転職 20代 女性 保育士。 30代女性の転職が難しい理由と転職前にやっておくべきこと

【体験談】20代と30代女性保育士の転職。明暗を分けたポイントとは?

転職 20代 女性 保育士

保育士の仕事は責任も重い上に仕事量が多く、その上で給料が安いという側面があります。 毎日子どもの元気な声を耳にしつつも、ふと「体力を使わず、静かな仕事を経験してみたい」なんて思う人もいるのではないでしょうか? そうした多職種の中で人気が高いのは、やはり「事務職」。 保育士からの転職に成功した人達は、どんなふうに仕事をこなし、どんなふうに保育士の仕事を見ているのでしょうか? 20代女性保育士 上場企業にて事務アシスタント 20代で保育士になったAさんは、最初から強い希望で保育士を目指したわけではありませんでした。 そのため、就職してすぐにさまざまな壁にぶつかってしまったそうです。 結果、勤務して1年で離職。 しかし、パソコンのスキルがもともとあったことから、上場企業での事務アシスタントの仕事が決まりました。 お給料も昇給があると言われ、これからを楽しみにしているそうです。 この体験談から得られるポイント:20代であれば他業種への転職もスムーズ 保育士から他業種を目指す場合は未経験からスタートするわけですが、20代の場合であればそれでも採用がスムーズに決まりやすいです。 また、今は就職氷河期と異なり、企業も人材不足なところが増えています。 事務職といっても中小企業からAさんが雇用されたような上場企業まで、業種はたくさんあります。 キャリアを積む意味でも大手の企業への転職にチャレンジすることをおススメします。 転職エージェントを利用すると、大手企業などへの転職もしやすくなるでしょう。 30代女性保育士 事務職の仕事にウンザリ…。 今回ご紹介するBさんは、事務職に転職したもののデメリットの多い体験をしてしまいました。 Bさんは保育士として働いていた時に人間関係に悩まされ、その上で苛酷な勤務が続いたことから転職を考えるようになりました。 しかし保育士としての経験しかないことから、「転職するなら、事務職であれば出来るかもしれない」そう思って転職しました。 Bさんは事務職を「つまらない」と感じるようになってしまい、自分はやっぱり保育士が好きだったということを感じたそうです。 この体験談から得られるポイント:事務所選びは慎重に! Bさんの体験談からも分かるように、事務職への転職は30代になるといっきに狭き門となってしまいます。 ただし、先述したように事務職は業種が豊富なため、中小企業が募集をかけている事務職も多数あります。 その場合、社長と営業数名と経理と事務だけといった小規模の会社も多いことから、かえって人間関係の問題にぶつかる可能性が出てくるのです。 Bさんが体験したのも、こういったケースの一例と考えられるでしょう。 もし30代で事務の仕事を目指す場合には、医療事務などの資格をとることをおススメします。 医療事務の場合は大学病院などの大病院で募集をかけていることも多く、「つまらない」と感じることは少ないでしょう。 事務職への転職:メリット まず一番にあげられるのは「仕事が楽」ということでしょう。 保育士のように神経を使うこともないですし、動き続けることもありません。 また、残業がないところも多く、あっても企業によっては残業代を支給してくれます(こちらについてはそういう事業所じゃない場合もあるので、転職時に確認することをおススメします)。 その上、給料は保育士の時より「上がった」という体験談が多いです。 事務職への転職:デメリット Bさんの体験談のように、「仕事がつまらない」と感じる人も少なくありません。 また、事務職であれば完全に人間関係の問題から解放されるかといえば、そういうわけではありません。 中小企業の事務職などの場合ですと家族経営のところもあり、かえって人間関係が泥沼化してしまっている場合もあります。 メリット・デメリット両者を踏まえて、転職を検討することをおススメします。

次の

20代後半の転職事情|失敗する人の特徴や対策、未経験OKの職種など紹介|キャリズム

転職 20代 女性 保育士

30代女性の転職が難しい3つの理由 一般的に、30代女性の転職が難しいと考えられる理由は、以下のようなものが多いです。 20代はこれから教育すれば伸びていくとみられますが、30代は20代ほどの伸びしろがないとみられるのが一般的です。 そのため、一から教育するという点で、30代は20代よりも不利になってしまいます。 また、30代は即戦力であることが求められます。 実務経験や業務実績がどれだけあるかに加え、30代後半には管理職としての経験や素質を求められます。 これまでに実績を残せていない30代の人にとって、転職のハードルは大きく上がってしまうのです。 採用する企業としては、入社した後すぐに結婚し、会社を辞めて家庭に入ってしまうのではないか、心配することも多いです。 また、勤務形態の変更を希望するのではないかと考えてしまうこともあります。 既に結婚している場合だと、出産や育児の予定があるか気にする企業が多いです。 入社してすぐに産休や育休を取得しようとしたり、子供の対応などで頻繁に会社を休まれるのを心配しています。 もちろん、産休や育休が制度として整えられていれば、取得自体に問題はありません。 しかし、入社した後すぐに取得されると、業務に支障が出る可能性もあるため、企業側はそのような事態を避けたいと考えています このように、企業が感じている不安が、30代の女性の転職を難しくする要因となっているのです。 30代の女性は、結婚や出産、育児など、大きなイベントがあるため、しっかりしたビジョンを持って転職しなければなりません。 一度辞めて、再び転職しても、以前と同じ役職に就いたり、同じ働き方ができる可能性は低くなります。 そのため、安易な転職を繰り返したり、自分に合わないから会社を辞めるのは良い選択とは言えず、なかなか辞めにくくなります。 このような理由から、転職先を選ぶ際は自分の将来をしっかり見据えた上で慎重に選ぶ必要があり、それだけ転職の難易度が上がってしまうのです。 自分に合った仕事の見つけ方!転職で悩んでいる方必見! 30代女性の転職の状況 ここまで、30代の女性の転職が難しいとされる理由を説明してきました。 では、30代女性の転職の状況はどうなっているのでしょうか。 年収は上がらないことが多い 厚生労働省のまとめた「平成28年 雇用動向調査」の結果によると、30代女性の転職後賃金変動は以下の通りになっています。 年代 増加 変わらない 減少 30~34歳 41. 6% 30. 1% 27. 8% 35~39歳 43. 3% 27. 6% 27. 結果を見てみれば、転職したからといって収入が増えるとは言えません。 もちろん、すべての人がこの割合に当てはまるわけではありませんが、基本的に転職をする際は年収は上がらないと考えて臨んだほうが良いでしょう。 未経験の職種への転職は難しい 30代の女性の中には、未経験の職種へ転職を考えている人も多くいます。 しかし、未経験の職種への転職は、20代と比較されることが多いためハードルが高くなります。 また、場合によっては、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員を希望する人との競争にもなります。 そのため、できるなら実務経験やスキルをアピールできる同じ職種での転職がよいでしょう。 違う業種でも、今までの経験が思ってもみなかった企業の目にとまる場合もあります。 業種も同じであれば、業種での実績や自分の成長をアピールできるので、即戦力として採用される可能性が上がります。 管理職として採用されるケースもある 30代の転職では、年齢を重ねていくと管理職としてのスキルを求められます。 特に、30代後半では、管理職としての素質や経験の有無も聞かれることが多くなるので、転職はより難しくなっていきます。 一方で、管理職やリーダーの実務経験がある人は、企業が求めている人物像とマッチするケースが増えるため、転職に成功する可能性が上がります。 また、管理職として仕事をした方が、業務の優先度や時間の都合がつけやすくなるため、女性としては働きやすくなるケースもあります。 政府による「女性活躍」の後押しがある 政府が女性の活躍を後押している状況が追い風となっています。 「女性活躍推進法」が施行され、女性に対する国からの支援や、企業に対する優遇措置などが整備されてきているのです。 そのため、30代の女性でも受け入れられるように制度を整えたり、管理職として積極的に迎え入れようとする企業が増えています。 また、企業によってはロールモデルとなる女性を採用したい場合もあるため、希望する働き方ができる企業に出会いやすい状況になっています。 女性専門の人材サービス会社も登場している 女性専門の人材サービスが増えているのも、30代の女性にとってプラスな状況です。 自身のキャリアはもちろん、希望する働き方などに合った転職先を探すことが可能になっただけでなく、女性特有の悩みなどについてもサポートしてくれます。 そのため、初めての転職で不安に思っている人でも、安心して積極的に転職活動を行えるようになってきました。 この点で見ると、昔と比べてより転職しやすい状況になったと言えるでしょう。 30代の女性が転職前にやっておくべきこと ここまで、30代女性の転職の難しさや転職の状況などについて説明してきました。 転職が難しい場合もありますが、30代の女性にとってプラスになっている面もあります。 では、30代の女性は転職する前に何をしておくべきなのでしょうか。 ここでは6つのポイントを紹介します。 具体的なキャリアのイメージを作っておく 転職をする際、考えておくことはたくさんあります。 将来設計や、今回の転職理由、どんな仕事がやりたいのかなど、どれも重要なポイントです。 なんとなく転職をしたいというだけでは、企業も納得しないばかりか、本人も後悔することが多くなります。 まずは自身の今後のキャリアをまとめた上で活動するのが、転職活動の成功につながるのです。 また、自身の棚卸をする際に、業務実績や資格などを並べるだけでなく、業務で工夫した点や失敗から学んだ点も整理しておくとアピールポイントにもつながります。 結婚、出産、育児などについても考えておく 結婚や出産、子育ての予定についてできるだけ明確にしましょう。 また、家族のサポートを得られるようにするのも大切です。 企業にとって、入社後の結婚、産休や育休の取得など気にする場合が多いです。 家族からのサポートが得られることや計画を説明すれば、企業側の不安解消につなげられます。 もし、すでに予定が決まっている人は、今いる企業でサポートを得られないかを考えたほうがよいでしょう。 今まで働いてきた企業なので、理解を得やすかったり、より手厚いサポートを受られる可能性もあります。 そのため、転職活動を始める前に、今の企業でサポートを受けられないか調べておきましょう。 広い視点で情報を集める 広い視点で情報を集めておくことも大切です。 転職サイトやエージェントからの情報、自分の知り合い、企業の採用情報、ネットでの情報、本などさまざまな所から情報を集めましょう。 特に、同じ年代の女性がどのように働いているのか、理解やサポートしてもらえる環境が整っているのか、などの情報はとても大切です。 企業によっては、まだ制度が整っていなかったり、整っているけれども前例が少ないところもあります。 幅広い視点で情報を集めて、冷静にその企業で働けるかを見極めましょう。 転職先を選ぶ条件を決め、妥協はしないこと 転職先を選ぶにあたって、すべてが自分の希望通りになることは少ないです。 そのため、自分の中で譲れない条件を決めておきましょう。 条件を決めておくだけで、企業を選択する際の絞り込みが簡単になります。 そして、条件を決めた後は、できるだけ妥協しないようにしましょう。 30代女性は、転職できるタイミングが男性と比べて少ないです。 後悔しない転職にするためにも、女性だからという理由で安易に妥協するのではなく、譲れない部分を決めておき、希望する企業に出会うまで妥協はしないようにしましょう。 スキルアップの機会は積極的に利用しよう 30代での転職は実績や経験のアピールが必要です。 入社を希望するにあたって、どんな実績を積んでいるのか、何を取り組んできたのかなどを聞かれることが多いです。 そのため、今の企業でスキルアップできる機会があれば、積極的に利用しましょう。 企業でなくても、資格取得講座やセミナーなどがあれば参加してみるのも有効です。 資格が取れなかったとしても、面接などで積極的に動いた経験がアピールにつながるので、余裕があればやっておきましょう。 気持ちにゆとりを持つ どうしても希望する条件が多くなってしまう場合、短期間ではなく長期間の転職活動になると考えておきましょう。 じっくりと時間をかけて転職活動をすると決めておけば、心に余裕をもって活動できます。 また、時間が経過すると、本当は必要のない条件も出てくるので、選択の幅が広がる可能性もあります。 焦って転職先をすぐに決めようとすると、望まない結果となり後悔するケースが多くなります。 気持ちにゆとりを持つことで、冷静に判断ができ、満足のいく転職につなげられるのです。 転職サイトは積極的に利用しよう 転職活動を行う際は、転職サイトを積極的に利用するのをオススメします。 転職サイトでは、希望する条件に合った求人の紹介、スケジュールの調整、履歴書や経歴書についてのアドバイス、面接での指導など、多くのサポートを受けられます。 また、女性専門の転職サイトもあり、女性に特化した求人の紹介や、より手厚いフォローを受けられます。 30代の女性は大きな転換を迎えることが多いため、今後のライフスタイルやキャリアイメージを踏まえた上で転職先を選ぶ必要があります。 転職サイトを活用して、無理なく自分の希望通りの転職先に出会える可能性を上げていきましょう。 30代、もしくは女性におすすめの転職サイトは、こちらの記事で紹介しています。

次の

女の転職type-女性の転職サイト

転職 20代 女性 保育士

保育士は年齢・経験に関係なく長く勤められる職業 もう アラフィフ世代だけど… 「保育士に転職したい。 」 「ブランクがあるけれど保育士に復職したい。 」 という女性って結構多いんです! それは… 手に職・資格を持っていることで、 年齢に関係なく仕事を長く続けられる という点が人気の理由です。 それは現在、 全国的にみて 保育士不足が深刻で 保育園は年齢・経験問わず保育士を 求めているからです。 一般職では 「レジ打ちパートでも45歳まで」 なんていう年齢制限がある ところも多い中で… 保育資格があれば 50代未経験からの正社員OK! なんて求人もチラホラ見かけます。 女性の生涯に渡って続けられる職として 保育士さんは最適なんです。 また、保育園や園児・保護者にとっても、 若い先生には若いなりの良さがあるし、 年齢を重ねた先生にはその方なりの良さがあります。 最近母が保育士試験を受けた時は 実際に試験会場には40代50代女性も多く、 70代ぐらいの男性もチラホラ見かけたそうです。 ブランクや未経験の保育士さん向けの 現場体験や研修会を行っている。 求人紹介もしてくれますが、 求人の質は玉石混合です。 口コミでは、 一般の求人サイトには広告料を 払えないような保育園の求人等もあり、 研修してくれた職員さんの紹介を 断りにくい・・・という声も。。 また、 保育士専門の求人サイトって たくさんあるのですが、 実は、それぞれ得意分野が違って 細分化しています。 そういった点が パッと見判断しにくいのが難点です。 ですので、 自分のプロフィールや希望に合った 求人サイトを 選んで登録する必要があります。 私も初めは分からなくて、 新卒中心の正社員の求人を得意とする 求人サイトに登録してしまって 時間を無駄にしてしまいました。。。 40代・50代の保育士さん大歓迎で おすすすめな求人サイトは 「ほいく畑」です!! この、 『ほいく畑』は福祉業界の人材紹介会社の 株式会社ニッソーネットが運営する 保育士さん専門の求人サイトです! 保育業界に長年関わってきた キャリアコンサルタントが 転職をサポートしてくれるので とっても安心なんです!! また、人対人のサービス業で 長く続いているというのは、 本当に保育士さんに親身になって 就職をサポートしているからです。 私もお世話になったことが あるのですが… 私の担当の方は営業さんっていうよりも 『お母さん』っぽくて話しやすかったデス。 本当に保育士さんが快適に 保育園で勤められるように サポートしてくれるという印象です。

次の