みずほ jcb デビット。 Netflix(ネットフリックス)の支払いにデビットカードは使えます

みずほJCBデビットの詳細

みずほ jcb デビット

利用金額を口座から即時に引き落とすデビットカードは、使い過ぎを防げてシンプルなため、じわじわと人気が出ています。 mizuhobank. html]」です。 現在、20%キャッシュバックというキャンペーンを実施していますので、紹介しましょう。 mizuhobank. キャッシュバックの上限は3,000円なので、キャッシュバックされる利用金額は1万5,000円が上限です。 キャッシュバックの条件を満たすため、以下の手順で進めましょう。 みずほJCBデビットを対象となるスマホ決済(Apple Pay・みずほWallet for Android・Google Pay)に利用登録 2. JCB会員専用サービス「MyJCB」・メールアドレス・おしらせメール配信の登録 3. キャンペーンにエントリー(電話・ネットから) 4. スマホ決済を利用 実店舗だけでなく、インターネットショッピングでスマホ決済を利用した場合も、キャンペーンの対象です。 条件を満たすと、 10月下旬にキャッシュバックされる予定です。 キャンペーンの注意点 「20%キャッシュバック」という魅力的なキャンペーンなだけに、 注意点も結構多いです。 うっかりミスでキャッシュバックを逃さないようにしてください。 初めてのスマホ決済登録のみ対象 今回のキャンペーンは、みずほJCBデビットを 初めてスマホ決済に登録した人のみ対象です。 すでに登録している人は、キャンペーン対象とはなりません。 また、以前登録していたが今はカードを退会している人が、カードを新たに申し込みスマホ決済に登録したとしても、対象外です。 apple. mizuhobank. google. 3種類以外のスマホ決済は対象ではありません。 mizuhobank. 複数枚あってもキャンペーン対象は1枚のみ みずほJCBデビットを複数枚持っていても、キャンペーン対象となるのは 最初に参加登録したカードのみです。 Suicaチャージは対象外 みずほJCBデビットからMizuho Suicaへのチャージは、キャンペーンの対象外です。 「青いSuica」でおなじみのMizuho Suicaユーザーは、注意してください。 mizuhobank. 年会費がかかる 年会費無料のクレジットカードも多い中、みずほJCBデビットの 年会費は1,100円(税込)です。 初年度年会費は無料で、 ・ 23歳以下 ・ もしくはみずほJCBデビットを年1回以上利用 で、 翌年度の年会費も無料になります。 使わないと年会費がかかるので、キャンペーン狙いの方は翌年度以降に注意しましょう。 通常還元率は0. 2% みずほJCBデビットの 通常還元率は0. 2%です。 デビットカードの還元率は0. 5%が一般的ですが、それと比べると低いです。 利用できないお店がある ・登録型加盟店(カード番号を登録し、継続的に利用額を支払う加盟店) ・タクシー(一部) ・レンタカー ・ホテル ・高速道路通行料 ・機内・車内販売 ・ガソリンスタンド ・Edy・ICOCAチャージ ・通販(一部) ・保険料(一部) などでは、みずほJCBデビットを 利用できません。 中学生は申し込めない みずほJCBデビットは、 中学生を除く15歳以上が申込可能です。 また、 みずほ銀行の口座も必要です。 キャッシュカード機能がない みずほJCBデビットは、 キャッシュカード一体型ではありません。 カード決済と現金引き出しを利用したい方は、デビットカードとキャッシュカードの2枚を持ち歩く必要があります。 カードで直接するのではなく、Apple Pay・みずほWallet for Android・Google Payのスマホ決済が対象です。 キャンペーンにはいろいろと条件がありますので、よく確認の上でキャッシュバック上限の3,000円を獲得しましょう。 (執筆者:角野 達仁).

次の

みずほ銀行JCBデビットカードの評判~デメリットを含めて徹底解説~

みずほ jcb デビット

2種類のカードデザインが用意されているおすすめデビットカード おすすめのデビットカードは、メガバンクのみずほ銀行が発行しているJCBブランドの「 みずほJCBデビット」です。 券面のデザインは、「 ブルーアーク」と「 ホワイトアーク」の2種類が用意されています。 みずほ銀行のデビットカード『みずほJCBデビット」は、 デビット単体カードとなっているので、みずほ銀行の普通預金とは別に 店頭またはWEBで申込をする必要があります。 「みずほJCBデビット」の申込みは15歳以上のかた 「みずほJCBデビット」の申込対象者は、次の2つの条件がを満たす方です。 みずほ銀行の普通預金口座を持っている方、またはこれから開設される方 日本国内在住の中学生を除く 満15歳以上の個人事業主(事業用)や任意団体を除く 個人のかたです。 利用額に関係なく年1回のデビットカードを利用すると、翌年度の年会費が無料となるので、 実質年会費無料といえます。 カード発行手数料は無料 「みずほJCBデビット」の新規カード発行に伴うカード発行手数料および紛失、盗難等によるカード再発行の手数料は、それぞれ 無料です。 ATM手数料 みずほ銀行口座入出金に伴うATM手数料は、ATM利用1回につき0円〜220円の費用が発生します。 みずほ銀行の本支店ATM利用の場合 平日(月曜日〜金曜日)の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 0:00~8:00 8:00~8:45 8:45~18:00 18:00~23:00 23:00~24:00 220円 110円 無料 110円 220円 土曜日・日曜日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 0:00~8:00 8:00〜22:00 22:00〜24:00 220円 110円 利用不可 祝日・振替休日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 0:00~8:00 8:00〜23:00 23:00〜24:00 220円 110円 220円 コンビニATM利用の場合 コンビニATMとして、 セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMが利用可能です。 平日(月曜日〜金曜日)の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 0:00~8:45 8:45〜18:00 18:00〜24:00 220円 110円 220円 土曜日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 0:00〜22:00 22:00〜24:00 220円 利用不可 日曜日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 0:00〜8:00 8:00〜24:00 利用不可 220円 祝日・振替休日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード> 8:00〜24:00 220円 振込手数料 振込金額・振込宛先(みずほ銀行同一支店、みずほ銀行他店、他行)・振込方法に応じて、みずほ銀行の振込手数料として 0円〜880円の費用が必要となります。 振込金額3万円未満の場合 三井住友銀行同一支店 三井住友銀行他店 他行 ATM(カード) 無料 110円 220円 ATM(現金) 110円 220円 440円 みずほダイレクト 無料 110円 220円 窓口 220円 330円 660円 振込金額3万円以上の場合 三井住友銀行同一支店 三井住友銀行他店 他行 ATM(カード) 無料 220円 440円 ATM(現金) 330円 440円 660円 みずほダイレクト 無料 220円 440円 窓口 440円 550円 880円 デビットカード利用方法 「みずほJCBデビット」の利用可能通貨は 円通貨のみとなてっています。 また、 海外ATMで現地通貨を引き出すことができません。 デビットカードで利用できる限度額は、みずほ銀行の 普通口座残高または自身で設定した 利用限度額のいずれか低い金額となっています。 デビットカード利用代金が普通預金口座から、 即時に引落としされます。 土曜日22:00~翌日曜日8:00、および毎月第1、第4土曜日3:00~5:00は利用できません。 国内ショッピング利用はJCB加盟店 「みずほJCBデビット」は、JCBの国内加盟店で利用することができます。 「みずほJCBデビット」の国内ショッピング利用限度額は最大250万円 「みずほJCBデビット」の利用額は、みずほ銀行の 普通預金口座残高までしか支払いができません。 また、国内ショッピング利用限度額を1回、1日、1ヵ月の3つの単位で 会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」からいつでも設定することできます。 設定可能範囲 初期設定 1回 0〜200万円 50万円 1日 0〜200万円 50万円 1ヵ月 0〜250万円 100万円 海外ショッピング利用はJCB加盟店 「みずほJCBデビット」は、JCBの海外加盟店で利用することができます。 JCBのマークがある加盟店で、店員にデビットカードを手渡して支払いを完了です。 一部利用ができない加盟店もあります。 「みずほJCBデビット」の海外ショッピング利用限度額は最大250万円 「みずほJCBデビット」の利用額は、みずほ銀行の 普通預金口座残高までしか支払いができません。 また、海外ショッピング利用限度額を1回、1日、1ヵ月の3つの単位で 会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」からいつでも設定することできます。 設定可能範囲 初期設定 1回 0〜200万円 50万円 1日 0〜200万円 50万円 1ヵ月 0〜250万円 100万円 「みずほJCBデビット」の海外利用時手数料 JCBが定める為替レートに 海外事務手数料(3. 海外ATMで現地通貨引出し利用は不可 「みずほJCBデビット」は、海外ATMで現地通貨を引き出すことができません。 ネットショッピングで利用可能 ネットショッピングで「みずほJCBデビット」を利用する場合、支払画面で「 デビットカード」または「 クレジットカード」を選択し、カード番号、セキュリティコード、有効期限を各々入力することで、デビットカードの利用が可能です。 もし、「お支払方法」の選択が必要な場合、「 一回払い」を選択してください。 デビットカードが使えない場合 登録型加盟店(カード番号を登録し、継続的に利用額を支払う加盟店)、一部のタクシー、レンタカー、ホテル、高速道路通行料、機内・車内販売、ガソリンスタンド等でデビットカードが利用できません。 土曜日22:00~翌日曜日8:00、および 毎月第1、第4土曜日3:00~5:00の時間帯は、みずほ銀行のデビットカードが利用できません。 利用通知メール配信で不正利用の早期発見も可能 「MyJCB」に登録したメールアドレスに、下記の利用通知メールが配信されます。 利用状況の把握や、万が一の不正利用の早期発見にもつながるため、 メールアドレスは必ず登録することをおすすめします。 カードご利用通知(利用完了) カードご利用通知(利用不可) 差額発生通知 差額振替・返金不可通知 請求確定通知 返金額確定通知 デメリット みずほマイレージクラブの3つの「うれしい特典」 「みずほJCBデビット」を 月1回以上利用することで、 みずほマイレージクラブの「うれしい特典」を3つ受けることができます。 みずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの 時間外手数料が無料になります。 通常ATM手数料はです。 コンビ二ATM(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行)の利用手数料・時間外手数料(110円または220円)が 月4回まで無料になります。 みずほ銀行ATM・イオン銀行ATM・みずほダイレクトの利用時、みずほ銀行本支店宛の 振込手数料が無料になります。 また、他行宛の振込手数料も 最大月4回まで無料になります。 通常振込手数料はです。 ショッピング保険は海外ショッピングのみ 「みずほJCBデビット」を使って 海外で購入した商品に破損や盗難等の損害が発生した時、購入日から90日間、 年間100万円までの限度に カード利用額(自己負担額1万円)を限度額としてショッピング保険で補償してもらえます。 国内で購入した商品はショッピング保険の対象外です。 旅行保険は最大3000万円 旅行費用などを事前に「みずほJCBデビット」で支払った場合、 国内・海外旅行中に起きた事故や病気、ケガ等を 最高3,000万円まで下記旅行保険で補償してもらえます。 デメリットのまとめ• 追加カード(ETCカード、家族カード)の申込みができない• 海外ATMで現地通貨の引出しができない• 土曜日22:00〜翌日曜日8:00の10時間カードの利用ができない• スマートフォン決済 なし 利用特典 キャッシュバック(0.

次の

みずほ銀行口座申込みでSmart DebitとJCBの2つのキャンペーンに参加する方法 / Apple PayもGoogle Payも

みずほ jcb デビット

みずほ銀行デビットカードの解約について 「みずほ銀行デビットカードだけどあまり使わなくなっちゃったな……。 」 あれだけ使っていたみずほ銀行デビットカードも、財布の中に眠っていたりしませんか? ・解約したいけど手続きもよく分からないし放置してた ・年会費もかからないし解約する必要ってないのでは? と考えている方も少なくないと思います。 ですが、みずほ銀行デビットカードを解約せずに持っていることで、余計な不正利用や盗難・紛失のリスクを生じさせるだけでなく、他社カードに申し込む際の審査や限度額に影響することがあるのです。 この記事では、 みずほ銀行デビットカードの解約方法と注意点についてまとめましたので参考にしてください。 生年月日• カード番号 電話連絡の前にスムーズに伝えられるようにみずほ銀行デビットカードは財布から取り出しておくと良いでしょう。 書類やWEBから解約手続きをしたい 残念ながらみずほ銀行デビットカードの解約は書類、WEB(マイページ)からすることはできません。 解約手続きは原則店頭窓口のみでの受付となりますので、みずほ銀行の窓口を訪ねてください。 解約証明書について みずほ銀行デビットカードは解約を申し出る際に解約申請書を希望することもできます。 解約証明書は1,500円+税で発行されます。 本人以外がみずほ銀行デビットカードを解約する方法 みずほ銀行デビットカードの解約は、原則本人からしか受け付けておりません。 しかし、以下2つのケースなら本人以外の代理の方でも解約手続きをすることができます。 公共料金の支払い• ETCカード• ポイントや電子マネーの残高• 未払いの利用残高• 再入会の意志 どれか1つでも見逃していると損する可能性がありますので、確認を忘れずに行いましょう。 公共料金の支払い設定を変更する 水道やガス、インターネットや携帯料金の支払いにみずほ銀行デビットカードを設定している方は、解約前に登録カードか支払い方法の変更を忘れずに行っておきましょう。 解約後のみずほ銀行デビットカードが引き落としに設定されていると決済できないため、生活に支障をきたす恐れがあります。 各種公共料金の問い合わせやプロバイダのマイページから変更手続きとなりますので、早めに行動しておくと良いでしょう。 ETCカードを車載器から取り出す みずほ銀行デビットカードを解約するとETCカードも自動解約となります。 解約されたETCカードが車載器に挿入されているとエラーとなり使うことができません。 出かける直前になって使えないことが分かるよりも、早めに解約したETCカードは取り出して新しいETCカードをいれておきましょう。 ポイントや電子マネーを使い切る 貯めたポイントや一体型の電子マネー残高は、みずほ銀行デビットカードの解約と同時に失効となります。 解約前にはできるだけポイントや電子マネー残高は使い切るようにしてから手続きを進めたほうがお得になります。 なお、楽天やAmazonのようにECモールやサービス会員IDに貯まるポイントは失効しませんので安心してください。 支払いの利用残高を0にする また、みずほ銀行デビットカードで未払いの利用残高も残っていると思います。 解約後も利用残高がなくなるまでみずほ銀行デビットカードから引き落としされますが、できれば完済した上で解約したほうがキレイサッパリすると思います。 特に分割払いやリボ払いは「解約したのに引き落としがずっと続く!怒」というストレスの要因にもなりますので、少なくとも未払いの金額と完済までのスケジュールは立てておくと良いでしょう。 再入会の意志がないことを改めて確認する みずほ銀行デビットカードを一度解約すると、再入会のハードルが高くなります。 特に解約後半年から1年は再発行が難しくなりますので、解約前に今一度「本当に解約してよいのかどうか」をじっくり考えてみてください。 それでも解約の意志に迷いがないなら、手続きを進めると良いでしょう。 解約後に検討すべきクレジットカード みずほ銀行デビットカードを解約するなら 楽天カードへの切り替えがおすすめです。 今後2020年にはに対応しますので、今後ますます便利でお得なクレジットカードとなるでしょう。 券面 特徴 ・ 主婦、学生もカンタン申し込み ・業界トップクラスの ポイント還元率 ・実店舗でもお得な 楽天ペイ ・年会費無料で 海外旅行保険付き もしみずほ銀行デビットカードを強制解約された方は、消費者金融系のACマスターカードでの作り直しにトライしてみてはいかがでしょうか? みずほ銀行デビットカードの解約に関するよくある質問Q&A みずほ銀行デビットカードの解約に関するよくある質問をまとめました。 この記事で解決できなかった疑問は、記事下のコメント欄へ遠慮なく投稿していただければ回答させていただきます。 年会費は戻ってこない? みずほ銀行デビットカードやETCカード、家族カードなどで発生する年会費は、解約後に返金はありません。 そのため、解約するタイミングは、年会費支払いが確定する毎年の契約月の1〜2ヶ月前に判断するようにしてください。 解約金はかからない? みずほ銀行デビットカードの解約に違約金や解約手数料のようなものはありません。 好きな時に解約手続きができるのです。 ただし、先ほども説明したとおり、年会費の返金はなく、未払いの利用残高は完済まで支払い続けることになります。 解約は信用情報に悪影響はない? みずほ銀行デビットカードを解約することによって信用情報に悪影響はありませんが、それまでに 延滞したり、滞納がある場合、そして強制解約の場合は信用情報に記録される原因となります。 そのいずれにも該当せず、自ら解約する場合は今後のクレジットカード申し込みに影響することはありませんので安心してください。 ただし、みずほ銀行デビットカードには員だったことや利用履歴は残りますので、再入会時の審査には影響を及ぼすことでしょう。 取り消しはできない? みずほ銀行デビットカードをの解約手続きを一度進めてしまったら、途中での取り消しはできません。 そのため解約手続きにはオペレーターから何度か意思確認もされます。 みずほ銀行デビットカードを解約する明確な理由がないうちは、解約手続きは一度待っても良いかもしれません。 みずほ銀行デビットカードの解約理由を明確にして次のクレジットカード選びを みずほ銀行デビットカードの解約理由がはっきりすれば、次にクレジットカードを選ぶ際に役立ちます。 例えば、 年会費が高かったことが理由なら年会費無料のクレジットカードを、海外旅行保険が無かったことが理由なら海外旅行保険付きのクレジットカードを選ぶ基準となるのです。 このようにして自身に最適なクレジットカード像がブラッシュアップされていきますので、今後迎えるキャッシュレス社会においてよりお得な生活が待っていることでしょう。 みずほ銀行デビットカードの解約後に検討したいおすすめクレジットカード 最後にみずほ銀行デビットカードを解約した後にクレジットカードの作り直しを検討している方へ、お得なクレジットカードを紹介します。 楽天カード.

次の