腎盂腎炎 検査。 腎盂腎炎 症状チェック

[医師監修・作成]腎盂腎炎(腎盂炎)の検査:尿検査・血液検査・細菌検査など

腎盂腎炎 検査

こんにちは、ファストドクターです。 急性腎盂腎炎についてお伝えします。 急性腎盂腎炎の特徴・要因・症状 急性腎盂腎炎の特徴 腎盂腎炎というのは、細菌が腎臓に感染して起きる炎症です。 腎盂腎炎は、よく女性がかかるもので、女性と男性がかかる割合は30:1とされています。 というのは、男性に比較して女性の方が肛門と尿道口が近かかったり、尿道が狭かったりするので、菌が尿道に入りやすいためです。 腎盂腎炎は、急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎に分けられます。 ・急性腎盂腎炎 急性腎盂腎炎は、細菌が腎臓の中に入って、炎症が起きている状態です。 症状が急に現れますが、治療が早くできると症状は3日~5日で落ち着きます。 しかし、症状が悪くなれば入院する必要があるため、注意する必要があります。 分からないでそのままにしておけば、慢性腎盂腎炎になる恐れがあります。 ・慢性腎盂腎炎 慢性腎盂腎は、別の疾患によって、炎症が持続的に起きている状態です。 いろいろな症状があり、急性腎盂腎炎のようなものが現れる場合もあったり、風邪に似た微熱・食欲不振・体のだるさ・吐き気というようなものが現れる場合もあったりします。 さらに、このような症状が全員に現れるということでなく、症状が自分で分からないこともあります。 急性腎盂腎炎の要因 細菌が腎臓に入ることが、急性腎盂腎炎の要因です。 細菌が入る経路は、細菌が尿道から逆流する、腎臓の周りにあるリンパ腺から感染する、他の体の箇所で感染した細菌が腎臓に血管を通して入る、などがあります。 ほとんどの場合は、尿が逆流したり、尿道が狭くなったりするため細菌が腎臓に入って、炎症が腎臓に起きています。 そのため、前立腺肥大、妊娠中、尿路結石の人は注意が必要です。 さらに、細菌に対する免疫力が糖尿病などのために下がっている人、抗がん剤・ステロイド剤を使っているため免疫力が下がっている人もよく感染するとされています。 しかし、症状が現れなかったり、症状として風邪のようなものが現れたりすることもあります。 急性腎盂腎炎の診断と検査 慢性腎盂腎炎を診断するためには、尿検査をまず行います。 細菌や血液、膿が尿の中に混じっていれば、血液検査を実施します。 血液の中の白血球や細菌が多くなっているかどうかが、血液検査で分かります。 このため、腎機能の状態が分かり、急性腎盂腎炎と診断されます。 しかし、これ以外に、画像検査として、超音波検査、CT検査、静脈性腎盂造影、腎シンチグラフィ、膀胱造影というようなものを実施することによって、尿の通過の状態や尿路の状態を検査して、悪くなっていれば要因を明確にします。 急性腎盂腎炎の治療法 急性腎盂腎炎の治療法は、基本的に、多く水分を摂って、化学療法を実施します。 回復することを目指すために、細菌に効果が期待できる抗菌薬を使用します。 なお、状態が一旦改善しても治療をすぐに止めないで、急性腎盂腎炎が再発することを防ぐために、少量の薬を長期的に使用し続けていきます。 また、急性腎盂腎炎の要因である尿路異常などの場合は、治療を改善するために実施することを検討します。 尿路異常を治す方法としては、多くの場合は外科的療法が選ばれます。 なお、腎機能が悪くなって腎不全になっている場合は、人工透析の治療を行う必要があります。 急性腎盂腎炎の予防 急性腎盂腎炎の可能性がある場合は、一般的に、逆流しているかどうかを泌尿器科では検査します。 具体的な方法としては、造影剤を患者の膀胱に入れて排尿して、尿管に膀胱の中の造影剤が上がるかを調査します。 この検査はあまり内科では行われていません。 同時に、腎臓が腫れているかどうかを、レントゲン検査や超音波検査によって確認します。 基礎疾患がある場合は、これをまず治療して、全く基礎疾患がなく、たまたま逆流した場合は急性腎盂腎炎を予防する方法をアドバイスします。 急性腎盂腎炎を具体的に予防する方法としては、基本的に、局所をきれいにして細菌が尿道から膀胱に入らないように維持することが第一です。 急性腎盂腎炎は、女性に圧倒的に多いため、例えば、前から後ろに排便した後は拭くようにします。 また、細菌が性行為によって逆流する場合があるため、性行為の後には排尿することがおすすめです。 急性腎盂腎炎ではなく、性行為をした後に膀胱炎に必ずなるような人がいます。 多くの細菌が尿道から外陰部にかけていますが、このような人はこの一部の細菌が膀胱の中に尿道から引き込まれるためです。 このような人は、抗生物質を性行為をした後に飲むようにする必要があります。 多く水分を摂って、尿で膀胱をできる限り洗い流して、膀胱の中を寝る際には空にしておくことも方法の一つです。 お近くの救急医療機関をお探しの方 下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。 意識がない• 頭を強く打った• ろれつが回らない• 手足の動きが悪い、または動かない• 吐血している• 頭をひどく痛がっている• 我慢できないひどい痛み• けいれんをおこした、けいれんしている 夜間往診をご希望の方 下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。 感染症の疑い• 喉の痛み、激しい咳• 今まで経験のある頭痛• 今まで経験のある痛み• めまい、嘔吐、下痢• アレルギー.

次の

尿細管間質性腎炎

腎盂腎炎 検査

1 熱(38~39度)とのどの痛みがありますか 項目を選択してください。 いいえ 2 上記1)の症状が治って1~2週間後に、尿量が減り、濃くなりましたか 項目を選択してください。 いいえ 3 血尿がありましたか 項目を選択してください。 いいえ 4 まぶたがはれていますか 項目を選択してください。 いいえ 5 食欲がなく、だるいですか 項目を選択してください。 いいえ 6 血圧はいつもより高いですか 項目を選択してください。 いいえ 7 むくみがありますか 項目を選択してください。 いいえ 8 目があけていられなくなったり、尿が出なくなったりしましたか 項目を選択してください。 いいえ 9 息切れや呼吸が苦しくなりますか 項目を選択してください。 いいえ 10 けいれんがありますか 項目を選択してください。 いいえ.

次の

腎盂腎炎の治療期間と安静期間はどれくらい?どうやって過ごせばいいの?

腎盂腎炎 検査

尿検査にはいくつかの段階がありますが、最も基本的な尿定性検査(試験紙検査)では、数分間で結果が出て、以下のことが確認できます。 尿中に血液が含まれているか:尿の色が正常でも、微量な血液が含まれていることがあります。 血尿があると、膀胱炎や腎盂腎炎である可能性が高まります• 尿中にどのくらいの白血球が含まれているか:白血球は、菌と戦う免疫細胞です。 尿中に白血球が多いということは、尿の中に菌が多いということですから、これもまた膀胱炎や腎盂腎炎である可能性が高まります• 尿中の亜硝酸塩の有無:一部の細菌は、膀胱内で亜硝酸塩と呼ばれる物質を生成します。 これが検出されれば、膀胱炎や腎盂腎炎である可能性が高まります これらとは別に、尿沈渣検査、尿培養検査といった検査もあります。 尿沈渣検査:尿の成分を濃縮させて、それを顕微鏡で観察します。 尿に含まれる赤血球、白血球、細菌の量を確認して、これらが多ければ膀胱炎や腎盂腎炎である可能性が高まります。 尿培養検査:尿の中に含まれる菌を培養します。 菌の種類が分かると、より効果が高い抗生物質を沢山の種類から適切に選ぶことができるようになります。 腎盂腎炎では入院が必要ですか?.

次の