魅力8:星霊を呼び出すことができる星霊魔導士 ルーシィは星霊を心から好いていて、彼女と契約している星霊たちもまた、ルーシィを守るために行動します。 その想いやりの気持ちは絆と言い換えることもでき、作中の誰よりも強い想いを持っています。 これによって星霊王からも一目置かれる存在であり、さらには敵が契約している星霊にも強い影響を与えるほどでした。 星霊を思いやる気持ちが強い ルーシィの星霊に対する強い思いは、彼女の接し方に表れています。 作中に登場する他の星霊魔導士は星霊=道具として認識している様子が強く、対してルーシィは同等の立場で接している優しさを見せます。 戦いの中で星霊が傷つけば悲しみ、悲しい過去を持っていれば一緒に涙を流すなど、仲間以上の大切な存在として認識していることが分かります。 強い気持ちは星霊王や敵の星霊に影響するほど ルーシィは星霊を心から愛している様子は、作中のどのシーンを見てもわかるでしょう。 そんな強い想いは敵味方問わず星霊の心に強く響くだけでなく、星霊界を統治する星霊王ですら心を動かされたほど。 ロキとのエピソードでは星霊王に対して「ひげ親父」と強く出ては、星霊界の掟などお構いなしに説き伏せています。 そんな星霊を強く思う彼女に気持ちに星霊王は感化されて、ロキに対して特例を認め、さらにルーシィという存在に注目するようになるのでした。 ルーシィの魅力9:強大な力を持つ星霊王を償還できる 様々な星霊を呼び出して戦うルーシィですが、彼女の切り札といってもいいのが「星霊王償還」です。 星霊王は星霊界で司法を司る存在ですが、その実力は作中でも圧倒的すぎるほどのものに。 「妖精の尻尾」メンバーがことごとく冥王獣にやられるも、星霊王は一撃で倒したほどで、力の差は歴然です。 しかし「償還」するという文字通りに、星霊王を呼び出すためには大きな犠牲が必要で、ルーシィは大きな決断の末に実行するのでした。 黄道十二門の鍵を破壊しなければならない苦渋の方法 星霊王を償還するには、黄道十二門の鍵を一つ破壊しなければなりません。 ルーシィは10個の黄道十二門の鍵を持っていましたが、その中で選択したのがアクエリアスでした。 ルーシィとアクエリアスは関係が悪いものの、それでもルーシィは彼女に絶大な信頼を寄せており、いくら憎まれ口を叩かれようとも大切な仲間の一人。 しかしアクエリアスは覚悟を決めて鍵の破壊を促し、ルーシィは涙ながらにその言葉を実行にするのでした。 アクエリアスとの別れで涙を流すルーシィ アクエリアスは覚悟を決めて鍵の破壊を催促し、ルーシィもまた仲間を守るために大切な仲間を犠牲にする選択を選ぶのでした。 互いに相当な覚悟を決め込みますが、同時に二度と会えないかもしれない別れに涙を流します。 この時のルーシィはこれまでにない表情で涙を流しており、想像を絶するほどの悲しみ暮れていたことでしょう。 長い『FAIRY TAIL』の物語の中でもトップクラスの名シーンであり、誰もが涙なしには見られないはずです。 ルーシィの魅力10:「妖精の尻尾」のことが心から大好き! 最後に紹介するルーシィの魅力は、星霊たちもそうですが、何より「妖精の尻尾」のことが大好きであること。 父親と再会した時や「幽鬼の支配者」に連れていかれた時など、様々なシーンにおいてルーシィは「妖精の尻尾」を心から愛している様子が描かれています。 その気持ちはギルドメンバーの誰もが持っていますが、恐らくルーシィが一番と言っていいかもしれません。 強く愛する心があり、彼女もまたギルドを家族と認識していて、騒がしくも楽しい日々を送っていきます。 ギルト再結成に尽力したルーシィ マカロフによってギルド解散が宣言されると、ルーシィは週刊ソーサラーの見習い編集者として仕事をするようになります。 その傍らで世界中に散っていった仲間たちの情報を集めながら、編集者としての仕事を続けていました。 そうしてギルド解散から1年後、ナツとハッピーに再会したことで仲間探しの旅に出ることになり、所在を知るメンバーには手紙を送って、「妖精の尻尾」再結成に尽力を尽くすのでした。 まとめ 『FAIRY TAIL』のヒロインであり主人公のルーシィについて、彼女の魅力をまとめていきましたが、いかがでしょうか。 美少女ヒロインというだけでなく、星霊たちと一緒に戦っている様子もあって、可愛くもカッコいい姿が描かれています。 特に彼女の強さの源である星霊たちとの絆は必見で、個性豊かな星霊たちの顔ぶれにも注目するばかり。 ぜひルーシィのことをより詳しく知るために、アニメや漫画を改めて読んでみてはいかがでしょうか?.

次の