シルヴァ リオ ヴェンデッタ。 Dolce Vita

金賞・燃え系作品賞|萌えゲーアワード 2015年度 受賞作品一覧

シルヴァ リオ ヴェンデッタ

この度「燃え系作品」の部門において、シルヴァリオヴェンデッタを受賞していただき、誠に光栄に思っております。 弊社lightが燃えゲーに特化し始めてから早数年、その間に積み重ねてきたシナリオ面での工夫、バトル演出に適したグラフィック、場面を盛り上げる音楽の方向性などなど……それら2015年に至るまで蓄積して来たあらゆるノウハウを出来る限り詰め込んだ集大成が、本作ヴェンデッタと言っても過言ではありません。 「燃えゲー」としての熱さを追求しつつ、さりとて「萌えゲー」だからこそできるキャラの魅力を軽視しない。 そのバランスを見極めて世に送り出されたこの作品が多くのユーザーから評価されたという事実は、我々にとっても非常に感慨深いものであり、次回作にして続編の「シルヴァリオトニリティ」を製作する上で何よりの励みになったと感じています。 美少女ゲーム業界において「燃えゲーといえばlight」と評されるよう、これからもユーザーの皆様が夢中になれるような作品を作り続けていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願い致します。 (シナリオライター 高濱亮) 美少女ゲームとは雑居ビルのようなもので、18禁という縛りの中で、様々なジャンルのゲームが登場するのが魅力である。 この「燃え系作品賞」は、そんな美少女ゲームの多様性、幅広さを表す省の一つといえるだろう。 萌えゲーアワード2015で燃え系作品賞を受賞したのはlightの『シルヴァリオ ヴェンデッタ』。 この賞は昨年から設けられたものだが、lightは『相州戦神館學園 八命陣』に続いて、2年連続の受賞となった。 アニメ化が予定されている『Dies irae』シリーズなど、ストーリー性の熱いバトルものに定評のある昨今のlightだが、『シルヴァリオ ヴェンデッタ』は昨年発売された完全新作。 舞台設定、キャラクター造形、ドラマ構築などに定評のある同ブランドが、これまで培ってきたノウハウを結集して新たに紡いだ本作は、新たな看板シリーズになるポテンシャルを秘めている。 単純に「バトルもの=燃え」ではなく、そうした全体的な可能性まで考慮に入れて、審査委員会ではほぼ満場一致で、2016年の燃え系作品賞を受賞した。 (電脳妄想開発室 今).

次の

Dolce Vita

シルヴァ リオ ヴェンデッタ

主要人物• ( 裁剣天秤 ライブラ 隊長)• ( 第三十七代総統)• ( 近衛白羊 アリエス 隊長)• ( 裁剣天秤 ライブラ 副隊長)• ( 深謀双児 ジェミニ 隊長)• ( 血染処女 バルゴ 隊長) プラネテス• ( 殺塵鬼 カーネイジ )• ( 氷河姫 ピリオド )• ( 錬金術師 アルケミスト )• ( 露蜂房 ハイヴ )• ( 色即絶空 ストレイド ) その他• トリニティやった後だと駄目人間率高いなってなるヴェンデッタキャラたち -- 名無しさん 2017-04-05 02:27:25• ゼファーとルシードくらいじゃね?トリニティにもグレイとケルベロスいるし変わんない変わんない -- 名無しさん 2017-08-17 17:31:10• ウラヌスさんとかいう、もうどうしようもないレベルの駄目な子が居るじゃないですか!! -- 名無しさん 2017-11-05 02:48:41• ダメ人間と社会の害虫は似て非なるものよ 前者はまだ愛される?が後者は金色の人に成敗されちゃう -- 名無しさん 2018-05-25 05:02:00• とりあえずゼファーさんとルシードがいる時点で全体の平均値は大幅に下げているはず。 ケルベロスはあれでもナギサちゃんのイメージする『カッコいいゼファーさん』だからだいぶ美化されてるし -- 名無しさん 2019-06-25 22:59:39.

次の

Dolce Vita

シルヴァ リオ ヴェンデッタ

出来ないは嘘つきの言葉である、薔薇宮ソーナです。 中二病要素が強いアニメ。 漫画を紹介しているこちらのchですが、今回は僕のとっておきとでもいうべき作品の魅力を語りたいと思います。 シルヴァリオ ヴェンデッタ lightという、Dies iraeと同じブランドで、元は美少女を攻略するえっティングゲームで、現在は全年齢版も出ているギャルゲです。 どういうゲームなのか一言で説明すると、美少女3人とイチャイチャしつつも、頭のおかしい奴らと戦っていき、主人公補正全開のラスボスに焦がれる、そんなノベルゲームです。 おいおい、どういうことだよと疑問などあると思いますので、そちらを紐解きながら、ネタバレを控えつつつ、 最後まで見ることで、シルヴァリオ ヴェンデッタが絶対プレイしたくなるような解説をしていきます。 主なあらすじ。 物語の舞台は軍事帝国アドラーという、ファンタジー要素の強い世界観に存在する国。 実はこの世界は、西暦2578年に第五次世界大戦が起こって過去に一度滅んでいるんだ。 今ある国々は、文明がリセットされた後に新たに生まれたもので、現代とは異なる独自の科学技術を有しており、星辰光(アステリズム)という異能力が存在する。 単純な西洋ファンタジーものというよりは、SF要素も混じっていて、独自の世界観となっています。 主人公はゼファー・コールレインという、アドラー帝国の元軍人。 性格は自堕落で、現在は無職。 やる気なし、金なし、職業なしと、つまりおまえらみたいな男なんだ。 ただ当時の階級は少佐で、天秤部隊(ライブラ)という特務部隊の副隊長を務めるほどの超絶エリートで、本気を出せばめっちゃ強い。 とこう書くと、「なんだ、ただのなろうじゃないか」、「あーはいはい、この無職がなんやかんやで本気出して、オレTUEEEEするんだろ」「どうして常に本気を出さないんだ?」 って思いますよね? ところがですね、このシルヴァリオ ヴェンデッタという作品は、主人公のゼファーさんがひたすら悶絶と慟哭する作品なんですよ。 勝利から逃げた主人公 物語開始の5年前。 軍事帝国アドラーの首都は未曾有の大虐殺に襲われていた。 当時軍人だったゼファーさんは、傷だらけになりながらも、ミリィという天使みたいにかわいい妹を抱きかかえながら、炎の街を走っていた。 そこに立ちはだかるは、災禍をもたらした魔星という人智を超越した存在。 マルスとウラヌス。 主人公のゼファーさんも含む、一部の人類は星辰体感応奏者(エスペラント)と呼ばれる異能力者だ。 けれども魔星は、ゼファーさんたち星辰体感応奏者(エスペラント)の上位互換というべきスペック。 BLEACHで例えると、卍解を使える隊長格と始解しか使えない副隊長みたいな、超えられない壁があります。 しかもこのマルスとウラヌス、能力がラスボス級にチートなんですよ。 マルス 分子間結合分解能力。 要はあらゆるものを跡形もなく一瞬で消滅できるというもので、体にまとうなど防御にも使える隙がない強さ。 ウラヌス:周囲のものを凍らせる絶対零度の凍結能力。 攻撃範囲がずば抜けており、四方十数メートルを一瞬で氷の花園に凍てつかせられる、相対するだけでも動きを減退と、隙がない強さ。 こんなチート能力持ち2体に勝てるはずもないのですが、ゼファーさんは二体の魔星に立ち向かうとします……! はいはい、どうせここでゼファーさん覚醒するんでしょと思いきや ここで遂に、ラスボス:クリストファー・ヴァルゼライド閣下が現れます。 自分以外の誰かのために、人々を守り抜こうと、涙を明日へと変えるためにと、なんか主人公みたいなことを言っちゃいます。 ヴァルゼライド閣下もまたゼファーさんと同じ星辰体感応奏者(エスペラント)。 上位互換である魔星に叶うはずが、はずが……。 しかしヴァルゼライド閣下はなぜかこの2人と互角に近い戦いを繰り広げる……! 気合と根性があればなんとかなる! なんていうのは幻想。 何か種や仕掛けがあるのかと思いきや、ないんですよ。 ヴァルゼライド閣下は常軌を逸した気合と根性だけで、圧倒的格上に食い下がっているのです。 そう、まるで熱血系少年漫画の主人公のように、意識力だけで限界を超えてあらゆる奇跡も引き起こせるっていう、主人公補正全開のラスボスなんですよ。 この作品を語るなら、ヴァルゼライド閣下に言及するのが避けられないというか、多分プレイした人の大半が、「素晴らしすぎる……」とヴァルゼライド閣下を称えるレベル。 勝利から逃げる主人公 シルヴァリオ ヴェンデッタ全体にして、ゼファーさんが抱えるテーマが、勝利とはなにか? です。 というのもゼファーさん、ヴァルゼライド閣下ほどではないにしても、かなり有能で、仕事もできる。 でもですよ? 例えば会社とかで、目の前の仕事を片付ければどうなりますか? 次の仕事が上司から押し付けられますよね? ならその仕事も片付ければ、さらに次の仕事、次の……そして仕事は解決が難しい難題へと増えていく、仕事はどんどん難しくなっていく。 これと同じような状況に、ゼファーさんは追われていたんですよ。 目の前の敵を倒しても、次の敵、次の次のと、永遠に敵が現れ続ける。 平穏な日々はいつまでたっても訪れない。 バトル漫画の主人公が抱えていそうな、命題にゼファーさんは苦しみ、結果。 彼は勝利から逃げたくなります。 しかも目の前には、ヴァルゼライド閣下という何があっても決して諦めず、勝利を求め続けるマジキチがいます。 まるで助けられたモブが主人公にドン引きするかのように、ゼファーさんはその場から、勝利から逃げてしまいます。 そして5年後、ゼファーさんは軍人を退職し無職となったことで、妹のヒモとして平穏な毎日を送っていました。 ですが、勝利からは……そしてヴァルゼライド閣下からは逃げられない。 普通の人間として生涯を終えたかったゼファーさんの前に、目を背けたい過去の因縁が、使者が次々と訪れる。 そして自分がドン引きした男の英雄譚にゼファーさんは蟻地獄のように引きずり込まれ、絶対に戦いたくない相手と相対することになってしまう…… というのがシルヴァリオ ヴェンデッタという作品のあらすじです。 良くも悪くも、ぬるい作品、主人公無双が好きな人にはまったくおすすめしない、万人受けはしないですが、ハマる人はどこまでも堕ちていくタイプです。 長くなったんですが、概要はこれで終了。 そしていよいよというかようやく? 攻略可能なヒロインについて紹介します。 攻略可能なヒロイン シルヴァリオ ヴェンデッタで攻略可能なヒロインは3人。 ストーリー展開がベリーハードですが、実は恋愛面に関しては良くも悪くも主人公大好き。 ハーレムルートこそないものの、ヒロイン同士の中も良好とここは平和です。 ヤンデレゴリラのチトセ ブラコンの聖母系妹のミリィ そして、本作の一応看板というか、メインヒロイン 毒舌系ロリおかんのヴェンデッタ あまりにもヴァルゼライド閣下について語ってしまったため、これもしかしてホモゲーなのではと疑ったかも知れませんが、ちゃんとヒロインもかわいいですよね? 個人的にはlight作品の中では、シルヴァリオ ヴェンデッタのヒロインズが一番好きですね。 というか他作品はあんまりかわいい子がいない…… でまずはこのチトセから掘り下げています。 チトセ・朧・アマツ こいつはゼファーさんの元上司で、裁剣天秤の隊長。 帝国最高峰の異能力者で、純粋な才能と総合スペックではヴァルゼライド閣下すら圧倒するほど。 なんですが、実は5年前の大虐殺でゼファーさんと対峙しており、ゼファーさんに敗北、片目をえぐられているんですよ。 じゃあ主人公にむちゃくちゃ恨みを抱えているかと思いきやむしろ逆で、この人ゼファーさんのことが大好きで、性的な方で襲いたいと考えている肉食系ヤンデレストーカーなんですよ。 そのイケメソすぎる言動、戦闘要員としても優秀、ヒロインとしてのかわいさも兼ね備えているなど、スペックが非常に高く、人気投票では堂々の2位。 ヴァルゼライド閣下の次に人気です。 ミリアルテ・ブランシェ ゼファーさんの義理の妹で、愛称はミリィ。 最初に紹介したのがヤンデレゴリラなので、こいつもヤベー奴なのかと思いきや、実は作中でも屈指の聖人、癒やし枠。 家事万能でおにーちゃん大好き、性格も完璧で、ちょっとオタクっぽい一面があるなど、ヒロイン属性は非常に高い。 ただ働かない兄を養っている、重度のブラコン、無駄に露出度が高い私服など、よくよく考えるとマトモではないのかも知れない。 ヴェンデッタ とある事件がきっかけでゼファーさんと出会った謎の少女。 ミステリアスで妖艶な雰囲気をまとっており、この子もゼファーさん大好き。 ただゼファーさんはなぜかこのヴェンデッタを出会った時から毛嫌いしています。 こんなにかわいいのに、なぜなんでしょうね。 銀髪ロリでバブみと、今の時代かなり受けそうな性格で、ヒロインをママ~と慕うオタクはぜひ、ヴェンデッタママに励まされてください! シルヴァリオ ヴェンデッタの魅力 ストーリーが面白い、異能力バトルがかっこいい、魅力的なキャラやヒロインが多い……いろいろありますが、やっぱり主人公であるゼファーさんとヴァルゼライド閣下の対立こそが最大のポイント。 というのもゼファーさんって、ダメダメだけどやる時はやるって、ちょっと今風な感じじゃないですか。 戦い方も自分の異能力を上手く応用して戦う、ヒロインに助けられるなど……。 でもヴァルゼライド閣下の場合は逆で、とにかく一点突破。 敵わない敵がいたら、異能力バトルものなのに、意志力という色褪せた旧時代の概念で強くなるっていう、この古臭さがたまらない。 まさしく現代の主人公VS昔いた熱血系主人公 主人公がそんな覚醒祭りしたらご都合主義っぽいですが、ラスボスがやると絶望感半端ないというか、一周回って面白い。 ありきたりな異能力バトルものに風穴をあけてくれる。 そしてゼファーさんがそんな、完璧なラスボスや過酷な運命から逃げようとしつつも、さまざまな要因が相まって過去を乗り越えていく過程が本当に上手く描かれているんですよ。 こういう、バトル系のノベルゲーって今、本当に少ないというか希少ですからね。 中二病系の作品が好きなら、間違いなくやった方が良いです! 購入ガイドライン 最後に、このゲームのおすすめ購入方法などを紹介したいと思います。 ちょっと複雑なんで、ぜひ最後まで聞いてください。 今買うなら、『シルヴァリオ・ヴェンデッタ Verse of Orpheus-』、 バース・オブ・オルフェウス これです。 windows版とPS VITA版が出ているのですが、windows版はdmmでダウンロード版しか出ていません。 まあ、dmmは夏や冬にセールをやっているので、その時に買うのがおすすめですね。 無印の『シルヴァリオ・ヴェンデッタ』もあるんですが、こっちは追加ストーリーがない代わりに、えっティング要素があるんですよ。 ただ正直、light作品のえっティングは誰得なので、ぶっちゃけ『シルヴァリオ・ヴェンデッタ Verse of Orpheus-』これ一択です。 で、シルヴァリオ ヴェンデッタには続編と、続々編が用意されています。 マジキチ3重覚醒ホモと戦う『シルヴァリオ トリニティ』 そして完結作『シルヴァリオ ラグナロク』 3作合わせて、『シルヴァリオサーガ』というシリーズです。 え? 今作で完結しないのって思うかも知れませんが、三作とも主人公やヒロイン、物語の舞台は別々、ライターも出したかった全部(意味深)をその作品に込めているので、伏線放置はなく、ちゃんと各作品ごとにしっかりした区切りが付きますので、そこはご安心を。 で、他の作品とのセット版も出ていますが、追加ストーリーの有無とか結構ややこしいので、やっぱり『シルヴァリオ・ヴェンデッタ Verse of Orpheus-』。 これを遊びましょう 続編や続々編に関しての動画も近々上げる予定ですので、そちらもどうぞ! また薔薇宮ソーナchではシルヴァリオシリーズやDies iraeなど、中二病要素満載の作品を解説、語っていくオタクチャンネルです。 興味がある方は、ぜひチャンネル登録お願いします~.

次の