俺の彼女。 俺の彼女は他人棒が気になるようです。|オフィシャルページ

俺「竹中工務店から内定貰ったよ!」彼女「え、ちょっと待って・・・」

俺の彼女

先日、仕事にも慣れてきてちゃんとボーナスも貰えるようになったから来年早々にも挨拶して、春には結婚しようって言った。 涙を流して喜んでくれてたんだ。 なのに、今日大事な話があるって呼び出されて行ったら、隣に男がいた。 兄貴だそうだ。 で、促されるままに喫茶店に入って聞かされたこと。 彼女、バツイチで子供がふたりいるんだってさ。 16と18の時に男の子を産んだんだって。 知り合った時は離婚した直後だったそうだ。 それ聞いて、最初はビックリし過ぎて何も言葉が出なかった。 少し沈黙が続いてようやく「そんな大事なこと何故隠してたんだよ」って聞いたら「だって聞かれなかったし」って言われたけど、知り合った時はまだ20歳でまさか子供がいるとは全然思わなかったし。 何度も彼女のアパート泊まったけど、子供の写真一枚見たことないし、それらしいものも何もない、普通の女の子の一人暮らしふうだったし。 更に「今更結婚は無しなんて言わんだろうなぁ?」とか睨まれたわ。 彼女の方は「嫌いにならないで!俺君と結婚したい!」とか涙目で言われたけど無理だわ。 「ごめん、裏切られた気持ちで一杯で結婚とかもう考えられないよ」って言ったら、兄貴が拳を俺の目の前に突き出してきて、そういうのも無理だった。 「殴って気が済むなら殴ってくれ。 でも結婚はない」って言った。 彼女泣きながら店を出て、兄貴も追いかけて行った。 3人分のコーヒー代は手切れ金だと思って払ってきた。 終わったわー。 彼女との結婚を目標に頑張ったこの2年は何だったんだろう。 正社員になれたと言うことを前向きに捉えるしかないのかな。 明日、クリスマスに予約していたホテルとディナーをキャンセルしないと。

次の

【修羅場】俺「ちゃんと正社員になったからご両親に挨拶に行きたい!」彼女「おk」→ 結果...

俺の彼女

今はただ初恋とその失恋にラリってるだけだろ。 酒もたばこもヤクも体から依存物質が抜けてからじゃないと 始まらんだろ。 それと同じ。 今ラリ最高潮っぽいから。 すぐ浮気するぞ。 お断りしやすいし、悪者にならないし、ほんとに再起したら復縁できるし お眼鏡にかなわなければ「まだ駄目」といって切り捨てられるし。 後出しで地雷女の条件が続々なんだが。 イッチ、ワイ思うに相手が離れてくれてよかったと思うよ。 しかもイッチは働いて貯金して まともな女を恋人にも嫁にもできる能力手にできて。 或る意味女神だが、崇拝対象としては〇であっても 貢いだり一緒にしていいレベルの女とはとても思えない。

次の

彼女と俺の恋愛日常::公式ホームページ

俺の彼女

「俺の女」という男性心理 自分の彼女に対して「俺の女」という男性は、一体どのような心理状態を抱えているのでしょうか。 そして「俺の女」という言葉を一体誰に向けて放っているのか、女性には分からないことだらけですよね。 女性には分からないからこそ、理解してあげる必要があります。 大好きで大切な彼が発する言葉の意味をしっかりと理解し、受け止めてあげましょう。 ここでは自分の彼女のことを「俺の女」という男性の根本的な心理状態を紐解いていきたいと思います。 つまり、周囲の人たちににあなたのことを「俺の女」だと言ってまわることで「この女性は自分のものだ」と言いたい気持ちの表れなのです。 本当はストレートに「彼女は俺の恋人だから、誰もちょっかい出さないでくれよ」と忠告したい気持ちが溢れ出してしまいそうになっているのです。 ですが、あからさまに「この女は自分のものだ!」と言ってまわると、周囲の人だけでなく彼女にも引かれてしまう恐れがあるので、遠回しな表現をしているのでしょう。 つまり彼は、あなたのことをとても美人だ、可愛いと思っているのでしょう。 このときの彼の気持ちには「あなたが好きすぎて仕方がない」という気持ちで溢れ出しそうなのでしょう。 あなたのことを「女性としてとても魅力的」だと感じているからこそ、周囲の人たちに「俺の女」として自慢してしまいたいのです。 もしも彼から、彼の友だちに「俺の女」と紹介されたときには、彼のあなたに対する自慢の気持ちを素直に受け止めても良いのではないでしょうか。 例えば、あなたの気持ちが自分に向いているのか分からないとき、別れる別れないを繰り返していて関係性に確信が持てないときなどに、このような行動が見られます。 何度と無く別れる別れないを繰り返していると、周囲の人たちも「あなたたち、本当に付き合っているの?」と、疑問に思ってしまうでしょう。 そんなときの男性は、周囲の人たちに「自分たちはきちんと付き合っている」「ただのボーイフレンドではない」ということをアピールしたい気持ちが垣間見えてしまうのです。 そしてあなたに対しても「俺は君のボーイフレンドじゃないよね?彼氏でいいんだよね?」という不安定な男性心理の表れでもあります。 「俺の女」と言われたときに男性が喜ぶ態度 彼氏の友だちに対して、彼氏があなたのことを「俺の女」だと言って紹介したとき、突然の「俺の女」発言に驚いてしまう女性も少なくありません。 例えば、あなたの前ではまるで保護者のように優しい彼氏でも、自分の友だちの前では「俺の女だ」と強気になる男性もいます。 女性からすると「えっ?!」と一歩引いてしまうようなことですが、男性にとっては本能的に「相手より有利に立ちたい」と思ってしまうことなので、仕方のないことなのです。 ここでは、彼の友だちの前で「俺の女」だと紹介されたときに、どのような態度をすれば男性を喜ばせることができるのかをご紹介します。 この方法は、彼氏だけではなく彼の友だちにも有効です。 照れてはにかみ女性の姿は、男性をキュンとさせるテクニックのひとつでもあるので、ぜひ周りの男性を虜にしちゃいましょう。 彼の友だちに「お前の彼女かわいいな」なんて言ってもらえたら、彼氏はますますあなたのことを愛しく感じるはずです。 普段は男性っぽくてサバサバしているような女性であれば、この効果はさらに効果的です。 普段はサバサバしている彼女がこのような可愛い態度をとることで、彼氏は一層グッときてしまうのです。 そうだよな!」というように、強気な態度で紹介された場合、彼は友だちの前で少し優位に立ちたいと考えているようです。 友だちの前でかっこつけるなんて子どもっぽいな、と女性は考えてしまうところですがここは少しだけ彼に合わせてあげましょう。 女性の視点からすると多少子どもっぽいと感じても、ここで男性のプライドやメンツを守ってあげるとあなたの格も上がります。 小さなことですが、顔を立ててもらえたと男性は感じることで、あなたのこともより一層大切にしてくれるのではないでしょうか。 あなたの視線に気づいた彼もきっとニコッと微笑んでくれるはず。 「俺の女」だと紹介したときに目を合わせて微笑み合うことができたら、周りの友だちにも理想のカップル像のような印象を与えることができます。 周囲の人たちにも見守られる微笑ましいカップルになれるのではないでしょうか。 「俺の女」という言葉に込められた深い意味 自分の彼女を「俺の女」だというのは、何も自分の友だちに紹介するときだけではありません。 彼女と彼の部屋でまったりしているときにふと「俺の女」宣言をされることもあるでしょう。 そのとき男性が放つ「俺の女」という言葉の意味には、実は深い意味が込められていることをご存知ですか?ここでは、男性が「俺の女」だというときに込めた想いを解説していきます。 彼女からすると「急にどうしたの?」となってしまうようなシチュエーションですが、このときの男性心理には「彼女の気持ちが分からない」という感情があるのです。 もしかしたら自分への気持ちが冷めてしまっているのではないか、他に気になる人ができたのではないか、と不安になっているときに「俺の女」だと言ってしまうのです。 これはあなたへの念押しと「浮気しないでね」という意味が込められています。 そのことをしっかりと認識し、彼の不安を解消してあげるように努めましょう。 例えば、彼女の顔を見つめながら愛おしそうに「俺の女だよ」だとか「俺だけの女」ということを言われたら、あなたへの愛が最骨頂まできている場合があります。 愛しい彼女の顔を見ていると、あなたとお付き合いができている幸せをひしひしと感じてしまうのでしょう。 彼に愛おしそうに「俺の女」宣言されたのであれば「ずっとあなただけの私だよ」と返して上げると、彼の恋愛ボルテージも最高潮まで上がってしまうのではないでしょうか。 彼女のことが大好きすぎて、彼女が誰かに取られるのではないかと心配で仕方がないのでしょう。 彼女にとっては、このような「言葉に込められた意味」を知ることで、彼のことが可愛くて愛おしく感じてしまいますよね。 彼に「俺の女」と言わせる彼女になるには 男性がお付き合いをしている女性に「俺の女」だというときには、彼女への愛が抑えられなくなっているときが多いです。 彼女のことが大好きで大好きで仕方がないのです。 自分の彼氏にこのように想ってもらえたら、女性としてとても嬉しいことではないでしょうか。 そのためには、彼氏に「俺の女」だと言わせる彼女になる必要があります。 ここでは、彼氏に「俺の女」だと言わせる彼女になるコツをご紹介します。 女性もそうですが、自分のことを愛してくれればくれるほど、相手のことも愛したいと思うのではないでしょうか。 実は、人って無意識の内に同レベルの愛情を求めてしまうものなのです。 他人に無条件に無償の愛を注ぎ続けられる人なんて、そうそういないのではないでしょうか。 その証拠に、いくら相手に尽くして思いやっても相手がそれに応えてくれないと「なんでいつも私だけ……」そんな風に思ってしまいますし、それが相手に対するフラストレーションや不満に繋がってしまうのです。 ですが「相手にかなり愛されている」だとか「ここまで想ってくれるんだ」と思えば思うほど、相手に対して感謝の気持ちや愛が増すのです。 ですから、彼に愛してもらいたいのならまずは自分が相手を想うこと。 それが大切なのです。 男性は女性よりも単純な思考をするという特徴があります。 先のことを考えるよりも、今目の前に見えていることが全てだと考える傾向があるのです。 ですから、いつもいつも彼の言うことなすことに従っているだけで彼を甘やかしていると、あなたの大切を見失ってしまうでしょう。 ですから、2ヶ月に1回くらいの割合で「あなたに興味ありません」くらいの態度をとることがおすすめです。 「昨日まであんなに自分のことを好きでいたのにどうしたんだろ」「俺、何かしたかな……」というように、彼を不安にさせることが重要なのです。 彼にいつまでも新鮮な気持ちを持っていてもらいたいのならば、恋愛にときおりスパイスを与えてあげることが、お互いの気持ちが長続きする秘訣です。 男性は女性には考えられないような考えをする傾向にあるので、自分の友だちに羨ましがられるようなら自慢するし、そうでないなら紹介すらしないと、あからさまな態度をとることがあります。 女性からすると少しショックな事実ですが、彼に「自慢できる彼女」だと思ってもらう女性になるということは、自分のためでもあるのです。 綺麗になって得なことはあっても損なことはないでしょう。 男性が自分の彼女を「俺の女」だというとき、そこにはいろいろな意味や気持ちが込められています。 女性には皆目検討もつかないような感情もあることでしょうが、そこは「男性ならではの思考と傾向」だと割り切って、彼に合わせてみるのも良いでしょう。 「俺の女」だという男性の心理を知って行動することで、彼だけではなく彼の友だちにも愛されるワンランク上の女性になることができます。

次の