山賊ヒグマ。 【ワンピース】ラスボスが明らかに!?ゾロ・母親・山賊ヒグマ説も?

カーリー・ダダン (かーりーだだん)とは【ピクシブ百科事典】

山賊ヒグマ

「 ルフィのバカが…… この先 どんな海賊になろうと あたしはあいつの味方だよ…!! 」 概要 主人公の故郷でもあるゴア王国近隣にあるコルボ山一帯をシメる一味 「ダダン一家」棟梁の。 えらくゴツイ体つきをしているが、だった。 であり、常にタバコをふかしている。 それぞれの経緯からガープが連れて来たとルフィの面倒を見ることになり、実質彼らの育ての親でもある。 半ば強制的に押し付けられた節があるため、表面的には2人を疎んじているが、ガープから預かっているだけあって保護者として最低限の生活を与えていた。 また、ルフィがに攫われ殺されかけた時には部下を引き連れ海賊のアジトを襲撃し救出するなど、ときには体を張って彼らを守ろうとしていた。 エースにルフィ、そして二人が連れ込んだと、利かん坊の悪ガキ三人を相手に手を焼き続けたが、そんな生活の中でも彼らに対する情は感じていたようで、サボの死を知り天竜人に無駄死にしてでも復讐しようとするエースを胸ぐらを掴み説教をしたこともあった。 エースとルフィがそれぞれ船出の際にダダンに対して礼を言った際には堪えられず大泣きしてしまった。 でのエースの死を知った際には激しく悲嘆し、一時に帰省したガープをの店で待ちかまえ、棍棒と拳を振るって彼に怒りと悲しみをぶつけた。 同時に、兄を失ったルフィの心痛を想い、空を仰いで彼にエールを送った。 2年後にも扉絵で登場しており、ルフィの大暴れを一味揃って喜んでいた。 また、マキノに子供が生まれた際には一味で店に集まって祝う姿が描かれた。 ダダンにいたってはマキノの子を笑顔で抱き上げてあやしており、すっかり子煩悩になってしまった模様。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 山賊王ヒグマ: 始動するヒグマ

山賊ヒグマ

2年前、ミホークがルフィの手配書を見せるためシャンクスのもとを訪れた際には、 「 片腕の貴様と今さら決着をつけようなどとは思わん」と言っており、 現在は停戦している様子です。 シャンクスはこのティーチとの戦いにおいて 「 おれは油断などしていなかった」と発言しており、 盤石の構えで勝負に臨んだにもかかわらず、 傷を負ったことからティーチを危険視し、白ひげに警告を出すのでした。 この戦いも経緯や詳細などは一切不明です。 VSヒグマ 赤髪海賊団がフーシャ村に停泊していた際、 酒場で山賊ヒグマに因縁をつけられたことに端を発した戦いです。 ヒグマに酒をかけられたシャンクスは笑って場を収めるのですが、 ヒグマがルフィを傷つけたことで怒りを露にし、器と力の大きさを見せつけるのでした。 「 おれは酒や食い物を頭からぶっかけられようがつばを吐きかけられようがたいていの事は笑って見過ごしてやる………だがな!! どんな理由があろうと!! おれは友達を傷つける奴は許さない!!!! 」 このシャンクスの行動原理こそがルフィの理想像となり、 のちに大きく影響を与えていきます。 ワンピース 533話より引用 ティーチに敗れたエースの公開処刑の前日、 海軍中将モモンガのもとに「 シャンクスとカイドウが小競り合いを起こした」という報告が届きます。 当時はカイドウの姿も判明していないため、この戦いも経緯や詳細は不明です。 VSキッド ワンピース 793話より引用 キッドが左手を失ったのは「 赤髪海賊団との抗争」によるものでした。 こちらも詳細は不明ですが、 キッド海賊団が狙う標的は一貫してシャンクスだったようで、 キッドがアプーとホーキンスと同盟を結んだ際にも当初の同盟の標的はシャンクスでした。 伏線・考察 シャンクスの能力 シャンクスが能力を持っているとすれば、 フーシャ村近海でルフィを助けた際に海を泳げていたことから、 フーシャ村出航後に悪魔の実を口にしたことになります。 そして、もし能力者だとすれば、 シャンクスが 瞬間移動の能力者かもしれないという描写がマリンフォード頂上戦争に二つあります。 ワンピース 580話より引用 一つ目は、マリンフォード頂上戦争の場に赤髪海賊団が突然現れたときの 海兵達の反応です。 二つ目は、赤犬がコビーに制裁を加えようとした瞬間にシャンクスが 突然姿を現し、赤犬の拳を受け止めた場面です。 この時の赤犬や周りの海兵の反応から察するに、 シャンクスは なんの前触れもなくその場に突然出現した可能性があります。 ワンピース 969話より引用 そして、これと全く同じ描写で、 過去に黒炭オロチを裏で操っていた「 黒炭ひぐらし」は、 ある日突然オロチの 目の前に姿を現し、 オロチは「 うわァ!! び…びびった おどかすなよバーさん!! 誰なんだ一体…!! 」と腰を抜かして反応しています。 また、花の都でおでんがオロチを斬ろうとしたときには「 黒炭せみ丸」が突然姿を現し、おでんの斬撃をバリアで防ぎ、 続けてひぐらしが「 ひょこ…」という擬音とともに姿を現します。 ひぐらしは「 マネマネの実」の先代能力者で、せみ丸は「 バリバリの実」の先代能力者で、 どちらも現在は ルフィの味方側の人物が手にしている能力です。 もしかすると、ひぐらしとせみ丸には瞬間移動の能力を持った もう一人の協力者がいて、 その能力がシャンクスに受け継がれたのかもしれません。 シャンクスの出生 ワンピース 966話より引用 ロジャー海賊団におでんの家族が乗船した際、 ロジャーとレイリーは赤ん坊のモモの助と日和を見て、 「 赤ん坊なんて久しぶりだな!! 」「 昔を思い出すな」と発言しています。 そして、シャンクスとバギーについて、 「 あいつら見習いか?」と聞くティーチに対して、 マルコは「 ああ…昔からいる」と答えていました。 ここから、シャンクスとバギーは 赤ん坊の頃からロジャーの船に乗っていたことが予想できます。 ロジャーは二人と同じくまだ 幼少のペドロに対しては、 乗船を拒み「 人には必ず出番ってものがあるんだ!! 」と諭していたので、 シャンクスとバギーの乗船には何か意味があったのかもしれません。 また、24巻SBSで「 自分に似ているキャラは?」という質問に対して、 尾田っちは「 頭のキレ。 落ち着いた態度。 その出立ち…。 シャンクスの恋愛事情 ワンピース 614話より引用 614話の扉絵でフーシャ村のマキノさんが 子供を抱いている姿が描かれており、 63巻のSBSではその扉絵について「 マキノさんも母親になったというわけですね。 幸せそうですね。 父親はやはり、あの人かなー。 あの人だろうなー。 」と濁すように回答されています。 マキノさんと関係する男性で一番に浮かぶのは、やはり シャンクスなので、マキノさんの結婚相手はシャンクスなのかもしれません。 村長は「 こいつらが主の退治の証だと言うんじゃがどうもな…わしにはよう分からんのじゃ…」と言いますが、 それを見たマキノさんは「 この宝石の中の指輪は10年も前に ある人が指にはめていたものなの…」と何かを仄めかすように口にしています。

次の

【ワンピース】ラスボスが明らかに!?ゾロ・母親・山賊ヒグマ説も?

山賊ヒグマ

「 おれを怒らせた奴は 過去56人みんな殺してきた」 プロフィール 本名 ヒグマ CV 所属 ヒグマ山賊団 棟梁 所属船 なし 懸賞金 800万ベリー 出身地 年齢 享年46歳(12年前) 誕生日 11月18日(熊の日) 身長 190cm 星座 さそり座 血液型 X型 好物 、、熊肉 概要 「」周辺を拠点とするヒグマ団の棟梁で、懸賞金の平均値が300万ベリーのにて56人を殺害して 800万ベリーの懸賞金を掛けられている凶悪犯である(この賞金額は平均賞金額が300万ベリーの東の海では中々高い方である)。 生涯 フーシャ村にあるのへ手下を引き連れ酒の買出しに向かうも、率いるが店中の酒を全部飲み尽くしてしまった事で反感を買い、シャンクスが差し出した未開栓のボトルも受け取るどころか素手で殴り割った(本人曰く「 寝酒にもなりゃしねぇ」。 )挙句に彼を「腑抜け」と罵りその場を後にする。 数日後、手下と共に再び酒場を訪れシャンクス達の悪口をこぼしていた所を、突っかかってきた幼少期のを痛めつけた挙句、大人げなくも殺そうとしたが、それが 友人への攻撃とみなされ赤髪海賊団ととなった。 当初こそ粋がっていたものの結果は大敗し、悪足掻きでルフィを連れて海に逃亡。 の一つであるを食べてカナヅチになっていた彼を海に落としたが、その直後に現れた「近海の主」と呼ばれるに襲われ乗っていたごと噛み砕かれてした。 なお、ルフィは駆けつけたシャンクスにより救出され難を逃れたが、代償としてシャンクスは左腕を食い千切られてしまい、ルフィの心に大きな禍根を残すこととなる。 その後ルフィは祖父により女山賊のの下へ預けられるが、その際にヒグマ一味の顔を思い浮かべながら「おれ 山賊は大嫌いだ! 」と抵抗している(因みにその10年後、ルフィがフーシャ村を出る際には「おれ 山賊は嫌いだけど お前らは大好きだ~!!! 」と発言しダダンを泣かせている)。 シャンクスが四皇になったのは6年前であると本編958話で言及されており、シャンクスがヒグマと戦ったのは12年前であり当時シャンクスが四皇だったと言うのは間違いである。 知っての通り赤髪海賊団は元ロジャー海賊団所属の強豪海賊を擁する一大勢力であり当然見聞色の覇気の使い手も多数属しているはずだが、その赤髪海賊団相手に煙幕一つで追跡を撒きルフィを拉致するというよく考えるととんでもない事をやってのけている。 メタ的に言ってしまうと当時は四皇はおろか覇気という設定すら定まっておらず、現在のONE PIECEの世界観とは矛盾する部分があったというだけ。 要はみたいな扱いである。 関連項目 関連記事 親記事.

次の