北海道 感染 者。 道内感染者再び増加 宣言解除目安上回る 10万人当たり0.76人:北海道新聞 どうしん電子版

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況等/札幌市

北海道 感染 者

メディア・亜太日報は3日、の感染拡大が一時鈍化していたで再び感染者が増えていることなどを紹介し、「アジアの感染防止対策は、今なお緩めるべき時ではない」とする記事を掲載した。 記事は、2月に新型コロナウイルスが日本に襲い掛かった際真っ先に緊急事態宣言を出し、学校を休校して外出自粛を要請して感染拡大を抑え込み、その「成功モデル」と見なされてきた北海道で再び感染者が増加しており、早めに緊急体制を緩めたことが理由の一つとの見方が出ていることを伝えた。 そして、日本の専門家からも「政府のリスク判断基準は外国からの流入に偏っており、国内の人の流れがウイルスを運ぶ可能性については認識されていなかった。 北海道の状況は、ウイルスが非常に危険であることを示しており、たとえ第一波の感染が抑えられたとしても、その成功に満足してはいけないのだ」との認識が出ていると紹介。 第二波は第一波よりも深刻化する可能性があり、抗体を持った人たちも再び感染する可能性すらあるとしている。 また、日本だけでなくベトナムでも感染の第二波に対する警戒が高まっているとし、現地の専門家が「ソーシャルディスタンスは必ずしもこの疾病自体やコミュニティ内での感染を完全に消し去るわけではない。 あくまで感染者と非感染者の接触を減らし、ウイルスの感染を制約するに過ぎないのだ」と述べるなど、世界に約40%の無症状感染者がいることからコミュニティ内に感染者がいないとは言い切れない状況であり、ワクチンや特効薬がない状況では制御不可能な「第二波の感染」が発生する可能性があるとの認識が広がっていることを伝えた。 記事はさらに、感染を抑え込んだとみられる中国についても「油断はできない」と指摘。 黒龍江省ハルピン市では現地時間3日0時現在で治療中の感染者が50人、無症状感染者が18人いるほか、2日の1日で発熱により外来診療を受けた人は217人、感染の可能性があるとして医学観察を受けている人が1925人いることを紹介し、「これは中国に対する警鐘だ」としている。 (編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF) 外部サイト.

次の

新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

北海道 感染 者

札幌市内の喫茶店で昼カラオケによるクラスターが2店舗目増えたんです。 この喫茶店の従業員2名と客が8名、合計10名との事です。 2店舗を合計したら、2店舗で20名なんです。 6月11日の濃厚接触者ありの方全員が昼カラオケの感染者のうたがいがありますね!・・・あくまで想像です。 札幌市保健所では、高齢者のカラオケを否定するものではないとし、換気やマイク消毒などの感染症対策に努めてくださいと訴えていました。 本日道内の感染者数は7名で累計で1144名になりました。 6月9日 追伸 札幌市では5月以降6月8日まで感染が確認された193名のうち、27名が昼カラオケに行ってたことが分かったんです。 そうカラオケボックスではなく喫茶店でカラオケなんです。 またその27名のうち24名が、60歳以上なんです。 5人に1人以上(22%)が昼カラオケに行ってた事になるんです。 また確認された店は15店舗にもなるんです。 道は店舗名を公表しないようですが、昼カラオケでクラスターが発生してたんです。 1店舗なんですが、従業員3名と客が7名の計10名になっていたんです。 みなさん! 十分な距離・換気・つねに消毒でたのしいカラオケやりましょう。 高齢者が昼カラオケでコロナ感染してるんです。 陽性率は3. 7%になりました。 陽性率は4. 2%になりました。 陽性率は4. 3%になりました。 陽性率は5. 6%になりました。 陽性率は5. 7%になりました。 4月16日釧路管内で5名が感染した場所等の詳細が判明 4月19日 追伸 4月16日1件目なんですが、10歳未満女性が感染した人については、釧路町富原小学校の教諭が新型コロナに感染していたらしく、移動転勤で 標茶町内の小学校の学生が感染したようです。 2件目は30代男性(会社員)の方なんですが、3件目の10歳未満女性の父親で、4月14日に感染が確認された20代女性(パート女性無職の方は)が妻なんです。 家族感染なんです。 うわさによると、この妻は飲み屋街に行ったとき感染されたようなんです。 居住地は 鶴居なんです。 4件目は70代女性(無職)の方なんですが、 孝仁会病院内での院内感染のようなんです。 同じく根室管内で確認された30代男性(自営業)の方もこの病院に入院されていたので、院内感染なんです。 居住地は不明です。 5件目は60代男性(自営業)の方で、 釧路市立病院内での院内感染なんです。 居住地は不明です。

次の

北海道での高齢者の集団感染 喫茶店での昼カラオケに「盲点だった」とも

北海道 感染 者

北海道内で感染が初めて確認されたのは1月28日。 中国・武漢からの旅行者だった。 2月14日に札幌市で道在住者の感染が初判明して以降、感染者は、函館、苫小牧、根室、旭川、中富良野、北見など広範囲に広がった。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「緊急事態宣言」が発表された夜、札幌市内の繁華街ではマスク姿の人たちが多く見られた(28日午後)=原中直樹撮影 観光庁の2018年調査によると、中国人旅行者の道内での宿泊者数は1~2月、延べ約60万人で、首位の東京都(約70万人)に肉薄する。 今年1~2月に開かれ、202万人が訪れた「さっぽろ雪まつり」では、スタッフ2人が感染したほか、道内外の複数の感染者が発症前に訪れた。 会場は屋外のため感染リスクは高くないはずだが、札幌医大の横田伸一教授(微生物学)は「ホテルやレストラン、観光施設で感染が広がった可能性は否定できない」と語る。 寒さの厳しい北海道では、建物の気密性が高く、地下道が張り巡らされていることが感染リスクを高めたとの指摘もある。 政府の専門家会議のメンバーで東北大の押谷仁教授は「当初は中国人中心だったが、現在は日本人の間で『クラスター』と呼ばれる患者の集団発生が複数起きていると考えられる。 感染拡大を食い止めるには疫学調査を徹底し、クラスターを封じ込めるしかない」と話している。 あわせて読みたい•

次の