東京ラブストーリー 2020 全何話。 東京ラブストーリー(1991年版)を観た感想/ネタバレ|さとみよ、今おでん持ってくる?

ハケンの品格2020は延期後いつから放送開始?全何話で最終回はいつ?

東京ラブストーリー 2020 全何話

「元祖月9」として高い人気を誇った90年代トレンディ・ドラマを代表する「東京ラブストーリー」が、現代版となって29年ぶりに制作されることがわかった。 2020年春よりフジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」とAmazon Prime Videoにて配信される。 「東京ラブストーリー」は、柴門ふみ原作の漫画が1988年より「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載され、その後1991年にフジテレビでドラマ化されて人気を博した作品。 織田裕二演じる「カンチ」こと永尾完治と鈴木保奈美演じる赤名リカの切ないラヴ・ストーリーが当時社会現象となり、その後も90年代恋愛ドラマの金字塔とも言える不朽の名作として語り継がれている。 今回、29年ぶりに制作される現代版「東京ラブストーリー」の主演は、ドラマ、映画、CMなど各方面で活躍中の伊藤健太郎。 素直で優しいがちょっと優柔不断な永尾完治を、若い世代のみならず幅広い層から人気を集める伊藤が演じる。 明るく情熱的なヒロインの赤名リカを演じるのは、主に映画や舞台、ドラマにも出演し、凛とした存在感のある石橋静河。 完治の同級生で女たらしの医学生 三上健一役には、NHK連続テレビ小説「なつぞら」でブレイクし、現在フジテレビで放送中の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演中の清原翔。 同じく完治の同級生で完治が想いを寄せている関口さとみ役には、E-girlsのパフォーマーを務めるだけでなく、CM、ドラマなど女優としても活躍している石井杏奈。 これらのフレッシュな魅力あふれるキャストで新たに生まれ変わる「東京ラブストーリー」に期待が高まる。 なお、今回の発表に寄せてメイン・キャストの4人と原作者 柴門ふみ、企画プロデュースの清水一幸よりコメントが届いている。 誰もが知っている『東京ラブストーリー』で完治をやらせていただける事をとても光栄に思いました。 撮影は、繊細で、真っすぐすぎる性格ゆえに、他人も自分も傷つけながらも一生懸命生きていくリカと一緒に傷つき、喜び、涙した毎日でした。 リカと向き合うのはとてもエネルギーが要りましたが、こんなにも素敵な女性を演じることができて、幸せでした。 最近ではここまで恋愛について描いている作品が少ないと思っていて、この作品を通して僕自身、色々考えさせられることがありました。 共感できる部分、できない部分もあって、観ていただく方それぞれによって感じ方が違うものだと思います。 僕自身とても考えて考えて、三上という人間に挑ませていただきました。 皆さんの目にはどう映るのか、楽しみです。 そして今、このキャストの皆さんで、『東京ラブストーリー』という作品をつくれたことを嬉しく思います。 期待していてください。 自分があの世界に入れるなんて夢にも思っていなかったので、とても嬉しかったです!どのような作品になるのか、凄くワクワクしました。 台本を読んだ時に素直に関口さとみへの共感が多かったので、実際演じる時もその共感した事を意識しながらお芝居しました。 いろんなシーンがありましたが、学びもあり楽しかったです!このドラマは、東京の地で揺れ動く4人の心が綺麗に複雑に素敵に描かれています。 今回のドラマ化ではキャラクターは活かしつつ舞台は現代ということで、原作にはないスマホやSNSも当然登場することでしょう。 東京も随分様変わりしました。 スタバもユニクロも無かった時代で、カンチも三上も煙草を吸っていました。 当時17歳の高校生でした。 それから29年後にまさか自分が制作することになるなんて…と、感慨深い思いと計り知れないプレッシャーを持ちながら制作しました。 若い方々には初めての、昔を知っている方々には懐かしさ交じりの新しい気持ちを持ってとにかく多くの方々に観ていただければと思います。

次の

伊藤健太郎主演で『東京ラブストーリー』が再びドラマに 2020年春にFOD/Amazon Prime Videoにて配信へ

東京ラブストーリー 2020 全何話

広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となり東京へやってきた。 部長の和賀(眞島秀和)から赤名リカ(石橋静河)を紹介され、リカが完治の仕事の面倒を見ることに。 完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。 完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡がある。 リカが店にやってくると、三上は一緒に飲もうと誘う。 この夜がきっかけとなり、同級生3人の交流が再び始まり、完治とリカの関係も単なる仕事仲間から次第に変化し始めていく…。 「東京の女」 広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京の営業部に配属となり東京へやってきた。 同僚の赤名リカ(石橋静河)が完治の仕事の面倒を見ることに。 完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。 完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡があり、四人は一緒に飲むことになる。 その帰り道、いきなり「カンチ、キスしよっか」とリカから言われドギマギする完治。 「じゃあ代わりにランチごちそうして!」と積極的なリカ。 しかし、リカは上司の和賀(眞島秀和)と関係があると社内で噂されているからやめておいた方がいいと言われる。 「はじまりは恋ではなく」 完治(伊藤健太郎)は、関口(石井杏奈)への想いを断ち切れぬまま、昨夜リカ(石橋静河)に突然キスされたことを思い出しながら悶々とした日々を送っていた。 一方、互いの気持ちを確かめあった三上(清原翔)と関口であったが、三上から今後の二人の関係に関する明確な言葉はなかった。 そんなある日、完治の家に三上が遊びにきた。 三上は「関口の事、本当にいいのか?」と聞くが、完治はモゴモゴと口ごもるだけ。 数日後、四人でまた飲むことになるのだが…。 「逢えない時間」 一夜を共にした完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)だったが、朝起きるとリカの姿はなかった。 どんな顔をしてリカに会えばいいのか分からず出社する完治だったが、無神経な一言でリカを怒らせてしまう。 そんな折、リカが現場の足場から落ちて緊急搬送されたという連絡が入り、完治は慌てて病院に走るのだった。 一方、付き合い始めた三上(清原翔)と関口(石井杏奈)は幸せな日々を送っていたが、ある日三上の鞄から見覚えのあるアクセサリーの入った箱を見つける。 自分へのプレゼントだと思い楽しみにしていたが、数日後鞄の中のアクセサリーは無くなっていた…。 「雨傘と嘘」 完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)は付き合うことになり、仕事終わりにディナーの約束をする。 関口は前の晩、連絡のつかなかった三上(清原翔)に悶々としていた。 そんな時、三上のケータイに長崎尚子(高田里穂)という知らない女から「昨日はごちそうさまでした」という連絡があり、こっそり見てしまう。 たまらなくなった関口は完治に連絡するのだが、リカとの約束がある完治は困ってしまい…。 「二人で描く未来」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)との約束をドタキャンし、だまってさとみ(石井杏奈)と会っていたことがバレてしまい、リカに無視される日々。 完治はリカと仲直りしようとリカの好きなものを手土産に出張帰りのリカに会いに行き、無事に仲直りを果たす。 翌日、二人は会社をずる休みをしてデートすることにする。 三上とさとみも一時はケンカをしたものの仲直りをし、平穏な日々を送っていた。 ある日、さとみは三上がケータイを自分の家に忘れていったことに気づき、三上がいる大学病院にケータイを届けることにするのだが…。 「繋がる思い、離れる心」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)にもうすぐ誕生日であることを伝えるが「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてしまう。 恋人として一緒に過ごしたいと思う完治はモヤモヤが取れないままだった。 完治は盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いにいき、三上(清原翔)と一緒に暮らすことにしたと聞き応援する。 br ある日曜日。 完治はリカと約束していたパーティーに出席し、リカのドレスアップした姿に見惚れつつ、現代アーティストのアルヴィン・ヤン(フィガロ・ツェン)と英語で楽しそうに話すリカの姿を完治は複雑な表情で見つめるのだった。 「それぞれの覚悟」 完治(伊藤健太郎)が家に帰ると部屋が飾り付けられていた。 リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。 完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。 一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。 三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。 そして、完治はリカが突然辞表を出したと和賀(眞島秀和)に聞き、一番に相談してもらえなかったことにショックを受け、気持ちをリカにぶつけるのだが…。 「すれ違う想い」 完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「ニューヨークに行く」と突然伝えられ、困惑する。 だが、完治は行かないでほしいという気持ちを抑え、リカの意志を尊重するべく、送り出すことにする。 会社を辞めたリカは出発までの間、完治の家で一緒に暮らすことに。 そんな折、完治は責任ある仕事を任され、チャンスを手にする。 一方、三上(清原翔)は父親の訃報を聞き、葬儀に出席するため実家の愛媛に帰るのだった。 母親から父親の本当の気持ちを伝えられた三上は医師になる決心をする。 そして、そんな三上を心配したさとみ(石井杏奈)は完治に三上を飲みにでも誘ってあげてほしいとお願いするのだが…。 「遠く離れても」 完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「リカは自分の事しか考えていない」と思わず言ってしまう。 リカは「ニューヨークに行く! 」と言い残し、完治の家を飛び出した。 完治はリカを探しあて、なんとか仲直りをして送り出すことが出来た。 一方、三上(清原翔)と別れたさとみ(石井杏奈)は、急遽来れなくなったトキコ(手島実優)の代わりに完治を映画に誘う。 気分転換に誘いを受けた完治だったが、映画館で三上と長崎(高田里穂)に出くわしてしまい…。 「秘密」 完治(伊藤健太郎)は突然帰ってきたリカ(石橋静河)に困惑していた。 リカは以前のように完治にずる休みをしてデートしようと提案するが、完治はリカを避けるようになっていた。 ある日リカは、さとみ(石井杏奈)にNY土産を渡しに会いに行くが、そこで完治とキスをしたことを聞く。 リカは完治に「ニューヨークに戻ることになった」と嘘をつき、完治の家を飛び出した。 そして街で偶然和賀(眞島秀和)と再会するのだった…。 一方、三上 清原翔 は長崎 高田里穂 の両親に会いに行き、結婚話を切り出すのだが…。 「ただ、そこにあるもの」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)が妊娠していることを知り、なんで相談してくれなかったのかと問い詰める。 しかし、リカに「急に別れてほしいと言われて、言えるはずがない。 この赤名リカが」と言われ、言葉を失う。 完治は三上(清原翔)に相談するが、一方三上も長崎 高田里穂 から結婚の話はなかったことにしてほしいと言われていた。 やがて、完治は和賀(眞島秀和)から「リカにプロポーズした」と伝えられる。 リカからも「和賀と結婚する」と聞いていた完治だったが、リカが突如姿を消してしまう…。 CAST• 永尾 完治 ・・・ 伊藤 健太郎 愛媛県出身、完治と三上の高校の同級生。 東京の保育園で働いている。 真面目で誠実、常識的で保守的な優等生。 自分では認めたがらないが、高校時代から密かに三上に恋心を抱いていた。 長崎 尚子 ・・・ 高田 里穂• 北川 トキコ ・・・ 手島 実優• 和賀 夏樹 ・・・ 眞島 秀和 STAFF• 原作 ・・・柴門 ふみ• 脚本 ・・・北川 亜矢子• 音楽 ・・・戸田 信子• 主題歌 ・・・Vaundy「灯火」(SDR)• 企画・プロデュース ・・・清水 一幸• プロデューサー ・・・森谷 雄/森本 友里恵• 監督 ・・・三木 康一郎/永田 琴/山本 透• 制作協力 ・・・アットムービー• 制作著作 ・・・フジテレビジョン Twitter.

次の

ドラマ『東京ラブストーリー』(2020)が配信開始!キャストやあらすじが気になる【FOD・amazonプライムで動画配信】

東京ラブストーリー 2020 全何話

去年かな?夕方の再放送で初めて全部観たけれど、 内容は、そんなに流行ったんだ、、、って感じ。 でも、そんな時代だったかも。 滅茶苦茶だったけど、鈴木さんのリカが可愛い、いじらしい。 当時有森さんの役が嫌われてしまったのも、納得。 バブルの臭いのするドラマ、服装も性格も時代だなぁ。 それを令和の時代にどうするの? 新しい作品を作るつもりなら、過去の作品に頼らないで欲しい。 配役も正直微妙。 すれ違いドラマ、昔だからありの気がする。 まさか、LINEの読み間違え的なすれ違いをするのだけはやめて欲しい。 役者の切ない表情だけでは、ドラマは成り立たない。 昭和から平成初期のドラマの勢いって何だったのだろう。 特に、トレンディドラマって。 何だったんだろう。 怖いもの見たさで、どうせなら色んなドラマの再放送をして欲しいかも。 私、東京ラブストーリーが大好きで過去のドラマの中で1番大好きだと思うくらいの名作だと思っています。 だからなのかもしれませんが、まずキャストなぜこの人達にしたのかショックでなりません。 特にリカ!!! どのシーンを見ても鈴木保奈美さんと比べてしまいます。 カンチもダメダメですが。。。 そんなに嫌なら見なきゃいいんですが、初代ラブストーリー好きすぎるので気になってみてしまう。 でも、見るとイライラ 笑 結論、リメイクしないで欲しかった。 前作は見たくなるキャスティングだった。 今回の配役は全員微妙。 カンチ、どこの若造? やはりスキャンダルも出しているから魅力ない。 騒がれる前の出演作には、切ない表情とか、誠実そうな役柄に興味を持ったけど、みんな10代の役、 その後のテレビ出演が増え、誠実な人柄はどこかに消えてしまった。 意気がっている若者に、カンチはやらないで欲しかった。 でもカンチより同級生二人の陰湿そうな雰囲気は何なの? ちょっと暗い。 江口くんの俺様は許せたけど、今回はどうだろう? さとみ役の人は、地味過ぎる。 でも、リカ役の石橋さんは、今までのイメージがどこかに吹っ飛び、リカでもありかなぁと思えてきた。 それと、不思議なダンスのCMもなんだか好きだからかも。 天真爛漫な鈴木さんとは違う、リカに興味が出てきた。 でも一人だけ生き生きしていても、周りが。 正直、もう2、3年俳優歴を積んだ人達にやって欲しかった。 それと、多分懐かしいと見たくなる年代だけど、 このドラマ、あの時代には勢いはあった。 でも、内容は結構ドロドロだったし、カンチについては、ふざけるな!って思った。 振り回していたリカが健気に見えた。 今の時代に合うのかなぁ? 「すれ違い」なんてキーワードもないしね。

次の