ここ ひえ 車 中泊。 ここひえは車中泊やキャンプなど屋外でも使えるのか?

ここひえはまだ買わない!amazonでは格安の類似品がいっぱいあるから

ここ ひえ 車 中泊

車中泊かテント泊だから、快適に過ごすには・・最新の防災グッズ等も定期的に試し、良くも悪くも参考にしてもらえたらうれしい。 makuake. 車中泊かテント泊だから、快適に過ごすには・・最新の防災グッズ等も定期的に試し、良くも悪くも参考にしてもらえたらうれしい。 youtube. chagasi. r10. r10. 車中泊かテント泊だから、お金をかけずに快適に過ごすには・・最新の防災グッズも定期的に試し、参考にしてもらうのも大事だと思う。 youtube. jokersounds. chagasi. 2は MPPTで100wソーラーパネルと相性抜群!最強の発電と充電?! MaxPower ポータブル電源 PL1000J Ver. 車中泊かテント泊だから、お金をかけずに快適に過ごすには・・最新の防災グッズも定期的に試し、参考にしてもらうのも大事。 youtube. jokersounds. chagasi. 車中泊かテント泊だから、お金をかけずに快適に過ごすには・・最新の防災グッズも定期的に試し、参考にしてもらうのも大事だと考える。 youtube. jokersounds. chagasi. pakutaso. com 車中泊 エアマット 軽バン 快適に車中泊が過ごせるバッテリー。 車中泊かテント泊だから、快適に過ごすには・・最新の防災グッズも定期的に試し、参考にしてもらうのも大事だと考える。 youtube. jokersounds. chagasi. リアルな車中泊はこんな感じなのです。 車中泊かテント泊だから、お金をかけずに快適に過ごすには・・最新の防災グッズも定期的に試し、参考にしてもらうのも大事だと考える。 youtube. jokersounds. chagasi.

次の

【必見レビュー!】パーソナルクーラー「ここひえR2」2020最新版の効果を検証してみた!その評価や感想は?

ここ ひえ 車 中泊

という事で、取りあえずはパンフレットを持ち帰って、「ここひえ」とはどんな物かという事を、じっくりと調べてみる事にしました。 販売元はあの「ショップジャパン」。 変な物は売ってなさそう。 海外製品のように、「故障したけど修理がきかない」という事も無さそうですね。 (昨年、があるからなあ・・・) 「扇風機よりも涼しい 最大約-13度」という文字も気になります。 これは単なる冷風扇ではないのでしょうか。 ここはひとつ、購入して自分の目で確認してみないといけませんね。 という事で、ネットでポチッと買ってしまいました(笑) 楽天市場店で購入して、交換用のフィルターとセット(ここひえ 安心セット)で3年保証。 送料は無料でした。 単品で1台だけ購入すると保証は1年ですからね。 3年保証になり割引にもなる「ここひえ 安心セット」の方がお得という事になります。 で、自宅に届いた「ここひえ」を早速開梱。 内容は、「ここひえ」本体と電源用のUSBケーブル、そしてACアダプターというものでした。 ACアダプターは、2A供給のものが付属。 因みに、取扱説明書によると、付属のACアダプター以外にもパソコンのUSBポート(USB3. 0以上)やモバイルバッテリーも使えるとの事。 900mAが供給できるものであればOKとなっていました。 これなら色々なところに持ち出せそうですね。 (車中泊はもちろん、テント泊でも使えそう) 付属のUSBケーブルを接続して、本体にケーブルを固定。 スッキリとした見た目が好印象です。 それでは早速、「ここひえ」を運転してみる事にしましょう。 「ここひえ」は「ハイドロチルテクノロジー」という技術が使われており、水が蒸発する時の気化熱現象を利用して冷たい風を出すという仕組み。 つまり、冷風扇のように水を入れてやらないといけません。 水を入れるタンクは着脱式となっており、そこに先ずは水を入れます。 この時注意しないといけないのは、最初はフィルターが乾燥した状態なので、タンクの水が吸われて一気に水が無くなってしまうという事。 セットした直後、タンク内の水残量は早くも半分以下という感じになってしまいます。 ですので、初回や暫く使っていなかった時など、フィルターが乾燥した状態から使う場合には、すぐさま水を追加投入してやる必要がありますね。 では早速実験を。 室温が24. 6度の状態で「ここひえ」の運転をスタートさせました。 ここから果たして、どれだけ冷やす事ができるのか? 因みに、このサイズで空間を冷やす能力を期待してはいけません。 という事で、吹き出し口がどれだけ冷たくなるのか? のテストを行いました。 温湿度計が内蔵されている電波時計を「ここひえ」の前にセット。 それから約一時間放置させておくと? 温度はナント、19. 8度を表示していました。 その差、約マイナス5度。 なかなかの実力ではないでしょうか。 ただし、湿度は84%と、開始時の54%に比べて大幅に上昇していました。 そうですね、「ここひえ」の前にいるとスポットクーラー的に確かに涼しいのですが、滝の近くで涼んでいるような湿度も感じます。 これ、周辺の温度と湿度次第では、逆に暑く感じられるかもしれません。 あと、風量が「強」「中」「弱」とあるものの、このサイズの扇風機に比べたら全然風量が足りません。 そして煩すぎます。 個人的に、「強」は煩くて使えないレベル。 「中」が一番実用的だと思いますが、それでも静かなオフィス等で使ったら気になるでしょう。 私は今職場で使っていますが、「中」でもちょっと気を使います。 (特に、計測器の電源が入っていない時) なお、「弱」であれば音は殆ど気になりません。 もしかしたら、寝る時に枕元に置き、「弱」にして使うのが一番ベストな使い方なのかもしれません。 (という事は、車中泊向き?) あと、「連続運転時間:約8時間」となっていますが、8時間も使えるのは「弱」の時だけ。 「中」だと大体、2. 5時間でタンクが空っぽになっていました。 まあそんな感じパーソナルクーラーとは言い難い物ですが、使えなくもありません。 モバイルバッテリーで使えるというのも魅力でしょう。 風呂上がりなど、一気に涼みたい場合には静かで風量のあるDCモーター扇風機の方が絶対にオススメ。 ですが、静かに涼みたい場合には「ここひえ」もアリかもしれません。 (風は扇風機よりも冷たい) いずれにせよ、扇風機と併用して使った方が良さそうですね。

次の

車中泊快適化|クーラーは冷風扇×ダブル除菌!ここひえとの違い NexFan Ultraの動画

ここ ひえ 車 中泊

車中泊やってみたいけど、どのくらいの気温なら快適なのか?• 夏暑かったり、冬寒いのがこわい。 天気予報を見て、どう判断したらいいかわからない。 私は一年を通して、車中泊で、この気温だとこうなった、という豊富な経験がありますので、 全てまとめてみたいと思います。 最低気温に細心の注意を払う まず、車中泊する時は最低気温を気にしましょう。 特に冬は、昼間そんなに寒くなくても、 明け方にめちゃくちゃ冷え込む、なんてことがあります。 そのような時に、昼間暖かかったからと油断していると、 凍えて飛び起きることになります。 3度〜20度くらいがおすすめ 最低気温3〜20度くらいは、車中泊に最も適した気温です。 概ね、家で寝る時と同じような寝具を用意すれば、 寝るのは難しくないです。 もちろん、車の中ではしっかりとした厚みのマットを用意するのを忘れないでくださいね。 また、きちんとした断熱効果のあるシェードを窓に貼る必要もあります。 窓ガラスからどんどん熱が逃げます。 シェードを使わないと、車内も丸見えですし、 必須アイテムですよ。 冬…十分注意しないと凍えます 0度近くなってきたり、氷点下になると、家と同じ感覚で 厚い掛け布団を用意するだけでは、 凍えてしまう可能性が出てきます。 何故かというと、 家の中よりも車の中の方が早く冷えてしまい、 その空気を口から吸い込むことで体の芯が冷えてしまうのです。 私は、電気毛布まで用意していたにもかかわらず、 凍えてしまったという事がありました。 なので、頭と口を必ず覆うようにしてください。 そうすれば、吸い込む空気が冷たくなるのを防ぎ、 気持よく寝られます。 また、なるべくドアや壁にくっつかないようにしてください。 家に比べて、車は断熱されていないので、やたら冷えています。 窓ガラスも、断熱シェードで必ず覆うようにしてください。 熱気は窓ガラスから一番抜けていきます。 ただでさえ寒いので、ここはきっちりと行ってください。 足が冷えて困る場合は、湯たんぽがものすごい威力を発揮します。 下手に電気毛布などを使うよりも効果が高いです。 夏…思い切って諦めるか、EVなどを活用するのもあり 最低気温25度くらいになると、 暑さ対策を本気で考えないといけないレベルです。 どのくらいまで行けるかは多少個人差がありますが、 正直、 夏の暑さに対抗できる決定打はない というのが私の意見です。 よくあるテクニックで、窓を開けてそこに網を貼るというのがありますが、 正直言って防犯面でかなり不安が残ります。 網を切るのは非常に簡単ですから。 また、周りの音がモロに入ってきますし、 神経質な場合は気になってしまいます。 (はい、私です) そもそも、多少風通しを確保したところで、 もともとの空気が暑いわけですから、 暑さを完全に防げるというわけではありません。 車内空間に余裕があれば、 サブバッテリーシステムを搭載して、 小型エアコンを持ち込むという技が取れますが、 かなり大変で、すべての車でできるわけではありません。 冷え蔵という、氷を使ったポータブルクーラーも試してみましたが、 気休めかなぁといった程度です。 氷は一晩持たないですし。

次の