桜丘 高校。 横浜市立桜丘高校(神奈川県)の情報(偏差値・口コミなど)

大学合格実績

桜丘 高校

決勝戦は10ポイントを争うなか、開成、筑波大附属、桜丘の3校が8ポイントで横並び、開成が脱け出したところを桜丘が追いついて……、みたいな近年まれにみる大接戦でしたよね。 木多 2校とも頭良くて強いのは分かってたんで、決勝では正直1ポイント取れるかもわからなかったんです。 中島 3ポイント取れたらいいかな、くらいだったよね。 木多 うん。 でも、ホテルで他校の子たちと遊ぶじゃないですか。 人狼とか寝起きドッキリごっことかやってたんですけど(笑)、みんなまじって力比べみたいにクイズで遊んでいたら、案外行けるかもって感じがしたんです。 実際、決勝戦では僕が2問連続で正解できたり、中島さんがとれる問題も結構あったので、「あれ、もしかして……」という感じで。 知識量では開成にも筑波大附属にも敵わないことはわかっていました。 だから「これは分かんない」という問題はあっさり聞き捨てて、自分たちが取れる問題には多少賭けであっても早押しで勝負に出たのがよかったのかもしれないです。 中島 あとはダメもとな感じで決勝に臨んでいたから、よかったのかもしれませんね。 繰り返しになりますけど、他の2校ともクイズのトップですから、本来は勝ちようがないんです。 だから、私たちあんまり緊張してなかったんですよ。

次の

横浜市立桜丘高等学校

桜丘 高校

このページは旺文社から掲載しています。 同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。 2018年12月~2019年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校ホームページ等でご確認ください。 桜丘高校の学校情報 勤労と創造~たゆまぬ努力と創意工夫が新しい自分を作る~ 校長名 髙橋 知仁 沿革 1924年創立。 1996年、中学校再開。 1999年、4コース制で普通科体制を確立し、大学進学教育を強化。 2004年より校名を変更し、共学。 生徒数 は1クラスの生徒数 1 年 男:224 名 女:217 名 (12クラス<34~40名>) 2 年 男:146 名 女:137 名 (8クラス<11~45名>) 3 年 男:110 名 女:107 名 (7クラス<10~43名>) 所在地 〒114-8554 東京都北区滝野川1-51-12 最寄り駅 JR「王子」駅下車、徒歩7分。 地下鉄南北線「王子」駅、都営三田線「西巣鴨」駅下車、徒歩8分。 一週間の授業 英-6 数-6 国-6 理-6 地歴-4 1年次特待・特進・特進選抜の場合。 カリキュラム 2期制。 特待、特進、特進選抜、CLの4類型にクラス分けされるが、1年次は共通のカリキュラムで学ぶ。 2年次から進路希望別に国公立文系・理系、私立文系・理系に分かれる進路類型制を導入。 全校生徒がタブレットを学校生活で活用。 授業やクラブ活動などでも使用できる。 クラブ活動 運動部が野球、サッカー、バトントワリング、剣道、ゴルフ、体操など16部。 少林寺拳法部、ダンス部は全国大会出場の実績。 文化部は20部。 美術部、囲碁・将棋部、鉄道総合研究部、華道部などが活躍。 イベント 体育祭(6月)、桜華祭(9月、文化祭、公開)、進学合宿(1年次、2泊3日)、研修旅行(2年次、沖縄・北海道・アメリカ・オーストラリアから選択、4泊5日程度)などがある。 3年次には東北研修旅行に参加する。 施設設備 情報教育施設・設備が充実。 図書館、SMART Lab(PC室)、カフェ、総合情報センターURC、自習室など。 「A特待」(入学金・施設費・学費免除)など5種あり、1年ごとに認定を行う。 【募集要項】2019年度用は8月4日から学校説明会で配布した(無料)。 スクール情報早見表 一浪受け入れ 帰国生受け入れ 転入生受け入れ 制服着用 カウンセラーがいる 土曜授業 アルバイト認める 頭髪きまり 海外研修 語学研修 食堂利用可 特待 バイク 登校 8:15 下校 18:00 自習室は20時まで使用可。 アルバイトは原則禁止だが、家計状況により届出で校長の許可をとる。 染髪・脱色・パーマは禁止。 女子の長い髪はゴムで結ぶ。 希望者対象のセブ島語学研修やシンガポール研修旅行(1年次)、アメリカ・オーストラリアへの姉妹校短期留学制度(3~10週間)などがある。 桜丘高校からのお知らせ 「」では、教育開発出版 株 と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。 新たに、スーパーアカデミックコース(難関選抜)、キャリアデザインコース(キャリア探究)を新設。

次の

横浜市立桜丘高校(神奈川県)の情報(偏差値・口コミなど)

桜丘 高校

桜丘高校(全寮制・共学)への寮 全寮制高校の桜丘は、伝統ある寮生活を通じた全人教育で人気が高まっている。 大学進学から生活改善などまで寮生活の特性を生かした全人教育を行っている。 高校転校や不登校などの受け入れもしており、万全のサポート体制で、保護者や学校関係者からの評価が高く、人気ナンバーワンの全寮制高校です。 寮生活を通じての規則正しい生活リズムによって生活習慣が 改善され、難関大学進学も可能となります。 さらに、不登校やいじめなど対人関係の問題を抱える生徒は仲間に囲まれた楽しい高校生活によって社会性が向上して自立心を。 大学進学を目指している生徒は、学習の遅れを取り戻すだけでなく志望大学にあったカリキュラムによって集中的に学習できるため、難関大学への現役合格も可能だ。 東大・京大・国公立医学部コースや早慶・上智・ICUコース、MARCHや関関同立コースなどに別れている。 <寮体験談> 医学部進学を目指しているKさんは、中学は地元の公立中学へ進学。 実家は病院を運営しているので、自然と医師になることが当たり前になっていた。 公立高校受験を決めていたので、塾へ通い始めたのは中学1年生。 週3回の塾通い。 しかし、クラブ活動に力を入れ過ぎて、思ったよりも成績が伸びず、志望していた地元の最難関公立高校への合格見込みが無くなりました。 そこで、遅れを取り戻して、確実に医学部合格するための学校を探しました。 中学3年の2学期頃から全国の寮のある高校を見学して回り、勉強の遅れを解決できて、医学部進学も可能な、桜丘高校への進学を決めました。 Kさんは家ではゲームや友達とのメールに気を取られて、勉強に集中できない環境にあったことがありました。 自分の部屋だと集中して勉強できなかった。 お母さんも子供が部屋に入った後に、勉強しているかどうか確認できなかった事が大きな原因だと考えておられました。 桜丘の寮生活では、ブラザーシステムと言う2人1組のペアが基本構成となっているので、自習時間に怠ける心配がありません。 学習の遅れについては学校が個別の自習プログラムを作ってくれます。 寮での個別指導による夜間学習で遅れも取り戻しました。 人見知りが強く、人間関係が苦手な部分もあったのですが、寮の共同生活での委員会活動であったり、多彩で年複数回ある文化祭で人と関わる機会が増え、自立心が備わりました。 1か月ごとにある自宅帰省の度にKさんの表情がたくましく感じられたとお母さんは話しておられました。 現在、高校3年生のDさんは志望する国公立大学医学部への合格に向けて毎日、勉強に励んでいます。 最近の予備校模擬試験でB判定を獲得して、一層自信をつけて充実した高校生活を送っています。

次の