ナイキ ヴェイパー フライ ネクスト。 ヴェイパーフライネクストのサイズ感は?耐久性やカラーと価格も調査!

ヴェイパーフライネクスト徹底レビュー!|ランニングLIFE

ナイキ ヴェイパー フライ ネクスト

美容師をしている32歳のものです。 ランニングが好きで 2017年は年間1000km。 2018年は年間1200kmを達成。 ちなみに参考までに自分のレベルとしては• 10kmのベスト46:43• 15kmのベスト01:12:10• ハーフのベスト01:52:31 てな感じの1回あたりの走行距離は5km〜20kmくらいのちょっとランニングにハマり始めていた 素人ランナーです。 これからの人生、順調にランニング好きとしての道を極めていくと思っていたのですが2019年の年間走行距離はサボりにサボって 206km… 体重も増えてきてなんだか体が重くなり、これではいけないな…ランニング好きを名乗ってはいけないな。。 と、東京オリンピックでマラソンも行われる2020年、今年こそはせめて年間1000kmランナーへ復活しようとこのお正月休み中に一念発起して皇居ラン 1周約5km から走り初めしてきました。 いつも使用していたランニングシューズはナイキのフリーランフライニットでした。 この靴は大変履きやすく、走りやすくてお気に入りだったのですが今回、素人ながらいいもの履けば気合が入るだろうという浅はかな考えで履いてみたのは2020年の箱根駅伝でも大いに話題になったナイキのピンクの厚底ランニングシューズ。 あんなに話題になっているなら履いてみたいなと… しかし価格はなんと3万円越え・・・ちょっとランニング好きな素人ランナーレベルでは購入にはなかなか踏み切れない価格です。 出典: まず素人ランナーが履いてみて感じたこと。 よく言われているクッション性をとても感じました。 歩いているだけでもなんだかフワフワする感じとでもいうのでしょうか… そして実際に走ってみても踵がとても厚底な分厚い構造になっている為か、ランニングを速く走るために理想とも言われている前傾姿勢に勝手になりやすいのです!なんだかどんどん前に前に進む感じがします。 先述の通り2019年はすっかりランニングをサボってしまっていた私。 12月ぐらいから少しづつまた始めたランニングのペースは1番真剣にやっていた頃 平均キロ5分ペース には遠く及ばないキロ6分ペースで細々と頑張っているところでした。 皇居1周は約5kmなので「まずは新年最初だしゆっくりとキロ5分台前半目指して頑張るか」ぐらいで走り始めたのですが… ヴェイパーフライネクスト%を履いているとなんだか走っているうちにどんどん速く走れる自分が楽しくなってくる感じが! 気付けば自分の中では比較的ペース早めのランニングに。 5km通過タイムが、久々の早めランにも関わらずキロ5分前半ペースどころか2018年に叩き出した自分の5kmベストタイム 21:46 に匹敵する22:37でした! 恐るべしヴェイパーフライネクスト… 素人ランナーが感じたヴェイパーフライネクスト%の効果• なんだか体が前に前に突き進むような感覚• 圧倒的なクッション性• 走行後もあまり疲れを感じない気がする• 有名で目立つ靴を履くことによる速く走らなきゃいけない感 皇居ランで人が多いのもあるかもしれませんがタイムを出すためには大事な効果だと考えます 流石は2020年の箱根駅伝出場210選手の内84. 3%が選んだシューズです。 素人にも説得力がありやる気にさせてくれます。 もちろん、もっと詳しい専門家の記事はたくさん出ているのでより気になる方や、上級ランナーの方は合わせて是非ご覧ください! まとめ 今回、皇居ラン時には皇居からも程近い日比谷にあるランニングステーションを利用させていただきました。 沖縄・カメラ・サウナ・ランニング・プロ野球・登山・美味しいお店が大好き 2018年より立ち上げた自身のメディアでは最新の美容・ヘア情報はもちろん、大好きな沖縄の情報や30代男目線でのサウナや旅行等に関する記事も執筆中.

次の

【ヴェイパーフライ NEXT% レビュー】ランニングは「機材スポーツ」へと昇華してしまうかもしれない…

ナイキ ヴェイパー フライ ネクスト

ただ、ニューイヤー駅伝しかり、箱根駅伝しかり、各区間の「新記録ラッシュ」でもはや明らかになりつつある、ナイキのヴェイパーフライネクスト。 特に目を奪われた「ピンク厚底シューズ」、そして箱根駅伝ランナーの多くが履いていたEKIDEN PACKの左右色違いのヴェイパーフライネクストは、ランナーのみならず、走らない人まで目を奪われた存在になりました。 そんなヴェイパーフライネクストに注目しつつ、気になるのが 「値段」「初心者でも履いていいのか」「ヴェイパーネクストを履きこなした走り方」では? 今回、Tさんのインプレッション、そして筆者もためし履きしてみた感想を踏まえつつ、この3つのアンサーをお届けします。 記事の内容• これに関して「むしろ履くべき」と唱えるのが、Tさん。 サブスリーランナーでハーフマラソン1時間20分、10kmのベストタイムは35分台というランナーです。 初心者の多くは「箱根駅伝ランナーが履くシューズを履くレベルではない」と言いますが、むしろ「履いたほうがいい」のが、正しい走り方を身につくことができるシューズでもあるからです。 理由が……• クッション性のアップ• 反発力がフライニットより高い• 足を保護する厚底• 正しい走り方が身につく• ピッチ走法でもストライド走法でも適合する走り方が可能• 省エネ走法ができる といったところ。 巷では「ズームフライ3で十分」という声はありますが、軽量性はむしろ初心者ランナーこそ味わうべきなのが筆者の主張です。 重いシューズは練習で履き、レースでは軽量シューズで走るべき。 なにより、ヴェイパーフライネクストは「厚底」なので、身の丈に合うペースならばヴェイパーフライネクストで問題ないわけです。 まず第一前提として、「骨盤が後傾しているランナーは、速く走ることが難しい」ということがあります。 大きなストライドを描き、地面の反発を利用してより多くのケイデンスを描くランナーこそヴェイパーフライネクストの良さがわかるようですが、骨盤を前傾姿勢させるために必要なのが「腹筋」です。 勘違いされがちですが、 骨盤を前傾させる=上半身を前傾させるではありません。 上半身はナチュラルに直立させ、骨盤を立てるようにしてヒップアップさせるのが、足の回転を速める&大きなストライドを生み出すコツ。 実はこのヴェイパーフライネクストがまさに「足の回転を速めること」に一役買っているのですが、骨盤を前傾させるには「腹筋」で支える必要があります。 いくらサブスリーランナーでも、駅伝になると遅いランナーは骨盤が後傾していることがあります。 逆に言えば、フルマラソンで「初心者」というランナーでも、腹筋を強化し、正しいランニングフォームで走ることができていればヴェイパーフライネクストを履きこなすことができます。 大きな太もも・細いふくらはぎ……これはアフリカ人ランナーに多い特徴です。 「なぜか?」 率直に言えば、多くのアフリカ人ランナーはふくらはぎはあまり使っていません。 大腿四頭筋・ハムストリングス・腸腰筋・腹筋全般・背筋・腕のリズムでスピードを得ているからです。 言い換えれば、ヴェイパーフライネクストを履きこなすにも同様のことが言える=フォアフット気味に走るアフリカ人ランナーと同様の走り方を得ることができるのもメリットと言えるでしょう。 特にヴェイパーフライネクストを履きこなすには「大腿四頭筋・ハムストリングス」は強化すべきです。 あの猫ひろしさんがよくアドバイスするのが「フルマラソンを快走するには、スクワットがとっても大切です!」ということ。 これは書籍『 』のエピソードにもあります。 普段、走ってばかりの人で筋トレをしない人は「スクワット」を取り入れることも、ヴェイパーフライネクストを履きこなすことになる近道になるでしょう。 30,000円といえば、身の回りのものなら何でも買うことができるお値段でしょう。 筆者にはとても買えません、残念ながら。 ただ朗報といえば朗報なのが、ヴェイバーフライ4%が耐久力160km程度だったのに対して、ヴェイパーフライネクストは400km。 ただしこれ、 あの箱根駅伝を解説した渡辺康幸さんが「もって100kmでしょう」と発言したことがあるように、実際にパフォーマンス発揮できるのはそれぐらいだと思います。 例えばアディダスであれば、Adizero takumi senがレーシングシューズの代表例。 このシューズでも、だいたい100km足らずで最大のバネを感じることはできなくなってしまいます。 であれば、ズームフライ3のように、約100gヴェイパーフライネクストより重くても買うべきシューズはあるかもしれません。 手っ取り早くではないですが、ヴェイパーフライネクストを履きこなには……• 腕立て伏せで腕振りをスムーズにこなす• 腹筋強化• 骨盤を立たせて走る(お腹を引っ込めるイメージ)• あくまで脱力してテンポを刻む• 無理なペースを刻まない• ペガサスターボやフライニットで走り方を研究する ってところです。 なんのひねりもありませんが、地道に自分のフォームを見直す&必要な部分の筋力を強化することは、走力アップ&ケガ予防にもつながります。 「初心者だけど、ヴェイパーフライネクストを買う勇気がない……」 そんな心配は無用。 走りこなすレベルとコツさえつかめれば、PB更新は間違いないでしょう。 まとめ 今後、あの水着のように規制すらささやかれる「ヴェイパーフライネクスト」ですが、筆者はそう思いません。 シューズは武器であるものの、走るのはランナー。 あくまでシューズは、ランナーの補助であるべきということは、これまでのシューズと何ら変わらないからです。 今後、他社メーカーがどのように追随するかにも注目して、ヴェイパーフライネクストを履きこなしてください。 あと、さんは僕にヴェイパーフライネクストください。 【取材協力】 Tさん.

次の

陸上界を席巻するナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」はいかに他を圧倒しているのか?

ナイキ ヴェイパー フライ ネクスト

「ヴェイパーフライは、物理と解剖の観点からランニングフォームを分析して作られたシューズだということが画期的でした。 単なるランニングシューズではなく、夢の2時間切りを目指すキーファクター、それに必要なテクノロジーを詰め込んだシューズなのです」 NIKEの技術の結晶でもあるシューズなのですね。 NIKEの目的はズームシリーズの売上UP NIKEの狙いは、ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%をきっかけに、ズームシリーズの売上をあげることにあるはずです。 ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%は、ズームシリーズというブランドカテゴリーです。 価格帯は、下は10,450円からあります。 このズームシリーズは、「厚底」という共通した特徴があります。 ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%のコピーとハッシュタグはこちら。 もっと厚く もっと速く 厚さは速さだ このハッシュタグ、トップアスリートがTwitterでつぶやいているのです。 これは、マラソンランナーであれば憧れますよね。 — suguru osako sugurusako ここで表現に注目してみましょう。 厚さと速さ2軸で訴求しているのは、プロだけではなく、アマチュア(市民ランナー)も狙って言葉をつくっているのではないかと仮説を考えてみました。 厚さ:みんな膝や腰痛いし、疲れを軽減したいよね 速さ:みんな1秒でも速く走りたいよね もっと厚く もっと速く 厚さは速さだ という言葉は、プロ向けではなく、市民ランナーにも刺さる言葉として設計されているのではないでしょうか? 一般顧客の課題を解決する打ち出し オウンドメディアでの打ち出しには、下記のように実績をストーリー化して伝えています。 3レースで厚底シューズの男女16人がメダル獲得 常識を打ち破った2人 設楽悠太の足幅は狭く、大迫傑の足幅は広い。 しかし、2人は市販モデルを履いて、常識を打ち破った。 履いた人から気づく、足幅の真実。 ナイキは、足幅を選ばない。 この実績の打ち出しも、プロ以外の人に訴えかけていますよね。 履いた人から気づく、足幅の真実。 ナイキは、足幅を選ばない。 足幅に合わないシューズを選びたくないという課題は、マラソンランナーであれば、プロではなくても共通して抱えている課題のはずです。 ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%のコピーは、プロ向けではなく、一般ユーザー(その中でもこだわりをもったユーザー)向けにつくられている。 市民ランナーでも購入しているツイートをたくさん見かけました。 販路としては、NIKEの公式ホームページだけではなくAmazonでも普通に購入できる導線があります。 (流石にそれはないけど、NIKEは一気にランナーのシェア獲得のためのプロモーション仕掛けてくると思います) まとめ 今回、箱根駅伝が起点となり、たくさんの人にNIKE ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% を認知してもらえて、「厚底」の価値が伝わったことはNIKEとしては狙い通りだったのではと考えています。 PGCという言葉は流行語になりそうな予感です。

次の