回線速度 計測。 2020年インターネット光回線の速度測定ツール 厳選診断テスト9選

2020年インターネット光回線の速度測定ツール 厳選診断テスト9選

回線速度 計測

速度測定について• 現在ご利用されているインターネット回線 IPv6 の速度測定を行うことができます。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Supported」と表示された場合は、IPv6で接続されています。 速度測定をご希望の方は、「SPEED TEST」をクリック後、測定する内容を設定して速度測定を行ってください。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Not supported」と表示された場合は、IPv6接続されていないので速度測定 SPEED TEST をご利用いただけません。 現在So-netのインターネット接続サービスをご利用中の方で、速度測定画面のプロバイダー項目に以下の通り表示された場合は、IPoE方式にてインターネット接続をご利用中です。 速度測定を行う際は、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。 スマートフォンで測定を行う場合、機種によっては速度測定ができないことがあります。 測定設定について 測定方向• 下り:Webページ閲覧や動画視聴など、ファイルをダウンロードする際の速度を測定します• 上り:画像のアップロードなど、ファイルをアップロードする際の速度を測定します• 両方向:下りと上りの両方の速度測定をします 測定精度 速度測定の精度を選択します。 「高」を選択すると時間がかかりますが、測定の精度が高くなります。 測定クライアント 「JavaScript」と「Javaアプレット」の2つの測定クライアントを選択します。 「Javaアプレット」はより精度の高い測定ができますが、ブラウザの種類、Javaのインストール状況などにより選択できないことがあります。 測定クライアントの詳細は、「」をご覧ください。 測定クライアントについて JavaScriptでの測定• スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。 JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。 Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。 Javaアプレットでの測定• ブラウザの種類によりJavaアプレットが利用できないものがあります。 動作環境によりページ表示時にセキュリティ警告が表示される場合があります。 警告が表示された場合はをご覧ください。 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。 上記のブラウザでは最新のJavaをインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。 測定が正しく行われない場合• ブラウザのキャッシュの不具合によりエラーとなる場合があります。 測定ページを一度閉じて、キャッシュをクリアーしてから、再度測定をお試しください。 JavaScriptでの測定時にブラウザのタブの切り替え等を行うと、ブラウザの休止機能により測定がエラー 測定ページが表示されない状態 となる場合があります。 測定エラーの詳細はをご覧ください。 用語について 速度 単位の「k」は1,000倍、「M」は1,000,000倍として使用しております。 測定品質 安定した状態で測定できたかどうかを表します。 回線の品質を表すわけではございませんのでご注意ください。 接続数 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、複数のセッション 論理回線 を使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 複数のセッションで計測することにより、単一のセッションで計測するよりも正確な速度を算出しやすく、実際のお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度を測定できます。 接続数は通信状況から最適な数に自動的に調整され、測定に使用したセッション数が測定結果に表示されます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。 Javaアプレットで測定時の注意事項 一部環境で最新版のJavaを導入した後、Javaが表示されない場合があります。 対策 Javaを全て削除 アンインストール し、最新版を再インストールしてください。 このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールせずに、バージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールされていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 測定エラーについて 初期化失敗、測定失敗 エラー番号310~410の場合は下1桁の値により以下のようなことが考えられます。 下1桁の詳細に関しましては下記をご参照ください。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題です。 URLのアドレスの解決に失敗やセキュリティーなどの問題により測定サーバーと通信を確立できないケースが考えられます。 エラー番号XX4、XX5、XX6、XX7 まれにXX2、XX9 通信上の障害です。 エラー番号に関しては障害が発生するタイミングにより変わってきます。 一番多いケースは通信の接続そのものが不安定なケースです。 ADSLなどではノイズの問題でこのようになるケースも多いですし、無線LANなどを使い電波の状況が悪いケースなどにこうした状況になります。 その他に以下のような理由で問題が発生した例があります。 ルーターのバグ1機種で確認されています 既に改修されているようです。 大きなサイズの通信を正しく管理できていないような不具合でした。 ブラウザのキャッシュの管理などの不具合キャッシュのクリアーで問題を解決できます。 ファイアーウォール等の設定による問題ファイアーウォール等のソフトが通信を遮断する場合にこのエラーとなる場合があります。 エラー番号XX2 サーバーとの初期通信に失敗しました。 サーバーが正常に稼働していない可能性があります。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題 エラー番号XX2 WebSocketのハンドシェイク中の問題 エラー番号XX4 データ送信時の問題エラー番号XX5データ受信時の問題 エラー番号XX6 不正データの受信 測定データの受信の未完了や不正な制御データ受信など エラー番号XX7 通信が意図せず切断した エラー番号XX9 その他の通信失敗• 申し訳ございません。 測定条件が設定できませんでした 通信が不安定な場合に測定のために必要なシステム内の条件設定に失敗することがあります。 特定のクライアントにおいてこの現象が繰り返される場合、ブラウザやセキュリティー対策関係のソフトなどのご利用との相性の可能性などが考えられます。 サーバーに接続できません システム環境の制限のため、測定サーバーに接続できない可能性があります。 測定時間切れです 測定システムで設定されている測定時間の制限の中で測定を終了できなかった場合に表示されます。 通信速度が不安定で適切な測定条件を設定できなかった場合や著しく低速な回線などデータの送信受信に大きな時間を要する場合などに発生する可能性があります。 クライアント情報期限切れ サーバー側に保存されたクライアントに関する情報の有効期限等に関する問題です。 ページをリロードしてください。 その他のエラーメッセージ 測定システムが正常に稼働している場合、通常は発生しません。 ページのリロードを試し解消されない場合はブラウザを一旦終了し、ブラウザのキャッシュをクリアーし、ページを再度読み込み直してください。

次の

みんなのネット回線速度(みんそく)

回線速度 計測

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の

速度測定

回線速度 計測

速度測定について• 現在ご利用されているインターネット回線 IPv6 の速度測定を行うことができます。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Supported」と表示された場合は、IPv6で接続されています。 速度測定をご希望の方は、「SPEED TEST」をクリック後、測定する内容を設定して速度測定を行ってください。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Not supported」と表示された場合は、IPv6接続されていないので速度測定 SPEED TEST をご利用いただけません。 現在So-netのインターネット接続サービスをご利用中の方で、速度測定画面のプロバイダー項目に以下の通り表示された場合は、IPoE方式にてインターネット接続をご利用中です。 速度測定を行う際は、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。 スマートフォンで測定を行う場合、機種によっては速度測定ができないことがあります。 測定設定について 測定方向• 下り:Webページ閲覧や動画視聴など、ファイルをダウンロードする際の速度を測定します• 上り:画像のアップロードなど、ファイルをアップロードする際の速度を測定します• 両方向:下りと上りの両方の速度測定をします 測定精度 速度測定の精度を選択します。 「高」を選択すると時間がかかりますが、測定の精度が高くなります。 測定クライアント 「JavaScript」と「Javaアプレット」の2つの測定クライアントを選択します。 「Javaアプレット」はより精度の高い測定ができますが、ブラウザの種類、Javaのインストール状況などにより選択できないことがあります。 測定クライアントの詳細は、「」をご覧ください。 測定クライアントについて JavaScriptでの測定• スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。 JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。 Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。 Javaアプレットでの測定• ブラウザの種類によりJavaアプレットが利用できないものがあります。 動作環境によりページ表示時にセキュリティ警告が表示される場合があります。 警告が表示された場合はをご覧ください。 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。 上記のブラウザでは最新のJavaをインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。 測定が正しく行われない場合• ブラウザのキャッシュの不具合によりエラーとなる場合があります。 測定ページを一度閉じて、キャッシュをクリアーしてから、再度測定をお試しください。 JavaScriptでの測定時にブラウザのタブの切り替え等を行うと、ブラウザの休止機能により測定がエラー 測定ページが表示されない状態 となる場合があります。 測定エラーの詳細はをご覧ください。 用語について 速度 単位の「k」は1,000倍、「M」は1,000,000倍として使用しております。 測定品質 安定した状態で測定できたかどうかを表します。 回線の品質を表すわけではございませんのでご注意ください。 接続数 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、複数のセッション 論理回線 を使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 複数のセッションで計測することにより、単一のセッションで計測するよりも正確な速度を算出しやすく、実際のお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度を測定できます。 接続数は通信状況から最適な数に自動的に調整され、測定に使用したセッション数が測定結果に表示されます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。 Javaアプレットで測定時の注意事項 一部環境で最新版のJavaを導入した後、Javaが表示されない場合があります。 対策 Javaを全て削除 アンインストール し、最新版を再インストールしてください。 このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールせずに、バージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールされていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 測定エラーについて 初期化失敗、測定失敗 エラー番号310~410の場合は下1桁の値により以下のようなことが考えられます。 下1桁の詳細に関しましては下記をご参照ください。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題です。 URLのアドレスの解決に失敗やセキュリティーなどの問題により測定サーバーと通信を確立できないケースが考えられます。 エラー番号XX4、XX5、XX6、XX7 まれにXX2、XX9 通信上の障害です。 エラー番号に関しては障害が発生するタイミングにより変わってきます。 一番多いケースは通信の接続そのものが不安定なケースです。 ADSLなどではノイズの問題でこのようになるケースも多いですし、無線LANなどを使い電波の状況が悪いケースなどにこうした状況になります。 その他に以下のような理由で問題が発生した例があります。 ルーターのバグ1機種で確認されています 既に改修されているようです。 大きなサイズの通信を正しく管理できていないような不具合でした。 ブラウザのキャッシュの管理などの不具合キャッシュのクリアーで問題を解決できます。 ファイアーウォール等の設定による問題ファイアーウォール等のソフトが通信を遮断する場合にこのエラーとなる場合があります。 エラー番号XX2 サーバーとの初期通信に失敗しました。 サーバーが正常に稼働していない可能性があります。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題 エラー番号XX2 WebSocketのハンドシェイク中の問題 エラー番号XX4 データ送信時の問題エラー番号XX5データ受信時の問題 エラー番号XX6 不正データの受信 測定データの受信の未完了や不正な制御データ受信など エラー番号XX7 通信が意図せず切断した エラー番号XX9 その他の通信失敗• 申し訳ございません。 測定条件が設定できませんでした 通信が不安定な場合に測定のために必要なシステム内の条件設定に失敗することがあります。 特定のクライアントにおいてこの現象が繰り返される場合、ブラウザやセキュリティー対策関係のソフトなどのご利用との相性の可能性などが考えられます。 サーバーに接続できません システム環境の制限のため、測定サーバーに接続できない可能性があります。 測定時間切れです 測定システムで設定されている測定時間の制限の中で測定を終了できなかった場合に表示されます。 通信速度が不安定で適切な測定条件を設定できなかった場合や著しく低速な回線などデータの送信受信に大きな時間を要する場合などに発生する可能性があります。 クライアント情報期限切れ サーバー側に保存されたクライアントに関する情報の有効期限等に関する問題です。 ページをリロードしてください。 その他のエラーメッセージ 測定システムが正常に稼働している場合、通常は発生しません。 ページのリロードを試し解消されない場合はブラウザを一旦終了し、ブラウザのキャッシュをクリアーし、ページを再度読み込み直してください。

次の