ごぶごぶ 浅野 ゆう子。 浜田雅功 浅野ゆう子と神戸で食べまくり 止まらない食欲に困惑「女優さんですよね…?」/芸能/デイリースポーツ online

[B!] ごぶごぶ 神戸・北野 浅野ゆう子 おしゃれでおいしい”美食”をたっぷり浜ちゃんに味わってほしい

ごぶごぶ 浅野 ゆう子

ダウンタウンの浜田雅功と相方、スタッフが、五分五分の立場でロケをおこなうMBS『ごぶごぶ』。 今回の相方は兵庫・神戸出身の、「トレンディードラマの女王」こと浅野ゆう子。 前回に引き続き、食に並々ならぬこだわりを持つ大女優が、浜田と神戸グルメを食べまくる。 2人が向かったのは、今回のロケで浅野がどうしても行きたいと熱望していた食パン専門店。 店に着くなり、「いや~! やっと食べられる~!」とカメラを忘れて大興奮する浅野。 水分を多く含み、手で触れるだけで崩れてしまいそうな繊細さが自慢の「パン・ド・ミー」を購入し、すでに満腹気味だった浜田も「これはうまい! 並ぶのも分かるわ」と納得する。 続いて、浅野が舞台の初日に差し入れすることもあるという、1975年創業の喫茶店でチーズケーキを食べることに。 ロケ日の神戸は、最高気温36. 2度の猛暑日で、ディレクターが「前っちゃん(カメラマン)も疲れてるから休ませてあげて」と浜田に提案。 「疲れたんで」と迷うことなくカメラを下ろし、アイスコーヒーを注文する前っちゃんに、浜田は「めちゃくちゃ!」「アンタ担ぐんが仕事やろ!」とツッコむ場面も。 しかしこの番組では、演者とスタッフはあくまでも「ごぶごぶ」の関係ということで、前っちゃんも「さっき浜田さんと浅野さんも休んでたんで」とまったく屈しない。 さらに前っちゃんは浅野に「同い年ですよ」と切り出し、「昔いっしょにロケ行きました」などと絡みまくり・・・。 浜田は「演者と勝手にしゃべるな!」と憤慨する。 番組ならではの展開のあと、まだまだ食べ足りない様子の浅野は、このあとも更なる美食を求めて神戸の中華街・南京町へと足を運ぶ。 浅野のとどまることを知らない食欲に、浜田は思わず「女優さんですよね」と困惑する。 この模様は9月3日・23時56分から放送される。 Lmaga.

次の

浅野ゆう子の父親は大物政治家・石井一だった?!恋人・田宮五郎との結婚を反対されたワケ

ごぶごぶ 浅野 ゆう子

浅野ゆう子の父親は大物政治家・石井一だった?!芸能デビューのため母から受けた教育とは? 浅野ゆう子の父親は大物政治家・石井一だった?!3歳で離婚したため、公にされていない! 浅野ゆう子の両親は、3歳の時に離婚しています。 その父親が、なんと大物政治家の石井一なのだそうです。 石井一は、田中角栄の私設秘書を務めた人物。 衆議院内閣委員長を務めたこともあり、元内閣総理大臣で、タレントDAIGOの祖父である竹下登の側近として活躍していた時期もあったと言われています。 浅野ゆう子の母親は、神戸界隈にあった高級料亭「上伊」の専属芸者で、毎月お忍びで神戸を訪問するほど、時の実力者・竹下登のお気に入りだったのだとか。 そのため、後に石井一に身請けをさせ、家を建てて店でもやるように指示。 当時の金額で1億円以上を預けた、とネット上で伝えられています。 浅野ゆう子の父親が石井一だということが、なぜ公にされてこなかったかというと、石井一が大物政治家だったから。 石井一は政治家として政界への影響力もあり、クリーンなイメージとは言いがたい面もあったこと、離婚していることから公にされていないようです。 浅野ゆう子が芸能デビューのため母から受けた教育とは?苦労が女優として大成させた! 浅野ゆう子は3歳の時に両親が離婚して以降、母と共に親戚の家を転々とし、苦労して過ごしたようです。 浅野ゆう子は、幼いころから芸能志望で、母親も浅野ゆう子を芸能人にするべく、小学生の頃から歯の矯正をさせていました。 苦労のせいか、年齢以上に大人びていた浅野ゆう子は、たまたま行った公開放送でスカウトされています。 中学生のときに、京王線代田橋駅そばの寮から学校に通いながら、TBS系列で放送された「歌う新人王決定戦」にて優勝し、アイドル歌手としてデビューします。 1974年に「恋はダン・ダン」で第16回日本レコード大賞新人賞を受賞し、1976年に発売された8枚目のシングル「セクシー・バス・ストップ」がヒットを記録。 しかし、当時のアイドル事情では人気があったのは小柄なタイプで、浅野ゆう子の日本人離れしたスタイルは珍しく、スタイルの良さを強調した姿は、女性から反発を受け、アイドル歌手としては大成しませんでした。 1980年代には歌を休業し、さまざまな会社の水着キャンペーンモデルとして活躍していた浅野ゆう子。 1988年に「君の瞳をタイホする!」のヒロインに抜擢され、「抱きしめたい!」というドラマで浅野温子と共演し、「W浅野」として「トレンディドラマの女王」としてブレイクし、今に至ります。 浅野ゆう子が恋人・田宮五郎との結婚を母から反対されたワケ 浅野ゆう子が恋人・田宮五郎との結婚を母から反対されたワケ!それは病から 浅野ゆう子には近年、恋人がいました。 お相手は、俳優の田宮五郎です。 浅野ゆう子と田宮五郎の交際が広く知られることになったのは、皮肉にも田宮五郎がくも膜下出血のために亡くなったことからでした。 婚約中とも言われていた浅野ゆう子と田宮五郎ですが、実は浅野ゆう子の母から、結婚を反対されていたそうです。 浅野ゆう子の母が、田宮五郎との結婚に反対した理由は、やはり田宮五郎の病状のためでした。 2012年4月にくも膜下出血を患った田宮五郎は、浅野ゆう子が介護しなければ生活できない状況であったそう。 回復しなければ、娘の浅野ゆう子がずっと苦労することを思うと賛成できないと、浅野ゆう子の母は語っています。 2014年には母を訪ね、説得を試みたという浅野ゆう子。 結局、母の了解は得られないまま、田宮五郎は2014年11月6日未明に浅野ゆう子に看取られながら息を引き取りました。 浅野ゆう子と田宮五郎は2007年から交際しており、結婚も視野に入れていたため、田宮五郎を失った浅野ゆう子のショックは相当大きかったようです。 浅野ゆう子の恋人だった田宮五郎の思い!復帰してからのプロポーズを考えていた! 田宮五郎は芸能界に入る以前、中尾彬の姪でモデルをしていた女性と結婚していました。 披露宴には中尾彬も出席し、祝辞を述べています。 2人の間には子供もできていたのですが、結婚後8年で離婚。 離婚を経験した田宮五郎には、今度結婚するなら、相手を絶対に幸せにしたいと言う強い思いが芽生え、そのためにも早く一人前の俳優になろうと仕事に打ち込んでいたそうです。 しかしそんな矢先、田宮五郎は、突然、くも膜下出血に見舞われてしまいました。 田宮五郎は、自分が浅野ゆう子を支えられるようになってからプロポーズしたいと知人に語っていたといい、懸命にリハビリに励む姿は、鬼気迫るものがあったそうです。 そんな田宮五郎の気持ちをよく分かっていたからこそ、浅野ゆう子もおいそれと結婚の話を切り出せなかったのでしょう。 田宮五郎は、奮闘が実らないまま旅立ってしまいました。 浅野ゆう子の今後は!? 浅野ゆう子は、沢尻エリカ主演で11年振りにフジテレビ系スペシャルドラマとして、2016年1月に復活する人気ドラマ「大奥」に、大奥を取り仕切る総取締・大崎局役として出演します。 2003年に放送された「大奥」で大奥総取締・瀧山役を演じ、圧倒的な存在感とインパクトを残した浅野ゆう子。 再度「大奥」に出演することには、かなりの注目と期待が集まっています。 浅野ゆう子は、来年56歳を迎えます。 恋人・田宮五郎に旅立たれて、ようやく立ち直りつつある現在。 女優としては、確固たる地位を着々と築いています。 今後も女優として、ますます活躍していくことでしょう。 浅野温子と共に「W浅野」として脚光を浴び、一躍有名になった浅野ゆう子。 しかし、浅野温子は結婚し子供をもうけていますが、浅野ゆう子は独身、と「W浅野」の人生は表裏一体のようにも感じられます。 浅野ゆう子は、最愛の人を亡くしたため、今後も独身でいる可能性が高いかもしれません。 天国にいる田宮五郎も、もう一度最愛の人を見つけ、幸せになって欲しいと望んでいるのではないでしょうか。 浅野ゆう子は、出生、アイドル歌手時代と苦労を重ねています。 浮いた話も田宮五郎以外になく、ドラマで演じる役柄の印象よりも、恋愛に奥手で古風な印象です。 しかし今後、運命の出会いがまたないとも限りません。 温かく見守っていきたいですね。

次の

浅野ゆう子の父親は大物政治家・石井一だった?!恋人・田宮五郎との結婚を反対されたワケ

ごぶごぶ 浅野 ゆう子

浅野ゆう子の父親は大物政治家・石井一だった?!芸能デビューのため母から受けた教育とは? 浅野ゆう子の父親は大物政治家・石井一だった?!3歳で離婚したため、公にされていない! 浅野ゆう子の両親は、3歳の時に離婚しています。 その父親が、なんと大物政治家の石井一なのだそうです。 石井一は、田中角栄の私設秘書を務めた人物。 衆議院内閣委員長を務めたこともあり、元内閣総理大臣で、タレントDAIGOの祖父である竹下登の側近として活躍していた時期もあったと言われています。 浅野ゆう子の母親は、神戸界隈にあった高級料亭「上伊」の専属芸者で、毎月お忍びで神戸を訪問するほど、時の実力者・竹下登のお気に入りだったのだとか。 そのため、後に石井一に身請けをさせ、家を建てて店でもやるように指示。 当時の金額で1億円以上を預けた、とネット上で伝えられています。 浅野ゆう子の父親が石井一だということが、なぜ公にされてこなかったかというと、石井一が大物政治家だったから。 石井一は政治家として政界への影響力もあり、クリーンなイメージとは言いがたい面もあったこと、離婚していることから公にされていないようです。 浅野ゆう子が芸能デビューのため母から受けた教育とは?苦労が女優として大成させた! 浅野ゆう子は3歳の時に両親が離婚して以降、母と共に親戚の家を転々とし、苦労して過ごしたようです。 浅野ゆう子は、幼いころから芸能志望で、母親も浅野ゆう子を芸能人にするべく、小学生の頃から歯の矯正をさせていました。 苦労のせいか、年齢以上に大人びていた浅野ゆう子は、たまたま行った公開放送でスカウトされています。 中学生のときに、京王線代田橋駅そばの寮から学校に通いながら、TBS系列で放送された「歌う新人王決定戦」にて優勝し、アイドル歌手としてデビューします。 1974年に「恋はダン・ダン」で第16回日本レコード大賞新人賞を受賞し、1976年に発売された8枚目のシングル「セクシー・バス・ストップ」がヒットを記録。 しかし、当時のアイドル事情では人気があったのは小柄なタイプで、浅野ゆう子の日本人離れしたスタイルは珍しく、スタイルの良さを強調した姿は、女性から反発を受け、アイドル歌手としては大成しませんでした。 1980年代には歌を休業し、さまざまな会社の水着キャンペーンモデルとして活躍していた浅野ゆう子。 1988年に「君の瞳をタイホする!」のヒロインに抜擢され、「抱きしめたい!」というドラマで浅野温子と共演し、「W浅野」として「トレンディドラマの女王」としてブレイクし、今に至ります。 浅野ゆう子が恋人・田宮五郎との結婚を母から反対されたワケ 浅野ゆう子が恋人・田宮五郎との結婚を母から反対されたワケ!それは病から 浅野ゆう子には近年、恋人がいました。 お相手は、俳優の田宮五郎です。 浅野ゆう子と田宮五郎の交際が広く知られることになったのは、皮肉にも田宮五郎がくも膜下出血のために亡くなったことからでした。 婚約中とも言われていた浅野ゆう子と田宮五郎ですが、実は浅野ゆう子の母から、結婚を反対されていたそうです。 浅野ゆう子の母が、田宮五郎との結婚に反対した理由は、やはり田宮五郎の病状のためでした。 2012年4月にくも膜下出血を患った田宮五郎は、浅野ゆう子が介護しなければ生活できない状況であったそう。 回復しなければ、娘の浅野ゆう子がずっと苦労することを思うと賛成できないと、浅野ゆう子の母は語っています。 2014年には母を訪ね、説得を試みたという浅野ゆう子。 結局、母の了解は得られないまま、田宮五郎は2014年11月6日未明に浅野ゆう子に看取られながら息を引き取りました。 浅野ゆう子と田宮五郎は2007年から交際しており、結婚も視野に入れていたため、田宮五郎を失った浅野ゆう子のショックは相当大きかったようです。 浅野ゆう子の恋人だった田宮五郎の思い!復帰してからのプロポーズを考えていた! 田宮五郎は芸能界に入る以前、中尾彬の姪でモデルをしていた女性と結婚していました。 披露宴には中尾彬も出席し、祝辞を述べています。 2人の間には子供もできていたのですが、結婚後8年で離婚。 離婚を経験した田宮五郎には、今度結婚するなら、相手を絶対に幸せにしたいと言う強い思いが芽生え、そのためにも早く一人前の俳優になろうと仕事に打ち込んでいたそうです。 しかしそんな矢先、田宮五郎は、突然、くも膜下出血に見舞われてしまいました。 田宮五郎は、自分が浅野ゆう子を支えられるようになってからプロポーズしたいと知人に語っていたといい、懸命にリハビリに励む姿は、鬼気迫るものがあったそうです。 そんな田宮五郎の気持ちをよく分かっていたからこそ、浅野ゆう子もおいそれと結婚の話を切り出せなかったのでしょう。 田宮五郎は、奮闘が実らないまま旅立ってしまいました。 浅野ゆう子の今後は!? 浅野ゆう子は、沢尻エリカ主演で11年振りにフジテレビ系スペシャルドラマとして、2016年1月に復活する人気ドラマ「大奥」に、大奥を取り仕切る総取締・大崎局役として出演します。 2003年に放送された「大奥」で大奥総取締・瀧山役を演じ、圧倒的な存在感とインパクトを残した浅野ゆう子。 再度「大奥」に出演することには、かなりの注目と期待が集まっています。 浅野ゆう子は、来年56歳を迎えます。 恋人・田宮五郎に旅立たれて、ようやく立ち直りつつある現在。 女優としては、確固たる地位を着々と築いています。 今後も女優として、ますます活躍していくことでしょう。 浅野温子と共に「W浅野」として脚光を浴び、一躍有名になった浅野ゆう子。 しかし、浅野温子は結婚し子供をもうけていますが、浅野ゆう子は独身、と「W浅野」の人生は表裏一体のようにも感じられます。 浅野ゆう子は、最愛の人を亡くしたため、今後も独身でいる可能性が高いかもしれません。 天国にいる田宮五郎も、もう一度最愛の人を見つけ、幸せになって欲しいと望んでいるのではないでしょうか。 浅野ゆう子は、出生、アイドル歌手時代と苦労を重ねています。 浮いた話も田宮五郎以外になく、ドラマで演じる役柄の印象よりも、恋愛に奥手で古風な印象です。 しかし今後、運命の出会いがまたないとも限りません。 温かく見守っていきたいですね。

次の