イイズナ オコジョ 違い。 イタチとテン、オコジョの違いと見分け方について

イイズナの生態や性格は?野生で見られる日本の生息地はどこ?

イイズナ オコジョ 違い

哺乳 ほにゅう 綱食肉目イタチ科の動物。 ほぼ北緯45度以北のユーラシア、アメリカ大陸の全域に分布するほか、グリーンランド東部にも生息する。 日本では北海道と青森県のほか、東北、関東、中部地方の高山にいる。 ヤマイタチともよばれ、また北海道ではエゾイタチといわれる。 体長24~29センチメートル、尾長8~12センチメートル。 体色は夏毛と冬毛で違い、夏は背がチョコレート色、のどから腹は白、冬は全体が白になる。 ただし尾の先端のみ四季を通じて黒い。 イイズナに似ているが、やや大きく、尾が長く、先端が黒いことが違う。 この体色変化は気温に関係があり、温暖な地方では白化せず、極地では通年白い個体がいる。 分布範囲内では森林、草原、人家の近くなど、さまざまな環境におり、コケや草を敷き詰めた巣をつくるが、かならずしも穴や岩のすきまにだけでなく、露出していることもある。 日中でも活動するが、おもに夜行性。 主食はネズミ、ハムスター、レミングなどであるが、小鳥やウサギ、カエルも食べる。 単独生活者で約30ヘクタールの縄張り(テリトリー)があり、その中の木の根や石に肛門腺 こうもんせん からの分泌物を塗り付ける習性がある。 交尾は暖かい間に行われるが、冬まで受精卵は発育せず(着床遅延)、出産は3~5月で、3~13子を産む。 出産巣は穴の中につくられ、子は6週まで閉眼で、母親に育てられる。 その後の成育は早く、とくに雌は4か月で交尾可能となる。 ネズミを襲うとき、体をくねらせてダンスをして催眠術をかけるといわれるが、自身もショックに弱く、大きな音だけで死んでしまうこともあるほどで、飼育はむずかしい。 [朝日 稔] 利用オコジョの冬毛は純白に近く、ヨーロッパではアーミンとよばれ、そのコートは祭礼のときの貴族のシンボルとして欠くことのできないものであった。 とくにシベリア産は上質で、ロシア帝国の財政を支えたといわれる。 夏毛はストートとよばれ価値が低い。 またネズミやウサギの天敵となるため、古代ヨーロッパでもたいせつにされていたが、19世紀にニュージーランドなどに移入され、害獣の駆除と毛皮輸出に役だっている。 日本では狩猟獣に指定されておらず、捕獲禁止である。 [朝日 稔] 民俗オコジョは、姿や挙動から神秘的な動物とされる。 長野県や群馬県では山の神の使者と伝えられ、ヤマノカミノエンコロとかヤマノカミノコロ(山の神の犬の意)などともよばれている。 猟師は、オコジョに会うとその日は1日猟がないといって嫌がる。 猟犬がオコジョの鳴き声を聞くとそれを追い回し、使いものにならないからだという。 とらえたり追ったりすると祟 たた りがあるといわれる。 オコジョは人に憑 つ いて精神異常をおこすともいう。 夫が殺したオコジョが妻に憑いたという話もある。 特定の家筋で飼育する小動物が人に憑くという、クダ(中部地方など)あるいはオサキ(関東地方)と称する憑き物の正体も、だいたいはオコジョである。 [小島瓔 ] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 世界大百科事典 内のオコジョ の言及.

次の

イタチとテン、オコジョの違いと見分け方について

イイズナ オコジョ 違い

好きなところに飛べます• イタチの特徴 イタチは哺乳綱ネコ目イタチ科イタチ属の世界に広く分布している動物で、日本でもニホンイタチ、チョウセンイタチ、オコジョなど計5種が生息しています。 ニホンイタチは全身が明るい茶色の毛で覆われ、目の周りが焦げ茶色、口の周りだけ切り取ったように白毛になっています。 チョウセンイタチも似たような見た目をしていますが、チョウセンイタチの方が長い尾を持ち、若干毛色が白っぽいのが特徴です。 短足胴長の体形で、最も小柄な種のイイズナだと30gほどしかありません。 またオスはメスよりも2倍ほど大柄になります。 雑食動物ですが、肉食性が強く、自分よりも大きな獲物を仕留めることもあります。 Sponsored Link テンの特徴 テンは哺乳綱ネコ目イタチ科テン属の動物で、本州から四国、九州、朝鮮半島に分布しています。 日本でテンというと、ほとんどの場合ホンドテンのことを指します。 ホンドテンは、全身の毛が黄色がかっていたり茶色が強かったり生息地によってばらつきがあり、前者をキテン、後者をスステンと呼ぶそうです。 夏と冬では毛の色が変化するという特徴を持ち、夏はキテンもスステンも顔の周りや手足が黒っぽくなり全身の毛の色が褐色になります。 冬になるとキテンは夏の毛色よりも淡いイメージになり、スステンには大きな変化はありません。 体重1~1. 5kgと小柄で、昼夜問わず活動します。 雑食で、ネズミや鳥、木の実などを食べます。 イタチとテンの違い・見分け方 さて、そっくりなイタチとテンを見分けるにはどうしたらいいでしょうか。 まずは大きさですが、イタチは体長が尾を含めると体の大きなチョウセンイタチでも40cm~60cm程度で、テンは60cm~75cmとテンの方がやや大柄になります。 毛色の違いでいうと顔にその違いが顕著に現れており、イタチは口元のみが白いのに対し、テンは季節によって顔全体が夏は黒く冬は白くなる傾向にあります。 また、テンはイタチの仲間の中では最も樹上での生活に適していると言われており、イタチも木登りは得意ですが地上で餌を探すことの方が多いようです。 餌と糞の形が違う? しかし、彼らが害獣として家の中に侵入してきてもなかなか姿は見せないからどっちか分からない…ということもしばしばあります。 そんな時は彼らの残しもので判断しましょう。 残しもの、すなわち糞です。 まず匂いが非常に強烈だったらイタチの可能性が高いと思われます。 雑食とはいえほとんど肉食に近いイタチの糞尿は物凄い悪臭を放ちます。 また毛が交じっていることが多く、細長く水っぽいという特徴があるそうです。 テンの糞は直径が約5~6mmのイタチの糞よりも大きく、約1cm程度あるといわれています。 テンもイタチと同じく肉食性が強い動物ですが、果物も好み秋になると果物の種が糞の中に混じっていることが多くなります。 まとめ ・イタチは肉食性が強い小柄な動物。 ・テンは季節によって毛色が変わる木登りが得意なイタチの仲間。 ・毛並や身体の大きさの他、糞の大きさや食性などで異なる面を持つ。

次の

よくわかる!イタチとテン、オコジョ、フェレットを見分ける方法|姿を見て確認しよう。ハクビシンやイタチ・テンの違いはどこに?|生活110番ニュース

イイズナ オコジョ 違い

出典:PIXTA 日本に生息するオコジョのもう1亜種が「エゾオコジョ」です。 俗称はエゾイタチといいます。 ホンドオコジョに比べると、エゾオコジョの方が大きいのが特徴のひとつです。 冬眠はしないで1年を通して活動する動物です。 エゾオコジョの生息地 エゾオコジョは、北海道の山岳地帯に生息しています。 以前は平地でも見られましたが、乱獲の影響により数が減少し、現在では見られなくなっています。 主に単独で生活し、ネズミや両生類などの動物食のほか、木の実なども食べます。 かわいいからペットにしたい!? 見た目の愛らしさから、ペットにして一緒に暮らしたいと思う人も多いかと思います。 はたしてそれは叶うのでしょうか!? ペットにはできません!.

次の