ダイマックス 対策。 カビゴン育成論 : キョダイ質量は止まらない!ダイマエース!キョダイカビゴン!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ラプラスの対策【オーロラベール】

ダイマックス 対策

確実にねむり状態にする強力な技 次のターン終了時に『ねむり』にする あくびの効果は、あくびをした 次のターンの終了時に相手を『ねむり』状態にします。 この『次のターン終了時にねむりになる状態』のことを『ねむけ』状態と呼びます。 次のターンの終了時に眠るので、相手は 眠るまでに2回行動することができます。 交代したら効果が切れる なお、眠る前に相手ポケモンが 交代した場合は効果が切れます。 あくびをした側のポケモンは交代しても関係ありません。 同じ相手に連続で使うと失敗する ちょっと分かりづらいですが、あくびを受けてから眠るまでの間は、再度あくびを受けても技は失敗します。 例えば、ラムの実を持っている相手に対してあくびをするケース。 1ターン目にあくび 成功• 相手は交代せず行動• 2ターン目にあくび 失敗• 相手は交代せず行動• 仮に2ターン目に相手ポケモンが交代した場合は、交代先のポケモンにあくびが成功します。 ダイマックスにも有効 ダイマックス状態だと無効になる技が多い中、 あくびはダイマックス相手にも有効です。 対戦環境が整い始めてからあくび持ちの人気が急上昇してきたのは、ダイマックスを流せるのが大きな要因でしょう。 あくびを使うポケモン ソードシールドに登場する、あくびを使う代表的なポケモンを紹介します。 カバルドン• ブラッキー• ヌオー• カビゴン• トリトドン• シャワーズ 相手がこれらのポケモンを出してきたら、あくびを警戒しましょう。 あくびステロの組み合わせは鬼 あくびの対策 『あくび』は厄介な技ですが、対策する方法は色々あります。 対策には対面限定で有効なものと、後出しからでも有効なものの2パターンが存在します。 ちょうはつ 相手の変化技を封じる『ちょうはつ』は代表的なあくび対策です。 あくび持ちポケモンの多くは変化技メインのため、 挑発を撃たれると置き物状態になります。 ただし挑発のデメリットとして、 後出しからでは対策にならない点が挙げられます。 相手が『あくび』したのを見てから挑発持ちに交代しても、結局あくびループに持ち込まれてしまいます。 みがわり あくびはみがわりを貫通しない為、先攻でみがわりを使うことで逆に相手を起点にできます。 ただし、挑発と同様に 後出しからは使えませんので、対面時限定の対策です。 また、カバルドンは多くの場合『ふきとばし』を持っている為、みがわりを張ったからといって油断はできません。 ラムの実・カゴの実 後出しからでもあくびを無効化できる最も手軽な選択肢です。 状態異常を無効化するラムの実や、ねむり状態を無効化するカゴの実を持ったポケモンを交代で繰り出します。 次のターンで積み技を使うなり、攻撃して倒すなり好きに行動しましょう。 ラム持ちギャラドスを出して竜舞とか マジックミラー持ち あくびは特性『マジックミラー』で反射できます。 エーフィ、ネイティオ、ブリムオンなどが代表的です。 あくびを反射すると 相手側が逆にねむり状態になるため、マジックミラー持ちポケモンがパーティにいるだけで抑止力になります。 かえんだま・どくどくだま 眠る前に こちらから状態異常になってしまうという手段もあります。 ミロカロスやローブシン、ランクルスなど、『かえんだま』を有効活用できるポケモンで使える対策です。 場に出たターンの終了時に状態異常になる為、 後出しからあくびを無力化することができます。 ボルトチェンジ・とんぼがえり 『ボルトチェンジ』や『とんぼがえり』など、相手にダメージを与えつつ交代できる技を使うと、あくびループに付き合いながらもダメージを与えられます。 後出しからでも有効な手段ですが、攻撃に合わせて『まもる』を使われると 交代できずにねむり状態になってしまうので注意が必要です。

次の

ダイマックスとは (ダイマックスとは) [単語記事]

ダイマックス 対策

「きあいのタスキ」による行動保証の恩恵を受け、対面で確実に1匹持って行ける型となります。 主にドラゴン・格闘・悪タイプを倒すための武器として役立つ技。 受け崩しの武器として起用。 ギャラドスや水ロトムも対象に含められるため、非常に強力。 くろいヘドロ持ちゲンガー 性格 おくびょう 努力値 HP204 特攻52 素早さ252 実数値 HP161-攻撃76-防御80-特攻157-特防95-素早さ178 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 道具「くろいヘドロ」を持った相手に嫌がらせをしながら戦う「ゲンガー」です。 耐久調整は技「おにび」込みで 「アイアント」の「ダイスチル アイアンヘッド 」を確定3発まで耐えることができます。 素早さは最速調整なので、アイアントよりも早く動けるためダイマックスターンを稼げるのが強みと言えます。 現環境では、ダイマックスターンを枯らす仕事や、技「こごえるかぜ」「おにび」による後続サポートがメインの立ち回りとなります。 後続のサポートをする 「ゲンガー」は技範囲が広いことからサポートに周ることも可能です。 技「おにび」で相手からのダメージを減らしたり、技「こごえるかぜ」で素早さを下げる動きも強力です。 ゲンガーの対策 素早さの高いポケモンで弱点をつく 「ゲンガー」の魅力である高い素早さ種族値も、より素早いポケモンで対策してしまえば何ら問題ありません。 元々耐久の高いポケモンではないことから、高火力で上から殴る方法が一番ゲンガーを倒しやすいと言えます。 おすすめは特性「いたずらごころ」を持ったポケモンで、上から技「ちょうはつ」や「アンコール」を撃ち技を縛る動きです。

次の

【ポケモンソードシールド】巨大マックスしたカビゴンが倒せない!対策ポケモンとは?

ダイマックス 対策

管理人がプレイしているのはソードバージョンです。 こんにちは!ユウキ()です。 今回は、巨大マックスしたカビゴンの攻略法について紹介していきたいと思います。 レイドバトルは仲間ポケモンに地雷が多いため、運要素が強いのですが、壁を張ったり相手のステータスを下げることで勝率を上げることができます。 対策ポケモン 今回紹介するポケモンは、ジュラルドンです。 攻守共に優れており、サポートわざも使えるうえに、カビゴンに有効なかくとうタイプのわざも覚えます。 勝率は、 4戦中3勝1敗と言ったところ。 覚えさせるわざは下記の通りです。 ラスターカノン• ワイドブレイカー• かわらわり• リフレクター 「かわらわり」は、わざマシン43で覚えさせましょう。 入手場所は8番道路です。 「リフレクター」は、わざマシン18で覚えます。 入手場所は、 エンジンシティの左上にあるポケモンセンターで購入できます。 持ち物は、かくとうタイプのわざの威力が上がる 「くろおび」を持たせてください。 入手場所は9番道路ですね。 ジュラルドンの入手方法 ジュラルドンは、クリア後に 「きょじんのこしかけ」の奥にシンボルエンカウントで出現します。 また、10番道路のキャンプ横でもシンボルエンカウントで出現します。 こちらはクリア前でも出現しますが、 低確率なので、そらとぶタクシーで何度も出入りしましょう。 ジュラルドンの育成方法 まずはジュラルドンをレベル100まで上げ、バトルタワーの 「すごいとっくん」で、こうげきの個体値を上げておきます。 ぎんのおうかんが1個必要なので、穴掘り兄弟(左の人)で発掘しましょう。 次にシュートシティのポケモンセンターで、 タウリンを25個、ブロムキシヘンを10個購入して、ジュラルドンに使用します。 ダイマックスレベルは上げなくてもOKです。 性格は、 こうげきが上がるものなら何でも構いません。 これで準備は完了です! 巨大マックスしたカビゴンの攻略法 まずは 「リフレクター」で、 仲間ポケモンのぼうぎょを上げておきます。 次に 「ワイドブレイカー」で、カビゴンのこうげきを下げましょう。 いきなりダイマックスは使わずに、仲間ポケモンのサポートとこうげきを同時に行うと、 勝率が一気に上がります。 ダイマックスできるようになるまでは、 「かわらわり」でカビゴンのシールドを削っていきましょう。 1回目のカビゴンのシールドが消えたら、もう一度 「ワイドブレイカー」でカビゴンのこうげきを下げます。 シールドがある時にワイドブレイカーを使うと、 こうげきを下げることが出来ないので注意。 ただし、 ダイマックスが可能なら、ダイマックスわざを優先してください。 特にダイスチルは、 仲間ポケモンのぼうぎょを上げつつシールドゲージを2回減らすことができるため、とても便利ですね。 最後は 「かわらわり」でとどめを差しましょう。 カビゴンのHPが半分よりも下回っていた場合は、 ダイナックルで一気に終わらせることもできます。 このように状況に応じて使うわざを変えていくことで、 仲間ポケモンに地雷がいたとしても、比較的安定して勝つことができます。 今回はじしんに弱いピカチュウや、指を振ってばかりのピッピがいましたが、 余裕で勝てました(笑).

次の