一 本堂 大甕。 食パン専門店「一本堂 日立大みか店」がオープン!混雑状況や駐車場は?お店を紹介 in 茨城県日立市

口コミ一覧 : 一本堂 日立大みか店

一 本堂 大甕

金性寺の由来 当寺の創建は古く、小高城主第十五代相馬盛胤公夫人の掛田御前(掛田城主掛田義宗の娘)は永禄十二年(一五六九)十月二十二日逝去。 盛胤公が夫人「金室妙仲大禅定尼」の冥福を祈るため、同年十二月小高村堂前(現在の小高町小高字堂前)に錦繍寺を建て、霊牌を安置したことによる。 その後金室山金性寺に改める。 慶長六年(一六〇一) 盛胤公中村城にて逝去、中村真光寺(現在の円応寺)に埋葬する。 明暦四年(一六五八) 勝胤(後の忠胤)公により寺領十九石四斗の証印を受ける。 後に二十二石三斗二升になる。 安永三年(一七七四) 小高城址に妙見新尊が祭祀され、以来約百年の間金性寺は別当寺となる。 天保十一年(一八四〇) 藩主の命により、小高城址に本堂、庫裡等を再建し、堂前より移る。 文久三年(一八六三) 金性寺座主知印僧都、寺子屋を開き文教興隆に貢献する。 慶応四年(一八六八) 戊辰戦争の時、金性寺の知印僧都外二名は、藩主の命を受け浪江の官軍の陣営に赴き、円満終局の糸口をつくる。 明治五年(一八七二) 神仏分離令により、妙見尊を金性寺に祀る。 明治六年(一八七三) 学制発布により、古城一番地の金性寺を校舎にあて、小高小学校が創立される。 明治九年(一八七六) 校舎火災により、寺は小屋木字広畑の難波山天王寺(現在の武勇神社)に移る。 明治二十二年(一八八九) 旧小高郷陣屋跡の南小高字関場十六番地(現在地)に本堂、庫裡、二十三夜堂を建立し、天王寺より移る。 昭和三十九年(一九六四) 十二月小高小学校の火災により、本堂類焼し、翌年十二月再建する。 昭和六十年(一九八五) 北国八十八ヶ所霊場第二十番札所となる。 平成四年(一九九二) 浜三郡七福神の大黒天霊場となる。 平成六年(一九九四) 福島県八十八ヶ所霊場第三十八番札所となる。 平成十二年(二〇〇〇) 鐘楼門を建て替え、落慶式を行う。 歴代住職 中興一世 隆仙 二世 智仙 三世 隆明 四世 章仙 五世 隆泰 六世 隆々 七世 教仙 八世 啓寿.

次の

茨城県内の高級食パン専門店まとめ [のがみ・ハレパン・に志かわ…等]

一 本堂 大甕

今日は、市立総合病院から、地域医療研修で3名の研修医のみなさんと、大甕幼稚園から、新採用研修で1名の先生が大甕小学校に来て、2年生と一緒に過ごしました。 それぞれ普段のお仕事の中では関わることが少ない小学生との時間でしたが、2年生からたくさん話しかけとても仲よくなりました。 給食では、「牛乳は体にいいからちゃんと飲んでね。 さて、廊下には、七夕を前に、子どもたちの願い事が書かれた短冊が飾られています。 みんなどんな願い事をかいたのかな。 また、3階にはハンドメイドクラブのみなさんがつくったハーバリウムの作品。 とってもきれいです。 1階の職員室前には運動会の写真が掲示され、子どもたちが、がんばった自分の姿を探して見ています。 保護者の皆様には、明日の授業参観で、掲示物等からも子どもたちの日々のがんばりを感じていただけば幸いです。 どうぞよろしくお願いします。 今日は晴天に恵まれ、絶好の校外学習日和。 3つの学年が校外での学習に出かけました。 2年生は生活科の学習で、学校の南東方面に町探検に出かけました。 元気に歩いて行くと歴史のありそうな神社を発見。 そこは「日祭神社」でした。 鳥居をくぐって本堂へ。 みんなで代わりばんこにお参りをしました。 鳥居は、お友達のお家の方が建てたとか・・・。 4年生は、社会科の見学学習で「牛越浄水場」に行きました。 施設内を順番に巡り、普段みんなが使っている水道水がどのように作られているのかを知ることができました。 教科書には、川の取水口から水を取り入れきれいにしている例がありましたが、ここでは井戸を掘り、地下水をくみ上げていることも知りました。 井戸の深さはなんど100m以上。 水の状況は常にコンピュータで管理などなど...。 いろいろな行程があって、安全・安心な水が運ばれてくることが分かりました。 6年生は、桜井古墳、市立博物館、太田神社を訪ね、地域の歴史に触れました。 東北でも有数の歴史的価値があるとされる桜井古墳では、その特徴について説明を受け、実際に古墳の頂上へ。 上からの眺めのよさに、古墳の大きさを肌で感じていました。 博物館では、相馬野馬追についての説明を聞き、野馬追の歴史やさまざまな馬具、年表などから、その伝統ある歴史を感じることができました。 総合のふるさと学習で法螺貝について学んでいる6年生。 地域の歴史がまた一つ身近になりました。 どの学年も、教科書だけではできない貴重な学びを体験しました。 わたしたちの大甕小のまわりには、生きた教材があふれています。 今日は梅雨本番の空模様、校庭で遊ぶ子どもたちの姿はみられません。 保健室で、ひとり黙々と保健委員の仕事に勤しむ6年生。 さすが最高学年!! 代表委員の児童が、七夕飾りの準備をしていました。 給食室にも短冊を届けています。 気が利いているなあ。 ふるさとクラブの子どもたちが、螺貝の自主練習をしています。 がんばってるね。 第1図書室は、読書をしている子どもたちで賑わっていました。 第2図書室では、図書委員が絵本の読み聞かせをするため待機していました。 1・2年生は、明日の時間割や準備物等を連絡帳に記入している最中でした。 読み聞かせに間に合わなかったみたいです。 本日、教頭先生の研究授業がありました。 3年生の音楽の授業です。 教頭先生自らが研究授業をすることは、あまりないことです。 子どもたち一人一人が、生き生きと輝いて学習に臨んでいました。 ベテランも、中堅も、若手も、大甕小学校のチームとして、よりよい授業づくりに取り組んでいるところです。 ちっちゃいお友達が小学校の図書室にやってきました。 大甕幼稚園児です。 本校司書の絵本の読み聞かせに、目を輝かせ、体を乗り出して聞き入っていました。 隣りにある小学校・幼稚園同士、更に交流を深めながら、協力して教育(保育)を進めていきたいと考えております。 大きなだんご、ちっちゃいだんご、子どもたちに負けないくらい個性的なだんごがたくさんできあがりました。 不審者が校舎内に侵入したことを想定し、緊急事態発生時の、全校生への連絡方法の確認や、非常時のベルが鳴ったときの校内での約束などについて学習しました。 体育館に避難した後は、不審者に遭ったときの行動や遭わないために大切なこと等について、警察署員やウルトラ警備隊の皆様、ボランティアの少年補導員の皆様から、寸劇を交えて分かりやすくお話をいただきました。 「お家の人に行き先を告げずに出かけ、知らない人の車に乗ってしまった小学生が、いつまでも帰ってこない・・・」子どもたちは、「それはだめ」「必ず〇〇する」などと答えながら一生懸命に話を聞きました。 不審者の特徴を聞かれた子どもたち。 多くの子が車のナンバーまで「福島〇〇〇・・・」と、正確に覚えており、真剣に話を聞くことができたようです。 最後はもしものための「いかのおすし」をみんなで確認しました。 体育館ではみんなとても元気に答えることができました。 ぜひ、おうちでも確認してみてください。 本日の全校朝の会では、多くの子どもたちの表彰を行いました。 まず、南相馬市小学校陸上競技大会で入賞した6年生の子どもたち。 すごいなあ。 !! 次は南相馬市小学生相撲大会に出場した3年生。 3年生の部で優勝、下学年の部で2位になりました。 よくやった!! 最後に、2年生が川俣ロードレースで7位に入賞しました。 がんばったね!! 表彰だけで、朝の会の時間が消化してしまいました。 うれしい悲鳴です。

次の

『那珂市・一乗院。「宇宙最強」 』ひたちなか(茨城県)の旅行記・ブログ by フロッガーさん【フォートラベル】

一 本堂 大甕

後に祝髪(頭を剃ること)して妙心といわれた。 水府城〔福岡城?〕の西、浄満寺の産〔生まれた〕なり。 亀井潮音に配(つれあい・妻となる)し、二男三女を生む。 寛政二年庚戌(こうじゅつ=カノエ・イヌ)十月二十二日病(やまい)卒す)なくなった。 享年七十有七.浄満寺に翁(南冥)に祔(ふ=一緒に)して葬る(埋葬した)。 伯(長兄)の魯(ろ=南冥)は教授の官(役)を以って本藩(福岡藩の)西学(西学門所)を管す(管理運営をした)。 仲(次兄)は僧となり、名は崇曄(そうよう)。 横嶽崇福寺を住持す。 後列 これは貞徽信尼(南冥妻)のもの 元に戻す 経緯不明 晹洲夫人 晹 洲 (合祀墓)大甕 砂流入 骨片多数 毛髪アリ 頭蓋骨二個 玄谷夫人 玄 谷 (合祀墓)大甕砂流入 骨片多数頭蓋骨二個 蓋石に文字 亀井義一郎柩父昱 書 雲來亀先生墓 小甕 表面茶青の釉拭 砂混入 骨片アリ 蓋石に文字なし 釋妙壮尼 小甕 亀裂激しくこれを取り替える砂混入骨片アリ 蓋石に文字 亀井佳乃永女 大年居士 小甕 砂流入 骨片アリ 頭蓋骨アリ 蓋石に文字なし 平成二十(二〇〇八)年の墓碑移設の記録は写真と共に克明に残していますが、特に、遺骨の一部については九州大学医学部からの申し出を受けて、学術調査がなされています。 浄満寺のこと 元亀四(一五七三)年(四三六年前)、初代浄心によって建立された、浄土真宗 本願寺派(西本願寺)の寺。 現在地には承応三年(一六七一=三三八年前)に新大工町(現・大手門)から移転し、現在の本堂は文政八(一八二六)年建立。 実に一八四年を経過した文化財的な建築物だが、平成二十一(二〇〇九)年七月から解体工事に着手し、平成二十二(二〇一〇)年十月に元の通り純木造建築で完成する予定。 解体の理由は、平成十七(二〇〇五)三月の福岡県北西沖地震(平成十八年呼称変更)M7・0により被災したためである。 しかし冒頭に書いたように、今日皆さんが見学にこられた亀井家の墓は当寺墓地の北西の角地に移設しました。 もちろん県の了解も許可も取り付けての話しです。 これからの寺院の機能からしますと幼稚園もありますから、本堂前はなるべく広く開けておきたいと願ってのことです。 ここで一文を紹介しましょう。 森 鴎外「小倉日記」 明治三十三年九月二十日 より 二十日。 午後浄満寺に到りて、亀井南冥の墓に謁す。 寺は眞宗にして、地行西町五十番地に在り。 今川橋畔の金龍寺の背後にして門南に面す。 門を入りて左すれば、本堂右翼の前面に一区の塋域あり。 即ち亀井一門の占むる所なり。 墓碣(ケツ=イシブミ)は二列をなす。 今本堂の正面に通ずる中道より見んに、これに近き内列に五墓あり。 門傍らより数ふれば、曰ク表に蓬洲居士と題するもの、裏に亀井虞、子唐、義一郎、余長子(中略)昱誌とあり。 曰ク雷首山人之墓、裏に亀井源吾諱復字應龍云々とあり。 ・・・・・・・・ と克明に記録していました。 鴎外三十七歳、明治三十七年六月から明治四〇年まで、第十二師団軍医部長として小倉に赴任した時の記録です。 さてこれから皆さんが今日の見学を通して、どのようなことを学ばれるのでしょうか。 そもそも亀井南冥とは 慶長五(一六〇〇)年、関が原の戦いによって徳川幕府が開かれ江戸時代の幕が開いた。 もともと筑前の国、現在の福岡県に相当する地域は小早川秀秋の支配する所であったが、彼は先の戦いの功績により備前岡山藩へ移ることになり、その跡地に豊前中津城主、黒田長政が移り五十二万石を与えられて成立したのが当藩である。 当初は名島城を中心としたものであったが手狭であったため慶長六(一六〇一)年福岡城建設に着手し、五年後の慶長十一(一六〇一)年に完成した。 しかし、明治維新後の廃藩置県により明治三年(一八七一)廃城となって今日では礎石と復元された一部の建物が当時を偲ばせる。 ちなみにこの年にアメリカではベースボール・リーグが発足し、初年度は九チームによって戦われたそうな。 当時のチームで現存するのは、ボストン.レッドストッキングとシカゴ.ホワイトストッキングの二チームだけ。 ついでに、この年は日本が近代国家へ踏み出すうえで重要な出来事が沢山ありました。 例えば「新貨条例」により貨幣単位が円・銭・厘に統一、また郵便事業も東京・横浜・大阪で始まりました。 福岡藩となって約百年後の寛保三(一七四三)年八月二十五日に亀井南冥が誕生した。 父・ 聴因 ちょういん 、母・徳(浄満寺第三代住職、釋行空三女)と云い、母方の関係で当寺が菩提寺となったと考えられる。 医師であった父のもとで幼少の頃からすぐれた才能を発揮する少年だったようで、十歳の時に中国の欧陽詢の「九成宮醴泉銘」碑拓本の臨書(亀陽文庫に現存)をなし、十四歳の時に肥前(佐賀)蓮池住の、徂徠学派の学僧、大潮(八十歳)に会い、初めて徂徠派の学問や文芸に触れ、十八歳まで師事して後に大きな足跡を残すことになった。 一休み:欧陽詢は中国唐代の名筆家で、西暦六三二年に書かれた「九成宮醴泉銘」碑は今日の楷書の完成された書という高い評価を得たものです。 臨書はその通りに練習する書道を志すものの第一歩です。 更に医学を修め後に父と共に福岡城下唐人町で開業したが、南冥の本分はやはり儒学の世界における高い識見にあると思われる。 儒教は、わが国に伝来し長い年月を経て江戸時代の元禄期(一六八八年~一七〇四年)から享保期(一七一六~一七三六)に思想的にも学問的にも成熟したと考えられる。 しかし、享保を過ぎるとその学問も次第に衰退し、ちょうどその頃に南冥・昭陽親子が学問の上に登場したことになる。 特に「論語」を中心とした思想の展開は、南冥にとって十四歳の頃に大潮から学んだ基礎的なものが一気に開花した感がある。 特に、二十一歳の頃藩命によって朝鮮修好通信使の接待使に選ばれ、博多湾頭にある藍島(相島)に逗留中の使節に自作の漢詩を届けたところ、「海友の奇男子」、つまり「日本の傑出した詩人」と絶賛されたというエピソードが残している。 ちなみに 「漢詩」はもちろん漢字を一行に五文字・七文字と並べて書かれていますが、やはり厳しい決まりがあり、特に「 韻律 いんりつ 」については日本人にはなかなか難しいと聞いたことがありました。 その点昔の僧侶が書かれた漢文は、韻律を厳密にして書かれているとのこと。 順調に歩み始めた南冥は、安永七(一七七八)年、三十六歳で士分に取り立てられ藩主治之公の侍講を勤めることにもなる。 ついで天明三(一七八三)年、願い出ていた念願の学問所設置が認められ、唐人町に 甘棠館 かんとうかん が開設された。 福岡藩では貝原益軒の流れをくむ竹田定直を中心とした朱子学派の東学問所「修猷館」と、亀井南冥を中心とした西学問所「甘棠館」の二つが、東西の藩校として子弟の教育に当たることとなったのである。 なお甘棠の名は南冥の弟である昭陽の弟子、日田 咸宜 かんぎ 園 えん を主宰した広瀬淡窓の著書に「 甘棠 かんとう 一 樹 じゅ アリ。 先候 せんこう ノ 園中 えんちゅう ヨリ移シ 種 た ル所ニシテ館ノ 名 なづ クル 所以 ゆえん ナリ」~甘棠は現在の梨の実、その木を治之候から頂き、藩主の治世をたたえて館の名とした~ 後に西学問所甘棠館は藩命により取り潰されるが、東学問所修猷館は藩の公式の学問所として存続し、現在では福岡県内随一の名門校、修猷館高校としてその伝統が受け継がれている。 そして、この頃の出来事として南冥にも深いかかわりを持つこととなった出来事が起こった。 この年の二月、志賀島で「金印」が発掘された事件である。 南冥はこの検証に当たり、「金印弁」を著してこの金印が、建武中元二年(世紀五十七年)後漢の光武帝から倭の一国に授けられたものと断定した。 現在この金印は国宝指定を受け、福岡市博物館に常設展示されている。 一度ご覧になったらいかがであろうか。 特に最近は金印が偽物であるとか、南冥の策略であるとか諸説紛々、黄金色に耀く金印のみ事実を知り密かにほくそ笑んでいるのでは。 寛政異学の禁 順風満帆の南冥の前に大きな転機が襲うことになった。 発端は中学の歴史教科書にも登場する松平定信の「寛政の改革」で行われた学問統制である。 幕府は前時代に襲った「天明の大飢饉」による幕府の統制力回復の手立てとして、農業の回復、社会秩序の再建が目標とされた中で、秩序を重んじる朱子学を正式の学問に据え、当時流行していた古学・古文辞学(文法を中心に扱う学問ではなく、孔子・孟子の言葉の意味を実践することに中心をおいた学派)を禁止した。 幕府の学問所(昌平坂学問所)の講義も朱子学のみとなったが、今日の資料によれば、諸藩も幕府にならい国内の異学派も次第に力を失っていったようである。 一休み:天明の大飢饉は天明二(一七八二)~天明八(一七八八)の間に襲った日本近世史上最大の飢饉といわれ、全国での最終的な死者の数は三〇万~五〇万人と推定されています。 ただ、各藩が幕府からの失政のとがめを怖れて正確な情報を出さなかった。 岩木山、浅間山が相次いで噴火し、その直接的被害と日照低下による不作が重なり、政治的には田沼意次時代で、商業に重点を置く政策から米価の高騰を来たし、江戸・大阪では農村部から逃げ出した農民による打ちこわし事件も多発したとか。 また、同じ時代にアイスランドのラキ火山、グリームスヴォトン火山が噴火し、噴出した有毒ガスは成層圏にまで達して、北半球に低温化・冷害をもたらしたとも言われています。 福岡でも天明の飢饉の前に享保の大飢饉が記録され、この博多の町でも住人の三分の一の死者が出たと記録されています。 その犠牲者を弔う「飢え人地蔵」が市内各所にあります。 ちなみに飢は穀物が実らないこと、饉は野菜類が取れないこととか? もちろん福岡藩においてもこの流れは変わらず、小さな出来事が次第に大きな事態の変化をもたらした。 例えば寛政元(一七八九)年、太宰府政庁趾に「太宰府碑」を建てることを思いたったが藩命により建碑中止となった。 撰文に藩意に反するものがあったと伝えられる。 この碑はずっと時代が下って大正三(一九一四)年政庁趾に建てられた。 そして遂に寛政四(一七九二)年七月十日、五〇歳にしてすべての役を召し上げられ、終身禁足という処分を下され失意の時代が始まる。 しかし、その後も著作として「論語々由」、「論語攝要」等を世に出した。 その後は長男・昭陽が家督を引き継ぎ、甘棠館は 江上苓 えがみれい 洲 しゅう (墓所・浄満寺)が主宰したが、塾生は激減するなか、寛政十(一七九八)年二月一日唐人町の火災により、甘棠館も亀井家の建物すべてが灰燼に帰した。 長男・昭陽はこの時二〇歳であったが、甘棠館の教師の地位も追われ単なる平藩士の身分に落とされ、学者として遇されることもなく、文化三(一八〇六)年には烽火番係が命ぜられた。 烽火番の仕事は、当時開国を迫ってわが国に接近する諸外国の艦船を見張り、各藩でも藩内の適当な場所に、合図の 狼煙 のろし を挙げる場所を設けて対応していた。 このような亀井家にとっては激動のうちに、南冥は次第に言動にも異常を来たし、更に深酒に溺れて自分の殻に閉じこもりがちになり、文化十一(一八一四)年三月二日原因不明の出火によって、自宅が焼失する中で失意のうちに七十二歳の人生を閉じた。 そもそも亀井昭陽とは 亀井南冥三十一歳の時、安永二(一七七三)八月十一日長男として生まれた。 聡明な頭脳の持ち主だったようで、十七歳の時「書経考」二巻、「詩経考」十巻を完成したという。 大変な努力家であったことも「昭陽文集」に自ら青年期を振り返って、食事の時も書物をそばに置き、あるくときは必ず原稿を持ち歩き、常に懐にメモ紙を用意していたと述べている。 特に、甘棠館の時代には十八歳で門下生の指導に当たっている。 昭陽の弟子と目される広瀬淡窓は修学時代を振り返って 「余ガ始メテ塾ニ入リシ時ハ、昭陽先生「礼記」ヲ講ジ玉ヘリ。 其後「周礼」「尚書」「孟子」アリ。 時刻ハ早朝ナリ。 飯後ハ先生学館ニ出勤アル故ナリ。 三日ニ一度ノ会読アリ。 コレハ夜中ナリ・・・」と言った具合であったという。 生涯を通して著作も多く、また多くの人を世に送り出して活躍したが、時代は「寛政異学の禁」の時代であり、父南冥と共に反朱子学の立場を守り通す学者に対する評価は常に黙殺される時代性があった。 著作のほとんども出版されることもなく、未刊のまま一部の学者だけが知るというだけであった。 当浄満寺の道を挟んで南側に位置する曹洞宗・金龍寺には、亀井一族と同じく江戸時代の学者「貝原益軒」の墓碑がある。 益軒は全国区の名だたる学者である。 それに比して亀井一族は地方区の学者であり、また時代的にも評価されるどころか、政治的にも否定される中の活動であったことが今日の評価につながっていると言ってよい。 その他の資料から 特に現修猷館高校母の会役員の、林由紀子氏〔筑紫女学園高校出身〕から提供頂いた(平成二十一年八月十九日)修猷館々長、中嶋利昭氏の書かれた雑誌修猷一四〇号巻頭言「修猷を想う~修猷館と甘棠館」を紹介する。 「天明四(一七八四)年二月、二つの藩校が同時に呱々の声を上げた。 一つは上級武士を対象に朱子学を教える東学問稽古所修猷館であり、もう一つは下級武士や町人を対象に徂徠学を講じる西学門稽古所甘棠館である。 理論を尊ぶ修猷館と、実践を重視する甘棠館。 やがて寛政異学の禁により朱子学以外の学問が禁止され、甘棠館の亀井南冥は館長職を罷免、甘棠館も消失、甘棠館の閉校が決まった。 生徒全員は修猷館に編入されわずか十四年で藩校としての使命を終えた。 そして巻頭言に続いての資料を次下に紹介すると、日田で咸宜園を開いた広瀬淡窓と、秋月(黒田藩の支藩)の藩校稽古館の教授であった原 古処、どちらも甘棠館の門下生でした。 原 古処は、一七八四年に十八歳で甘棠館に入門、二十一歳で秋月に帰郷(註 養父原 坦斎病気のため)し、稽古館訓導に就任するが、その後も亀井南冥に示教を受け続けた。 古処は大変優れた漢詩人でもあり、当時の秋月藩主(黒田長舒)は古処への信任も厚かった。 従って、その師南冥の才学も高く評価され、南冥は毎月秋月で講義を行うほどであった。

次の