ドラクエ ds 4。 ドラゴンクエスト4 完全攻略(DS/iOS/Android版対応)

[ドラクエ4,5,6 DS版について]実際にやったことのある ...

ドラクエ ds 4

ドラゴンクエスト、通称ドラクエ。 ドラクエは日本人にとって最も人気のあるゲームソフトの一つですね。 私は当時20代なのですが、周りの30、40代の普段ゲームをしない人達も 「ドラクエだけは」と言ってプレイをしていました。 それだけ、ドラクエというゲームは日本国民に愛されています。 そんな、幅広い世代から愛されているドラクエシリーズですが、なんと 3DS一つあれば、シリーズ全作品をプレイすることができます。 なので、この記事ではドラクエの各作品を振り返りながら紹介していきたいと思います。。 また、シリーズ作品以外にもモンスターズなどの派生作品も紹介します。 まだ遊んでいない作品がある人は是非チェックしてみてください。 スポンサーリンク 目次• これらの作品は毎年連続での発売となりました。 ドラクエ1では一人の勇者のみ、2では3人の仲間での冒険、3では4人までの仲間、そして、職業に応じて自分好みのパーティを組むことができる、といった具合に シリーズが進むにつれてシステムも向上していきました。 りゅうおう、ハーゴン、シドー、バラモス、ゾーマと懐かしの魔王たちを倒すことができるのもこれらの作品です。 DS用ソフトは3DSと互換性があるので、 3DSを持っていればこれらの作品をプレイすることが可能です。 初めてプレイしたドラクエが天空シリーズという人も多いと思います。 一章ではライアン、二章ではアリーナ、五章で主人公が登場と言った具合になります。 ビアンカ、フローラのいずれかを選択するという、プレイヤーに大きな選択肢を与える作品でもあります。 20種類の転職とモンスターを仲間にできるシステムから、やり込み度がかなり高い作品になります。 今までのファミコン、スーパーファミコンのドット絵とは異なりポリゴンでキャラクターたちが表現され始めました。 ロトシリーズの原点となる物語でもある本作は、 ゲームバランス、ストーリーなどの完成度が高く、国内、海外問わず高い評価を得ています。 派生作品 モンスターシリーズ ナンバリングシリーズの次に人気のあるシリーズはモンスターシリーズであるとぼくは考えています。 人を戦闘させるのではなく、モンスターを戦闘させていくこちらのシリーズには、 仲間全員のレベルが最大になりやることがなくなってしまうということが発生しません。 なぜなら、ナンバリングシリーズのように限られたキャラクター達を育てるのではなく 、配合によって生まれ変わる無限のモンスターたちを育てられるからです。 そのため、 終わりのないドラゴンクエストということができます。 3DSでは、ゲームボーイで発売されていたテリーのワンダーランド、イルとルカの冒険のリメイクとジョーカーの三作品を遊ぶことができます。 基本的なシステムはどの作品も同じですが、 個人的にはイルとルカの冒険がおすすめです。

次の

ドラクエ4で結局ベストメンバーってどんなメンバーですか?

ドラクエ ds 4

僕が一番好きなのは4です。 ドラクエシリーズの中で(オンラインのXを除けば)たぶん一番プレイ時間が長いです。 4のストーリー性で好きだったのは、第一章から第四省までにそれぞれの仲間のストーリーがあって、感情移入しやすい所です。 4はとても良作だと思います。 ただ、少し残念なことはクリア後のやり込み要素が少ないことですかね…… 次にオススメなのは5ですね。 世代を越えてのRPGと言うと、俺の屍を越えてゆけ、を思い浮かべる方も多いと思いますが、僕はこっちの方が印象強いです笑 特にパパスの最期は……。 とにかくこちらも面白いです。 嫁選びはすごく迷って結局何回か繰り返して全員選びました笑 やり込みは……苦行です。 やった方はわかると思いますが、最後に仲間になる奴を育てるのが本当に大変です。 6はあまりオススメは出来ません。 ストーリーが複雑で、途中でこんがらがってしまいました。 ただ、職業システム自体はそこまで悪いものでは無かったと思います。 好きだった点は、グラフィックの派手さ、ですかね。 他作品に比べて迫力が凄いです。 個人的にはパラディンで最後に覚える技が一番好きでしたね。 また、やり込み要素は三作品の中で一番多かったです。 結論としては、総合的に4がお勧めですが、正直5と6もやる価値のある良作だと思います。 ストーリー性で選ぶなら4を、レベル上げが苦で無い人には5を、様々な特技で派手なグラフィックの戦いがしたい人には6をお勧めします。

次の

【3DS/DS】ドラクエシリーズが全作品が遊べる!!

ドラクエ ds 4

ドラゴンクエスト、通称ドラクエ。 ドラクエは日本人にとって最も人気のあるゲームソフトの一つですね。 私は当時20代なのですが、周りの30、40代の普段ゲームをしない人達も 「ドラクエだけは」と言ってプレイをしていました。 それだけ、ドラクエというゲームは日本国民に愛されています。 そんな、幅広い世代から愛されているドラクエシリーズですが、なんと 3DS一つあれば、シリーズ全作品をプレイすることができます。 なので、この記事ではドラクエの各作品を振り返りながら紹介していきたいと思います。。 また、シリーズ作品以外にもモンスターズなどの派生作品も紹介します。 まだ遊んでいない作品がある人は是非チェックしてみてください。 スポンサーリンク 目次• これらの作品は毎年連続での発売となりました。 ドラクエ1では一人の勇者のみ、2では3人の仲間での冒険、3では4人までの仲間、そして、職業に応じて自分好みのパーティを組むことができる、といった具合に シリーズが進むにつれてシステムも向上していきました。 りゅうおう、ハーゴン、シドー、バラモス、ゾーマと懐かしの魔王たちを倒すことができるのもこれらの作品です。 DS用ソフトは3DSと互換性があるので、 3DSを持っていればこれらの作品をプレイすることが可能です。 初めてプレイしたドラクエが天空シリーズという人も多いと思います。 一章ではライアン、二章ではアリーナ、五章で主人公が登場と言った具合になります。 ビアンカ、フローラのいずれかを選択するという、プレイヤーに大きな選択肢を与える作品でもあります。 20種類の転職とモンスターを仲間にできるシステムから、やり込み度がかなり高い作品になります。 今までのファミコン、スーパーファミコンのドット絵とは異なりポリゴンでキャラクターたちが表現され始めました。 ロトシリーズの原点となる物語でもある本作は、 ゲームバランス、ストーリーなどの完成度が高く、国内、海外問わず高い評価を得ています。 派生作品 モンスターシリーズ ナンバリングシリーズの次に人気のあるシリーズはモンスターシリーズであるとぼくは考えています。 人を戦闘させるのではなく、モンスターを戦闘させていくこちらのシリーズには、 仲間全員のレベルが最大になりやることがなくなってしまうということが発生しません。 なぜなら、ナンバリングシリーズのように限られたキャラクター達を育てるのではなく 、配合によって生まれ変わる無限のモンスターたちを育てられるからです。 そのため、 終わりのないドラゴンクエストということができます。 3DSでは、ゲームボーイで発売されていたテリーのワンダーランド、イルとルカの冒険のリメイクとジョーカーの三作品を遊ぶことができます。 基本的なシステムはどの作品も同じですが、 個人的にはイルとルカの冒険がおすすめです。

次の