在宅 アパレル バイヤー。 主婦にオススメのBUYMAは在宅のお仕事。

海外アパレルバイヤー募集(在宅ビジネス) ※子育て中の方・主婦の方優遇の仕事・依頼・料金

在宅 アパレル バイヤー

フリーランスの の働き方・仕事内容 個人バイヤー 最近はネットの普及に伴い、国内はもちろん世界中のものが自宅にいるだけで購入できます。 このネット環境が追い風となり、企業に属さず個人バイヤーとしてフリーランスで働く人が増加しています。 たとえば人気が高いファッションバイヤーは、国内、海外から仕入れたファッションアイテムをネットで販売します。 自分の通販サイトを立ち上げ、コーディネート例を載せ、サイト自体におしゃれな印象を持たせる工夫をして、商品入荷と同時にsold outになる人気サイトもあります。 自分が仕入れたものがそのまま売上になり、自分のセンスが評価されたことを感じやすいところにやりがいを感じる人が多いようです。 働き方は人により、副業程度で働いている人もいれば、本業としてバリバリ働き、海外を飛び回り、積極的に日本未上陸のものを探すバイヤーもいます。 業務委託 個人事業主として働くフリーランスのなかには、企業と業務委託契約を結びバイイング業務を行う人もいます。 店舗をもたずにECショップなどを運営する企業は、ECショップ運営のためにバイヤーが必要で採用活動を行います。 正社員として雇用することもありますが、人件費削減や即戦力ある人材確保の目的でフリーランスとして働くバイヤー業務委託契約を結びます。 仕事内容は商品リサーチ、出品、お客さまとのやりとりなどECショップ運営代行となります。 完全歩合制で売れた分だけ報酬となるという契約が一般的です。 企業独自の仕入れルートがある、ネットショップ運営のマニュアルがあるなど、一からネットショップを立ち上げる労力がありません。 副業的に行う人も多く、企業側も週2日、1日4時間程度でOKとWワーク前提の求人を出すところも多いです。 起業 個人のバイヤーとして実績を残していった先に、バイイングを行う会社を立ち上げて事業を展開する人もいます。 会社形態になると、個人で働いているよりもさらに大きなビジネスを展開しやすく、バイヤーとしての知識やスキルを生かして小売店のコンサルティングや新商品開発などにまで乗り出す人もいるようです。 たとえば自分でブランドを立ち上げ、店舗管理をしていくバイヤーもいます。 労力も大きく、リスクも高いものの、集客方法も独自の工夫ができ、成功すれば高い年収も夢ではありません。 フリーランスのバイヤーになるまでのキャリアパス 企業に入社する バイヤーには関連分野に関する商品知識のほか、売れそうな商品を見極める力、商談をスムーズに進めるための交渉力、仕入れの際に必要な会計や原価計算の力など、さまざまなスキルが必要になってきます。 こうしたスキルは、実際にバイヤーとしての業務経験を積んでこそ身につく部分も多いため、現在フリーランスのバイヤーとして働いている人も、まずは企業のバイヤー職としてしばらく働き、知識やスキルを身につけてから独立という形が多くなっています。 会社でプロのバイヤーとして活躍していた人ならば、フリーランスバイヤーとしても成功する確率が高くなります。 起業するにしても、知識や経験の少ないバイヤーには、クライアントにとっては買い付けた商品が売れるかどうか分からないため、不安でしょう。 しかし、企業に属してどのくらいの予算を動かしていたなどの実績があれば、クライアントも安心し、大きな金額の案件をとれることもあります。 個人バイヤー 企業に属して接客などの下積みを経験し、プロのバイヤーとして勤務したあとにフリーランスとして活動するルートは、バイヤーとしての知識だけでなく、売上管理などバイヤーとして必要となる総合的な知識を習得できるため理想とされています。 しかし、一般的に企業に入社し、バイヤーになるまでには10年くらいかかることもあります。 また、バイヤー職は人気が高いため、必ずしもなれるとは限りません。 今すぐにバイヤーとして働きたいという人におすすめなのが、インターネットで販売できるような商品を自分で買い付けを行い、販売も自分で行っていくという方法です。 まずは自分のセンスを大切にして、小規模でもいいからバイヤーとして仕事をはじめたいという方にはおすすめです。 その実績をもとに将来的に大きなバイイング業務につなげていくこともできるでしょう。 フリーランスのバイヤーのメリット・デメリット メリット フリーランスとして働くメリットとして、時間的な拘束を受けずらく、より自由に働けるということが挙げられます。 働く曜日、時間は基本的に自由で、在宅ワークも可能なため、家事や育児で忙しい主婦にも副業として人気です。 また本業は別にあるけれど、自分のセンスを生かしたいという思いから副業としてバイヤーをする会社員もいます。 頑張れば頑張るだけ、報酬につながるのもメリットのひとつでしょう。 普通、企業に属するバイヤーは、企業方針・ブランドイメージ・価格帯に合う商品を仕入れる必要があります。 しかしながらフリーランスのバイヤーは、集客方法、商品、ネットショップのイメージも含めて自分で決めることができるため、そこに楽しさを感じる人が多いようです。 デメリット バイヤーは商品を仕入れる仕事のため、基本的には商品仕入れ資金を準備する必要があります。 企業の属するバイヤーと違い、もし商品が売れなければ、買い付けた購入資金は丸々自分の損失となります。 売れた数だけ収入につながるため、高収入のチャンスもありますが、会社員のような安定した収入はみこめません。 なかにはバイトの時給より低い年収という人もいて、本業にして食べていくことは難しいということも珍しくありません。

次の

長崎県・在宅ワークのアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

在宅 アパレル バイヤー

バイヤーとは バイヤーとは、簡単にいうと、売るための商品を買う仕入れをする人のことです。 ある程度大きな会社であれば、購買部という部署がある場合もありますし、仕入れ係という名前がついている場合もあります。 商品を売るにはセールスマンとしての営業経験やセンスが必要になってきますが、同じように商品を仕入れるにも、バイヤーとしての買い付け経験やセンスが必要になります。 腕のいいバイヤーは、消費者にどのような需要があり、どのようなものが流行しそうなのかを予想し、どのような商品が売れるかを見極め、仕入れる商品を決めます。 そして、生産者、工場、展示会などに足を運び、どこから、どのくらいの量を仕入れるのかを決め、仕入先と交渉をして商品の仕入れをします。 ときには、宣伝方法や店頭に出したときの販売価格を考えることもあります。 買い付けた商品が売れていかなければバイヤーとしての価値も半減してしまいますので、商品を買い付けて売り出すまでがバイヤーの仕事といえるのです。 フリーランス・副業でバイヤーになるには フリーランスや副業のバイヤーになるには、プロとしてのバイヤーの仕事をしていくことができることが前提となります。 では、フリーランス・副業のバイヤーになるために必要な知識や経験には、具体的にはどのようなものが必要になってくるのでしょうか。 (1)何が売れるのか予想する能力 バイヤーは、売れそうな商品を予想して買い付けを行うので、何が売れるかを予想する能力がなければなりません。 漠然と、「なんとなくこれが売れそうな気がする」という直感も大切ではありますが、商品として売り出すための買い付けを行うときには大きな金額のお金が動きますので、直感だけで仕入れを行うわけにはいけません。 市場の動向、流行を読み、リサーチを行い、なぜ自分がその商品が売れそうだと思うのか、についての考えについて、裏付けを行う能力が必要になります。 市場リサーチを行うには自分1人だけではできませんので、リサーチ会社を使うなどの方法をとることもあります。 仕入れる量を決定するためには、なにが売れそうなのかだけではなく、どのくらい売れそうなのかを予想することも大切です。 これらの予想を客観的に行うには、経済学、統計学などの基礎知識、分析力が必要になりますし、自分の予想をプレゼンテーションする能力も必要になります。 (2)買い付けをする商品に対する幅広い知識 商品を買い付けるためには、その商品に対する幅広い知識が必要になります。 自分が買い付けたい商品の品質どおりのものを買い付けるには、その商品の原材料の知識が必要になりますし、買い付けたい商品はどのような工程を経て生産されているのかといった生産過程の知識も必要になります。 服、靴、アクセサリーといったアパレル業界のバイヤーであれば、生地、皮革、貴金属についての知識はかかせません。 食品業界であれば、各食品の銘柄、産地、品質についての知識が必要です。 不動産であれば、土地や建物についての専門知識が必要になります。 プロのバイヤーとして活躍する人には、アパレル業界といった大きな分野ではなく、靴なら靴専門、服の中でもブライダル専門といったように、特定の商品についてのバイヤーとして活躍している方も多くいます。 やはり、バイヤーはその商品についての詳細な知識があればあるほどよいですので、自分の得意な分野にしぼって仕事をすると成功しやすいといえるでしょう。 (3)実際の買い付けの知識と経験 商品の買い付けは、国内だけでなく国外の展示会を見に行ったり、商品を生産している生産者や工場を見にいくことからはじまります。 あちこちの商品を自分の目で見比べ、まだ人に知られていないような商品や、自分の売りたいと思うコンセプトにあう商品などを探し出します。 実際に商品を買い付ける段階では、どれだけの商品をいくらで生産してほしいかの交渉を行います。 どのようなところに出向けば自分の目的にあった商品と出会えるのか、といった知識は、ある程度バイヤーとしての経験も必要になってきます。 海外まで足をのばすには、語学能力も必要になるでしょう。 自分の力だけで、自分の目的にあった商品を探すのは難しいですので、バイヤーとしての人脈がものをいう場合もあります。 実際の買い付けの段階では、交渉するためのコミュニュケーション能力は必須ですし、販売価格より高い価格で買い付けるのでは採算にのりませんので、どのくらいの価格で仕入れる必要があるのか、会計や原価計算の知識も必要になります。 フリーランス・副業でプロのバイヤーになるには 上記で説明したように、流行を読むセンスだけではなく、バイヤーには幅広い知識やバイヤーとしての経験が必要になります。 バイヤーは、ある特定の知識だけがあればいいのではなく、総合的な能力が必要になります。 バイヤーに限らず、フリーランスおよび副業として仕事をしていくためには、さまざまな総合的な能力が必要になります。 プロのバイヤーとして活躍できるだけの知識や才能がある人であれば、フリーランスや副業としても活躍していけるでしょう。 その意味では、会社でプロのバイヤーとして活躍している人であれば、フリーランスとして独立しても活躍していけるのではないでしょうか。 バイヤーとして知識が浅くあまり経験のない人は、まずは会社でプロのバイヤーといわれるくらいの知識や経験をつけてから独立することをおすすめします。 しかし、今すぐフリーランス・副業のバイヤーになりたい、という方もいると思います。 知識や経験の少ないバイヤーは、クライアントにとっては買い付けた商品が売れるかどうかわからず、大きな金額の買い付けをまかせることはできません。 そんな場合におすすめなのが、インターネットで販売できるような商品を自分で買い付けを行い、販売も自分で行っていくという方法です。 商品が売れないかもしれないというリスクを自分で負うことになりますが、バイヤーとしての総合的な知識や経験を身につけ、将来のための実績を作るにはよい方法です。 実際にインターネットでフリーランスや副業として通販ショップで商品を販売している人も多く、自分のセンスを大切にして商品を仕入れて販売していく中で、よい評判が広がり大ヒットをして、いつもその通販ショップは売り切れで予約待ち、といった方もいます。 まずは自分のセンスを大切にして、小規模でもいいからバイヤーとして仕事をはじめたいという方にはおすすめの方法です。 バイヤーは商品を仕入れる仕事ですので、商品を仕入れるための資金が必要になります。 もし商品が売れなければ、買い付けた購入資金は損失となってしまいます。 商品を販売するには、購入価格だけではなく、そのほかのさまざまな費用と利益を上乗せした価格で販売しなければなりません。 自分で買い付けだけではなく販売も行うときには原価管理をきちんとしていくことが大切です。

次の

フリーランス・副業でバイヤーになるためには、経験?センス?

在宅 アパレル バイヤー

海外買付外注さんを募集する方法 在宅ワーク、クラウドソーシングなどのフリーランス向けの求人サイトで募集する 出品外注さんの募集と同様に、 求人サイトで募集します。 こちらから条件を提示して、 条件に見合う方を募集出来るので、 一番募集しやすいと思います。 また、 sohoでの募集の際はが必要ですので事前に取得しておきましょう。 web-idの取得はにお金がかかりますが、 一度取得すると1年間有効ですので、 副業で外注を今後する方は取得をしておいて損はないです。 海外に住んでいる人(日本人)が集まるSNSや掲示板を利用する 海外在住の日本人が見る求人掲示板のサイトが 多数あります。 「Mixi B」もその1つの事例です。 他にも「アメリカ(国名)」「掲示板」「求人」などのキーワードで 検索をしたら、求人サイトが出てきます。 色々なキーワードで検索をしてみましょう。 海外に住んでいる友人や親類にお願いする あなたの周りで、海外に住んでいる方はいませんか? その方に買付をお願いする方法もあります。 ご友人に頼んで買付をお願いしているバイヤーさんも多いです。 知っている方なので、すでに信頼関係が築けていますので、 買付もスムーズにお願いしやすいというメリットがあります。 バイヤー(パーソナルショッパー)仲間とシェアし合う もしあなたの周りにバイヤー仲間がいたら 買付けパートナーさんに事前に確認して シェアし合うのもありです。 提携したは良いものの、 依頼があまりできなくて、 お仕事を振れるか不安なあ場合も、 シェアし合うことは有効です。 実際、買付外注さんの方から、 「もっとお仕事したいので誰か紹介してくれませんか?」と言われることもあります。 2人のバイヤー分のお仕事をお願いすれば、 コンスタントに買付のお仕事をお願いすることも出来ます。 しかし、でもお話しましたが、 買付けのルールは紹介者さんのルールに 順ずるなどして後々トラブルにならないようにしましょう。 出品の外注さんが海外在住の方なら買付もお願いしてみる これは実際にお願いしたことがあるのですが、 お仕事引き受けてくれる方もいます。 出品外注さんを募集する時に 海外の方から応募があったら、 ちょっと聞いてみるといいですよ。 募集する際に確認するポイント 最初はわからないことばかりで、 手探りな感じになると思いますが、 募集した際、パートナーと契約する前に 確認した方が良いことを書きましたので、 参考にしてくださいね。 実店舗への移動時間や交通費はしっかり確認すること 海外買付パートナーさんが、 買付に掛かる交通費などの費用は、 基本的にはこちらでお支払いします。 店舗に向かうまでの交通費が高いと、 その分経費がかかってしまうのと、 パートナーさんにも負担をかけてしまいます。 直営店やデパート、セレクトショップに 出向いて買付けをお願いする際は、 なるべく実店舗に近い場所に住んでいる方にお願いしたいですね。 ブランドによっては、店舗に直接行かないと 在庫を教えてくれないものもあります。 発送場所までの移動時間や交通費の確認 発送もスムーズに行っていただきたいのですが、 発送をしにいく郵便局までが遠い場合があるので、 距離や、そこに行くまでどれまで時間がかかるか ヒアリングしておきましょう。 依頼時の連絡について お客様からお問い合わせや注文があった場合、 海外買付パートナーさんには、 実店舗へ在庫確認や買付を お願いすることになります。 すぐに連絡が取れる環境を作っておくことはもちろん、 なるべく返事が早く返ってくる人が理想です。 海外とは時差もありますが、平日で 連絡して2日間連絡が取れない方ですと、 スムーズな買付が出来ません。 そして、 「在庫確認出来ました」 「発送完了しました」 の報告は必ずしてもらうようにお願いしましょう。 こちらから聞かないと全然状況が分からないのは お客さんのためにも良くありません。 また、LINEなどのチャットツールで 連絡をする際は、時間に気をつけましょう。 必ずしもパートナーさんが 寝ている時は電源をOFFにしているとは 限りません。 時差をきちんと把握して連絡をするようにしましょう。 (すんまそ。 くまお いくらの買い物まで大丈夫か? もし高額な商品を依頼する際、 買付けパートナーさんが 躊躇する場合があります。 たとえば、普段から30万円の買い物をしない方が 30万円のバッグをお願いされると 不安になるのです。 依頼する商品金額帯にもよりますが、 念のため確認はしておきましょうね! 連絡手段 メールなのか、チャットワークなのか、 事前に連絡手段を決めておきましょう。 現地の電波が悪くてチャットが繋がらなかったり、 パートナーさんが携帯を落として 連絡がつかなくなるケースもあるので、 連絡手段は最低限2つは確保しておきましょう。 どこまでがどちらの責任か? たとえば、発送するまでに商品に 何かあった際はパートナーさんの責任、 発送後に商品が紛失した場合は こちらの責任といった感じで、 免責事項をしっかり確認しておきましょう。 契約書と互いのパスポートの確認 依頼を始める前に、お互いパスポートを見せ合って 旅券番号を控え合い、そして契約書を結んでおきましょう。 契約書については下記がとても参考になります。 報酬金額 買付けの際にお支払いする報酬は 人それぞれ違いますし、 国によっても変わってきます。 下記は自分を含め、実際に 海外買付けを行っている人の 参考事例です。 1件あたりの買付け依頼の報酬:1,500円〜4,500円 1件あたりの転送依頼の報酬:1,000円〜2,000円 在庫確認報酬:0〜500円 買付資金の送金方法 海外買付パートナーさんに買付をお願いする時に、 1番重要なことは「金銭のやり取り」です。 金額が高いお金のやり取りになるので、 しっかりとお互いに納得した上で 買付をお願いして下さいね。 最初は、3万円~と低めの価格の 商品をお願いしていき、徐々に 信頼関係を築いていきましょう。 それでは、買付資金の送金方法について説明していきます。 日本口座振込 海外買付外注さんが日本口座をお持ちの場合、 日本口座同士でやり取り出来ます。 振込手数料が数百円ととても安く済みます。 また、円での金額のやり取りとなりますので、 とてもわかりやすいという点もあり、 初心者にオススメの方法となります。 しかし、パートナーさんが 買付け時に使ったカードの引き落とし時の為替レートと、 日本から海外に引き出す際の為替レートに変動があるので 必ず誤差が生じてきます。 その際は、次回カードの引き落とし時に その買い物分の誤差を次回の買付け時の際に まとめて清算するなどのルールを決めておきましょう。 Paypal送金 海外買付外注さんがPaypal口座をお持ちでしたら、 Paypalから送金もすることが出来ます。 日本からのPaypal送金のメリットは、 送金金額は登録したクレジットカードよ り引き落とされるという点です。 つまり実際のカードの引き落とし日までに、 BUYMAから売り上げが入金されれば 支払えるということになります。 手元にすぐに資金を用意することが出来なくても、 買付をお願いすることが出来ます。 しかし、Paypalは受け取り側に受取手数料が掛かります。 受け取る方のお住まいの国によっても異なりますので、 気を付けて下さいね。 一例として ペイパル残高からの支払いは1.5パーセント デビッドカード、クレジットカードからの支払いは3.9パーセント の手数料が掛かります。 詳しくはPaypalのHPをご確認下さいね。 海外口座送金 海外買付外注さんの海外指定口座に送金します。 海外口座に送金する場合は、数千円の手数料が掛かります。 送金手数料は、銀行ごとに設定されていますので、 ご利用の銀行にご確認下さい。 主に 楽天銀行を使っている人が多いです。 詳しい送金方法は各種ホームページに 記載していますのでご確認ください。 下記はあくまで参考事例として ご自身でアレンジを加えてください。 実際の募集内容を公開します。 こちらの内容を参考にリライトしますと 募集サイトの審査に通りやすいかと思います。 はじめまして。 当案件をご覧いただきありがとうございます。 主にアメリカブランドを取り扱い、 ネットショップやBUYMAで販売をしております。 実際の店舗やオンラインショップから バッグやお財布、洋服等を買い付け 発送していただける方を探しております。 購入の際の費用などはこちらから前払い致します。 初期費用は掛かりません。 <お仕事内容> こちらから指定しました商品をデパートや直営店 または正規オンラインショップにて購入していただき 日本に発送していただくお仕事です。 また店舗への在庫確認や、 SALE品なども探していただきたく思っております。 <報酬> 正規オンラインショップにて購入・発送・・・1件毎に1500円 実店舗にて購入・発送・・・ 1件毎に2000円 返品手数料1件毎に500円 <募集人数> 女性限定 1人 <応募条件> ・店舗へ電話にて在庫確認出来る方 言語が堪能な方 ・日本からは買えないオンラインショップで購入可能な方 (現地のクレジットカードをお持ちの方) ・日本の銀行口座(本人名義)をお持ちの方 日本銀行口座にて送金のやり取りが可能な方 ・Paypalが利用できる方 ・お時間に融通のきく方 依頼後2日以内に買付出来る方 ・スカイプ・LINE・メールなどの返信をマメにできる方 ・ブランドショップまた郵便局への交通アクセスが悪くない方 ・ファッションが好きな方 ・売上UPのためにパートナーとして一緒にがんばってくれる方 ・責任を持って作業していただける方 ・ウィンドウショッピングが好きな方 ・オレゴンにお住まいの方を優先させていただきたいと思います。 長期間続けていただける方、お待ちしております。 <応募フォーム> ーーーーーーーーーーーーーーーーー ・お名前 ・お住まい ・メールアドレス ・スカイプID or LINEID ・平日、お仕事連絡後48時間以内買い付け、発送の可・不可 ・滞在歴 ・移動に利用できる交通手段 ・お近くのデパート・ブランドショップ ・お近くの郵便局までの移動時間 ・開始可能時期 ・これまでのお仕事経験 ・お持ちの日本口座 ーーーーーーーーーーーーーーーーー それでは、ご連絡御待ちしております。 どうぞ、よろしくお願い致します。 長期休暇には気をつける 買付けパートナーさんも長期休暇で 旅行に行ったりします。 事前に確認してなくて、 いざ買付けをお願いすると 買付けができない!という事態に 陥ってしまいます。 長期休暇の際は、きちんと事前に 連絡を頂くようにしておきましょう。 実際に買付してもらった商品を公開しちゃいます! 海外買付外注さんに買付をお願いすると、 こんな人気商品が買付出来ます。

次の