ポケモン ショータ。 ショータ(ポケモン)とは (ショータとは) [単語記事]

ショータ(ポケモン)

ポケモン ショータ

初代から見続けているアニポケですが、XYZは本当に素晴らしいです。 ポケモンはこれまでギャグちっくだったり、使用ポケモンもバトル向きではなかったり最終進化までせず・・・という感じでしたが、XYZはストーリー良し、バトル良し、キャラ良しと全てが揃っています。 作画の勢いもあって、キレイで迫力あるアニメが楽しめます。 サトシはこれまでのどの作品よりも大人で、皆をまとめるお兄さん的存在。 またそんな彼が使用するポケモンは今回ピカチュウとルチャブルを除く4体全てが最終進化を遂げ、バトルがかなり進化しています。 また一緒に旅をするセレナ、シトロン、ユリーカそれぞれにも異なる視点から物語が繰り広げられるので飽きが全く来ないんですよね。 セレナのトライポカロンに至っては、サトシのジム戦と同じくらい見応えがあります。 最終話に近づくにつれまるで劇場版を見ているかのような展開も繰り広げられ、涙を流さずにはいられないシーンも数多いです。 何回見返したか分からないくらいXYZが大好きですし、これ以上のポケモンはもう見られないと言われるほどなので、ポケモンに興味がある方は是非見てほしい作品です。 (現在放送中のサンムーンはまた嗜好を新たにしたポケモンって感じなので。 王道という意味でです。 サンムーンも面白いですよ。 ) 今までとは比べ物にならないくらいキャラクターが輝いています。 何と言ってもサトシとセレナの圧倒的主人公&ヒロイン感です まずサトシ。 これはもう序盤で暴走したガブリアスを止めるシーンで全員惚れます。 以前と比べて遥に男前に磨きがかかっています。 さらにはサトシゲッコウガなる「サトシだけが」使える変身を覚えます。 これがあまりにもカッコイイ。 カッコイイ以外の言葉が出てこない。 最後のvsアランとかダイパの最終決戦並み…いや、それ以上に燃えました そんなサトシに惚れるセレナちゃんもすこぶるかわいい。 このヒロインの可愛さは以前までのポケモンを見ている方なら違いが一目瞭然だったはずです。 ベストウィッシュの某ドラゴン使いとかお話にもならないレベル… 子供向けですから萌えを意識する必要はないんでしょうが、これまでのポケヒロインは正直う~んという感じに対して、セレナのキャラは明確に萌えを意識していたと思います。 サトシに対して恋愛感情をここまで露出させたキャラはおそらくセレナだけ。 かわいさでタメ張れるのは映画版ラティアスぐらいじゃないかな… とにかく今作は素晴らしい出来になってます。 カッコよさと可愛さなら歴代1位かもしれない 本当に名作。 これが集大成で、本当の最終話だと思った方がいいと思います。 最終話のまとめ方が素晴らしい。 誰もが納得できる演出ですね。 感動した。 ・描写が非常に細かく深く見れば深く理解・解釈できる。 特に最終回。 ・要らない捨て回は第4話の1つのみ。 ・白熱のバトルシーン。 手抜き無し。 ・XYで見た別のストーリーが交差し、散りばめた伏線を回収していく ・リーグ後のフレア団絡みは凄い。 いままで経験したすべてが意味のあること、というサトシが途中でセレナに伝えたことを改めて体現。 これが映画ではなく本編に持ってきた所以か。 ・自分は傷つかない代理戦争の勝敗に喜んでいいのか、といったアニポケ生みの親の考え方に関して、ちょっと考えさせられました。 ・セレナかわいい。 ・今のポケモンが路線変更してしまったのはこの素晴らしい理想のアニポケで我々がリアルタイム視聴せず、最低視聴率を取ったのも関係していると思う。 つまり、私たち全員の責任なのだ。 でもだからこそこの作品はこれまでの集大成として永久保存版としてここに在り続ける。 ここで燃え尽きたんだから、消化不良でもなんでもない。 ポケモン2019からここへ帰ってきました。 やはり湯山監督が長年の経験を経てできた完成形はこれだと思います。 王道かつハラハラさせるバトルファンタジー、甘酸っぱい恋、美しいダンスの描写。 どれをとっても一級品です。 サン&ムーンも監督が楽しく作っていらっしゃるだろう感じが伝わりそれはそれで楽しかったですが、このバトルファンタジーの良さを結集させたのはこちらではないでしょうか。 改めてみるとサトシがカッコ良すぎる。 確実に10歳ではない。 伊達に10歳をループしてる訳ではないというのがこの作品。 それを楽しんでほしい。 イケメン過ぎるがゆえにサン&ムーンは正当に退行したといわれても納得がいく。 まだまだポケモンマスターへの道は続くという話の為、最後はアレな感じになってしまったので微妙な感じになってしまったが、それでもイケメンサトシの最終地点としてこの作品は素晴らしい物だったと思い、書き残しました。 もしタイムマシンがあるならXYの企画会議中の時代に乗り込み監督にXY&Zの次はヒゲの生えたサトシが学校で授業受けてますよ、と教えてあげたい。 そうしたらXY&Zではきちんとチャンピオンになってたでしょう。 (サンムーンはそれ自体は面白かったですが) 監督が代わって、改めて湯山監督の素晴らしさを理解できたのがとても悲しい。

次の

【ポケモンGO】ジュカインのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモン ショータ

予選三日目。 サトシは弟分のコナンと遭遇してバトルするのだった。 フリーザーとランドロスの伝説のポケモン対決は激しいバトルの末フリーザーの勝利に終わるのだった。 こうして予選三日目も終了するのだった。 ポケモンセンター バトルフィールド ラン「よし!トレーニングはここまでよ」 ピカチュウ『うん』 ヒトカゲ『お腹すいたね』 ここはポケモンセンター。 現在、ランはバトルピラミッドに備えてトレーニングをしていた。 ???「いや~、君のバシャーモ強そうだね」 ラン「え?あなた誰?」 スワマ「俺はスワマさ。 どうだろう?そのバシャーモを俺にくれないかな?」 ラン「え?何で」 スワマ「決まっているだろ?君の所にいるより俺の所にきたほうがバシャーモの才能が引き出せないからさ。 俺のファイアーウォーリアーズにこそ相応しいぜ」 ラン「何をバカなことを言っているのよ!そんなことするわけないでしょう💢」 スワマ「全く聞き分けのない奴にはおしおきが必要だな。 取り敢えずたっぷり楽しんでからバシャーモとついでヒトカゲを貰うとするか」 ラン「え?」 スワマ「ガキのわりにはいい身体しているからな俺を怒らせたことを身体で払って貰おうかな?」 スワマはランにとてつもなくイヤらしい顔で接近するのだった。 ロビー コナン「今日も1日お疲れ様だな」 ヘイジ「そうやな。 それにしてもハジメも来ていたのはな」 ハジメ「いや、俺が一番驚いたのはカイトとカイリが参加していることだよ。 あいつら本職は怪盗だろ?」 ヘイジ「確かにカイリならアルセーヌコレクションがこの島にある可能性はあるけど。 カイトはビッグジュエルがこの島にあるのか?」 コナン「純粋に参加したと言う可能性もあるけどな」 ハジメ「確かにな」 ヘイジ「しかし大丈夫やろか?」 コナン「なにがさ?」 ヘイジ「お前とハジメは特に事件に遭遇しやすいんやで。 お前ら二人がおるとなんか事件が起こるとちゃうか?」 ハジメ「おいおい 汗 」 コナン「それじゃあまるで俺達が事件を呼び寄せているみたいじゃないか 汗 」 ヘイジ「どうやろか?事件に遭遇する奴が二人もおったら遭遇率が2倍になるで」 ハジメ「いくらなんでもそれは」 コナン「ないと・・・」 ヘイジはコナンとハジメがいることで事件に遭遇するのじゃないかと心配するが二人はさすがにそれはないと否定をしていると......... スワマ「ぎゃあああああああっ!」 コナン「え?」 ハジメ「今の悲鳴は?」 ヘイジ「バトルフィールドのほうやで」 コナン「なんだって!」 それを聞いたコナンが突然走り出した。 ヘイジ「おい!コナン、待てや!どないしたんや!」 ハジメ「どうした?何で急に走り出した?」 コナン「ランが、バトルフィールドでトレーニングをしているんだ!」 ヘイジ「なんやと!」 ハジメ「まさか!彼女の身に何かあったのか?」 コナン「わからない!とにかくバトルフィールドに行って見よう ラン!ラン!無事でいてくれ! 」 三人はバトルフィールドに向かうのだった。 バトルフィールド コナン「ラン!・・・・・・・・え?」 ハジメ「無事か?ランちゃん・・・・・へ?」 ヘイジ「大丈夫か?・・・・・は?」 コナン達が見たのは ラン「あっ!コナン、ハジメ君、ヘイジ君」 コナン「え~と、これはどう言う状況なのかな? 汗 」 コナン達の目の前にはバシャーモに袋叩きにされて顔が腫れ上がったスワマがいた。 [newpage] ポケモンセンター コナンの部屋 コナン「それで何があったんだよ」 ラン「それがね....... 」 ランはあったことをコナン達に話した。 ヘイジ「なんや!そいつは完全に窃盗やないか💢」 ハジメ「全く人のポケモンを盗るなんて許せないな💢」 ミユキ「それにランちゃんを犯してバシャーモとヒトカゲを奪おうとするなんて💢」 セイラ「許せないわ💢」 コナン「お前らそれくらいしておけよ」 マサト「何を言ってだよ!ランを犯そうとした奴だよ💢」 ユリーカ「そうだよ💢」 カズハ「コナン君、大切な幼なじみが襲われたんやで💢」 コナン「いや、ランを犯そうとしたことは俺も怒っているさ」 ラン「え?じゃあ何がそれくらいなの?」 コナン「あれを見ろよ」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・マサト・ユリーカ・セイラ「「「「「「「え?」」」」」」」 メイミ「そうよね・・・人の物を盗むの悪いことよね 涙 」 カイト「どーせ俺はこそ泥さ 涙 」 カイリ「俺達もランを襲った奴と同類さ 涙 」 ラン「え?なんでメイミ達が落ち込んでいるの?」 コナン「忘れたのか?あの三人は?」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・ユリーカ・マサト・セイラ「「「「「「「あ 汗 」」」」」」」 ヘイジ達は人の物を盗むのは悪いことと言ってしまったので元怪盗のメイミと現役怪盗のカイトとカイリは落ち込むのだった。 ラン「大丈夫だよ!カイトとカイリ君はともかくメイミは元怪盗でしょう?」 メイミ「そうよね!ありがとうラン!」 ラン「うん!」 カイト「俺達はフォローしてくれないだな........ 」 カイリ「そうみたいだな........ それからラン達はサトシと共にポケモン預かり所を訪れるのだった。 ポッチャマはどうしたんだ?」 ヒカリ「たぶんミジュマルとハリマロンと一緒だと思うわ」 シトロン「え?ハリマロンもですか?」 ヒカリ「ええ」 その頃ポッチャマ達は ミジュマル『やあ!そこのメスポケモンちゃん!僕に釣られてみる?』 ポッチャマ『彼女!僕と一緒にポフィンを食べない?』 ハリマロン『ねぇ、一緒に遊ばない?』 メスポケモン達をナンパしていた。 さらに ラン「凄いね預かり所の中に温泉があるなんて」 メイミ「そうね」 セレナ「ここはポケモンのタマゴを孵す為の場所らしいわ」 トレーニングルームの隣にある温泉施設ではセレナ達が温泉に入っていた。 カメックス『ぬふふふ、ガラガラいい場所を見つけたのぅ』 ガラガラ『ヨホホホ!そうですね可愛いトサキントちゃんがいっぱいいますね』 カメックス『ランちゃんとセレナちゃんやメイミちゃんまでいるから誰からぱふぱふしようか楽しみだわい』 温泉の茂みに変態ポケモンがセレナ達を狙っていた。 因みにガードマシーンは現在メンテナンス中である。 サトシ「よし!お腹にエネルギーを溜めろ!」 ヌメルゴン・オンバーン・キバゴ『『『はい!ハアアア!』』』 ヌメルゴン達はお腹にエネルギーを溜め始めた。 ヘイガニ『お前らまたナンパしているのか?懲りない奴だな・・・・ん?』 ミジュマル『いいじゃないか』 ポッチャマ『そうだよ』 ハリマロン『減るもんじゃないし』 そしてりゅうせいは・・・・・ ミジュマル・ポッチャマ・ハリマロン・ヘイガニ『『『『ぎゃあああああああっ!』』』』 ポッチャマ達の所に墜ちてくるのだった・・・ヘイガニを巻き沿いにして。 ポッチャマ・ミジュマル・ハリマロン『『『 ゜ロ゜ 』』』 ヘイガニ『な・・・なんで俺まで 汗 』 イーブイ『ヘイガニ~!ミジュマル~!ポッチャマ~!ハリマロン~!しっかりしろ!誰かお医者さん~!』 ヘイガニ『医者はお前だろ!』 リザードン『何をやっているんだ 汗 』 カメックス『なんか騒がしいのぅ・・・・・ん?』 ガラガラ『そうですね・・・・・ん?』 さらにカメックスとガラガラのほうにも墜ちてくるのだった。 スイレン「とうとう覗きをしたわね。 あの変態ポケモン研究者。 [newpage] コンドル島 コンドルスタジアム 角馬『さぁ、いよいよ予選も四日目を向かえました。 ここまで勝ち進んだ400人によるサバイバルバトルが始まります。 そして今回は解説にナナカマド博士。 ゲストにシンオウのチャンピオンシロナさんを向かえてお送りします。 お二方よろしくお願いいたします』 ナナカマド「よろしく」 シロナ「よろしく」 角馬「さてそれではお二方は誰か注目の選手はいますか?」 シロナ「そうですね。 私はやはりシンジ君ですね。 彼はシンオウではかなりの実力を持つトレーナーですから。 三年前のサトシ君のシンオウリーグは凄い物でしたから」 ナナカマド「私はコウキ君かな。 シンジ君ほどではないが彼の注目の選手の1人だと思います」 シロナ「もちろんサトシ君とコナン君も注目してますけどね」 角馬「ありがとうございました。 さぁ、果たして今日の予選を勝ち進んで明日の最終予選に入る200人は誰なのか?注目です」 観客席 ラン「予選もあと2日だね」 セレナ「うん」 カスミ「それよりラン!」 ラン「何?」 カスミ「昨日あんた、痴漢に襲われたって言うのは本当なの?」 ラン「うん。 私のことを'ガキのくせにいい身体している'とか'俺を怒らせたことを身体で払って貰おう'とか言われたの」 マオ「何!そいつ!最低💢」 スイレン「そいつ、何処にいるの?今すぐライオコット島の海に沈めてやるわ💢」 リーリエ「いえ、シロンのふぶきで凍らせたあとかき氷にしてあげます💢」 マオ「いや、それならアマージョのトロピカルキックで粉々すればいいわよ💢」 ハルカ「私のバシャーモのブレイズキックで粉々にすればいいわ💢」 セレナ「それならフローラのアイアンテールで粉々にすればいいわ💢」 アイリス「カイリューのかえんほうしゃで灰にすればいいわ💢」 カスミ「ギャラドスのぼうふうでミンチにすればいいわ💢」 ヒカリ「マンムーのげんしのちからで氷ごと粉々にしてやるわ💢」 マーマネ「みんな怖いこと言わないでよ。 タケシ達も止めてよ 汗 」 タケシ「お前達爪が甘いぞ!凍らせたあと俺のメガハガネールのラスターカノンで粉々するべきだ!」 デント「いや、タケシ。 ここは氷砕きソムリエの僕がヤナップのソーラービームで粉々にするべきだよ!」 シトロン「いえ、タケシ!デント!ここは僕が発明した氷砕きマシーンで粉々にするべきです!」 マーマネ「何でタケシ達も一緒に言っているの?と言うかシトロンだけ発明じゃない!発明をそんな物騒なことに使ったらダメだよ 汗 」 ランの痴漢にあったことに対してセレナ達は怒りとてつもなく怒るのだった。 セレナ達がそんな話をする中でサトシ達は順調に勝ち進んでいた。 」 ???「お前は相手を甘く見すぎだ」 シューティー「甘くなんて見てません」 ???「いや、甘く見ている。 現にオープニングバトルの時もサトシが自分よりの格下と勝手に決めつけて負けたのだろ?」 シューティー「あれはまぐれです」 ???「ここまでバカとは思わなかったな」 シューティー「何なんですか?初対面の相手に説教なんて基本じゃない!」 ???「お前の基本と他の奴の基本は同じなんて思わないことだ。 バトルの仕方は人それぞれ違う。 人には自分の考えにあった基本と言う物があるんだ。 それを基本じゃないと否定する資格は誰にもない」 シューティー「何なんですか?貴方は?」 ???「トキワシティのツカサ。 シューティー「なんだ?ルカリオの身体の色が変わった」 ツカサ「俺のルカリオは波動モードを使うことで身体の色を変えることができる」 シューティー「波動モード?」 ツカサ「波動モードはごく一部のトレーナーだけが使える特殊なフォルムチェンジさ。 この状態のルカリオはマイティフォームと俺は呼んでいる。 因みにタイプは炎と鋼に変わる」 シューティー「そんなの基本じゃない!」 ツカサ「フォルムチェンジでタイプが変わるのは別に珍しいことじゃない。 実際メロエッタやシェイミはフォルムチェンジするとタイプが変わる。 ジャローダ『ぎゃあああ!』 シューティー「ジャローダ!」 ジャローダは目を回して倒れるのだった。 シューティー「そんな........ 」 シューティーは膝をついて愕然とするのだった。 ツカサはポイントを受け取るとその場をあとにするのだった。 ルカリオ『少しやり過ぎじゃないか?』 ツカサ「あれくらいやらないとあいつの為にならない。 もしあれで立ち直れないならその程度のトレーナーだったと言うことさ」 観客席 ラン「あれはツカサさんだよ」 カスミ「本当だ!」 タケシ「彼も参加していたのか?」 メイミ「これはサトシとコナンにとっては強敵だね」 タケシ「確かにツカサさんの手持ちにはあのポケモンがいるからな」 カスミ「さっきのバトルはルカリオだったけどあのポケモンなら一撃で終わっていたわね」 タケシ「だろうな」 ラン「お兄ちゃん、バトルフロンティアを制覇したあとツカサさんとバトルしたのよね。 でも全く手も足も出ず負けてしまったのよね」 ハルカ「え?バトルフロンティアを制覇したサトシが手も足も出せずに負けたの?」 デント「それだけあの人のポケモンが強かったってことだね」 ラン「うん」 アイリス「所でさっきから言っているそのポケモンって何?」 ラン「それはね」 ランはツカサのポケモンのことを話した。 デント「そんなポケモンがツカサさんの手持ちに?」 アイリス「しかもそのポケモンはオレンジ諸島で地獄の傀儡師に洗脳されてサトシとバトルをしたの?」 ヒカリ「しかもセレナとフローラを人質にして」 セレナ「・・・・・」 カスミ「セレナ、大丈夫?」 セレナ「うん、大丈夫よ」 タケシ「あの時のバトルはとても卑劣だった。 サトシのポケモンがダメージを受けると人質になっているセレナとフローラが電撃を浴びる仕掛けをしていたからな」 カキ「何で地獄の傀儡師はそんなことをしたんだ?サトシに何か恨みでもあったのか?」 カスミ「違うわ。 地獄の傀儡師の目的はジンだったのよ」 リーリエ「え?ジンですか?」 タケシ「地獄の傀儡師はセレナ達がこんな目に合うのはジンと関わったせいだとサトシに吹き込んでジンを憎ませようとしたんだ」 マオ「何でジンを狙ったの?」 カスミ「ジンを完全な悪の組織のボスにする為よ。 そのためにサトシの彼女であるセレナを人質にしてジンに自分がサトシとライバル関係になったからこんなことになったと思わせようとしたのよ」 アイリス「なんて卑劣な奴なの」 タケシ「そしてそのバトルでピカチュウは覚醒モードになることでなんとかバトルに勝つことが出来たんだが」 カスミ「地獄の傀儡師には逃げられてしまったわ」 カキ「そんなことがあったのか」 カスミ「因みにみんなは知っていると思うけどサトシのピカチュウはサトシと出会う前にポケモンハンターに捕まって実験を受けたことは知っているわよね」 アイリス「うん、確かゼクロムの細胞を植え付けられたのよね」 カスミ「ピカチュウとジンのライチュウに実験をしたポケモンハンターが地獄の傀儡師なのよ」 アイリス「え?」 セレナ「それだけじゃないわ。 ジンのライチュウは地獄の傀儡師に故郷の森の場所を教えないと妹であるフローラを実験体にすると脅されたのよ。 そのせいでフローラはライチュウと再会するまで故郷と自分を裏切ったとライチュウのことを憎んでいたの」 ヒカリ「フローラって確かジンのライチュウの妹よね。 過去にそんなことがあったの?」 カスミ「ジンのライチュウはずっと苦しんでいたわ。 妹を守るためとは言え故郷の森の場所を教えて仲間やサトシのピカチュウを実験体にしてしまったことを」 セレナ「でもね故郷の仲間のピカチュウ達は誰もライチュウのことを恨んでいなかったわ」 カスミ「そしてマサラタウンで行われた。 ジュニアカップでピカチュウがライチュウに勝つことで兄妹の絆を取り戻すことに成功したのよ」 ヒカリ「バトルで解決ってサトシとピカチュウらしいやり方ね」 ハルカ「そうね」 ラン「あっ!お兄ちゃんだよ」 セレナ「え?」 セレナ達が話をしているとスクリーンにサトシが映るのだった。 剣はヘドロ爆弾を受けると溶けてしまう。 サトシ「お疲れツタージャ」 サトシはポイントを受け取るとツタージャをボールに戻すのだった」 ???「サトシ!」 サトシ「え?ショータ!」 ショータ「ここで出会いましたか」 サトシ「そうだな」 観客席 シトロン「ここでショータと出会いましたか」 ユリーカ「またサトシとショータのバトルが見られるね」 ラン「でもゲッコウガは今日は手持ちにいないわよ」 ユリーカ「え?そうなの」 ラン「うん」 セレナ「大丈夫よ。 今日はあの子がいるから」 ハルカ「え?誰なの?」 セレナ「ヒカリがよく知っているポケモンよ」 ヒカリ「え?って言うことはシンオウのポケモンね。 サトシのポケモンで私が知っているポケモンは・・・・もしかして!」 タケシ「なるほどあいつか」 セレナ「うん、そうだよ」 ポケモン預かり所 ファイアロー『あれはショータ!』 ルチャブル『まさかここで当たるとはな』 オンバーン『そうだね』 ヌメルゴン『ゲッコウガ....... 』 ゲッコウガ『・・・・・・』 テールナー『ゲッコウガ..... 』 ゲッコウガ『ショータのジュカイン殿とまたバトル出来ないのは残念だがサトシの手持ちには彼がいる。 彼に任せるでござる』 ゲッコウガはライバルと認めたショータのジュカインとバトルが出来ないのは残念だが代わりに彼に託すことにするのだった。 サトシ「悪いなショータ。 今日はゲッコウガは手持ちにいないんだ」 ショータ「そうですか」 サトシ「だがこいつで相手をするぜ!」 ショータ「それは?」 サトシ「俺がシンオウでゲットしたポケモンなんだ」 ショータ「面白いです。 なら僕はジュカイン、お願いします」 サトシ「いいぜ!行くぞ!ゴウカザル、君に決めた!」 ゴウカザル『おっしゃ!やっと出番だぜ!』 ジュカイン『ゴウカザル・・・炎タイプか』 ショータ「ゴウカザルですか。 相性不利ですが負けませんよ サトシ「わかってる。 間合いをとってお互いに離れる。 ゴウカザル『やるじゃないか!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『あなたこそさすがゲッコウガの先輩ポケモンです』 ゴウカザル『お前の強さもっと見せてくれよな』 ジュカイン『良いでしょう。 そのまま空中に上げる。 そしてそのままジュカインにダメージをあたえるのだった。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン、大丈夫ですか?」 ジュカイン『なんとかな』 サトシ「さすがジュカインだな。 効果抜群の技を受けてもケロッとしているとはな」 ショータ「サトシこそやりますね。 そのゴウカザル」 サトシ「ああ!もっと楽しもうぜ!このバトルを」 ショータ「もちろんです」 観客席 ラン「やっぱりショータのジュカインは凄いね。 ゴウカザルのかえんほうしゃを食らっても平気なんて」 シトロン「ええ、さすがショータのジュカインです」 ヒカリ「サトシのゲッコウガがライバルと認めるだけのことはあるわね」 ハルカ「うん、あのジュカインはサトシのジュカインとはまた違った強さを感じる」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがでござるな。 そうでござる。 ショータ「ジュカイン、かわしてつばめがえしです」 サトシ「何!」 ジュカインは素早い動きでかえんほうしゃをかわしてゴウカザルに接近するのだった。 サトシ「大丈夫か?ゴウカザル」 ゴウカザル『ああ!大丈夫だ!』 ショータ「今です!ドラゴンクローです」 ジュカインはドラゴンクローでさらに追い討ちを掛ける。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン!」 サトシ「よし!」 ショータ「やりますねサトシ」 サトシ「ショータもな」 ショータ「それならここからジュカインも本気で行きます」 ショータは手帳のキーストーンを構えた。 サトシ「来るかメガシンカ」 観客席 ラン「ついになるみたいだね」 シトロン「はい!ジュカインのメガシンカ」 ユリーカ「頑張れゴウカザル!」 セレナ「 サトシ、ゴウカザル頑張って 」 ポケモン預かり所 リザードン『ついになるのかメガシンカ』 ガチゴラス『そうみたいだな』 ゼロ『ここからが本番だな』 リザードン達やセレナ達が見守る中バトルはさらに続くのだった。 エレキブル『負けるなよ・・・ゴウカザル』 シンジ「あいつなら大丈夫だろ」 エレキブル『そうだな』 そしてジンから少し離れた場所でシンジとエレキブルもバトルを見守っていた。 [newpage] ショータ「行きますよ!サトシ」 サトシ「こい!ショータ!」 ショータ「これまでバトル!これまでの経験値が僕達の強さです!ジュカイン!メガシンカ!」 キーストーンがジュカインのメガストーンと反応してジュカインはメガジュカインにメガシンカするのだった。 サトシ「来たなメガジュカイン」 ゴウカザル『あれがメガジュカインか!燃えてきたっ~!』 ショータ「ここから本番です。 2匹は距離をとって笑い合う。 しかしゴウカザル殿の実力はまだまだこんな物ではないでござる 』 サトシ「 まさか俺のジュカイン以外でゴウカザルのかえんほうしゃを斬れる奴がいるなんてな。 ゴウカザル『ぐあああっ!』 サトシ「ゴウカザル!」 つばめがえしを受けたゴウカザルは近くの岩に激突するのだった。 観客席 ラン「頑張ってゴウカザル!」 ヒカリ「貴方なら大丈夫よ」 セレナ「立ってゴウカザル!」 タケシ「負けるなゴウカザル!」 ポケモン預かり所 ムクホーク『頑張れゴウカザル!』 グライオン『しっかりしろ!ゴウカザル』 フカマル『お前のブレイブを見せてやれ』 ブイゼル『負けるなゴウカザル!』 ゴウカザル『みんなが俺を呼んでいる。 ここで負けたらエレキブルやボスゴドラに笑われしまうな。 』 ショータ「 ジュカインはもう限界が近いです。 ショータ「え?」 サトシ「今だ!インファイト!」 ゴウカザルはフレアドライブをしたままメガジュカインの目の前まで接近した。 メガジュカイン『ぐあああっ!』 メガジュカインはインファイトを受けた衝撃で吹き飛ばされるのだった。 ショータ「ジュカイン!」 吹き飛ばされたジュカインはメガシンカが解けて目を回して倒れるのだった。 [newpage] ショータ「お疲れ様ですジュカイン」 ジュカイン『すまないショータ』 ショータ「いいんです。 いいバトルでしたよ。 このバトルで僕達はまた強くなりした」 サトシ「ショータ!」 ショータ「サトシ!凄くいいバトルでした。 経験値頂きました」 サトシ「ああ!ジュカインまた強くなったな」 ショータ「はい!本選でもし当たった時は負けませんから」 サトシ「ああ!俺も負けないぜ!」 ゴウカザル『お前強いな久しぶりに燃えたぜ!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『ああ!貴方もさすがゲッコウガと並ぶエースポケモンです。 次は負けません』 ゴウカザル『ああ!またバトルしよぜ!』 ゴウカザルとジュカインはお互いにまたバトルをしようと約束するのだった。 観客席 シトロン「サトシもショータもいいバトルでしたね」 ユリーカ「そうだね」 ラン「相性不利なのにゴウカザルをあそこまで追い詰めるなんて凄いね」 セレナ「そうね」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがジュカイン殿でござるな』 リザードン『なるほどなお前がライバルと言うだけのことはあるな』 リザードン達は改めてショータのジュカインをライバルと認めるのだった。 ジン「さすがだな」 ボスゴドラ『俺も負けられないぜ!』 ジン「そうだないくぞ!ボスゴドラ」 ボスゴドラ『ギヒッ!』 シンジ「ふん!また強くなったみたいだな」 エレキブル『・・・・・』 シンジ「いくぞ!エレキブル、あいつとバトルするは本選だ」 エレキブル『ああ!わかった』 ショータ「それではサトシ、次は負けませんからね」 サトシ「ああ!お互いに頑張ろうな」 サトシはショータと別れてチェックポイントに向かうのだった。 その様子を密かに見ている者がいた。 スワマ「まさかあの冴えない田舎者があんなに凄いゴウカザルを持っていたとはなあいつから奪い取るとするか」 ランを犯そうとしてバシャーモに蹴り飛ばされたスワマはこの島まで飛ばされていた。 そして懲りずサトシのゴウカザルを奪い取ろうと企むのだった。 [newpage] 次回予告 ラン「予選を勝ち進んでいくお兄ちゃん。 チェックポイントも4つ回ったしあとはスタジアムに向かうだけだね。 あれ?あいつは昨日、私のバシャーモを奪おうとした奴だ!次回『最強タッグ!チャオブーとゴウカザル』みんなもポケモンゲットだよ」 予選三日目。 サトシは弟分のコナンと遭遇してバトルするのだった。 フリーザーとランドロスの伝説のポケモン対決は激しいバトルの末フリーザーの勝利に終わるのだった。 こうして予選三日目も終了するのだった。 ポケモンセンター バトルフィールド ラン「よし!トレーニングはここまでよ」 ピカチュウ『うん』 ヒトカゲ『お腹すいたね』 ここはポケモンセンター。 現在、ランはバトルピラミッドに備えてトレーニングをしていた。 ???「いや~、君のバシャーモ強そうだね」 ラン「え?あなた誰?」 スワマ「俺はスワマさ。 どうだろう?そのバシャーモを俺にくれないかな?」 ラン「え?何で」 スワマ「決まっているだろ?君の所にいるより俺の所にきたほうがバシャーモの才能が引き出せないからさ。 俺のファイアーウォーリアーズにこそ相応しいぜ」 ラン「何をバカなことを言っているのよ!そんなことするわけないでしょう💢」 スワマ「全く聞き分けのない奴にはおしおきが必要だな。 取り敢えずたっぷり楽しんでからバシャーモとついでヒトカゲを貰うとするか」 ラン「え?」 スワマ「ガキのわりにはいい身体しているからな俺を怒らせたことを身体で払って貰おうかな?」 スワマはランにとてつもなくイヤらしい顔で接近するのだった。 ロビー コナン「今日も1日お疲れ様だな」 ヘイジ「そうやな。 それにしてもハジメも来ていたのはな」 ハジメ「いや、俺が一番驚いたのはカイトとカイリが参加していることだよ。 あいつら本職は怪盗だろ?」 ヘイジ「確かにカイリならアルセーヌコレクションがこの島にある可能性はあるけど。 カイトはビッグジュエルがこの島にあるのか?」 コナン「純粋に参加したと言う可能性もあるけどな」 ハジメ「確かにな」 ヘイジ「しかし大丈夫やろか?」 コナン「なにがさ?」 ヘイジ「お前とハジメは特に事件に遭遇しやすいんやで。 お前ら二人がおるとなんか事件が起こるとちゃうか?」 ハジメ「おいおい 汗 」 コナン「それじゃあまるで俺達が事件を呼び寄せているみたいじゃないか 汗 」 ヘイジ「どうやろか?事件に遭遇する奴が二人もおったら遭遇率が2倍になるで」 ハジメ「いくらなんでもそれは」 コナン「ないと・・・」 ヘイジはコナンとハジメがいることで事件に遭遇するのじゃないかと心配するが二人はさすがにそれはないと否定をしていると......... スワマ「ぎゃあああああああっ!」 コナン「え?」 ハジメ「今の悲鳴は?」 ヘイジ「バトルフィールドのほうやで」 コナン「なんだって!」 それを聞いたコナンが突然走り出した。 ヘイジ「おい!コナン、待てや!どないしたんや!」 ハジメ「どうした?何で急に走り出した?」 コナン「ランが、バトルフィールドでトレーニングをしているんだ!」 ヘイジ「なんやと!」 ハジメ「まさか!彼女の身に何かあったのか?」 コナン「わからない!とにかくバトルフィールドに行って見よう ラン!ラン!無事でいてくれ! 」 三人はバトルフィールドに向かうのだった。 バトルフィールド コナン「ラン!・・・・・・・・え?」 ハジメ「無事か?ランちゃん・・・・・へ?」 ヘイジ「大丈夫か?・・・・・は?」 コナン達が見たのは ラン「あっ!コナン、ハジメ君、ヘイジ君」 コナン「え~と、これはどう言う状況なのかな? 汗 」 コナン達の目の前にはバシャーモに袋叩きにされて顔が腫れ上がったスワマがいた。 [newpage] ポケモンセンター コナンの部屋 コナン「それで何があったんだよ」 ラン「それがね....... 」 ランはあったことをコナン達に話した。 ヘイジ「なんや!そいつは完全に窃盗やないか💢」 ハジメ「全く人のポケモンを盗るなんて許せないな💢」 ミユキ「それにランちゃんを犯してバシャーモとヒトカゲを奪おうとするなんて💢」 セイラ「許せないわ💢」 コナン「お前らそれくらいしておけよ」 マサト「何を言ってだよ!ランを犯そうとした奴だよ💢」 ユリーカ「そうだよ💢」 カズハ「コナン君、大切な幼なじみが襲われたんやで💢」 コナン「いや、ランを犯そうとしたことは俺も怒っているさ」 ラン「え?じゃあ何がそれくらいなの?」 コナン「あれを見ろよ」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・マサト・ユリーカ・セイラ「「「「「「「え?」」」」」」」 メイミ「そうよね・・・人の物を盗むの悪いことよね 涙 」 カイト「どーせ俺はこそ泥さ 涙 」 カイリ「俺達もランを襲った奴と同類さ 涙 」 ラン「え?なんでメイミ達が落ち込んでいるの?」 コナン「忘れたのか?あの三人は?」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・ユリーカ・マサト・セイラ「「「「「「「あ 汗 」」」」」」」 ヘイジ達は人の物を盗むのは悪いことと言ってしまったので元怪盗のメイミと現役怪盗のカイトとカイリは落ち込むのだった。 ラン「大丈夫だよ!カイトとカイリ君はともかくメイミは元怪盗でしょう?」 メイミ「そうよね!ありがとうラン!」 ラン「うん!」 カイト「俺達はフォローしてくれないだな........ 」 カイリ「そうみたいだな........ それからラン達はサトシと共にポケモン預かり所を訪れるのだった。 ポッチャマはどうしたんだ?」 ヒカリ「たぶんミジュマルとハリマロンと一緒だと思うわ」 シトロン「え?ハリマロンもですか?」 ヒカリ「ええ」 その頃ポッチャマ達は ミジュマル『やあ!そこのメスポケモンちゃん!僕に釣られてみる?』 ポッチャマ『彼女!僕と一緒にポフィンを食べない?』 ハリマロン『ねぇ、一緒に遊ばない?』 メスポケモン達をナンパしていた。 さらに ラン「凄いね預かり所の中に温泉があるなんて」 メイミ「そうね」 セレナ「ここはポケモンのタマゴを孵す為の場所らしいわ」 トレーニングルームの隣にある温泉施設ではセレナ達が温泉に入っていた。 カメックス『ぬふふふ、ガラガラいい場所を見つけたのぅ』 ガラガラ『ヨホホホ!そうですね可愛いトサキントちゃんがいっぱいいますね』 カメックス『ランちゃんとセレナちゃんやメイミちゃんまでいるから誰からぱふぱふしようか楽しみだわい』 温泉の茂みに変態ポケモンがセレナ達を狙っていた。 因みにガードマシーンは現在メンテナンス中である。 サトシ「よし!お腹にエネルギーを溜めろ!」 ヌメルゴン・オンバーン・キバゴ『『『はい!ハアアア!』』』 ヌメルゴン達はお腹にエネルギーを溜め始めた。 ヘイガニ『お前らまたナンパしているのか?懲りない奴だな・・・・ん?』 ミジュマル『いいじゃないか』 ポッチャマ『そうだよ』 ハリマロン『減るもんじゃないし』 そしてりゅうせいは・・・・・ ミジュマル・ポッチャマ・ハリマロン・ヘイガニ『『『『ぎゃあああああああっ!』』』』 ポッチャマ達の所に墜ちてくるのだった・・・ヘイガニを巻き沿いにして。 ポッチャマ・ミジュマル・ハリマロン『『『 ゜ロ゜ 』』』 ヘイガニ『な・・・なんで俺まで 汗 』 イーブイ『ヘイガニ~!ミジュマル~!ポッチャマ~!ハリマロン~!しっかりしろ!誰かお医者さん~!』 ヘイガニ『医者はお前だろ!』 リザードン『何をやっているんだ 汗 』 カメックス『なんか騒がしいのぅ・・・・・ん?』 ガラガラ『そうですね・・・・・ん?』 さらにカメックスとガラガラのほうにも墜ちてくるのだった。 スイレン「とうとう覗きをしたわね。 あの変態ポケモン研究者。 [newpage] コンドル島 コンドルスタジアム 角馬『さぁ、いよいよ予選も四日目を向かえました。 ここまで勝ち進んだ400人によるサバイバルバトルが始まります。 そして今回は解説にナナカマド博士。 ゲストにシンオウのチャンピオンシロナさんを向かえてお送りします。 お二方よろしくお願いいたします』 ナナカマド「よろしく」 シロナ「よろしく」 角馬「さてそれではお二方は誰か注目の選手はいますか?」 シロナ「そうですね。 私はやはりシンジ君ですね。 彼はシンオウではかなりの実力を持つトレーナーですから。 三年前のサトシ君のシンオウリーグは凄い物でしたから」 ナナカマド「私はコウキ君かな。 シンジ君ほどではないが彼の注目の選手の1人だと思います」 シロナ「もちろんサトシ君とコナン君も注目してますけどね」 角馬「ありがとうございました。 さぁ、果たして今日の予選を勝ち進んで明日の最終予選に入る200人は誰なのか?注目です」 観客席 ラン「予選もあと2日だね」 セレナ「うん」 カスミ「それよりラン!」 ラン「何?」 カスミ「昨日あんた、痴漢に襲われたって言うのは本当なの?」 ラン「うん。 私のことを'ガキのくせにいい身体している'とか'俺を怒らせたことを身体で払って貰おう'とか言われたの」 マオ「何!そいつ!最低💢」 スイレン「そいつ、何処にいるの?今すぐライオコット島の海に沈めてやるわ💢」 リーリエ「いえ、シロンのふぶきで凍らせたあとかき氷にしてあげます💢」 マオ「いや、それならアマージョのトロピカルキックで粉々すればいいわよ💢」 ハルカ「私のバシャーモのブレイズキックで粉々にすればいいわ💢」 セレナ「それならフローラのアイアンテールで粉々にすればいいわ💢」 アイリス「カイリューのかえんほうしゃで灰にすればいいわ💢」 カスミ「ギャラドスのぼうふうでミンチにすればいいわ💢」 ヒカリ「マンムーのげんしのちからで氷ごと粉々にしてやるわ💢」 マーマネ「みんな怖いこと言わないでよ。 タケシ達も止めてよ 汗 」 タケシ「お前達爪が甘いぞ!凍らせたあと俺のメガハガネールのラスターカノンで粉々するべきだ!」 デント「いや、タケシ。 ここは氷砕きソムリエの僕がヤナップのソーラービームで粉々にするべきだよ!」 シトロン「いえ、タケシ!デント!ここは僕が発明した氷砕きマシーンで粉々にするべきです!」 マーマネ「何でタケシ達も一緒に言っているの?と言うかシトロンだけ発明じゃない!発明をそんな物騒なことに使ったらダメだよ 汗 」 ランの痴漢にあったことに対してセレナ達は怒りとてつもなく怒るのだった。 セレナ達がそんな話をする中でサトシ達は順調に勝ち進んでいた。 」 ???「お前は相手を甘く見すぎだ」 シューティー「甘くなんて見てません」 ???「いや、甘く見ている。 現にオープニングバトルの時もサトシが自分よりの格下と勝手に決めつけて負けたのだろ?」 シューティー「あれはまぐれです」 ???「ここまでバカとは思わなかったな」 シューティー「何なんですか?初対面の相手に説教なんて基本じゃない!」 ???「お前の基本と他の奴の基本は同じなんて思わないことだ。 バトルの仕方は人それぞれ違う。 人には自分の考えにあった基本と言う物があるんだ。 それを基本じゃないと否定する資格は誰にもない」 シューティー「何なんですか?貴方は?」 ???「トキワシティのツカサ。 シューティー「なんだ?ルカリオの身体の色が変わった」 ツカサ「俺のルカリオは波動モードを使うことで身体の色を変えることができる」 シューティー「波動モード?」 ツカサ「波動モードはごく一部のトレーナーだけが使える特殊なフォルムチェンジさ。 この状態のルカリオはマイティフォームと俺は呼んでいる。 因みにタイプは炎と鋼に変わる」 シューティー「そんなの基本じゃない!」 ツカサ「フォルムチェンジでタイプが変わるのは別に珍しいことじゃない。 実際メロエッタやシェイミはフォルムチェンジするとタイプが変わる。 ジャローダ『ぎゃあああ!』 シューティー「ジャローダ!」 ジャローダは目を回して倒れるのだった。 シューティー「そんな........ 」 シューティーは膝をついて愕然とするのだった。 ツカサはポイントを受け取るとその場をあとにするのだった。 ルカリオ『少しやり過ぎじゃないか?』 ツカサ「あれくらいやらないとあいつの為にならない。 もしあれで立ち直れないならその程度のトレーナーだったと言うことさ」 観客席 ラン「あれはツカサさんだよ」 カスミ「本当だ!」 タケシ「彼も参加していたのか?」 メイミ「これはサトシとコナンにとっては強敵だね」 タケシ「確かにツカサさんの手持ちにはあのポケモンがいるからな」 カスミ「さっきのバトルはルカリオだったけどあのポケモンなら一撃で終わっていたわね」 タケシ「だろうな」 ラン「お兄ちゃん、バトルフロンティアを制覇したあとツカサさんとバトルしたのよね。 でも全く手も足も出ず負けてしまったのよね」 ハルカ「え?バトルフロンティアを制覇したサトシが手も足も出せずに負けたの?」 デント「それだけあの人のポケモンが強かったってことだね」 ラン「うん」 アイリス「所でさっきから言っているそのポケモンって何?」 ラン「それはね」 ランはツカサのポケモンのことを話した。 デント「そんなポケモンがツカサさんの手持ちに?」 アイリス「しかもそのポケモンはオレンジ諸島で地獄の傀儡師に洗脳されてサトシとバトルをしたの?」 ヒカリ「しかもセレナとフローラを人質にして」 セレナ「・・・・・」 カスミ「セレナ、大丈夫?」 セレナ「うん、大丈夫よ」 タケシ「あの時のバトルはとても卑劣だった。 サトシのポケモンがダメージを受けると人質になっているセレナとフローラが電撃を浴びる仕掛けをしていたからな」 カキ「何で地獄の傀儡師はそんなことをしたんだ?サトシに何か恨みでもあったのか?」 カスミ「違うわ。 地獄の傀儡師の目的はジンだったのよ」 リーリエ「え?ジンですか?」 タケシ「地獄の傀儡師はセレナ達がこんな目に合うのはジンと関わったせいだとサトシに吹き込んでジンを憎ませようとしたんだ」 マオ「何でジンを狙ったの?」 カスミ「ジンを完全な悪の組織のボスにする為よ。 そのためにサトシの彼女であるセレナを人質にしてジンに自分がサトシとライバル関係になったからこんなことになったと思わせようとしたのよ」 アイリス「なんて卑劣な奴なの」 タケシ「そしてそのバトルでピカチュウは覚醒モードになることでなんとかバトルに勝つことが出来たんだが」 カスミ「地獄の傀儡師には逃げられてしまったわ」 カキ「そんなことがあったのか」 カスミ「因みにみんなは知っていると思うけどサトシのピカチュウはサトシと出会う前にポケモンハンターに捕まって実験を受けたことは知っているわよね」 アイリス「うん、確かゼクロムの細胞を植え付けられたのよね」 カスミ「ピカチュウとジンのライチュウに実験をしたポケモンハンターが地獄の傀儡師なのよ」 アイリス「え?」 セレナ「それだけじゃないわ。 ジンのライチュウは地獄の傀儡師に故郷の森の場所を教えないと妹であるフローラを実験体にすると脅されたのよ。 そのせいでフローラはライチュウと再会するまで故郷と自分を裏切ったとライチュウのことを憎んでいたの」 ヒカリ「フローラって確かジンのライチュウの妹よね。 過去にそんなことがあったの?」 カスミ「ジンのライチュウはずっと苦しんでいたわ。 妹を守るためとは言え故郷の森の場所を教えて仲間やサトシのピカチュウを実験体にしてしまったことを」 セレナ「でもね故郷の仲間のピカチュウ達は誰もライチュウのことを恨んでいなかったわ」 カスミ「そしてマサラタウンで行われた。 ジュニアカップでピカチュウがライチュウに勝つことで兄妹の絆を取り戻すことに成功したのよ」 ヒカリ「バトルで解決ってサトシとピカチュウらしいやり方ね」 ハルカ「そうね」 ラン「あっ!お兄ちゃんだよ」 セレナ「え?」 セレナ達が話をしているとスクリーンにサトシが映るのだった。 剣はヘドロ爆弾を受けると溶けてしまう。 サトシ「お疲れツタージャ」 サトシはポイントを受け取るとツタージャをボールに戻すのだった」 ???「サトシ!」 サトシ「え?ショータ!」 ショータ「ここで出会いましたか」 サトシ「そうだな」 観客席 シトロン「ここでショータと出会いましたか」 ユリーカ「またサトシとショータのバトルが見られるね」 ラン「でもゲッコウガは今日は手持ちにいないわよ」 ユリーカ「え?そうなの」 ラン「うん」 セレナ「大丈夫よ。 今日はあの子がいるから」 ハルカ「え?誰なの?」 セレナ「ヒカリがよく知っているポケモンよ」 ヒカリ「え?って言うことはシンオウのポケモンね。 サトシのポケモンで私が知っているポケモンは・・・・もしかして!」 タケシ「なるほどあいつか」 セレナ「うん、そうだよ」 ポケモン預かり所 ファイアロー『あれはショータ!』 ルチャブル『まさかここで当たるとはな』 オンバーン『そうだね』 ヌメルゴン『ゲッコウガ....... 』 ゲッコウガ『・・・・・・』 テールナー『ゲッコウガ..... 』 ゲッコウガ『ショータのジュカイン殿とまたバトル出来ないのは残念だがサトシの手持ちには彼がいる。 彼に任せるでござる』 ゲッコウガはライバルと認めたショータのジュカインとバトルが出来ないのは残念だが代わりに彼に託すことにするのだった。 サトシ「悪いなショータ。 今日はゲッコウガは手持ちにいないんだ」 ショータ「そうですか」 サトシ「だがこいつで相手をするぜ!」 ショータ「それは?」 サトシ「俺がシンオウでゲットしたポケモンなんだ」 ショータ「面白いです。 なら僕はジュカイン、お願いします」 サトシ「いいぜ!行くぞ!ゴウカザル、君に決めた!」 ゴウカザル『おっしゃ!やっと出番だぜ!』 ジュカイン『ゴウカザル・・・炎タイプか』 ショータ「ゴウカザルですか。 相性不利ですが負けませんよ サトシ「わかってる。 間合いをとってお互いに離れる。 ゴウカザル『やるじゃないか!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『あなたこそさすがゲッコウガの先輩ポケモンです』 ゴウカザル『お前の強さもっと見せてくれよな』 ジュカイン『良いでしょう。 そのまま空中に上げる。 そしてそのままジュカインにダメージをあたえるのだった。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン、大丈夫ですか?」 ジュカイン『なんとかな』 サトシ「さすがジュカインだな。 効果抜群の技を受けてもケロッとしているとはな」 ショータ「サトシこそやりますね。 そのゴウカザル」 サトシ「ああ!もっと楽しもうぜ!このバトルを」 ショータ「もちろんです」 観客席 ラン「やっぱりショータのジュカインは凄いね。 ゴウカザルのかえんほうしゃを食らっても平気なんて」 シトロン「ええ、さすがショータのジュカインです」 ヒカリ「サトシのゲッコウガがライバルと認めるだけのことはあるわね」 ハルカ「うん、あのジュカインはサトシのジュカインとはまた違った強さを感じる」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがでござるな。 そうでござる。 ショータ「ジュカイン、かわしてつばめがえしです」 サトシ「何!」 ジュカインは素早い動きでかえんほうしゃをかわしてゴウカザルに接近するのだった。 サトシ「大丈夫か?ゴウカザル」 ゴウカザル『ああ!大丈夫だ!』 ショータ「今です!ドラゴンクローです」 ジュカインはドラゴンクローでさらに追い討ちを掛ける。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン!」 サトシ「よし!」 ショータ「やりますねサトシ」 サトシ「ショータもな」 ショータ「それならここからジュカインも本気で行きます」 ショータは手帳のキーストーンを構えた。 サトシ「来るかメガシンカ」 観客席 ラン「ついになるみたいだね」 シトロン「はい!ジュカインのメガシンカ」 ユリーカ「頑張れゴウカザル!」 セレナ「 サトシ、ゴウカザル頑張って 」 ポケモン預かり所 リザードン『ついになるのかメガシンカ』 ガチゴラス『そうみたいだな』 ゼロ『ここからが本番だな』 リザードン達やセレナ達が見守る中バトルはさらに続くのだった。 エレキブル『負けるなよ・・・ゴウカザル』 シンジ「あいつなら大丈夫だろ」 エレキブル『そうだな』 そしてジンから少し離れた場所でシンジとエレキブルもバトルを見守っていた。 [newpage] ショータ「行きますよ!サトシ」 サトシ「こい!ショータ!」 ショータ「これまでバトル!これまでの経験値が僕達の強さです!ジュカイン!メガシンカ!」 キーストーンがジュカインのメガストーンと反応してジュカインはメガジュカインにメガシンカするのだった。 サトシ「来たなメガジュカイン」 ゴウカザル『あれがメガジュカインか!燃えてきたっ~!』 ショータ「ここから本番です。 2匹は距離をとって笑い合う。 しかしゴウカザル殿の実力はまだまだこんな物ではないでござる 』 サトシ「 まさか俺のジュカイン以外でゴウカザルのかえんほうしゃを斬れる奴がいるなんてな。 ゴウカザル『ぐあああっ!』 サトシ「ゴウカザル!」 つばめがえしを受けたゴウカザルは近くの岩に激突するのだった。 観客席 ラン「頑張ってゴウカザル!」 ヒカリ「貴方なら大丈夫よ」 セレナ「立ってゴウカザル!」 タケシ「負けるなゴウカザル!」 ポケモン預かり所 ムクホーク『頑張れゴウカザル!』 グライオン『しっかりしろ!ゴウカザル』 フカマル『お前のブレイブを見せてやれ』 ブイゼル『負けるなゴウカザル!』 ゴウカザル『みんなが俺を呼んでいる。 ここで負けたらエレキブルやボスゴドラに笑われしまうな。 』 ショータ「 ジュカインはもう限界が近いです。 ショータ「え?」 サトシ「今だ!インファイト!」 ゴウカザルはフレアドライブをしたままメガジュカインの目の前まで接近した。 メガジュカイン『ぐあああっ!』 メガジュカインはインファイトを受けた衝撃で吹き飛ばされるのだった。 ショータ「ジュカイン!」 吹き飛ばされたジュカインはメガシンカが解けて目を回して倒れるのだった。 [newpage] ショータ「お疲れ様ですジュカイン」 ジュカイン『すまないショータ』 ショータ「いいんです。 いいバトルでしたよ。 このバトルで僕達はまた強くなりした」 サトシ「ショータ!」 ショータ「サトシ!凄くいいバトルでした。 経験値頂きました」 サトシ「ああ!ジュカインまた強くなったな」 ショータ「はい!本選でもし当たった時は負けませんから」 サトシ「ああ!俺も負けないぜ!」 ゴウカザル『お前強いな久しぶりに燃えたぜ!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『ああ!貴方もさすがゲッコウガと並ぶエースポケモンです。 次は負けません』 ゴウカザル『ああ!またバトルしよぜ!』 ゴウカザルとジュカインはお互いにまたバトルをしようと約束するのだった。 観客席 シトロン「サトシもショータもいいバトルでしたね」 ユリーカ「そうだね」 ラン「相性不利なのにゴウカザルをあそこまで追い詰めるなんて凄いね」 セレナ「そうね」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがジュカイン殿でござるな』 リザードン『なるほどなお前がライバルと言うだけのことはあるな』 リザードン達は改めてショータのジュカインをライバルと認めるのだった。 ジン「さすがだな」 ボスゴドラ『俺も負けられないぜ!』 ジン「そうだないくぞ!ボスゴドラ」 ボスゴドラ『ギヒッ!』 シンジ「ふん!また強くなったみたいだな」 エレキブル『・・・・・』 シンジ「いくぞ!エレキブル、あいつとバトルするは本選だ」 エレキブル『ああ!わかった』 ショータ「それではサトシ、次は負けませんからね」 サトシ「ああ!お互いに頑張ろうな」 サトシはショータと別れてチェックポイントに向かうのだった。 その様子を密かに見ている者がいた。 スワマ「まさかあの冴えない田舎者があんなに凄いゴウカザルを持っていたとはなあいつから奪い取るとするか」 ランを犯そうとしてバシャーモに蹴り飛ばされたスワマはこの島まで飛ばされていた。 そして懲りずサトシのゴウカザルを奪い取ろうと企むのだった。 [newpage] 次回予告 ラン「予選を勝ち進んでいくお兄ちゃん。 チェックポイントも4つ回ったしあとはスタジアムに向かうだけだね。 あれ?あいつは昨日、私のバシャーモを奪おうとした奴だ!次回『最強タッグ!チャオブーとゴウカザル』みんなもポケモンゲットだよ」.

次の

ショータ(ポケモン)とは (ショータとは) [単語記事]

ポケモン ショータ

予選三日目。 サトシは弟分のコナンと遭遇してバトルするのだった。 フリーザーとランドロスの伝説のポケモン対決は激しいバトルの末フリーザーの勝利に終わるのだった。 こうして予選三日目も終了するのだった。 ポケモンセンター バトルフィールド ラン「よし!トレーニングはここまでよ」 ピカチュウ『うん』 ヒトカゲ『お腹すいたね』 ここはポケモンセンター。 現在、ランはバトルピラミッドに備えてトレーニングをしていた。 ???「いや~、君のバシャーモ強そうだね」 ラン「え?あなた誰?」 スワマ「俺はスワマさ。 どうだろう?そのバシャーモを俺にくれないかな?」 ラン「え?何で」 スワマ「決まっているだろ?君の所にいるより俺の所にきたほうがバシャーモの才能が引き出せないからさ。 俺のファイアーウォーリアーズにこそ相応しいぜ」 ラン「何をバカなことを言っているのよ!そんなことするわけないでしょう💢」 スワマ「全く聞き分けのない奴にはおしおきが必要だな。 取り敢えずたっぷり楽しんでからバシャーモとついでヒトカゲを貰うとするか」 ラン「え?」 スワマ「ガキのわりにはいい身体しているからな俺を怒らせたことを身体で払って貰おうかな?」 スワマはランにとてつもなくイヤらしい顔で接近するのだった。 ロビー コナン「今日も1日お疲れ様だな」 ヘイジ「そうやな。 それにしてもハジメも来ていたのはな」 ハジメ「いや、俺が一番驚いたのはカイトとカイリが参加していることだよ。 あいつら本職は怪盗だろ?」 ヘイジ「確かにカイリならアルセーヌコレクションがこの島にある可能性はあるけど。 カイトはビッグジュエルがこの島にあるのか?」 コナン「純粋に参加したと言う可能性もあるけどな」 ハジメ「確かにな」 ヘイジ「しかし大丈夫やろか?」 コナン「なにがさ?」 ヘイジ「お前とハジメは特に事件に遭遇しやすいんやで。 お前ら二人がおるとなんか事件が起こるとちゃうか?」 ハジメ「おいおい 汗 」 コナン「それじゃあまるで俺達が事件を呼び寄せているみたいじゃないか 汗 」 ヘイジ「どうやろか?事件に遭遇する奴が二人もおったら遭遇率が2倍になるで」 ハジメ「いくらなんでもそれは」 コナン「ないと・・・」 ヘイジはコナンとハジメがいることで事件に遭遇するのじゃないかと心配するが二人はさすがにそれはないと否定をしていると......... スワマ「ぎゃあああああああっ!」 コナン「え?」 ハジメ「今の悲鳴は?」 ヘイジ「バトルフィールドのほうやで」 コナン「なんだって!」 それを聞いたコナンが突然走り出した。 ヘイジ「おい!コナン、待てや!どないしたんや!」 ハジメ「どうした?何で急に走り出した?」 コナン「ランが、バトルフィールドでトレーニングをしているんだ!」 ヘイジ「なんやと!」 ハジメ「まさか!彼女の身に何かあったのか?」 コナン「わからない!とにかくバトルフィールドに行って見よう ラン!ラン!無事でいてくれ! 」 三人はバトルフィールドに向かうのだった。 バトルフィールド コナン「ラン!・・・・・・・・え?」 ハジメ「無事か?ランちゃん・・・・・へ?」 ヘイジ「大丈夫か?・・・・・は?」 コナン達が見たのは ラン「あっ!コナン、ハジメ君、ヘイジ君」 コナン「え~と、これはどう言う状況なのかな? 汗 」 コナン達の目の前にはバシャーモに袋叩きにされて顔が腫れ上がったスワマがいた。 [newpage] ポケモンセンター コナンの部屋 コナン「それで何があったんだよ」 ラン「それがね....... 」 ランはあったことをコナン達に話した。 ヘイジ「なんや!そいつは完全に窃盗やないか💢」 ハジメ「全く人のポケモンを盗るなんて許せないな💢」 ミユキ「それにランちゃんを犯してバシャーモとヒトカゲを奪おうとするなんて💢」 セイラ「許せないわ💢」 コナン「お前らそれくらいしておけよ」 マサト「何を言ってだよ!ランを犯そうとした奴だよ💢」 ユリーカ「そうだよ💢」 カズハ「コナン君、大切な幼なじみが襲われたんやで💢」 コナン「いや、ランを犯そうとしたことは俺も怒っているさ」 ラン「え?じゃあ何がそれくらいなの?」 コナン「あれを見ろよ」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・マサト・ユリーカ・セイラ「「「「「「「え?」」」」」」」 メイミ「そうよね・・・人の物を盗むの悪いことよね 涙 」 カイト「どーせ俺はこそ泥さ 涙 」 カイリ「俺達もランを襲った奴と同類さ 涙 」 ラン「え?なんでメイミ達が落ち込んでいるの?」 コナン「忘れたのか?あの三人は?」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・ユリーカ・マサト・セイラ「「「「「「「あ 汗 」」」」」」」 ヘイジ達は人の物を盗むのは悪いことと言ってしまったので元怪盗のメイミと現役怪盗のカイトとカイリは落ち込むのだった。 ラン「大丈夫だよ!カイトとカイリ君はともかくメイミは元怪盗でしょう?」 メイミ「そうよね!ありがとうラン!」 ラン「うん!」 カイト「俺達はフォローしてくれないだな........ 」 カイリ「そうみたいだな........ それからラン達はサトシと共にポケモン預かり所を訪れるのだった。 ポッチャマはどうしたんだ?」 ヒカリ「たぶんミジュマルとハリマロンと一緒だと思うわ」 シトロン「え?ハリマロンもですか?」 ヒカリ「ええ」 その頃ポッチャマ達は ミジュマル『やあ!そこのメスポケモンちゃん!僕に釣られてみる?』 ポッチャマ『彼女!僕と一緒にポフィンを食べない?』 ハリマロン『ねぇ、一緒に遊ばない?』 メスポケモン達をナンパしていた。 さらに ラン「凄いね預かり所の中に温泉があるなんて」 メイミ「そうね」 セレナ「ここはポケモンのタマゴを孵す為の場所らしいわ」 トレーニングルームの隣にある温泉施設ではセレナ達が温泉に入っていた。 カメックス『ぬふふふ、ガラガラいい場所を見つけたのぅ』 ガラガラ『ヨホホホ!そうですね可愛いトサキントちゃんがいっぱいいますね』 カメックス『ランちゃんとセレナちゃんやメイミちゃんまでいるから誰からぱふぱふしようか楽しみだわい』 温泉の茂みに変態ポケモンがセレナ達を狙っていた。 因みにガードマシーンは現在メンテナンス中である。 サトシ「よし!お腹にエネルギーを溜めろ!」 ヌメルゴン・オンバーン・キバゴ『『『はい!ハアアア!』』』 ヌメルゴン達はお腹にエネルギーを溜め始めた。 ヘイガニ『お前らまたナンパしているのか?懲りない奴だな・・・・ん?』 ミジュマル『いいじゃないか』 ポッチャマ『そうだよ』 ハリマロン『減るもんじゃないし』 そしてりゅうせいは・・・・・ ミジュマル・ポッチャマ・ハリマロン・ヘイガニ『『『『ぎゃあああああああっ!』』』』 ポッチャマ達の所に墜ちてくるのだった・・・ヘイガニを巻き沿いにして。 ポッチャマ・ミジュマル・ハリマロン『『『 ゜ロ゜ 』』』 ヘイガニ『な・・・なんで俺まで 汗 』 イーブイ『ヘイガニ~!ミジュマル~!ポッチャマ~!ハリマロン~!しっかりしろ!誰かお医者さん~!』 ヘイガニ『医者はお前だろ!』 リザードン『何をやっているんだ 汗 』 カメックス『なんか騒がしいのぅ・・・・・ん?』 ガラガラ『そうですね・・・・・ん?』 さらにカメックスとガラガラのほうにも墜ちてくるのだった。 スイレン「とうとう覗きをしたわね。 あの変態ポケモン研究者。 [newpage] コンドル島 コンドルスタジアム 角馬『さぁ、いよいよ予選も四日目を向かえました。 ここまで勝ち進んだ400人によるサバイバルバトルが始まります。 そして今回は解説にナナカマド博士。 ゲストにシンオウのチャンピオンシロナさんを向かえてお送りします。 お二方よろしくお願いいたします』 ナナカマド「よろしく」 シロナ「よろしく」 角馬「さてそれではお二方は誰か注目の選手はいますか?」 シロナ「そうですね。 私はやはりシンジ君ですね。 彼はシンオウではかなりの実力を持つトレーナーですから。 三年前のサトシ君のシンオウリーグは凄い物でしたから」 ナナカマド「私はコウキ君かな。 シンジ君ほどではないが彼の注目の選手の1人だと思います」 シロナ「もちろんサトシ君とコナン君も注目してますけどね」 角馬「ありがとうございました。 さぁ、果たして今日の予選を勝ち進んで明日の最終予選に入る200人は誰なのか?注目です」 観客席 ラン「予選もあと2日だね」 セレナ「うん」 カスミ「それよりラン!」 ラン「何?」 カスミ「昨日あんた、痴漢に襲われたって言うのは本当なの?」 ラン「うん。 私のことを'ガキのくせにいい身体している'とか'俺を怒らせたことを身体で払って貰おう'とか言われたの」 マオ「何!そいつ!最低💢」 スイレン「そいつ、何処にいるの?今すぐライオコット島の海に沈めてやるわ💢」 リーリエ「いえ、シロンのふぶきで凍らせたあとかき氷にしてあげます💢」 マオ「いや、それならアマージョのトロピカルキックで粉々すればいいわよ💢」 ハルカ「私のバシャーモのブレイズキックで粉々にすればいいわ💢」 セレナ「それならフローラのアイアンテールで粉々にすればいいわ💢」 アイリス「カイリューのかえんほうしゃで灰にすればいいわ💢」 カスミ「ギャラドスのぼうふうでミンチにすればいいわ💢」 ヒカリ「マンムーのげんしのちからで氷ごと粉々にしてやるわ💢」 マーマネ「みんな怖いこと言わないでよ。 タケシ達も止めてよ 汗 」 タケシ「お前達爪が甘いぞ!凍らせたあと俺のメガハガネールのラスターカノンで粉々するべきだ!」 デント「いや、タケシ。 ここは氷砕きソムリエの僕がヤナップのソーラービームで粉々にするべきだよ!」 シトロン「いえ、タケシ!デント!ここは僕が発明した氷砕きマシーンで粉々にするべきです!」 マーマネ「何でタケシ達も一緒に言っているの?と言うかシトロンだけ発明じゃない!発明をそんな物騒なことに使ったらダメだよ 汗 」 ランの痴漢にあったことに対してセレナ達は怒りとてつもなく怒るのだった。 セレナ達がそんな話をする中でサトシ達は順調に勝ち進んでいた。 」 ???「お前は相手を甘く見すぎだ」 シューティー「甘くなんて見てません」 ???「いや、甘く見ている。 現にオープニングバトルの時もサトシが自分よりの格下と勝手に決めつけて負けたのだろ?」 シューティー「あれはまぐれです」 ???「ここまでバカとは思わなかったな」 シューティー「何なんですか?初対面の相手に説教なんて基本じゃない!」 ???「お前の基本と他の奴の基本は同じなんて思わないことだ。 バトルの仕方は人それぞれ違う。 人には自分の考えにあった基本と言う物があるんだ。 それを基本じゃないと否定する資格は誰にもない」 シューティー「何なんですか?貴方は?」 ???「トキワシティのツカサ。 シューティー「なんだ?ルカリオの身体の色が変わった」 ツカサ「俺のルカリオは波動モードを使うことで身体の色を変えることができる」 シューティー「波動モード?」 ツカサ「波動モードはごく一部のトレーナーだけが使える特殊なフォルムチェンジさ。 この状態のルカリオはマイティフォームと俺は呼んでいる。 因みにタイプは炎と鋼に変わる」 シューティー「そんなの基本じゃない!」 ツカサ「フォルムチェンジでタイプが変わるのは別に珍しいことじゃない。 実際メロエッタやシェイミはフォルムチェンジするとタイプが変わる。 ジャローダ『ぎゃあああ!』 シューティー「ジャローダ!」 ジャローダは目を回して倒れるのだった。 シューティー「そんな........ 」 シューティーは膝をついて愕然とするのだった。 ツカサはポイントを受け取るとその場をあとにするのだった。 ルカリオ『少しやり過ぎじゃないか?』 ツカサ「あれくらいやらないとあいつの為にならない。 もしあれで立ち直れないならその程度のトレーナーだったと言うことさ」 観客席 ラン「あれはツカサさんだよ」 カスミ「本当だ!」 タケシ「彼も参加していたのか?」 メイミ「これはサトシとコナンにとっては強敵だね」 タケシ「確かにツカサさんの手持ちにはあのポケモンがいるからな」 カスミ「さっきのバトルはルカリオだったけどあのポケモンなら一撃で終わっていたわね」 タケシ「だろうな」 ラン「お兄ちゃん、バトルフロンティアを制覇したあとツカサさんとバトルしたのよね。 でも全く手も足も出ず負けてしまったのよね」 ハルカ「え?バトルフロンティアを制覇したサトシが手も足も出せずに負けたの?」 デント「それだけあの人のポケモンが強かったってことだね」 ラン「うん」 アイリス「所でさっきから言っているそのポケモンって何?」 ラン「それはね」 ランはツカサのポケモンのことを話した。 デント「そんなポケモンがツカサさんの手持ちに?」 アイリス「しかもそのポケモンはオレンジ諸島で地獄の傀儡師に洗脳されてサトシとバトルをしたの?」 ヒカリ「しかもセレナとフローラを人質にして」 セレナ「・・・・・」 カスミ「セレナ、大丈夫?」 セレナ「うん、大丈夫よ」 タケシ「あの時のバトルはとても卑劣だった。 サトシのポケモンがダメージを受けると人質になっているセレナとフローラが電撃を浴びる仕掛けをしていたからな」 カキ「何で地獄の傀儡師はそんなことをしたんだ?サトシに何か恨みでもあったのか?」 カスミ「違うわ。 地獄の傀儡師の目的はジンだったのよ」 リーリエ「え?ジンですか?」 タケシ「地獄の傀儡師はセレナ達がこんな目に合うのはジンと関わったせいだとサトシに吹き込んでジンを憎ませようとしたんだ」 マオ「何でジンを狙ったの?」 カスミ「ジンを完全な悪の組織のボスにする為よ。 そのためにサトシの彼女であるセレナを人質にしてジンに自分がサトシとライバル関係になったからこんなことになったと思わせようとしたのよ」 アイリス「なんて卑劣な奴なの」 タケシ「そしてそのバトルでピカチュウは覚醒モードになることでなんとかバトルに勝つことが出来たんだが」 カスミ「地獄の傀儡師には逃げられてしまったわ」 カキ「そんなことがあったのか」 カスミ「因みにみんなは知っていると思うけどサトシのピカチュウはサトシと出会う前にポケモンハンターに捕まって実験を受けたことは知っているわよね」 アイリス「うん、確かゼクロムの細胞を植え付けられたのよね」 カスミ「ピカチュウとジンのライチュウに実験をしたポケモンハンターが地獄の傀儡師なのよ」 アイリス「え?」 セレナ「それだけじゃないわ。 ジンのライチュウは地獄の傀儡師に故郷の森の場所を教えないと妹であるフローラを実験体にすると脅されたのよ。 そのせいでフローラはライチュウと再会するまで故郷と自分を裏切ったとライチュウのことを憎んでいたの」 ヒカリ「フローラって確かジンのライチュウの妹よね。 過去にそんなことがあったの?」 カスミ「ジンのライチュウはずっと苦しんでいたわ。 妹を守るためとは言え故郷の森の場所を教えて仲間やサトシのピカチュウを実験体にしてしまったことを」 セレナ「でもね故郷の仲間のピカチュウ達は誰もライチュウのことを恨んでいなかったわ」 カスミ「そしてマサラタウンで行われた。 ジュニアカップでピカチュウがライチュウに勝つことで兄妹の絆を取り戻すことに成功したのよ」 ヒカリ「バトルで解決ってサトシとピカチュウらしいやり方ね」 ハルカ「そうね」 ラン「あっ!お兄ちゃんだよ」 セレナ「え?」 セレナ達が話をしているとスクリーンにサトシが映るのだった。 剣はヘドロ爆弾を受けると溶けてしまう。 サトシ「お疲れツタージャ」 サトシはポイントを受け取るとツタージャをボールに戻すのだった」 ???「サトシ!」 サトシ「え?ショータ!」 ショータ「ここで出会いましたか」 サトシ「そうだな」 観客席 シトロン「ここでショータと出会いましたか」 ユリーカ「またサトシとショータのバトルが見られるね」 ラン「でもゲッコウガは今日は手持ちにいないわよ」 ユリーカ「え?そうなの」 ラン「うん」 セレナ「大丈夫よ。 今日はあの子がいるから」 ハルカ「え?誰なの?」 セレナ「ヒカリがよく知っているポケモンよ」 ヒカリ「え?って言うことはシンオウのポケモンね。 サトシのポケモンで私が知っているポケモンは・・・・もしかして!」 タケシ「なるほどあいつか」 セレナ「うん、そうだよ」 ポケモン預かり所 ファイアロー『あれはショータ!』 ルチャブル『まさかここで当たるとはな』 オンバーン『そうだね』 ヌメルゴン『ゲッコウガ....... 』 ゲッコウガ『・・・・・・』 テールナー『ゲッコウガ..... 』 ゲッコウガ『ショータのジュカイン殿とまたバトル出来ないのは残念だがサトシの手持ちには彼がいる。 彼に任せるでござる』 ゲッコウガはライバルと認めたショータのジュカインとバトルが出来ないのは残念だが代わりに彼に託すことにするのだった。 サトシ「悪いなショータ。 今日はゲッコウガは手持ちにいないんだ」 ショータ「そうですか」 サトシ「だがこいつで相手をするぜ!」 ショータ「それは?」 サトシ「俺がシンオウでゲットしたポケモンなんだ」 ショータ「面白いです。 なら僕はジュカイン、お願いします」 サトシ「いいぜ!行くぞ!ゴウカザル、君に決めた!」 ゴウカザル『おっしゃ!やっと出番だぜ!』 ジュカイン『ゴウカザル・・・炎タイプか』 ショータ「ゴウカザルですか。 相性不利ですが負けませんよ サトシ「わかってる。 間合いをとってお互いに離れる。 ゴウカザル『やるじゃないか!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『あなたこそさすがゲッコウガの先輩ポケモンです』 ゴウカザル『お前の強さもっと見せてくれよな』 ジュカイン『良いでしょう。 そのまま空中に上げる。 そしてそのままジュカインにダメージをあたえるのだった。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン、大丈夫ですか?」 ジュカイン『なんとかな』 サトシ「さすがジュカインだな。 効果抜群の技を受けてもケロッとしているとはな」 ショータ「サトシこそやりますね。 そのゴウカザル」 サトシ「ああ!もっと楽しもうぜ!このバトルを」 ショータ「もちろんです」 観客席 ラン「やっぱりショータのジュカインは凄いね。 ゴウカザルのかえんほうしゃを食らっても平気なんて」 シトロン「ええ、さすがショータのジュカインです」 ヒカリ「サトシのゲッコウガがライバルと認めるだけのことはあるわね」 ハルカ「うん、あのジュカインはサトシのジュカインとはまた違った強さを感じる」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがでござるな。 そうでござる。 ショータ「ジュカイン、かわしてつばめがえしです」 サトシ「何!」 ジュカインは素早い動きでかえんほうしゃをかわしてゴウカザルに接近するのだった。 サトシ「大丈夫か?ゴウカザル」 ゴウカザル『ああ!大丈夫だ!』 ショータ「今です!ドラゴンクローです」 ジュカインはドラゴンクローでさらに追い討ちを掛ける。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン!」 サトシ「よし!」 ショータ「やりますねサトシ」 サトシ「ショータもな」 ショータ「それならここからジュカインも本気で行きます」 ショータは手帳のキーストーンを構えた。 サトシ「来るかメガシンカ」 観客席 ラン「ついになるみたいだね」 シトロン「はい!ジュカインのメガシンカ」 ユリーカ「頑張れゴウカザル!」 セレナ「 サトシ、ゴウカザル頑張って 」 ポケモン預かり所 リザードン『ついになるのかメガシンカ』 ガチゴラス『そうみたいだな』 ゼロ『ここからが本番だな』 リザードン達やセレナ達が見守る中バトルはさらに続くのだった。 エレキブル『負けるなよ・・・ゴウカザル』 シンジ「あいつなら大丈夫だろ」 エレキブル『そうだな』 そしてジンから少し離れた場所でシンジとエレキブルもバトルを見守っていた。 [newpage] ショータ「行きますよ!サトシ」 サトシ「こい!ショータ!」 ショータ「これまでバトル!これまでの経験値が僕達の強さです!ジュカイン!メガシンカ!」 キーストーンがジュカインのメガストーンと反応してジュカインはメガジュカインにメガシンカするのだった。 サトシ「来たなメガジュカイン」 ゴウカザル『あれがメガジュカインか!燃えてきたっ~!』 ショータ「ここから本番です。 2匹は距離をとって笑い合う。 しかしゴウカザル殿の実力はまだまだこんな物ではないでござる 』 サトシ「 まさか俺のジュカイン以外でゴウカザルのかえんほうしゃを斬れる奴がいるなんてな。 ゴウカザル『ぐあああっ!』 サトシ「ゴウカザル!」 つばめがえしを受けたゴウカザルは近くの岩に激突するのだった。 観客席 ラン「頑張ってゴウカザル!」 ヒカリ「貴方なら大丈夫よ」 セレナ「立ってゴウカザル!」 タケシ「負けるなゴウカザル!」 ポケモン預かり所 ムクホーク『頑張れゴウカザル!』 グライオン『しっかりしろ!ゴウカザル』 フカマル『お前のブレイブを見せてやれ』 ブイゼル『負けるなゴウカザル!』 ゴウカザル『みんなが俺を呼んでいる。 ここで負けたらエレキブルやボスゴドラに笑われしまうな。 』 ショータ「 ジュカインはもう限界が近いです。 ショータ「え?」 サトシ「今だ!インファイト!」 ゴウカザルはフレアドライブをしたままメガジュカインの目の前まで接近した。 メガジュカイン『ぐあああっ!』 メガジュカインはインファイトを受けた衝撃で吹き飛ばされるのだった。 ショータ「ジュカイン!」 吹き飛ばされたジュカインはメガシンカが解けて目を回して倒れるのだった。 [newpage] ショータ「お疲れ様ですジュカイン」 ジュカイン『すまないショータ』 ショータ「いいんです。 いいバトルでしたよ。 このバトルで僕達はまた強くなりした」 サトシ「ショータ!」 ショータ「サトシ!凄くいいバトルでした。 経験値頂きました」 サトシ「ああ!ジュカインまた強くなったな」 ショータ「はい!本選でもし当たった時は負けませんから」 サトシ「ああ!俺も負けないぜ!」 ゴウカザル『お前強いな久しぶりに燃えたぜ!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『ああ!貴方もさすがゲッコウガと並ぶエースポケモンです。 次は負けません』 ゴウカザル『ああ!またバトルしよぜ!』 ゴウカザルとジュカインはお互いにまたバトルをしようと約束するのだった。 観客席 シトロン「サトシもショータもいいバトルでしたね」 ユリーカ「そうだね」 ラン「相性不利なのにゴウカザルをあそこまで追い詰めるなんて凄いね」 セレナ「そうね」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがジュカイン殿でござるな』 リザードン『なるほどなお前がライバルと言うだけのことはあるな』 リザードン達は改めてショータのジュカインをライバルと認めるのだった。 ジン「さすがだな」 ボスゴドラ『俺も負けられないぜ!』 ジン「そうだないくぞ!ボスゴドラ」 ボスゴドラ『ギヒッ!』 シンジ「ふん!また強くなったみたいだな」 エレキブル『・・・・・』 シンジ「いくぞ!エレキブル、あいつとバトルするは本選だ」 エレキブル『ああ!わかった』 ショータ「それではサトシ、次は負けませんからね」 サトシ「ああ!お互いに頑張ろうな」 サトシはショータと別れてチェックポイントに向かうのだった。 その様子を密かに見ている者がいた。 スワマ「まさかあの冴えない田舎者があんなに凄いゴウカザルを持っていたとはなあいつから奪い取るとするか」 ランを犯そうとしてバシャーモに蹴り飛ばされたスワマはこの島まで飛ばされていた。 そして懲りずサトシのゴウカザルを奪い取ろうと企むのだった。 [newpage] 次回予告 ラン「予選を勝ち進んでいくお兄ちゃん。 チェックポイントも4つ回ったしあとはスタジアムに向かうだけだね。 あれ?あいつは昨日、私のバシャーモを奪おうとした奴だ!次回『最強タッグ!チャオブーとゴウカザル』みんなもポケモンゲットだよ」 予選三日目。 サトシは弟分のコナンと遭遇してバトルするのだった。 フリーザーとランドロスの伝説のポケモン対決は激しいバトルの末フリーザーの勝利に終わるのだった。 こうして予選三日目も終了するのだった。 ポケモンセンター バトルフィールド ラン「よし!トレーニングはここまでよ」 ピカチュウ『うん』 ヒトカゲ『お腹すいたね』 ここはポケモンセンター。 現在、ランはバトルピラミッドに備えてトレーニングをしていた。 ???「いや~、君のバシャーモ強そうだね」 ラン「え?あなた誰?」 スワマ「俺はスワマさ。 どうだろう?そのバシャーモを俺にくれないかな?」 ラン「え?何で」 スワマ「決まっているだろ?君の所にいるより俺の所にきたほうがバシャーモの才能が引き出せないからさ。 俺のファイアーウォーリアーズにこそ相応しいぜ」 ラン「何をバカなことを言っているのよ!そんなことするわけないでしょう💢」 スワマ「全く聞き分けのない奴にはおしおきが必要だな。 取り敢えずたっぷり楽しんでからバシャーモとついでヒトカゲを貰うとするか」 ラン「え?」 スワマ「ガキのわりにはいい身体しているからな俺を怒らせたことを身体で払って貰おうかな?」 スワマはランにとてつもなくイヤらしい顔で接近するのだった。 ロビー コナン「今日も1日お疲れ様だな」 ヘイジ「そうやな。 それにしてもハジメも来ていたのはな」 ハジメ「いや、俺が一番驚いたのはカイトとカイリが参加していることだよ。 あいつら本職は怪盗だろ?」 ヘイジ「確かにカイリならアルセーヌコレクションがこの島にある可能性はあるけど。 カイトはビッグジュエルがこの島にあるのか?」 コナン「純粋に参加したと言う可能性もあるけどな」 ハジメ「確かにな」 ヘイジ「しかし大丈夫やろか?」 コナン「なにがさ?」 ヘイジ「お前とハジメは特に事件に遭遇しやすいんやで。 お前ら二人がおるとなんか事件が起こるとちゃうか?」 ハジメ「おいおい 汗 」 コナン「それじゃあまるで俺達が事件を呼び寄せているみたいじゃないか 汗 」 ヘイジ「どうやろか?事件に遭遇する奴が二人もおったら遭遇率が2倍になるで」 ハジメ「いくらなんでもそれは」 コナン「ないと・・・」 ヘイジはコナンとハジメがいることで事件に遭遇するのじゃないかと心配するが二人はさすがにそれはないと否定をしていると......... スワマ「ぎゃあああああああっ!」 コナン「え?」 ハジメ「今の悲鳴は?」 ヘイジ「バトルフィールドのほうやで」 コナン「なんだって!」 それを聞いたコナンが突然走り出した。 ヘイジ「おい!コナン、待てや!どないしたんや!」 ハジメ「どうした?何で急に走り出した?」 コナン「ランが、バトルフィールドでトレーニングをしているんだ!」 ヘイジ「なんやと!」 ハジメ「まさか!彼女の身に何かあったのか?」 コナン「わからない!とにかくバトルフィールドに行って見よう ラン!ラン!無事でいてくれ! 」 三人はバトルフィールドに向かうのだった。 バトルフィールド コナン「ラン!・・・・・・・・え?」 ハジメ「無事か?ランちゃん・・・・・へ?」 ヘイジ「大丈夫か?・・・・・は?」 コナン達が見たのは ラン「あっ!コナン、ハジメ君、ヘイジ君」 コナン「え~と、これはどう言う状況なのかな? 汗 」 コナン達の目の前にはバシャーモに袋叩きにされて顔が腫れ上がったスワマがいた。 [newpage] ポケモンセンター コナンの部屋 コナン「それで何があったんだよ」 ラン「それがね....... 」 ランはあったことをコナン達に話した。 ヘイジ「なんや!そいつは完全に窃盗やないか💢」 ハジメ「全く人のポケモンを盗るなんて許せないな💢」 ミユキ「それにランちゃんを犯してバシャーモとヒトカゲを奪おうとするなんて💢」 セイラ「許せないわ💢」 コナン「お前らそれくらいしておけよ」 マサト「何を言ってだよ!ランを犯そうとした奴だよ💢」 ユリーカ「そうだよ💢」 カズハ「コナン君、大切な幼なじみが襲われたんやで💢」 コナン「いや、ランを犯そうとしたことは俺も怒っているさ」 ラン「え?じゃあ何がそれくらいなの?」 コナン「あれを見ろよ」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・マサト・ユリーカ・セイラ「「「「「「「え?」」」」」」」 メイミ「そうよね・・・人の物を盗むの悪いことよね 涙 」 カイト「どーせ俺はこそ泥さ 涙 」 カイリ「俺達もランを襲った奴と同類さ 涙 」 ラン「え?なんでメイミ達が落ち込んでいるの?」 コナン「忘れたのか?あの三人は?」 ヘイジ・カズハ・ハジメ・ミユキ・ユリーカ・マサト・セイラ「「「「「「「あ 汗 」」」」」」」 ヘイジ達は人の物を盗むのは悪いことと言ってしまったので元怪盗のメイミと現役怪盗のカイトとカイリは落ち込むのだった。 ラン「大丈夫だよ!カイトとカイリ君はともかくメイミは元怪盗でしょう?」 メイミ「そうよね!ありがとうラン!」 ラン「うん!」 カイト「俺達はフォローしてくれないだな........ 」 カイリ「そうみたいだな........ それからラン達はサトシと共にポケモン預かり所を訪れるのだった。 ポッチャマはどうしたんだ?」 ヒカリ「たぶんミジュマルとハリマロンと一緒だと思うわ」 シトロン「え?ハリマロンもですか?」 ヒカリ「ええ」 その頃ポッチャマ達は ミジュマル『やあ!そこのメスポケモンちゃん!僕に釣られてみる?』 ポッチャマ『彼女!僕と一緒にポフィンを食べない?』 ハリマロン『ねぇ、一緒に遊ばない?』 メスポケモン達をナンパしていた。 さらに ラン「凄いね預かり所の中に温泉があるなんて」 メイミ「そうね」 セレナ「ここはポケモンのタマゴを孵す為の場所らしいわ」 トレーニングルームの隣にある温泉施設ではセレナ達が温泉に入っていた。 カメックス『ぬふふふ、ガラガラいい場所を見つけたのぅ』 ガラガラ『ヨホホホ!そうですね可愛いトサキントちゃんがいっぱいいますね』 カメックス『ランちゃんとセレナちゃんやメイミちゃんまでいるから誰からぱふぱふしようか楽しみだわい』 温泉の茂みに変態ポケモンがセレナ達を狙っていた。 因みにガードマシーンは現在メンテナンス中である。 サトシ「よし!お腹にエネルギーを溜めろ!」 ヌメルゴン・オンバーン・キバゴ『『『はい!ハアアア!』』』 ヌメルゴン達はお腹にエネルギーを溜め始めた。 ヘイガニ『お前らまたナンパしているのか?懲りない奴だな・・・・ん?』 ミジュマル『いいじゃないか』 ポッチャマ『そうだよ』 ハリマロン『減るもんじゃないし』 そしてりゅうせいは・・・・・ ミジュマル・ポッチャマ・ハリマロン・ヘイガニ『『『『ぎゃあああああああっ!』』』』 ポッチャマ達の所に墜ちてくるのだった・・・ヘイガニを巻き沿いにして。 ポッチャマ・ミジュマル・ハリマロン『『『 ゜ロ゜ 』』』 ヘイガニ『な・・・なんで俺まで 汗 』 イーブイ『ヘイガニ~!ミジュマル~!ポッチャマ~!ハリマロン~!しっかりしろ!誰かお医者さん~!』 ヘイガニ『医者はお前だろ!』 リザードン『何をやっているんだ 汗 』 カメックス『なんか騒がしいのぅ・・・・・ん?』 ガラガラ『そうですね・・・・・ん?』 さらにカメックスとガラガラのほうにも墜ちてくるのだった。 スイレン「とうとう覗きをしたわね。 あの変態ポケモン研究者。 [newpage] コンドル島 コンドルスタジアム 角馬『さぁ、いよいよ予選も四日目を向かえました。 ここまで勝ち進んだ400人によるサバイバルバトルが始まります。 そして今回は解説にナナカマド博士。 ゲストにシンオウのチャンピオンシロナさんを向かえてお送りします。 お二方よろしくお願いいたします』 ナナカマド「よろしく」 シロナ「よろしく」 角馬「さてそれではお二方は誰か注目の選手はいますか?」 シロナ「そうですね。 私はやはりシンジ君ですね。 彼はシンオウではかなりの実力を持つトレーナーですから。 三年前のサトシ君のシンオウリーグは凄い物でしたから」 ナナカマド「私はコウキ君かな。 シンジ君ほどではないが彼の注目の選手の1人だと思います」 シロナ「もちろんサトシ君とコナン君も注目してますけどね」 角馬「ありがとうございました。 さぁ、果たして今日の予選を勝ち進んで明日の最終予選に入る200人は誰なのか?注目です」 観客席 ラン「予選もあと2日だね」 セレナ「うん」 カスミ「それよりラン!」 ラン「何?」 カスミ「昨日あんた、痴漢に襲われたって言うのは本当なの?」 ラン「うん。 私のことを'ガキのくせにいい身体している'とか'俺を怒らせたことを身体で払って貰おう'とか言われたの」 マオ「何!そいつ!最低💢」 スイレン「そいつ、何処にいるの?今すぐライオコット島の海に沈めてやるわ💢」 リーリエ「いえ、シロンのふぶきで凍らせたあとかき氷にしてあげます💢」 マオ「いや、それならアマージョのトロピカルキックで粉々すればいいわよ💢」 ハルカ「私のバシャーモのブレイズキックで粉々にすればいいわ💢」 セレナ「それならフローラのアイアンテールで粉々にすればいいわ💢」 アイリス「カイリューのかえんほうしゃで灰にすればいいわ💢」 カスミ「ギャラドスのぼうふうでミンチにすればいいわ💢」 ヒカリ「マンムーのげんしのちからで氷ごと粉々にしてやるわ💢」 マーマネ「みんな怖いこと言わないでよ。 タケシ達も止めてよ 汗 」 タケシ「お前達爪が甘いぞ!凍らせたあと俺のメガハガネールのラスターカノンで粉々するべきだ!」 デント「いや、タケシ。 ここは氷砕きソムリエの僕がヤナップのソーラービームで粉々にするべきだよ!」 シトロン「いえ、タケシ!デント!ここは僕が発明した氷砕きマシーンで粉々にするべきです!」 マーマネ「何でタケシ達も一緒に言っているの?と言うかシトロンだけ発明じゃない!発明をそんな物騒なことに使ったらダメだよ 汗 」 ランの痴漢にあったことに対してセレナ達は怒りとてつもなく怒るのだった。 セレナ達がそんな話をする中でサトシ達は順調に勝ち進んでいた。 」 ???「お前は相手を甘く見すぎだ」 シューティー「甘くなんて見てません」 ???「いや、甘く見ている。 現にオープニングバトルの時もサトシが自分よりの格下と勝手に決めつけて負けたのだろ?」 シューティー「あれはまぐれです」 ???「ここまでバカとは思わなかったな」 シューティー「何なんですか?初対面の相手に説教なんて基本じゃない!」 ???「お前の基本と他の奴の基本は同じなんて思わないことだ。 バトルの仕方は人それぞれ違う。 人には自分の考えにあった基本と言う物があるんだ。 それを基本じゃないと否定する資格は誰にもない」 シューティー「何なんですか?貴方は?」 ???「トキワシティのツカサ。 シューティー「なんだ?ルカリオの身体の色が変わった」 ツカサ「俺のルカリオは波動モードを使うことで身体の色を変えることができる」 シューティー「波動モード?」 ツカサ「波動モードはごく一部のトレーナーだけが使える特殊なフォルムチェンジさ。 この状態のルカリオはマイティフォームと俺は呼んでいる。 因みにタイプは炎と鋼に変わる」 シューティー「そんなの基本じゃない!」 ツカサ「フォルムチェンジでタイプが変わるのは別に珍しいことじゃない。 実際メロエッタやシェイミはフォルムチェンジするとタイプが変わる。 ジャローダ『ぎゃあああ!』 シューティー「ジャローダ!」 ジャローダは目を回して倒れるのだった。 シューティー「そんな........ 」 シューティーは膝をついて愕然とするのだった。 ツカサはポイントを受け取るとその場をあとにするのだった。 ルカリオ『少しやり過ぎじゃないか?』 ツカサ「あれくらいやらないとあいつの為にならない。 もしあれで立ち直れないならその程度のトレーナーだったと言うことさ」 観客席 ラン「あれはツカサさんだよ」 カスミ「本当だ!」 タケシ「彼も参加していたのか?」 メイミ「これはサトシとコナンにとっては強敵だね」 タケシ「確かにツカサさんの手持ちにはあのポケモンがいるからな」 カスミ「さっきのバトルはルカリオだったけどあのポケモンなら一撃で終わっていたわね」 タケシ「だろうな」 ラン「お兄ちゃん、バトルフロンティアを制覇したあとツカサさんとバトルしたのよね。 でも全く手も足も出ず負けてしまったのよね」 ハルカ「え?バトルフロンティアを制覇したサトシが手も足も出せずに負けたの?」 デント「それだけあの人のポケモンが強かったってことだね」 ラン「うん」 アイリス「所でさっきから言っているそのポケモンって何?」 ラン「それはね」 ランはツカサのポケモンのことを話した。 デント「そんなポケモンがツカサさんの手持ちに?」 アイリス「しかもそのポケモンはオレンジ諸島で地獄の傀儡師に洗脳されてサトシとバトルをしたの?」 ヒカリ「しかもセレナとフローラを人質にして」 セレナ「・・・・・」 カスミ「セレナ、大丈夫?」 セレナ「うん、大丈夫よ」 タケシ「あの時のバトルはとても卑劣だった。 サトシのポケモンがダメージを受けると人質になっているセレナとフローラが電撃を浴びる仕掛けをしていたからな」 カキ「何で地獄の傀儡師はそんなことをしたんだ?サトシに何か恨みでもあったのか?」 カスミ「違うわ。 地獄の傀儡師の目的はジンだったのよ」 リーリエ「え?ジンですか?」 タケシ「地獄の傀儡師はセレナ達がこんな目に合うのはジンと関わったせいだとサトシに吹き込んでジンを憎ませようとしたんだ」 マオ「何でジンを狙ったの?」 カスミ「ジンを完全な悪の組織のボスにする為よ。 そのためにサトシの彼女であるセレナを人質にしてジンに自分がサトシとライバル関係になったからこんなことになったと思わせようとしたのよ」 アイリス「なんて卑劣な奴なの」 タケシ「そしてそのバトルでピカチュウは覚醒モードになることでなんとかバトルに勝つことが出来たんだが」 カスミ「地獄の傀儡師には逃げられてしまったわ」 カキ「そんなことがあったのか」 カスミ「因みにみんなは知っていると思うけどサトシのピカチュウはサトシと出会う前にポケモンハンターに捕まって実験を受けたことは知っているわよね」 アイリス「うん、確かゼクロムの細胞を植え付けられたのよね」 カスミ「ピカチュウとジンのライチュウに実験をしたポケモンハンターが地獄の傀儡師なのよ」 アイリス「え?」 セレナ「それだけじゃないわ。 ジンのライチュウは地獄の傀儡師に故郷の森の場所を教えないと妹であるフローラを実験体にすると脅されたのよ。 そのせいでフローラはライチュウと再会するまで故郷と自分を裏切ったとライチュウのことを憎んでいたの」 ヒカリ「フローラって確かジンのライチュウの妹よね。 過去にそんなことがあったの?」 カスミ「ジンのライチュウはずっと苦しんでいたわ。 妹を守るためとは言え故郷の森の場所を教えて仲間やサトシのピカチュウを実験体にしてしまったことを」 セレナ「でもね故郷の仲間のピカチュウ達は誰もライチュウのことを恨んでいなかったわ」 カスミ「そしてマサラタウンで行われた。 ジュニアカップでピカチュウがライチュウに勝つことで兄妹の絆を取り戻すことに成功したのよ」 ヒカリ「バトルで解決ってサトシとピカチュウらしいやり方ね」 ハルカ「そうね」 ラン「あっ!お兄ちゃんだよ」 セレナ「え?」 セレナ達が話をしているとスクリーンにサトシが映るのだった。 剣はヘドロ爆弾を受けると溶けてしまう。 サトシ「お疲れツタージャ」 サトシはポイントを受け取るとツタージャをボールに戻すのだった」 ???「サトシ!」 サトシ「え?ショータ!」 ショータ「ここで出会いましたか」 サトシ「そうだな」 観客席 シトロン「ここでショータと出会いましたか」 ユリーカ「またサトシとショータのバトルが見られるね」 ラン「でもゲッコウガは今日は手持ちにいないわよ」 ユリーカ「え?そうなの」 ラン「うん」 セレナ「大丈夫よ。 今日はあの子がいるから」 ハルカ「え?誰なの?」 セレナ「ヒカリがよく知っているポケモンよ」 ヒカリ「え?って言うことはシンオウのポケモンね。 サトシのポケモンで私が知っているポケモンは・・・・もしかして!」 タケシ「なるほどあいつか」 セレナ「うん、そうだよ」 ポケモン預かり所 ファイアロー『あれはショータ!』 ルチャブル『まさかここで当たるとはな』 オンバーン『そうだね』 ヌメルゴン『ゲッコウガ....... 』 ゲッコウガ『・・・・・・』 テールナー『ゲッコウガ..... 』 ゲッコウガ『ショータのジュカイン殿とまたバトル出来ないのは残念だがサトシの手持ちには彼がいる。 彼に任せるでござる』 ゲッコウガはライバルと認めたショータのジュカインとバトルが出来ないのは残念だが代わりに彼に託すことにするのだった。 サトシ「悪いなショータ。 今日はゲッコウガは手持ちにいないんだ」 ショータ「そうですか」 サトシ「だがこいつで相手をするぜ!」 ショータ「それは?」 サトシ「俺がシンオウでゲットしたポケモンなんだ」 ショータ「面白いです。 なら僕はジュカイン、お願いします」 サトシ「いいぜ!行くぞ!ゴウカザル、君に決めた!」 ゴウカザル『おっしゃ!やっと出番だぜ!』 ジュカイン『ゴウカザル・・・炎タイプか』 ショータ「ゴウカザルですか。 相性不利ですが負けませんよ サトシ「わかってる。 間合いをとってお互いに離れる。 ゴウカザル『やるじゃないか!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『あなたこそさすがゲッコウガの先輩ポケモンです』 ゴウカザル『お前の強さもっと見せてくれよな』 ジュカイン『良いでしょう。 そのまま空中に上げる。 そしてそのままジュカインにダメージをあたえるのだった。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン、大丈夫ですか?」 ジュカイン『なんとかな』 サトシ「さすがジュカインだな。 効果抜群の技を受けてもケロッとしているとはな」 ショータ「サトシこそやりますね。 そのゴウカザル」 サトシ「ああ!もっと楽しもうぜ!このバトルを」 ショータ「もちろんです」 観客席 ラン「やっぱりショータのジュカインは凄いね。 ゴウカザルのかえんほうしゃを食らっても平気なんて」 シトロン「ええ、さすがショータのジュカインです」 ヒカリ「サトシのゲッコウガがライバルと認めるだけのことはあるわね」 ハルカ「うん、あのジュカインはサトシのジュカインとはまた違った強さを感じる」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがでござるな。 そうでござる。 ショータ「ジュカイン、かわしてつばめがえしです」 サトシ「何!」 ジュカインは素早い動きでかえんほうしゃをかわしてゴウカザルに接近するのだった。 サトシ「大丈夫か?ゴウカザル」 ゴウカザル『ああ!大丈夫だ!』 ショータ「今です!ドラゴンクローです」 ジュカインはドラゴンクローでさらに追い討ちを掛ける。 ジュカイン『ぐあああっ!』 ショータ「ジュカイン!」 サトシ「よし!」 ショータ「やりますねサトシ」 サトシ「ショータもな」 ショータ「それならここからジュカインも本気で行きます」 ショータは手帳のキーストーンを構えた。 サトシ「来るかメガシンカ」 観客席 ラン「ついになるみたいだね」 シトロン「はい!ジュカインのメガシンカ」 ユリーカ「頑張れゴウカザル!」 セレナ「 サトシ、ゴウカザル頑張って 」 ポケモン預かり所 リザードン『ついになるのかメガシンカ』 ガチゴラス『そうみたいだな』 ゼロ『ここからが本番だな』 リザードン達やセレナ達が見守る中バトルはさらに続くのだった。 エレキブル『負けるなよ・・・ゴウカザル』 シンジ「あいつなら大丈夫だろ」 エレキブル『そうだな』 そしてジンから少し離れた場所でシンジとエレキブルもバトルを見守っていた。 [newpage] ショータ「行きますよ!サトシ」 サトシ「こい!ショータ!」 ショータ「これまでバトル!これまでの経験値が僕達の強さです!ジュカイン!メガシンカ!」 キーストーンがジュカインのメガストーンと反応してジュカインはメガジュカインにメガシンカするのだった。 サトシ「来たなメガジュカイン」 ゴウカザル『あれがメガジュカインか!燃えてきたっ~!』 ショータ「ここから本番です。 2匹は距離をとって笑い合う。 しかしゴウカザル殿の実力はまだまだこんな物ではないでござる 』 サトシ「 まさか俺のジュカイン以外でゴウカザルのかえんほうしゃを斬れる奴がいるなんてな。 ゴウカザル『ぐあああっ!』 サトシ「ゴウカザル!」 つばめがえしを受けたゴウカザルは近くの岩に激突するのだった。 観客席 ラン「頑張ってゴウカザル!」 ヒカリ「貴方なら大丈夫よ」 セレナ「立ってゴウカザル!」 タケシ「負けるなゴウカザル!」 ポケモン預かり所 ムクホーク『頑張れゴウカザル!』 グライオン『しっかりしろ!ゴウカザル』 フカマル『お前のブレイブを見せてやれ』 ブイゼル『負けるなゴウカザル!』 ゴウカザル『みんなが俺を呼んでいる。 ここで負けたらエレキブルやボスゴドラに笑われしまうな。 』 ショータ「 ジュカインはもう限界が近いです。 ショータ「え?」 サトシ「今だ!インファイト!」 ゴウカザルはフレアドライブをしたままメガジュカインの目の前まで接近した。 メガジュカイン『ぐあああっ!』 メガジュカインはインファイトを受けた衝撃で吹き飛ばされるのだった。 ショータ「ジュカイン!」 吹き飛ばされたジュカインはメガシンカが解けて目を回して倒れるのだった。 [newpage] ショータ「お疲れ様ですジュカイン」 ジュカイン『すまないショータ』 ショータ「いいんです。 いいバトルでしたよ。 このバトルで僕達はまた強くなりした」 サトシ「ショータ!」 ショータ「サトシ!凄くいいバトルでした。 経験値頂きました」 サトシ「ああ!ジュカインまた強くなったな」 ショータ「はい!本選でもし当たった時は負けませんから」 サトシ「ああ!俺も負けないぜ!」 ゴウカザル『お前強いな久しぶりに燃えたぜ!さすがゲッコウガのライバルだな』 ジュカイン『ああ!貴方もさすがゲッコウガと並ぶエースポケモンです。 次は負けません』 ゴウカザル『ああ!またバトルしよぜ!』 ゴウカザルとジュカインはお互いにまたバトルをしようと約束するのだった。 観客席 シトロン「サトシもショータもいいバトルでしたね」 ユリーカ「そうだね」 ラン「相性不利なのにゴウカザルをあそこまで追い詰めるなんて凄いね」 セレナ「そうね」 ポケモン預かり所 ゲッコウガ『さすがジュカイン殿でござるな』 リザードン『なるほどなお前がライバルと言うだけのことはあるな』 リザードン達は改めてショータのジュカインをライバルと認めるのだった。 ジン「さすがだな」 ボスゴドラ『俺も負けられないぜ!』 ジン「そうだないくぞ!ボスゴドラ」 ボスゴドラ『ギヒッ!』 シンジ「ふん!また強くなったみたいだな」 エレキブル『・・・・・』 シンジ「いくぞ!エレキブル、あいつとバトルするは本選だ」 エレキブル『ああ!わかった』 ショータ「それではサトシ、次は負けませんからね」 サトシ「ああ!お互いに頑張ろうな」 サトシはショータと別れてチェックポイントに向かうのだった。 その様子を密かに見ている者がいた。 スワマ「まさかあの冴えない田舎者があんなに凄いゴウカザルを持っていたとはなあいつから奪い取るとするか」 ランを犯そうとしてバシャーモに蹴り飛ばされたスワマはこの島まで飛ばされていた。 そして懲りずサトシのゴウカザルを奪い取ろうと企むのだった。 [newpage] 次回予告 ラン「予選を勝ち進んでいくお兄ちゃん。 チェックポイントも4つ回ったしあとはスタジアムに向かうだけだね。 あれ?あいつは昨日、私のバシャーモを奪おうとした奴だ!次回『最強タッグ!チャオブーとゴウカザル』みんなもポケモンゲットだよ」.

次の