てんかん 発作 死亡。 てんかんの疑問 治る?再発する?寿命に影響?突然死がおきやすい?患者数はどれくらい?|アスクドクターズトピックス

キャメロン・ボイスの死因が確定、持病「てんかん」の発作

てんかん 発作 死亡

解説 てんかんとは てんかんは脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす慢性的な脳の病気です。 この病気は紀元前から知られており、かつては憑き物にとりつかれて生じる病気と信じられていたため、いまだに多くの誤解や偏見があります。 過剰興奮が脳の様々な場所に起こるため、その場所に応じて症状も様々なものとなります。 また、この過剰興奮を記録するための検査として脳波をおこないます。 原因疾患が見つからない特発性(一次性)のてんかんと、脳梗塞・脳出血、脳腫瘍、脳炎など脳の病変が原因となっている症候性(二次性)のてんかんがあり、症候性の場合はMRIなどで異常がみつかります。 てんかん発作分類 てんかんは歴史的に古くから知られた病気であるため、その分類は時代とともに多くの変遷を重ねて、現在に至っています。 最近もてんかんの新しい国際分類が提案されていますが、実際の診療で用いられている分類は1980年代に提案されたものです。 発作のはじまりにおいて一気に脳全体が興奮する全般発作とm脳の一部分から興奮がはじまる部分発作の2つに大きく分けられます。 以下に代表的なてんかん発作について説明します。 全般発作• 強直(きょうちょく)間代(かんだい)発作 おそらく皆さんがてんかん発作と聞いて思い浮かべるのがこの発作です。 意識をなくし、手足をつっぱらせた後、ガクガクさせる全身けいれん発作です。 口から泡をふき、眼は白目をむきます。 つっぱり(強直)・ガクガク(間代)は通常、数分でおさまります。 一時的に呼吸が止まり、顔色が悪くなることもありますが、けいれんがおさまれば回復しますので心配はいりません。 舌をかむこと、尿失禁がみられることもあります。 発作後にはもうろう状態がみられたり、眠ってしまったりすることが多いです。 欠神(けっしん)発作 子供に多い発作で、大人になってから発症することはまれです。 ボーっとなり、今までしていた動作を止めて、呼びかけても応答がなくなる発作です。 5~15秒ほどで、再び元の動作に戻ります。 短い発作では周囲の人が気づかないこともあります。 学校の授業中に起きると、単に不真面目な児童と誤解されることもありますので注意が必要です。 ミオクロニー発作 手足、体、顔などの筋肉が一瞬ピクッとなる発作です。 発作により物を落としたり、転んだりします。 一瞬なので意識の障害があるかどうかは分かりません。 思春期に発症する若年ミオクロニーてんかんという病気では、朝起きてすぐに起きる手のミオクロニー発作が特徴的です。 朝方、コップや物を落とすことで気付かれます。 部分発作• 単純部分発作 意識が保たれる発作です。 片方の手足や顔のつっぱり・けいれんあるいはしびれがみられたり、実際にはないものが見えたり、聴こえたり、上腹部からのこみ上げ感・なつかしい感じがしたり、訳もなく怖い感じ・さみしい感じにおそわれたりする発作です。 複雑部分発作 意識がなくなる発作で、大人のてんかんで最も頻度が高い発作です。 ご高齢の方にみられるてんかんではこの発作が約半数を占めます。 欠神発作と同様、ボーっとなり、今までしていた動作を止めて、呼びかけても応答がなくなる発作です。 持続は欠神発作より長く、数十秒~数分間です。 口をモグモグ・クチャクチャさせたり、手足をモゾモゾ動かしたり、片方の手を不自然な格好につっぱらせたりする動きがみられることもあります。 二次性全般化発作 上で説明した単純部分発作、複雑部分発作に引き続き、意識をなくし、手足をつっぱらせた後、ガクガクさせる全身けいれんに至る発作です。 最終的には全般発作の強直間代発作と全く同じ症状がみられるので、区別するのが難しい場合もあります。 治療薬の選択において両者の区別は重要です。 てんかんの診断 てんかんの診断で最も大切なのは発作を知ることです。 発作症状,発作の起きやすい時間帯・状況、発作頻度など,患者さんだけでなく発作を目撃した方からも情報を聴取する必要があります。 なお,カメラ付き携帯電話・スマートフォンが普及しているので,発作がみられた際に発作の様子を撮影していただくことをお願いしています。 発作の様子を撮影した動画は診断する上で非常に役立ちます。 外来で脳波やMRIを検査しても診断根拠が得られない場合には、患者さんやご家族から聴いた発作に関する情報に基づいて、てんかんと診断されることもあります。 てんかんの治療 治療の基本は薬物療法です。 抗てんかん薬と呼ばれるてんかん発作が起きないように興奮を抑える飲み薬が用いられます。 前に述べたてんかん発作のタイプによって、用いるべき薬が異なりますので、正しく診断することが重要です。 また、副作用がない状態で発作を抑えることも重要です。 最近は副作用が少ない良い飲み薬がたくさん発売されていますので、主治医とよく相談してください。 お薬が効かない場合、外科治療(手術)で発作を抑えることができるてんかんもあります。 もし2種類のお薬を試しても発作が完全に抑えられない時は、てんかん専門医の診察を受けることをお勧めいたします。 なお、睡眠不足、精神的ストレス、過労、飲酒、薬の飲み忘れなどは発作の引き金となるので避ける必要があります。 こうした引き金があって発作を起こした場合には、まず生活指導・服薬指導が行われます。 いくら適切なお薬が処方されていても、こうした問題があると発作を抑えることはできません。

次の

てんかんミニ知識 第7回(てんかんにおける突然死)を掲載しました。

てんかん 発作 死亡

てんかん重積状態とは てんかん発作がおきても通常は数分間で自然に消退します。 しかし、発作が異常に長引いたり、いったん発作が終わっても意識が戻らないうちにまた繰り返す場合は、てんかん重積状態といいます。 てんかん重積状態とは、国際抗てんかん連盟(ILAE)が1981年に作成した分類によると,「けいれん発作が30分以上続くか、または、短い発作でも反復し、その間の意識の回復がないまま30分以上続く状態」と定義されています 1。 また、2012年に米国のNeurocritical Care Societyが発表したガイドラインによると、「けいれん発作が5分以上続くか、または、短い発作でも反復し、その間の意識の回復がないまま5分以上続く状態」と定義されています 2。 てんかん重積状態は、けいれん発作が続く「けいれん性てんかん重積状態」と、けいれん発作を伴わない意識障害(てんかん発作による)が持続する「非けいれん性てんかん重積状態」に分類されます。 1 Epilepsia. 1981; 22 4 : 489-501. Bancaud J, et al. : Proposal for revised clinical and electroencephalographic classification of epileptic seizures. From the Commission on classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. 2 Neurocrit Care. 2012 ;17 1 : 3-23. Brophy GM, et al. : Guidelines for the Evaluation and Management of Status Epilepticus. けいれん性てんかん重積状態 症状 けいれん発作症状が持続、または意識の回復のないまま反復します。 持続時間は30分以上と定義されることが一般的ですが、臨床現場では5分以上をてんかん重積状態と考えて治療を開始します。 原因 てんかん重積状態や発作頻発を起こす原因として、小児では、熱性けいれん、脳炎、脳症、髄膜炎など、急性の原因が多くみられ、成人では、脳血管障害、脳腫瘍、脳炎、髄膜炎、頭部外傷などがみられます。 てんかんの既往のある場合は、薬の飲み忘れ、睡眠不足、過労、月経、感染症などが誘因としてあげられます。 検査 検査は治療と同時に開始します。 問診ができれば、けいれん性てんかん重積状態の原因疾患を推定することができます。 発作を注意深く観察し、バイタルサイン(血圧、心拍数、体温、呼吸状態)を確認し、てんかん治療中であれば、抗てんかん薬の血中薬物濃度を測定します。 患者の状態により、必要であれば酸素投与、気管内挿管を行います。 抗てんかん薬の静脈投与などの治療を行います。 原因疾患の治療を行います。 脳梗塞が原因疾患であれば、血栓溶解療法、抗凝固療法などで治療します。 非けいれん性てんかん重積状態 症状 脳波ではてんかん発作性異常を認めるものの、けいれん発作を伴うことなく意識障害が持続し、急性・遷延性(長時間にわたる)昏睡状態を示すことがあります。 複雑部分発作あるいは欠神発作が長引いた状態ともいえます。 非けいれん性てんかん重積状態の場合は、いつから始まったのか明らかでないものが多くみられます。 その症状は多様で、凝視、繰り返す瞬目、さまざまな神経心理学的障害や認知・行動障害(失語や健忘など)・意識障害を呈します。 原因 新生児期、乳児期では、大田原症候群、点頭てんかん、Dravet症候群などが原因となります。 小児期以降ではさまざまなてんかん症候群や脳症を原因とする場合や、抗てんかん薬を突然中断した場合にもおこります。 脳炎、脳卒中や頭部外傷など、原因は多岐にわたります。 検査 バイタルサイン(血圧、心拍数、体温、呼吸状態)を確認します。 脳波所見は必須で、意識障害をおこしている患者では非けいれん性てんかん重積状態を疑って、なるべく早く脳波検査を施行します。 患者の状態により必要であれば酸素投与、気管内挿管を行います• 原因疾患を治療し、重篤な意識障害や無呼吸などに迅速に対応します。 脳波診断のうえ、抗てんかん薬による治療を行います。

次の

てんかんについて

てんかん 発作 死亡

てんかんの症状として一番よく知られているのが大発作です。 転倒、意識消失、全身のけいれん、他にけいれん中に呼吸が止まり、チアノーゼ、発作後は意識がもうろうとした状態か睡眠に入ります。 ケガをしていても、意識が戻るまで痛みを感じることができないため、周囲の人が物や家具を動かしてケガを防止します。 意識が戻ってから頭痛や吐き気、嘔吐、ふらふら歩きだすことがあります。 ケガはしていなくても呼吸停止していた時間に脳に酸素が行き届かなかったために、頭痛や吐き気が起きます。 しばらくすればおさまりますので見守っていてください。 頭を強く打ったりケガをしていなければ、救急車を呼ぶ必要はありません。 逆に救急車を呼ばれてしまい、意識が戻る頃にはすでに救急車の中。 内心、「かえって困ったな、病院に連れて行かれても、何もしてもらう必要ないのに診察料やら検査料やらかかっちゃうだけなのに…」と感じている人もいます。 大発作は強直間代発作と呼ばれていますが、全般発作から起きるものと、部分発作から脳全体に過剰な興奮が巻き込まれた結果としておきる「二次性全般化」があります。 部分発作から始まって二次性全般化に発展したスピードが速いと、全般発作から起きたかを間違えやすいです。 薬の選択が合っていないと、効果がありません。 だからこそ、きちんと判別するする必要があるのです。 てんかんの大発作を起こしてしまうと、全身の筋肉がものすごい力で硬直してしまいます。 そのほかの症状として、頭痛、通常と異なる感覚、錯乱、深い疲労感等が見られることもあるそうです。 そこで、今回は筋肉痛を取り上げ、筋肉痛の緩和方法をご紹介します。 1.軽めの運動 昔、休み明けに部活動で思いっきり体を動かすと、翌朝は筋肉痛で体中が痛い経験をした人は多いと思います。 私もその中の一人です。 運動をすることにより乳酸が溜まりそれが筋肉を固めてしまうため炎症が起きるのが筋肉痛のメカニズムです。 筋肉痛で痛いからという理由で放置しておくと、更に固くなってしまいます。 筋肉が固まらないようにするために一番大事なのが動くことなのです。 痛いかもしれませんが、軽い有酸素運動ならできるはずです。 私は、筋肉痛が痛くて休みたいとも言えず我慢しながら部活をしていましたが…。 逆に激しい運動は逆効果みたいですね。 てんかん大発作の翌日、筋肉痛な場合は、軽いウォーキングをしてみるのもよさそうですね。 筋肉痛な場合は、軽いウォーキングをしてみるのもよさそうです 2. マッサージをする やみくもにマッサージをすればいいというわけではありません。 筋肉痛に効果的なマッサージは『リンパマッサージ』です。 リンパの流れを良くすることによって血液の流れも良くなります。 血液によってたまっている乳酸を排出できるようになるので、筋肉痛緩和が出来ます。 リンパマッサージの方法はインターネットや書籍等のほうが詳しい説明が掲載されていますので、そちらを参考にしてみてください。 上記の2点は基本的な筋肉痛の緩和方法です。 他にも筋肉痛の緩和方法が色々あります。 筋肉痛に効果的な食品もあります。 てんかん大発作で筋肉痛になった場合、気持も沈みがちなので外で軽いウォーキングをしたり、帰ってきてマッサージすると気持も晴れるのではないでしょうか? てんかん大発作の症状の一つに『吐き気』があります。 発作が治まり、意識が戻ると同時に吐き気の症状に襲われることが多いみたいです。 てんかん大発作には、前兆がある人にはあるみたいです。 前兆の種類は人によって様々です。 私の知人は、頭が締め付けられるような頭痛を感じるそうです。 他には… 体温の変化を感じる 緊張や不安を感じる 音楽が聴こえる 変な味がする 特定の匂いがする 手足がピリピリする 感覚がなくなる 静電気のような電気が走る 手足が動かせない めまい 味覚異常 てんかん大発作には、めまいも前兆として挙げる人もいるそうです ここでポイントなのが、前兆があるということは、発作が起きるタイミングがわかるということです。 どういうことかといいますと、前兆があるということは、周囲(家族等)に伝えることでてんかん大発作に対応できます。 いきなり発作で意識不明で倒れることよりも、前兆があることでそれなりの準備もできるはずです。 例えば、前兆が起きたら、危険物のないところで横になってもらう等です。 そして、本人も前兆があるときは、必ず安静にしていることが大切です。 アルツハイマーについて• アルツハイマーの症状について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの対応について• 若年性アルツハイマーについて• くも膜下出血について• くも膜下出血の予防について• くも膜下出血の原因について• くも膜下出血の症状について• くも膜下出血の治療について• くも膜下出血のその後について• くも膜下出血と脳の病気について• 急性くも膜下出血について• 外傷性くも膜下出血について• 脳梗塞について• 脳梗塞の症状について• 脳梗塞の原因について• 脳梗塞の予防について• 脳梗塞の治療について• 若年性脳梗塞について• パーキンソン病について• パーキンソン病のリハビリテーションについて• パーキンソン病の原因について• パーキンソン病の初期症状について• パーキンソン病体操について• 若年性パーキンソン病について• 偏頭痛について• 偏頭痛の症状について• 偏頭痛の原因について• 偏頭痛の対処について• 偏頭痛と食べ物について• 慢性偏頭痛について• 群発頭痛について• 緊張性頭痛について• てんかんについて• てんかんの症状• てんかんの原因• てんかんの対処• てんかんの治療• てんかんと年齢• てんかんの分類• 動物のてんかん•

次の