スワンズ スポーツ マスク。 人気おすすめのスポーツマスク5選【肺活量アップ/花粉/防寒】

“じてつう”にも人気の「SWANS」スポーツタイプ&バンダナ風マスク 花粉・排ガス・黄砂対策の助っ人

スワンズ スポーツ マスク

世界初3Dプリンタアイガード Guardian-Fit• この動きについてこれるか? FACEONE(フェイスワン)• 2つのシーンで愉しめる、2つの専用レンズがセット• あなたのRUNにフィットする E-NOX EIGHT8• レンズの選択が、パフォーマンスを支配する• E-NOX NEURONシリーズ• 護りながら攻める。 ULTRA LENS• TACTICAL GOGGLES for survival games. 着用者を選ばない、ハイスペックモデル。 Springbok(スプリングボック)• Fighting Zone シリーズ• SWANS史上最強の曇り止めレンズ• 次世代のタフネスミラーレンズ• 悪天候で差が出る高視認性レンズ• ハイカーブ度付 SPORTS EYE.

次の

“じてつう”にも人気の「SWANS」スポーツタイプ&バンダナ風マスク 花粉・排ガス・黄砂対策の助っ人

スワンズ スポーツ マスク

購入価格 ¥2,900 ---------- 毎年春と秋の各1ヶ月ほど、人相が変わる程まぶたが腫れる系の花粉症持ちです。 これまでは「まぶたが腫れるんだから」と、アイウェアでの花粉防御に注力してきました。 また、普通の不織布マスクもつけて自転車にも乗ってみましたが、湿気でビチョビチョになって使い物にならなかったため、今年はスポーツマスクを試すことにしました。 Webで物色したところ、ResproとSWANSが出てきましたが、ランニングコストを考えてSWANSにしました。 2本のベルトの方が、より密着度が高いとの考えです。 ---------- 初日、いつものように小さい峠ありのルートで通勤です。 走り始めは不織布マスクに比べて口の前に大きな空間があることから、非常に快適でした。 しかし峠に入り呼吸が荒くなると、湿気で吸いづらさが気になり、「アイーン」の口をして、意図的にあご下に隙間を開けるなど、走りには集中できない状況です。 更に峠のピークに近づいて心拍が高くなると、酸欠になりそうな苦しさから、立ち止まってマスクを外そうとするもなかなか外せず、少々パニックになってヘルメットまで引き剥がしてヒーヒー悶えてしまいました…。 2日目以降、初日の反省をふまえて、抑え目で走ります。 苦しくなっても、あご下を指で開けるとなんとか楽になりますが、やっぱり片手は危ない。 更には隙間を開けると、アイウェアが曇るので、こちらも危険です。 日に日に強度を抑えてみましたが、まだ通勤ルートですらマスクをつけっぱなしで走り切ることはできません。 心肺機能の増強が先か、花粉症の飛散が下火になるのが先か… ---------- 装着方法は、首後ろのベルトがマジックテープ式、後頭部がゴムバンドをアジャスターで調整できるタイプです。 ゴムバンドをヘルメット後頭部のアジャスターに引っ掛けると、ずり落ちなくて良いです。 サイズはSM(小顔)とML(普通)の2種類ですが、173cm 54kgの私に、MLサイズは大きかったようです。 マジックテープの範囲内ではブカブカで使えず、ただの布地部にフック部を引っ掛けて使っています。 本来の強度は出ていませんが、苦しい時に素早く外すためには逆にいいかもしれません。 フィルタの上部にはアルミバーが付いており、最近のマスクと同様に鼻の形にフィットさせられます。 しかし息が荒くなって口を大きく開けると顎に引っかかって全体が下にずれます。 口を開いた状態でマスクを顎の上に乗っけると、息もしやすくて鼻も密着して調度良いです。 でも口を開けっ放しだと、唾が飲めません…。 いまだにベストポジションが見つかりません。 ちなみ、私の印象は「湘南爆走族のマスクしてる人」でしたが、妻が言うには「カラス」だそうです。 最近では1歳半の息子が「カーカー」と出迎えてくれるようになりました。 ---------- 肝心の花粉症への影響ですが、周りの花粉症仲間が反応している中、3月5日現在症状は出ていません。 今年の花粉が少ないのか、インフルエンザ予防で早めにつけ始めたマスクが効いているのか、それともついに花粉症を卒業したのか?なんとも判断のしようがありません。 花粉症の症状を抑えて自転車も楽しむためには、桜の咲く頃までつけ続けてみようと思います。 結論から書くと、ロードで50kmや100km乗る人には向いていない製品だと思った。 まずフィット感が良くない。 今年モデルは写真のようにずり落ち防止のバンドがあり、これを後頭部に回す。 するとだいぶ動かなくなるのだが、ボトルで水を飲むときにちょっと持ち上げると、壮絶にずれてしまう。 片道5km程度の通勤通学での使用を前提とした製品なのかもしれない。 鼻の形状に合わせて曲げられるノーズピースがあるのは親切。 先述の通り、ライドの途中で水を飲むようなことがなければ、フィルターもあまりずれてこないかもしれない。 この製品の最大の問題点は、マスク本体のスリットに挿入するフィルターのタブが小さすぎる点。 ちゃんと両脇に入れても、一度マスクをずらすとこのタブが外れてしまい、マスク内でフィルターも壮絶にずれてしまう。 このタブを入れた後に糸で軽く縫っておけば回避できるかもしれないが、設計ミスという気がする。 ちなみに替えフィルタは「一日二時間の使用で一週間程度の交換が目安」らしいが、気温12度くらいの日に一回だけ四時間程度のライドで使ってみたら、鼻水と汗でぐしょぐしょになってしまい、とても再利用は無理だった。 つまり換えフィルタは毎回交換する必要があり、一回あたり200〜300円のコストが発生することになる。 マスク内部の空間自体は大きめに確保されており、その点は悪くないと思った。 短距離の通勤通学の人には良い製品かもしれない。 デザインもなかなかかっこ良い。 しかし通勤通学なら市販の白いマスクでも十分ではないかという気もする。 とにかくずれやすく、使いづらい。 防塵効果としては、市販の白いマスクと同等という感じで、特に優れている感じはない(普通にくしゃみ・鼻水は出る)。 あまり使い勝手の良くない製品だと思ったが、替えフィルタが残っているうちはちゃんと使ってみることにした。 そこで気づいたのは、ずり落ち防止用のバンドを「後頭部」ではなく「頭頂部」付近に持ってくるとややずり落ちにくくなるということ。 取扱説明書の写真ではバンドを「後頭部」付近に斜めにかけているのだが、私の場合これだと壮絶にズレる。 このバンドをどこにかけたら良いのかは頭の形にかなり依存すると思われる。 個人的にはサイクルキャップをかぶり、その上にこのマスクのズレ防止バンド、その上にヘルメット、という順番が安定していた。 替えフィルタは前述のとおり、ロードで60〜80kmくらい走るとグショグショになってしまい、事実上一回使いきり。 ただ、ランニングコストは安くないと書いたが、花粉症対策として4月〜5月の二ヶ月間、週末だけ使うのであれば、極端に高くもないかもしれない。 とはいえ、この製品が心拍数150〜170で数時間ロードに乗る人に向いていないのは確か。 走行しながら水を飲むことは想定されておらず、停車して水を飲んでもずれることはずれる。 片道5km程度の自転車通勤には好適の製品なのかもしれないが、やはり私には合わなかった。 ちなみに呼吸自体はそれほどしづらくないと思います。 極端にパフォーマンスが下がる感じはしません。 気温20度くらいの日に使うと暑くてたまりませんが。 気温15度以上の日だときついです。 安売りしてたので、旧製品だとばかり思っていたのだが パッケージがあまり変わってなかった 新しい方だった。 乗車しながらの水分補給はしないが、ヘルメットを脱がないとマスクを外せないのがやや面倒。 その分旧製品よりはズレにくい。 あと、マジックテープ部分が柔らかい素材になって、通気性はよくなったのだが、伸び過ぎてイマイチはりあわせづらい。 補助ベルトも調整幅がチョット少ない気がする。 とりあえず自分にはあっていたが…。 フィルター部分は旧タイプと同じなので、使い心地は良くも悪くもほぼ一緒。 だが、顔に跡はつきづらくなった。 また花粉症が収まる時期迄お世話になります。

次の

レスプロ(RESPRO)スポーツタマスク|モーターマガジン社の通販本店サイト

スワンズ スポーツ マスク

世界初3Dプリンタアイガード Guardian-Fit• この動きについてこれるか? FACEONE(フェイスワン)• 2つのシーンで愉しめる、2つの専用レンズがセット• あなたのRUNにフィットする E-NOX EIGHT8• レンズの選択が、パフォーマンスを支配する• E-NOX NEURONシリーズ• 護りながら攻める。 ULTRA LENS• TACTICAL GOGGLES for survival games. 着用者を選ばない、ハイスペックモデル。 Springbok(スプリングボック)• Fighting Zone シリーズ• SWANS史上最強の曇り止めレンズ• 次世代のタフネスミラーレンズ• 悪天候で差が出る高視認性レンズ• ハイカーブ度付 SPORTS EYE.

次の